5964149 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロマンチック中年男の独り言 DVDレビュー、収集物、趣味全般、日々想うこと

2018年12月26日
XML
テーマ:国防・軍事(64)
韓国海軍の広開土大王級駆逐艦が海自のP-1対潜哨戒機に攻撃の前段階である火器管制(FCS)レーダーの照射を行った事件ですが、これまで日韓関係におけるトラブルの経緯から見て、韓国がウソ八百の見苦しい言い訳をしているようにしか見えません。

韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について 防衛省 平成30年12月25日 報道資料 お知らせ 2018年

レーダー照射事件で真っ向から食い違う日韓の主張 yahooニュース 12/24(月) 23:40 JSF | 軍事ブロガー

日本から金をせびるのが主目的だった慰安婦問題が、国際通念上認められない子供じみたイチャモンであることが明白になって騒げなくなったので、今回の「韓国海軍レーダー照射事件」を「新日鉄住金 徴用工判決」で欠席裁判してまた金をせびろうとしていることと絡めた報道もありました。

徴用工判決 新日鉄住金の「回答」なし 原告側、週内にも資産差し押さえ 産経新聞ニュース 2018.12.24 20:46 国際朝鮮半島

が、韓国の戦時賠償請求は1965年の日韓基本条約で解決済みのことなので、新日鉄住金に対する請求に正当性はありません。
日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約 ウィキペディア 「1965年(昭和40年)6月22日に日本と大韓民国との間で結ばれた条約。通称日韓基本条約」「両国間の請求権の完全かつ最終的な解決、それらに基づく日韓関係正常化などが取り決められた」

韓国最高裁(大法院)はその名称から日本の最高裁判所と同列に思われて勘違いされることがあると思いますが、国際的共認識となっている法律に沿った正しい判断ができる裁判所ではありません。国際法を無視して韓国(韓国人)に有利な判決を出すことがよくあり、新日鉄住金に対する判断も日韓基本条約という国際的同意を無視したイチャモンです。

大法院 (大韓民国) ウィキペディア

そもそも一企業に対する個人の賠償請求に関する審理を”最高裁”ですること自体が、日本の裁判制度に慣れた人間には違和感があります(日本なら地方裁判所で扱う事案です、少額訴訟なら簡易裁判所)。あるいは「日韓基本条約そのものが間違っていたから」ということで憲法審査を行う韓国最高裁で審理されたのかもしれませんが、それは法律の問題と言うより政治の問題として政府間で論じられるべきです。

韓国最高裁の判断が正しいなら、日本は太平洋戦争敗戦後に連合国(米国)に押し付けられた数々の一方的な法律に異議を唱えることが可能です。それに1945年の敗戦時に韓国は日本の植民地(つまり日本)だったので、連合国から押し付けられた様々な法律の利益を受けられません。それが通用するなら戦前の日本の数倍~数十倍の海外植民地を持っていた英国をはじめとする欧州各国や米国は、韓国と同様なイチャモンに疲弊しているはずです。

関連情報
韓国人徴用工判決とは何だったのか 韓国人記者が語り合う 朝日新聞 The Asahi Shinbun GLOBE 2018.11.03
徴用工判決は的外れだ! 韓国側3つの反論を検証する FNN PRIME 2018年11月23日 金曜 午後5:30


いつもの長い前振りでした(汗笑)。

広開土大王が能登半島に近い海上にいたことは、日本のEEZ(排他的経済水域)内ではあっても12海里(24海里)の領海侵犯ではないので問題ではありません。今回の問題は攻撃の前段階であるFCSレーダー照射を行ったことです。

「海上で他国の艦船と予期せず遭遇した場合の行動規範を定めた「海上衝突回避規範(CUES)」で合意した。無線で行動目的を伝え合うほか、敵艦を攻撃する際に照射する火器管制レーダーを相手艦船に一方的に照射しないことなどを決めた
日米中など21カ国、海上衝突回避規範で合意 日本経済新聞 2014/4/22付

FCSレーダー照射は「CUES(Code for Unplanned Encounters at Sea=海上での偶発的な衝突を回避するための行動基準)」に違反しています。
海上衝突回避規範 ウィキペディア

以下の動画は嫌韓ベクトルに寄ったきらいはありますが、概ね正しいと思います。タイトルは「韓国擁護 レーダー照射 日本は反省しろ」となっていますが、日本側の主張に沿った客観的な内容です。


海自がFCSレーダーの照射を受けた”具体的な証拠”を公開しないのは、軍事機密だからです。大韓航空機撃墜事件(1983年)でも日本はソ連戦闘機が大韓航空007便を撃墜した事実を確認していましたが、当初レーダーの性能を知られてしまうため公表しませんでした。

大韓航空機撃墜事件 ウィキペディア

敵味方識別装置(IFF)は日韓ともに米軍製を装備しているので、P-1と広開土大王の接近では自動的に味方だと認識されます。北朝鮮海軍や中国海軍はIFFが違うので敵と認識されます(IFFによる認識だけなので、「攻撃対象」という意味ではありません)。
敵味方識別装置 ウィキペディア

