246912 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

リューリューママのチャレンジ・ザ・療育

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


リューリューママ

Category

Archives

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

マイコ3703@ キーワード検索でたどり着きました☆ 全ての記事にコメントしたい位に読み込ん…
リューリューママ@ リューリューママ black.jさん  すいません。ブログのほう…
リューリューママ@ ミンミンさんへ 返事が遅くてすいません。こちらのブログ…
black.j@ Re:米粉うどん(01/20) 小麦アレルギーのため、米粉うどんを作ろ…
ミンミン@ オステオパシー はじめまして。石原先生のブログから来ま…

Headline News

全95件 (95件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

ママのつぶやき

2012.01.08
XML
カテゴリ:ママのつぶやき
この週末、子供たちだけで再度私の実家に子供たちは泊まっていたのですが…

迎えに行ったらば、実父にリューリューのことで意見されました。
それもなにを今更ということばかり…

挙句
「もっとリューリューをちゃんと見てやれ、長所を伸ばしてやれ」
「何もリューリューのためにやってないんじゃないか」
「俺はリューリューをみているとリューリューが今何考えているのかわかる」

などなど…


これ以上書くと、腹がまた立つのでこれくらいにしておきますが…

あのね…

私は両方のジジババがリューリューを叱るのをみるのはしのびないから、
何か悪いことをしていると彼らが叱る前に私が叱っています。

それをみて、私のことを「おまえは安易にリューリューを叱っているばかりで何もしてやっていないじゃないか。もっと手を使えるようにパソコンを買ってやるとか、何か習わせたりとかしてやればいいじゃないか。なんでしないんだ」

あのね怒ってるだったら貴方がパソコン買ってあげますか???

口でなんやかんや言うのは簡単なのよ。

私のことをリューリューのために何もやっていないという…これが実の父ですよ、全く…

私がリューリューとともにやってきた365日×数年の格闘…何一つみてなくて、よくそういうことが言える…

リューリューがかわいいゆえに私のやっていることが(実家にいる間だけみていると)ただただリューリューを怒っているだけしかしていないように見えるんでしょうね…

それでも…

人間言っていいことと
言っちゃいけないことは絶対にあるんだけど、
悲しいことに私の父はそれがわからない人なんだな…

信じられないくらいひどいことを平気で言うことがある、それも激怒しているから手がつけられない…

正直、しばらく実家に行きたくないですわ…ホント


私、つくづく思うけど、リューリューが障害児になって傷つけられたことたくさんあるけど…
そのどれもがパパや私の身内ばかり…ってどうなのよ!って思うわ…

他人に言われるならまだしも、身内だもんね…

悔しくて悔しくて…絶対に忘れられないのに…言った相手は忘れているんだもんね…

姑もいまだに信じられないことをポロッと言うので、人格を疑うことがある…
この前も、うちにきて
「どこどこさんとこのおやじさん脳溢血でしゃべれなくなっちゃって…まるでリューリューちゃんと同じさ。しゃべれないもんな」って笑って言う…

………笑って言うことか…????

その相手とかリューリューとかじゃなくて

そういう病気で闘病して不自由な暮らししている人や、リューリューのような知的な言語的な障害もっている人に対して、どこから目線で話している????


舅は悪気なく言っているんだから許してやってくれ、という。

悪気がなく言うなら、何を言っても許されるのか???


実家の父といい、夫の母といい、
世の中には信じられないような暴言を人の気持ちなど考えずに言う人間がいるものだ…

そういう人間は
だまっとれ!!

といいたい。


もう新年早々、すっごい嫌な気持ちになって、怒り爆発ですが…

でも、ふりまわされないことにします。

自分がそういう人間とできるだけ接点もたずに生きるしかない…

身内だけどね…悲しいことに…
リューリューに実害ないだけヨシとしています。

幸い、自分の家庭は平和そのものなので、私はもう自分の家庭以外に、なにも求めないことにしようと思う。

リューリューの障害に真正面から向き直って本当の意味でかわいがってくれるのが他人様ばかりなんて情けないですけどね…ジジババの年齢じゃ改心なんて到底期待できないので、もう私たち親子に関してはなんやかんやといらんことしゃべらないでほしいですわ。


ああ、愚痴っちゃった…







Last updated  2012.01.08 23:39:30
コメント(2) | コメントを書く
2011.12.25
カテゴリ:ママのつぶやき
わが県では、とにかく年間通して学校の休みが少ないのです。

