2020年11月26日

物は無くとも人々の心が豊かだった あの頃・・ロボペチャのオチュー

カテゴリ:カテゴリ未分類
インフルの予防接種うけようと会社に行ったとき・・

『オチューの日だから今日。。』と言って 

瞬間、しまったーと口をつむんだNG


ロボコンみると
この時代の人と人の関わりに羨ましさを感じてしまう。

物は無くとも 互いを思いやることができた その時代・・・。

見えない病気におびえ
日々 近くの人をも疑い
マスクとアルコール消毒が義務付けられた私たちの毎日。。
まさか こんな日が来るなんて・・ねぇ?

コロナの怖いところって
もともと孤立が楽だと人との接触を拒んでいた人たちを
もっと社会から離してしまう事なんじゃないかって・・自分は思う。

毎日、日本全国の感染者数がこれだけ多くなってきてるとマスコミで流して・・
私たちの心を不安にさせ・・
かつ 唯一、心のぬくもりを感じることができていた 誰かとの接触、やさしい声かけ・・
労りの言葉かけさえ 奪って 互いに疑心の目を植え付けさせる。
普通だったら 隣に居る人にやさしい言葉かけられる心もった人間さえ
そういったコロナ報道で心を蝕まれ。。自分だけ良けりゃ他はどうでもいい!
そんな心になってしまうよ・・・。

テレビを見るたびにコロナコロナで 本当 気が滅入ってしまう(>_<)

いったい どれだけ我慢したら
私たちは以前のような普通の暮らしを取り戻せるんだろうか?







TWITTER

最終更新日  2020年11月26日 03時09分36秒