5597348 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロマンチック中年男の独り言 DVDレビュー、収集物、趣味全般、日々想うこと

2019年04月24日
XML
カテゴリ:ニュース
「上級国民」という単語があることを知りました。池袋で暴走して「死者2人・負傷者8人を出した」ドライバーが逮捕されなかったことに、多くの人からの批判が集まっているようです。

「上級国民という言葉は、一般国民に対してそれ以外の(特別な)国民がいるかのような発言を受けて、それを皮肉るために生まれた単語(ネットスラング)である。東京オリンピックエンブレム騒動を発端とし、主に2ちゃんねるの嫌儲板を中心として発祥した」上級国民とは ニコニコ大百科

Twitter で #上級国民 を見る


「東京・池袋の道路を乗用車で暴走し死傷者が出た事故で、運転手の飯塚幸三氏(87)が「逮捕されない」ことへの疑問がインターネット上で絶えない。
事故翌々日には神戸市営バスが歩行者をはね、死傷者を出す事故が発生したが、運転手の市職員・大野二巳雄(ふみお)容疑者(64)が「現行犯逮捕」された。近接した時期に起きた両事故だが、このように逮捕をめぐる対応が異なったのはなぜなのか。弁護士に詳しく見解を聞いた」
「「神戸市バスの事故と状況はあまり変わらないように思うけど、なんで逮捕されなかったの? なんか不自然だ」「同じような事故なのに何故対応が違うのか?」と逮捕の判断をめぐって疑問があがった」
池袋暴走「逮捕されない」本当の理由とは 弁護士が指摘する「あえてしない」可能性 JCAST ニュース 2019/4/22 21:44


同じような事故を起こした人が、一方は逮捕されず、もう一方は逮捕されたことは不公平に感じます。事故を起こした人間がエリート人生を歩んできた(瑞宝重光章という勲章をもらっているようです)ので、「留置場で臭い飯食ってみろ」というやっかみもあると思います。

ただし留置場の食事は「臭い飯」ではないようです。ドラマや映画で留置場で菓子パンなどが支給されるシーンを見たことがありますが、外部業者が納入した食事が提供されているようです(刑務所では担当の受刑者が作る食事)。

「刑事事件の犯人が食べされられる、いわゆる臭いメシというのは、刑務所や拘置所で食べる食事のことを指し、留置場で食べる食事ではありません」留置場での生活はどのようなものか?~食事や生活パターンなど~ | 刑事事件に強い弁護士 弁護士相談広場

上のリンクによると瑞宝章の授与対象は「公務等に長年にわたり従事し、成績を挙げた方」だそうです。「2015年に通産行政事務功労に対して瑞宝重光章を叙勲」したそうで、現在は民間企業の取締役をしているようです。飯塚幸三 ウィキペディア


「実名報道」を許してはいけないと思っています。が、エリート人生を歩んできた人が実名報道されてしまうのは「有名税」としてある程度仕方ないという風潮もあります。

ただしマスコミがいくらキレイごとで糊塗しても、「実名報道」は一般の人たちの耳目を引きたい(実名だと具体的なイメージしやすいので、匿名よりも一般の人達から注目を浴びる)という利己的理由が根底にあるので、許してはいけない風潮です(その「風潮」を作っているのもマスコミです)。

有名人だから実名を晒していいという理屈はありませんが、公務員だったということは「服務の宣誓」をしているので、法令違反に関しては厳しく扱われるべきという考え方もあると思います。

「私は、国民全体の奉仕者として公共の利益のために勤務すべき責務を深く自覚し、日本国憲法を遵守し、並びに法令及び上司の職務上の命令に従い、不偏不党かつ公正に職務の遂行に当たることをかたく誓います。(国家公務員の服務の宣誓)」服務の宣誓 ウィキペディア


しかし勲章までもらった「偉い人」が逮捕されなかったのは上のJ-CASTニュースの弁護士の説明にあるように、「「逮捕は、刑罰の一環ではなく、捜査の必要のために行われるものですので、身柄拘束をした状況で取り調べ等の捜査をすることが不可能な状況であれば逮捕はされません」がしっくり来ます。

逮捕によって留置場に入れることは、そこに税金が使われるのですから、留置しなくてもいいのなら税金節約になるのでいいと思います。

逮捕後の保釈のように「逃亡や証拠隠滅の恐れ」がなければ、逮捕勾留する必要はないのだと思います。

そして逮捕されてもされなくても、結局は裁判によって刑罰が決められます。暴走事故によって「死者2人・負傷者8人を出した」ので、後期高齢者である「偉い人」は死ぬまで刑務所を出られないでしょう


警察官も所詮は役人なので上意下達で動かなければなりません。内閣府のエリート官僚が勲章授与を決めた人を下手に逮捕したら、上司から何を言われるかわからない(あるいは警察内で居場所がなくなる)ので、手を出せなかったのだと思います。

私は5年ほど前にバイクを盗まれて警察に盗難届を出しました。当然ですが警察は盗難バイクを探してくれませんでした。してくれたのは盗難届けの書類を作成しただけです。あとは廃車するための番号を発行しただけです。

関連ブログ
バイクドロボーは、死ねっ!! 2014年03月30日
Address V125Sを買ってしまいました 2014年03月09日

テレビドラマの影響で「警察は正義の味方」「警察は庶民の味方」なとどいう誤解が蔓延していますが、公務員である警察官も法律に従った書類を作成するのが主な仕事です。警察官は刑法違反の取締や刑事訴訟法などに従って働くのが本来の職務であって、決して「正義の味方」でもなければ「庶民の味方」でもありません。

警察官が「庶民の味方」に見える行動をしていたとしたら、それは警察官個人の善意によるものだと思います。

「現行犯逮捕した」「逃亡や証拠隠滅の恐れがないから逮捕しなかった」のどちらでも、結局は法律に従った書類が作成できれば、それで警察官の仕事は終了します。

公務員の仕事は法律で決められた書類を作成することです。警察官が犯罪の疑いのある人間を逮捕するのも、検察に送検送致するのに必要な法律で決められた書類を作成するためです。犯罪を犯したと疑われる人間を「怪我をするかもしれない格闘」をしてまで逮捕したいと思っているのは、刑事ドラマに洗脳されて勘違いした人だけだと思います


「上級国民」と形容されるような人は(運が良かった面もあると思いますが)努力した結果、高い地位なり富を得たわけですから、それを感情で攻撃するのは間違っています

「エライ人」も「普通の人」も、起こしてしまった事故に対して正しい判決が下されて罰を受ければ、それでいいと思います。


banner_02.gif面白いと思ったら、クリックを






最終更新日  2019年04月25日 03時13分34秒
コメント(0) | コメントを書く
[ニュース] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


aosaga369

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.