働いている親とすれば、学校があるとありがたいのですが。

冬は寒いので、「あなたの県なら冬休みは長いでしょ?」と聞かれるのですが、短いです。
リューリューの学校では、28日から1月9日までの13日間で、隣の町はなんと1月6日が登校! 五日までなんて短すぎる…(笑)

27日は終業式ですが、きっちり授業して帰宅は3時半…

28日からやっとやっと冬休みです…

この冬休み、何をしようかな~♪と計画しているのですが、まず私のジジババたちとリューリュー&スーリンの4人はバスツアーで新潟への魚の買い出しに出かけます。

還りは夜遅いのでそのまま泊まり…

一旦帰宅して、年末の大晦日はこちらで年越し、
年が明けたらまた私の実家に行き、元旦と二日は泊まります。

三日に一旦もどりますが、五日にまた私の実家に子供たちだけで泊まりに行く予定。

なんだかんだでバタバタと行ったり来たりしているだけで終わりそう。(笑)


宿題もこんなに短いのにしっかり出るので、早め早めに前倒しでやっておかないとな~

スキー場まで車で25分ほどで行けるのに、冬休み中には行けそうもありません…汗

一回くらいは行きたいな~♪


今年あんまりブログ更新できませんでしたが、
それはある意味、クラスでも特別学級でもリューリューが落ち着いて過ごせたと言う安定感があったからです。

来年度はクラス替え、担任の先生も変わってしまうので、いろんな意味で問題やらフォローが必要かもしれない…汗



でも、心配しても仕方ない。
2012年いろんな意味で変動があるかもしれませんが、
のりこえていきたいと思います。


ここで、少しずつリューリューの成長を伝えることができれば嬉しいです。


それでは、みなさまよいお年を~♪ 
来年もまたよろしくお願いします。







Last updated  2011.12.25 21:45:47
コメント(0) | コメントを書く
2011.12.23
カテゴリ:ママのつぶやき
ああ、もうクリスマスイブになってしまった…

なんだか運動会のをアップしてからあっという間。

今年もたいしてアップできないまま終わってしまいます。

でも、昔にくらべていい傾向なのかもな…とも思っていたり。

リューリューが小さい頃は、とにかく頼るひともいなくて一人で『私がリューリューについていないと』とずーーっと思っていたから、
ネットの世界で愚痴をこぼしたり、アドバイスもらったりで随分助けてもらいました。

今は、リューリューが第三者の大人といろんな場所で過ごせるようなことができ、
私はそれに丸投げしているので、
本当に子供のいない時間とか日とかを過ごせるようになりました。
自分だけの時間というものを持つことも、のんびりお茶をのみながら本を読むことも夢でしたが、それができるようになって嬉しい日々です。

特に行政にはレスパイトケア的な援助を申請していませんが、
隣のジジババには急な対応してもらっているし、
私の両親のところには泊まりにいったり、今月末はジジババと一日バス旅行に行くし…

今年にはいって週末に子供たちがいない…なんてことが多く…
それはそれで夫とふたりで
「…さみしいね…」などという始末。


スイミングやスキーとか習い事では運よくいい指導者に恵まれ、安心して任せていられるし。

今度いい太鼓の活動サークルもみつけたので行ってみるつもりです。
いろんなところ行ってみたけど太鼓に関してはまだ特定のところが決まっていません。
今度のがいいところだといいんですけど。
これは手による自己刺激の代替になれば…と思っているのであまりきついレッスンじゃなくリューリューが楽しめるのが第一で探しています。

学校では支援学級と原級で頑張っていて帰宅が四時半とかで働いている身としては助かるようになりました。

いろんな意味で子供がうちにいる時間がすごく減って、その分、社会や学校で過ごす時間が確実に多くなったことで、ライフスタイルも変えることができ、
私も積極的に外に出て働けるようになりました。

そして新しい人とのつきあいが広がり、リューリューにしてみても社会での居場所をつくれた一年でした。

今後は、これを来年につなげて、さらに広げていこうと思います。

それと今年の震災を通じて、人のつながり、人との縁を身にしみて感じましたので、
今までリューリューとつながってくださった全ての人に感謝をし、
細くとも長い付き合いをさせていただきたいと思います。

それでは皆様、メリークリスマス♪






Last updated  2011.12.24 00:22:02
コメント(0) | コメントを書く
2011.03.26
カテゴリ:ママのつぶやき
この二カ月、とんと日記をアップしていなかったのですが…