P-1は「韓国海軍艦艇、艦番号971(KOREA SOUTH NAVAL SHIP, HULL NUMBER 971)」と3度英語で問いかけているので、能登半島沖の艦船が韓国海軍の広開土大王と認識していました(971は広開土大王の艦艇番号)。「威嚇飛行をしたのは、むしろ日本の海上哨戒機」「無線で国籍と正体を明らかにしなかった」という韓国側の主張は矛盾してます。

P-1から通信を受けたことに対して「電波が微弱」だからわからなったとしらばっくれていますが、それが本当なら韓国海軍の通信機器が第二次世界大戦の零戦に搭載された通信機並みの感度しか無いからでしょう(苦笑、零戦に搭載された通信機は役に立たなかったので、パイロット同士は手信号などで通信しました)。

「「電波を弱く雑音がひどかった。『コリアコースト』(Korea Coast Guard=韓国海洋警察)という単語しか判別できなかった。遭難船の救助で、周辺にいた海洋警察の船を呼んだのだと考えた」」
韓国メディアも「明らかな失策だ」 レーダー照射、見えてきた「落ち度」の正体 J-CASTニュース 2018/12/25 19:40


全くの私見(思いつき?)で以下の結論に至るのは恐縮ですが、今回の騒動の原因は韓国側の技術の低さだと思います。

韓国側の言い分は二転三転して矛盾のある主張を重ねています。広開土大王が故障して能登半島沖の公海上を漂流していたのが原因だと考えればすべて合点がいきます(苦笑)

能登半島沖にいたのは航海機器のなんらかの故障、P-1からの通信がまともに受けられなかったのは通信機器の故障、FCSレーダー照射も管制機器の故障による誤動作(苦笑)。これらのどれか(あるいは全部)が今回の騒動の根底にあったと想像します。

独島級揚陸艦の故障(洋上漂流)が有名ですが、韓国製兵器は故障やトラブルが多いです。というか、故障やトラブルのない韓国製兵器は無いと言っても過言ではありません(苦笑)。
独島級揚陸艦 ウィキペディア
「韓国海軍の強襲揚陸艦」「2013年9月10日には、発電機室の火災により主発電機1基が故障、その消火用水をかぶったため残る1基も故障し、航行不能になるという事故が発生した」

日本製品の高い技術に慣れているので韓国も同レベルにあると勘違いしがちですが、韓国の軍事技術はかなり低いです(特に自国開発による最新技術はほぼ全滅と言っていいです)。米国は海自イージス艦の技術の高さから大陸間弾道ミサイル迎撃に期待していますが、故障の多い韓国イージス艦は相手にさえされてません(そもそも韓国イージス艦に大陸間弾道ミサイル迎撃能力はありませんが)。

参考資料:韓国製兵器の問題です。検索したら出るわ出るわ(苦笑)
K9 155mm自走榴弾砲 ウィキペディア
「2010年11月23日 」の「延坪島砲撃事件」で「最初は6両中3両が故障で作動せず」
韓国軍 主力兵器K9自走砲の経歴がとにかくすごい NAVERまとめ 2018年09月15日
K2 (戦車) ウィキペディア 「当初は2011年に配備する予定であったが、国産開発するとしたエンジンとトランスミッションに欠陥が相次ぎ、戦力化が長く遅れた」「引き続き国産エンジンの開発完了を目指す事を決定し[1]、2017年4月時点でも国産パワーパックの開発が継続中である」
KAI_KUH-1_スリオン ウィキペディア
「監査院は1兆3,000億ウォン(約1,400億円)が投入された国産化作業が事実上失敗したと見て、調査に着手した」
韓国製ヘリ“スリオン”の機体にまた亀裂発見「こんな欠陥だらけのヘリ、乗るだけで命懸けだ」!! NAVERまとめ 2018年07月19日
現実を直視しているのか? 「韓国国産兵器」が「韓国型兵器」に改名された真相とは… 産経ニュース 2016.1.30 14:18
「韓国空軍の主力戦闘機F-15K。米国から持ち込んだパーツを韓国企業が組み立てたが、製造技術が未熟で多くの乗員が命を失った」
韓国軍VS自衛隊 F15戦闘機比較 NAVERまとめ 2018年09月15日
K11複合型小銃 ウィキペディア 「2008年に1万5000丁の正式採用が決定し量産化、実戦配備に進んだものの、その後爆発事故の発生や射撃コントロール装置の亀裂など次々と欠陥、不祥事が続発しており、914丁の配備のみで中止状態にある。2018年8月に正式に戦力化中断が決定した」

今回の騒動は技術レベルの低い韓国兵器が根源だとしたら、矛盾の多い主張がみっともない故障を糊塗するために見栄を張った韓国のその場しのぎの言い逃れだと理解出来ます。

2002年の日韓ワールドカップ以降悪くなる一方の日韓関係に絡め、険悪なムードをさらに醸成しようとするマスコミに惑わされて、「広開土大王がP-1を攻撃するつもりだった」なんて考えるのはバカバカしいです。

すべては故障だらけの韓国軍隊のトンデモな常識から起こったことだと思えば、あまり腹も立たないし、嫌韓な思いが積み重なることもないはずです(苦笑)。


banner_02.gif面白いと思ったら、クリックを






最終更新日  2019年01月08日 12時25分47秒
コメント(0) | コメントを書く
[周辺国問題(中国韓国etc)] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


aosaga369

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.