2005.12.31

男たちの大和 を見ました☆

(4)
カテゴリ:こころ・きもち
デトックスとはちょいと違いますが、体に溜まった涙をキレイさっぱり流して新年を迎えよう、と大晦日の今日、東映映画『男たちの大和』を見てきました☆

12日間で100万人の動員を記録した、とは思えないほど映画館はガラガラ(笑) 田舎はこんなものなのか?!

感想ですが、




   泣きました



戦争って惨(むご)い・・・。


死ぬと分かっている戦争に、それでも行くという15・6歳の少年兵。
国のためだから、と自分を納得させて、それでもやっぱり我が子を行かせたくない母親。

そして、一度決めたら貫き通すという、男としての潔いほどの決意!

胸に響きましたぁ~。

賛否両論のある映画のようですが、僕は、純粋に、涙を流したという自分の感情を信じて、素晴らしい映画だったと言わせていただきます。

芸術は理屈じゃありません。感情です(^^)



いくつも気になったフレーズはありましたが、
中でも一番印象に残ったのは、死二方用意 という言葉。

最後の戦いに挑む前に、故郷を思い出し、家族を思い出し、未練の無いように思いの丈をすべて吐き出す、というもの。
少年兵らは、海に向かって、「ありがとー」「おかあちゃーん」と叫ぶのでした。

今の時代に生まれた僕は、死というものに直面することなく、後何十年も生きますが、でも、一つ一つの行動が、この死二方用意なのかな?!と思いました。

最期に、この世に未練は無い、と言うには、日々を真剣に生きるしかない、そんな風に思いました。


この映画、女性の方はどんな感想を持つのでしょう?
見られた方いらっしゃいましたら、是非感想を教えてください。

えっ!?反町と獅童が格好良かった?
ハイハイ(笑)


じゃぁ僕も。

エンドロールの「CLOSE YOUR EYES」という歌がとても素敵でした!
あっ、長渕です。(爆)



それではみなさん、1年間ありがとうございました!
温かいコメントに何度元気をいただいたことか!
来年も何卒よろしくお願いいたします!

※今日掲載予定でした「2006年の目標」は、明日必ず書きます。
 書く前に挫折したわけではありません(笑)






TWITTER

最終更新日  2005.12.31 20:49:53
コメント(4) | コメントを書く
[こころ・きもち] カテゴリの最新記事