実は、二月末に教員免許更新の試験がありまして。

放送大学で2/1からインターネット受講していたのでした。

二月はインターネット受講と試験…

三月末に結果がでるということで、その間、気が気ではなく…
四教科中、一教科どうしても自信がなかったもので…

やっと3/22に合格通知をもらってホッとしたところです。

ということで、リューリューの近況としてはいくつか出来事もあったのですが、忘れてしまった(笑)のと、もう通り過ぎてしまったことなので、三月にいったすくすくスキー教室のをいずれアップすることにして、
あとは、新学期再スタートということで…(笑)


もう少しまめに書きたいなあ…と思います。







Last updated  2011.03.26 14:34:07
コメント(0) | コメントを書く
2011.01.14
カテゴリ:ママのつぶやき
リューリューのことから離れますが…

最近、すごいなあ…と思うものをあれこれアップしておきます~

まずは、これ↓
友人のMちゃんからいただいたクッキーですが、こんな大きいのみたことなくて。(笑)
私は一度で食べきれず三度にわけて食べました。チョコレートがサンドされていて、一度で食べきるの結構ヘビーだと思う。
パパは一度で食べていたけどさ…(笑)
クッキー

まだ四枚あるのよ~♪

つぎは、我が家三年か?四年か?思った以上に頑張っているコイツです↓
アンスリウム

いやいや花屋の投げ売りバーゲン200円で買ったときは、隣のランチジャーよりちっさい鉢ではかなげに咲いていたのに…

一応これなんだけど、高温20度くらい好むらしいが、この寒い地方で頑張ってワサワサと大きくなってきた。

ちなみにこの鉢は三度目の鉢替えを夏にしたんだけど、もはや重くて気軽に飾れず、今やトイレの貴重な観葉植物と化している…ああ不憫…(笑)

しかし、毎日必ずみるのでなんとなく愛着がわき、思わず手入れをしてしまう…(笑)

それに付随して登場なのがこちらの方々↓
まずはビワ1(ワン)
びわ1本

そしてビワ2(ツー)
びわ2本

アンスリウムの鉢替えをしたとき、土を買ったんだけど、それが適当に余ってしまい、あいている鉢に土をいれたものの、何か植えるものもなく…

夏の時期…たまたま食べたビワの種をスーリンがどうしても植えたいと言い出し…
(学校の朝顔撒きで一時なんでも撒きたいブームだった…)
しぶしぶ承諾…
彼女は選りすぐりの大きい種を三つずつ計6個うめたのだが、親子してその後関知せず…

軒下でほったらかし~の日々。

と、この秋何気にみたら芽が出ていたが、『雑草でしょ』と相手にせず、さらにほったらかし…

冬の年末大掃除で家周りを片づけていた時、結構な苗木になっているのを発見。(笑)
本当にビワか根元をコショコショしてみると、立派な種があり、そこから出ていた…

でもって一応越冬するため、家の中にいるわけ…(笑)

でも調べたら-10度でも耐えられるらしい…なんだ外でも大丈夫じゃん。(笑)
苗木で結実が7~8年とあるから、種からだとどれくらいだろう…

まあいいや気長に育てよう…(笑)

最後にこれ↓
胡蝶蘭

二年前に事故ったとき、セラピストYさんからお見舞いで頂いたランの鉢。かわいい白いランだった…

花がおわったらやっぱり葉もおちちゃって…あ~あ残念、と思っているうちに次の葉がちっちゃく出てきた。


花屋さんに聞いたら、「花をまたさかせるのは難しいかもしれないけど、葉は肉厚で鑑賞用だったら十分だから捨てずに育てたら…」と言われ、ちっちゃい新芽も大事にしてきた…

そんでもって今や新しい葉も立派に育ち、写真のように四枚(笑)


私は忙しいし、大体において世話下手で植物を枯らすことが多い。
なので、こやつらは本当にほっとかれていたのだが、どっこい植物はすごいもんです!!

