1202981 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ザッキ~おにいさんの君にあえたから

PR

X

プロフィール


ザキーラKアボンヌ

コメント新着

ザッキ〜おにいさん@ Re:オーディション(07/27) misonoです。さんへ >おはよう('◇&…
misonoです。@ オーディション おはよう♪ はるきもオーディション受けに…
ザッキ〜おにいさん@ Re:ありがとうございました(05/02) 4歳児男児ママさん >ブログ見て下さって・…
4歳児男児ママ@ ありがとうございました 3週連続の茨城での公演、お疲れさまでした…

バックナンバー

2020年03月25日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
私の契約は子どもたちの夏休み期間のみの学童預かりバイト。

その学童に入る前、私は市内の学童保育施設2か所の掛け持ちをし日々の生活の足しにしていた。
といっても・・2か所の学童施設共に 臨時のサポート指導員のようなポジションであったので 
夏休みのプール付き添いとか?どうしても主の先生だけでは子どもたちの面倒がみきれない場面でお声をかけられる。。言わば便利屋扱いの男性指導員だったけど(笑)

それでも この2か所の学童保育施設での経験は のちのザッキ~学童の生活指導に大いに役立つことになった。 


***************☆

私の尊敬する坂本金八先生が​
学園ドラマ『3年B組金八先生』の中でこんなことを言っていた。

「教育なんてものは 1時間2時間で教えられるような そんなもんじゃ~ないですよ
私たちが関わった子どもの何人かでもいい・・
そいつが社会人・・いや奥さんでも子どもでも連れて
こんな桜の花のいっぱい咲いた小道歩いてる時にふっと。。
そういえば あんとき先生が言ってくれた言葉って この事だったのか!
そんな感じで思い出してくれたら それで十分なんですよ
今、これを全部覚えてもらおうなんて・・そんなの我々のエゴですよ」​​


​※TBS「3年B組金八先生」の主人公。武田鉄矢さんが熱演



​そうなんだよね
熱くなればなるほど その子に色んなものを期待して
​​​​あれも教えなくちゃ!これもこの子に教えとかなくちゃいけないと・・
今のお母さんお父さん、教育現場にいる先生方は・・
目の前にいる子供に 自分のエゴを押し付けてしまう。。

でも肝心の子どもたちは そん時の親や先生の顔が怖いから
〝ハイ!” って分かったふりするだけで
また同じことやって 怒られたりするんだもの・・。

だからね、ほんと ながーいスパンで考えなくちゃ・・ダメなんだよね。。
子どもの教育って



**************☆

で ザッキ~先生の子どもとの付き合い方って言うのは
最初は甘えさせるのが多い(^-^;

ま、よほど 輪を乱したり?
道徳的にこれダメでしょ?って言動を目にした場合は新1年生であろうと
氷の丸テーブル連れてったけどねぇ・・。

※子供たちの間では反省房と呼ばれていた(笑)
お部屋よりちょっと寒い保育園の本読みスペース・・。

甘えさせて子どもたちの友達みたいになっちゃうわけね 最初(^^;
そういうステップを踏んでおくことで 彼らは叱られたあとのショックが軽くて済む。
これやらないで 直接叱ったりすると 子どもはもう その先生との間に壁を作ってしまうから・・
叱られると大人を見る目が悲しい目になる・・。
何て言うかなぁ・・管理体制って言うのが これによって生まれるんだよね。
↑しょせん この先生も学校の先生とおんなじだって。。
その子の中にある種のがっかりが生まれる訳ね


ザッキ~先生は 自分の関わった子に そういう淋しい目はさせたくなかったの。

だから 友達みたいに 子どもたちと付き合い・・
そして怒る時は 本気で怒ったし
褒める時は目一杯褒めたし。。

だから ザッキ~学童は いつもほっかほか 子供と先生の垣根がない。。
子供たちがリラックスし過ぎちゃうくらいの?​​
あったかい雰囲気で満たされてた。


*******さよならを言えなくてごめんね

       第4話「保育士も悲鳴をあげるほどの悪ガキたちと」



子供は可愛いだけではない・・ よくよく付き合ってみないと その子の本当の心には近づけない。
信頼関係を築くためには 寄り添って 
この大人は寄り添っても大丈夫な人だと 安心感を与えてあげること。。
そうした関係が築けた上で はじめて 説教なり こっちの言い分を子どもにぶつけなければ
子供は手元から離れていってしまう・・。

わたしは その信念に基づき 子どもたちと付き合っていった。。

そう・・数年前の夏、この桃ノ木保育園の学童に来た時も
自分の目の前にいる子供たちの 淋しい心を ちょっとでもあたためてあげたいと・・
本来持ってる子供らしい感情、柔和な表情に変えてあげたいと
そんな気持ちで 指導員のアルバイトを引き受けたのだった・・。

しかし・・・
園長の言った 彼らのいたずらの凄さは 並みのものではなかった(笑)
副園長の信田先生等は毎回 学童の部屋をのぞいては悲鳴をあげてたくらいだから。。
『大さん!もっと静かにお勉強してください
さくら組の子 寝てるんですよ?』
『ひさし先生(←筆者)も 豪ちゃんのこと 注意してください!』
『ほんとに・・学童のおにいちゃんたちは 困りますねぇ。。』

もう夏休み中、保育園のあちこちから この声が消える事はなかったんだから(笑)

それくらい・・誰も子どもたちの暴走を止められなかったって話。。

さて そんな彼らと ザッキ~先生が どうやって心を通わせていったのか?
次回は 未だ私の脳裏に強烈に焼き残っている^^ザッキー学童第一期生との
夏休みのお話をして参りましょう。。。​​






最終更新日  2020年03月25日 16時57分02秒



© Rakuten Group, Inc.