5694836 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロマンチック中年男の独り言 DVDレビュー、収集物、趣味全般、日々想うこと

2020年01月22日
XML
カテゴリ:ドラマ
初回に続いて2回も良かったです。慟哭する佐倉七瀬(上白石萌音演)の熱演に涙を誘われました。

#2 2020.1.21 ONAIR あらすじ 火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』|TBSテレビ
  • 恋は.jpg
火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』|TBSテレビ

関連ブログ
TBS『恋はつづくよどこまでも』初回感想 2020年01月15日

恋はつづくよどこまでも ウィキペディア

初回のラストで天堂浬の部屋から現れた"謎の美女"流子で一悶着あるかと思ったのですが、すぐに天堂の姉とわかったので期待した三角関係のドタバタ(?)はありませんでした(苦笑、天真爛漫な流子に翻弄される佐倉でしたが)。

で、研修を終えた佐倉は正式に循環器内科に配属されて晴れて?天堂担(天堂の担当看護師)に任命されます。

余談ですが乃木坂のキャプテン秋元真夏が「まなったん」と呼ばれるように、「たん」が付くとなんだか可愛らしい印象です。「勇者」というゴツい感じの通り名(ニックネーム)を頂いた佐倉ですが、「てんどうたん」という呼び名の方が彼女の素朴で一途な感じに合ってると思います(「てんどうたん」だとアクセントが変わってしまいますが、苦笑)。

しかし天堂担は入れ替わりが激しいポジションで、天堂の厳しさに過去多くの看護師が逃げ出した経緯があるようです。どSな魔王*についていけるのはかなり優秀な看護師か、あるいは抜きん出た鈍感力の持ち主なのかもしれません(鈍感力の高い看護師だと天堂が先に参ってしまう?)。

* 佐倉はすぐあとに「どSな魔王」のSはストイックのSだと考えを改めていました。

クリームパンを看護師長に先を越されて朝食抜きになった天堂は朝から不機嫌でした。「クリームパンがなかったらケーキを食べたらいいじゃない」と、かのマリーアントワネットが言ったかどうかは知りませんが(笑)、「クリームパン以外を食べたらいいのに」と思うのが常人の思考だと思います。天堂にはクリームパンになにか思い入れがあるのでしょうか?(若林みのりとの関連がほのめかされていたようですが)。

循環器内科部長(副院長)小石川六郎(山本耕史演) が新人研修?で言いそびれた「病人(医師は"病"を診て、看護師は"人"を見る)」を、佐倉は実践していました。

失敗ばかりして天堂に怒鳴られている佐倉ですが、常に携帯するノートには患者に関する情報が、些細なことでもメモされていました。患者と笑顔で接する佐倉は"白衣の天使"でした(ベテラン看護師ほど"白衣の天使"に否定的なようですが、新人の佐倉にはちょうどいいと思います)。

特に「家電量販店の(白物)従業員・神田光喜(金子大地演)」とは仲がよく、色々と世話を焼いていました。彼が食が進まないのを見ていた佐倉は、神田が海が好きだと勘違いして病院でのイベントに連れて行って特別メニューのランチを提供します。

それを上から見ていた天堂は神田にヤキモチを焼いているようにも見えましたが、「人を見る」佐倉を看護師としての資質があると感じていたようにも見えました(医師として「病を診る」しかできない自分の限界を感じていた?)。

しかし天堂は「ひとりの患者に入れ込むのは良くない」と佐倉をたしなめました。これもヤキモチと感じなくもないですが、「元恋人若林みのり」とのいきさつの伏線(前フリ)のように感じました(この回ではクライマックスの"慟哭"の伏線になってしましたが)。


神田が不整脈で急変しましたが、天堂はカテーテルで患部を焼着して乗り切ります。しかし「循環器内科」の医師なのに天堂はよくオペ室で外科処置をします。日浦総合病院では循環器内科と循環器外科の区別がないのかもしれません。そうでないならプライドの高い(プライドしか無い)医者ほど縄張り争いに神経質なので、外科処置を頻繁にする天堂は「循環器外科」の医者から目の敵にされているんじゃないでしょうか?。

…というのはどうでもいい話です。なぜなら『恋はつづくよどこまでも』はラブコメだからです(笑)。多少設定がリアルじゃなくても、面白ければいいのですっ(笑笑)。

ほぼ関係ない関連情報
『恋は続くよどこまでも』日浦総合病院のロケ地はココだ! ゴータンクラブ


容態が持ち直した神田は予定通りオペを受けることになります。ここでも執刀医は天堂ですが気にしません(苦笑)。

しかし病室からオペ室に移動する段になって神田はあっさり他界してしまいます。しかも佐倉は隣のベッドの患者からお使いを頼まれていたので、神田の臨終に立ち会えませんでした。

静かに横たわる神田にエンゼルケアする佐倉。動かない体を無言で清拭します(この時点でウルウルでした)。それからはいつもの笑顔をなくして粛々と仕事をこなします。

天堂の「ひとりの患者に入れ込むのは良くない」がこれの伏線だったとわかります。つらい思いをするのは自分だから「入れ込むのは良くない」のだと。「どS魔王」天堂の優しさでした。

仕事を終えてマンションに戻った佐倉は気が抜けたのか、隣から出来てきた流子の前で倒れてしまいます。

ベットで目が覚めた佐倉は傍らに立つ天堂に混乱しますが、「何も食べてなかったんでしょ」と流子に食事を進められて自分が倒れたことを理解します。

そして天堂に抱きしめられて慟哭する佐倉。子供のように泣きじゃくる彼女に涙を誘われました。口を開いて天堂の胸に顔を埋める佐倉の悲壮な泣き顔に、涙が溢れました。

というか、真に迫る彼女の泣き顔に圧倒されて、どういういきさつで天堂に抱きしめられたのか忘れてしまいました(泣笑)。

「どS魔王」とまた一歩接近して、佐倉は天堂への想いを進ませますが、忘れ物を取りに来た天堂は、同僚の来生晃一(毎熊克哉)が佐倉と一緒にいる場面に出くわして凍りつきます。

このあたりのいきさつも記憶が曖昧です。"衝撃的泣きのシーン"で数分間気絶していたのかもしれません(汗笑)。で、続きは来週ということで、楽しみです。

3話予告


banner_02.gif面白いと思ったら、クリックを






最終更新日  2020年01月22日 20時07分22秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


aosaga369

カテゴリ

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.