育ってくると愛情もわき、なんとなく気になる存在になる(笑)

いつまで育つかわからないけど、あまりこちらの手をいれないでいたほうがすくすく育っているから不思議なもんである…(笑)


という、なんとなくわけのわからない記事ですが、せっかくなので彼らの元気な姿をアップしておきます。(笑)






Last updated  2011.01.14 09:56:19
コメント(0) | コメントを書く
2010.11.18
カテゴリ:ママのつぶやき
リューリューの療育について書いてきたのですが、最近は、どうも療育!という記事が少ないですね…汗

今後、おそらくなにもかものんびりとしか成長しないでしょうから、随分、我が家ものんびりと普通の生活になっています。(笑)

就学までが1つの嵐でした…(笑)

そこまではなにがなんでも~ってがむしゃらになってやれたけど。

小学校にあがってからは、地元でできる範囲のことをやって生活を安定させることで満足しています。

リューリューはこれからどうなるかわかりません。

もしかしたら将来、違う場所で生きていけるようなことが起こるのかもしれません。

でも、とりあえず、この小さな町で幸せに生活できるようにしていくこと、をビジョンに生活しています。


習い事もして、学校にも通って、地元の子供たちとのかかわりや習い事先でのたくさんの大人の人たちとの関わり…

それで十分ではないかと…

スーパーな発達はありえないし…

障害児ではあるけど、一人の田舎の子供として生きていきます。

もちろん、知的なハンディはあるから絶対にこれからさきも人さまの助けがいる子です。
だから、そのヘルプを上手に彼が使っていければいいのではないかと思います。

なにもかも自力でさせる、という無理はさせないで…

むしろ、リューリューによって、これから先、開かれていく道がみえつつあります。

今後、こういうことを自由に語るには、この場はあまりにも対象が不特定です。

このブログにはおそらく当たり障りのないようなことしか書いていかないかな…
それかもしかして閉鎖も…
今のところは細々、近況報告の場としてやっていこうとは思いますが…


新しい場所は、まだみつけていないし、決まったわけではありませんが、見つけて書きだしても、誰にも言わないかもしれません。

いや、もはや公に書く、ということすらしないかもなあ…

それくらい今後の私たち親子って、不可思議な道へ行きそうなので。(笑)

つくづくリューリューって不思議、私の人生も…(笑)

ではでは。







Last updated  2010.11.18 23:32:18
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.20
カテゴリ:ママのつぶやき

ああああああああ、書こうと思っていたことがすべて彼方になっていく…

六月から引き継ぎ、七月から本格的に始まった仕事ですが、今回はなんと一番の進学校になってしまった…

前回の通信の高校からすると学力も生徒指導レベルも天と地ほど違う…

担当は高校三年生…

そう…大学受験ね…泣

教科書はもちろん終わっていて、今は受験問題集でWritingもReadingも進んでいる…

授業は一コマ65分で、英単熟語からリスニングから小テストを二個消化させてから授業…

正直、死に物狂いですの

(^_^;)

ということで、私、本当に毎日毎日地獄のような教材研究をこなすのに精いっぱいで。

リューリューたちを寝かせてから、毎晩午前様…

それとリューリューたちのこと、その他のことなど、毎日こなしていくのに精いっぱいだったものですから全く更新できませんでした…

とりあえず、夏休みになったら少しはゆとりができるはず?だよね?(>_<)

そんなわけでここしばらく更新できなかったわけですが…

リューリューの活動についても実は今月から動きがあるので、そのことを含め、またアップしたいと思います。

今はただひたすら30日からの夏休みを待つばかりなり…

 







Last updated  2010.07.20 21:16:37
コメント(0) | コメントを書く
2010.06.26
カテゴリ:ママのつぶやき

さて、本日もつぶやきですが…(笑)

題名にある通り、今後の『私たちの進む道』についてです。

この私たち、という中に将来誰がはいってくるのか今の段階ではわかりません。リューリューと私が核になることだけはわかっていますが、スーリンやパパが関与するか、今まで知りあってきた人たちの中でいるのか、これから出会う人の中になるのか、全くわかりません。

おぼろげながら今後、自分がやりたいこと、やらねばならないことがみえてきました。それはリューリューの自己表現と直結しています。

この時点では、リューリューの自己表現が何なのか、何をやっていくのか、どうサポートするのか、まだ書ける段階ではありません。すべてがこれからなので…

私のやるべきこと、やりたいことというのは、そのリューリューの進んでいくことに沿って、将来、他のお子さんも一緒になってやろう♪ということでして…

今までずっと、同じような障害の親子さんの苦しみや悲しみをみるにつけ…何かやれることはないかと。自分の息子も含め、この世には確かに克服できない重い障害をもって生まれてくるお子さんがいて…

それが親の努力不足とか療育の量が足りないとか…確かにそれもあるかもしれないけど。

それでもそうであっても、そういう親の努力不足で発達しそこなって停滞していたとしても…

 子供たちには何の責任もない。

誰かから、後ろ指さされたり眉をひそめられるべきでもない。

子供たちにはのびのび楽しめる場があっていい。

世間の偏見や同じ障害児の親からですら見下げられるようなこと(バカバカしいことに軽度だとか高機能だとかそんなことで変な優劣意識もっている方もいますから…)そんな悪意から子供たちが傷つかない社会であってほしいけど…

