5350132 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロマンチック中年男の独り言 DVDレビュー、収集物、趣味全般、日々想うこと

2019年10月19日
XML
韓国のチョググ法相辞任により、文在寅のチョ法相強行任命の「任命責任」が取り沙汰されると言われています。

「曺氏以上に問題なのは、文在寅(ムン・ジェイン)大統領である。文氏は曺氏を法相に任命した責任を厳しく問われなければならない。次は文氏自身が大統領辞任に追い込まれるかもしれない」
「反日の元凶」文在寅を見捨てはじめた韓国世論 PRESIDENT Online 2019/10/17 18:00

チョググの周辺に玉ねぎスキャンダルがあることを知っていながら、法を最も守るべき存在たる法務大臣という重大な地位に強行任命した文在寅が責められるのは当然でしょう。文在寅という老人性痴呆症大統領は、法相に最も不的確な人間を無理やり任命したことで韓国政治をますます混乱させたのですから、この点を取り上げただけでも責任は重大です。


私が気になったのは文在寅の「任命責任」が安倍総理にも飛び火するのでないか、ということです。

もとよりチョググ法相任命に安倍総理はまったく関係ありません。私が心配しているのは、日本の野党やマスコミによる「任命責任」イチャモンがこれまで以上に厳しくいやらしくなることです。

安倍政権で閣僚の不祥事が発生(発覚)すると、野党やマスコミが安倍総理に対して「任命責任」という脅迫まがいのイチャモンで詰め寄ります。

こんなイチャモンが「正当な抗議」であるかのようにまかり通っていることが不思議でなりませんでした


「部下の責任は上司の責任」とはよく言われることですが、では普通の社会でどれだけの人が部下の失敗の責任を取って解雇などの実効的な罰を受けているのでしょうか。

部下が人殺しをして有罪判決を受けたから、上司が責任を取らされて懲戒解雇されたなんて話は聞いたことがありません。また有罪判決を受けた犯罪者を雇ったのは社長だから、「任命責任」を追求された社長が辞任を強いられたという話も聞いたことがありません。

ただし慰安婦問題のでっち上げ報道によって朝日新聞社長が辞任した例はあります。現在に続く日韓関係の悪化の根源を作ったのですから、朝日新聞社長が辞めたのは当然です。それなのに社長をクビにした当事者たちが無罪放免される状況自体がおかしいと思っています。

関連ブログ
朝日新聞は廃業すべき!!(朝生テレビを見て) 2014年09月27日
恥知らずなマスコミ人 植村隆 2015年01月09日
朝日新聞という亡国の反日マスコミ 2019年08月21日
売国奴植村隆、名誉毀損訴訟に敗訴(東京地裁) 2019年06月28日

人殺しのような大げさな話でなくても、部下が小さな失敗をすることはよくあることです。というか若い人間は失敗を糧にして成長します。部下が失敗をするたびに上司が減給されていたら、すぐに部下よりも上司の給料が少なくなります。

「部下の責任は上司の責任」という決り文句は、真剣に仕事をするように活を入れるための標語のようなもので、実効的な罰則がないのが普通です。


しかし頭の悪い野党やマスコミは閣僚に問題が発生すると「部下の責任は上司の責任」という精神論を持ち出して、政権に対して「任命責任」というイチャモン攻撃します。

安倍政権は「身体検査」を厳しくしているので、前政権以前に比べたら閣僚のスキャンダルは少ないです。それでも閣僚に偶然事故のような不祥事が起こるのは避けられないでしょう。

これまでの問題は女性問題(ハニートラップに陥れられた可能性が高い)だったり、犯罪を犯した人間から献金を受けていたことだったりします。閣僚に女性問題があったからといって、外交関係が悪化することはありませんし、ましてや内政に影響はないです(マスコミがバカ騒ぎするせいで支持率が下がるという不都合はありますが)。

また犯罪者になった人間から過去に献金を受けていたからといって、日本政治に何の影響があるのでしょうか?。献金を受ける時にその人間が犯罪を将来犯すかどうかなんて、未来が予言できる超能力者でもなければわかりません

ましてや新内閣や内閣改造で閣僚に任命する人物が、将来問題に巻き込まれるかどうかなんて安倍総理にわかるはずがありません。もし将来起こることがわかるなら、安倍総理の予言能力によって日本はとっくに世界一の国になってます

将来起こる問題は避けられないことであり、不可抗力です。


偶発事故のような不祥事を鬼の首を取ったように騒ぎ立てる野党やマスコミは、「政府閣僚は未来予想できる超能力者であって当然」と思っているのでしょう。そういう考え方をする人間を、世間一般では「バカ」と「レッテル貼り」します。

腐れマスコミや、能無し野党の政治家は一般的に高学歴で頭がいいと思われているので、そういう人たちがなんのてらいもなく「任命責任」と大上段にかまえて抗議すると、普通の人たちはそれが正しいことだと騙されがちです。

しかし実際に行われている野党やマスコミによる「任命責任」による懲罰要求は、「推定無罪」という大原則をないがしろにする行為であり、法治国家日本では有り得ない犯罪です。

関連ブログ
一国の良心になるような人を目指す 2019年10月16日

文在寅に対する「任命責任」追求は正当です。しかし「文在寅にも任命責任があったのだから」と前置きして、安倍政権閣僚の女性問題や献金問題で、安倍総理を責任追及するのは間違っています。

野党やマスコミが「任命責任」を追求するのは「政権奪取したい」とか、新聞やテレビ番組の枠を埋めて「金儲けしたい」という利己的動機が背後にあるのが当然です。社会を良くしたいなどの良心的動機は全くありません。

能無し野党や腐れマスコミの私利私欲で日本政治が混乱させられるのは、社会にとっての大迷惑です


banner_02.gif面白いと思ったら、クリックを






最終更新日  2019年10月20日 20時42分05秒
コメント(0) | コメントを書く
[マスコミ批判(見た目にダマされない)] カテゴリの最新記事

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


aosaga369

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.