才能がなきがごとく馬鹿にされるような誤解されるような世界から解き放たれなければならないと思う…

障害があるとかないとか、軽いとか重いとか、そんなことが子供一人ひとりの才能の邪魔をするとは思えない…

等しく誰にも何かしらの才能はきっとある…

それは音楽かもしれない、絵画かもしれない、踊りかもしれない、走ることかもしれないし、球技とか水泳のようなスポーツかもしれない、編み物かもしれない、陶芸かもしれない、デザインかも、写真かも、詩をかくことかも、子供の相手をすることや動物のお世話をすることかも…

なんにせよ才能はある…

そしてそれは必ず誰にもある…私たち大人がはるかな昔に持っていた夢のようなキラキラとしたものが子供たちには必ずある。

 

リューリューたちのような子供たちには、体も心も解放されて、汗びっしょりになって楽しめる場所があってもいい…げらげら笑ったり奇声に近いような声をあげたっていいから…

びょんぴょん飛んではねてくるくる回っていてもいいから…誰からもそれを叱られたりとがめられずむしろ楽しんでもらったり拍手してもらえるような…そんな場所があったっていい

と私は思ったのだ。で私はそれをリューリューと作っていくだろうなあ…と思ったわけで。それがなんとなく形をともなって見えてきたわけで。

リューリューの人生を豊かにすると同時に私にとっては生きがいとなるべき仕事にもなりそうな…そんな予感がします。

その内容についてはここでは述べません。なにもかもがはっきりしない夢物語の段階では、書きようがありませんしね…(笑)

アウトサイダー・アートという言葉を偶然知って、ああこんな感じかなあ…みたいなところではあります。

富や名声がもし後々でついてくればそれはそれで素晴らしいですが、こういう子供たちだからこそ、なんていうか、作ってやろう、表現してやろうという作為的なものがなく、まさに生の芸術がほとばしるんじゃないかな…と。

で、いろんな分野を展開するのは正直無理なんで…

リューリューが進んでいく、発揮していく表現手段に沿う形で、将来、私がワークショップを展開していく予定です。

あくまでも私の予定…爆。

リューリューが1つの自己表現を形として作り上げていくまでは、ちょっと先の話でして…(笑)

なんつーか、彼には私のワークショップでのアンテナというかみんなの先駆者であってほしいので…(笑)

あの、これはタレントさんが宣伝広告塔になっているようなものと違い…(笑)

彼には「表現するって楽しいよ面白いよ、僕をみてよ、一緒にやろうよ♪」と訴える力はあると思うので。(笑)

私がリューリューとやることは1つの道筋です。なので参加してみて、「やっぱこの道あわないわ…」ってなってもいいんです。だって、その子にとってそれが合わないって確認できただけでも、役にたつじゃないですか。(笑)

それが見出せたのも、リューリューが人との縁を呼びこんだからで…

あれもやりたい、これもやりたい、りゅーりゅーはどうしたらいいの? スーリンはどうしたらいいの…

悩めることがたくさんあって。できないこともできることもふくめ…

どの選択肢の糸を引っ張ったらいいのか、どれが正しいのか、と悩んだけど。なんてことはない、みんな束ねて引っ張れる方法が見つかった。(笑)

私のやりたいことも、リューリューの才能への道と直結していたし、スーリンの道もつながっていくこともあるかもしれないから、将来コラボできるかも♪とか。

そうすると、将来がとても楽しみなんです。

リューリューがつなげた人のご縁が密やかに進行中で、これから出会うであろう人たちとリューリューは成長することができると思う。

そして、何年か、十何年後かわからないけど、絶対に私がリューリューのため、そして次に続く、子供たちのため場をつくりますわ♪

絶対にやってみせますわよ♪その時の青写真はできています。が、公表はずっと先。

ここでこうやっていつまで日記を続けていくのか、閉じるのか、別のところに移動してしまうのかわかりませんが、その私のワークショップ活動を知ることができる人たちとは、またそういう御縁でつながっていくのでしょう…

生きていくのが楽しみになりました。まだまだ馬力出しますよ~(笑)

これから先、出会う人たちも楽しみです。今まで出会った人たちの中で一緒にやっていくこともあるかもしれませんね♪

人生摩訶不思議な展開が待っているもんです…

さあ行こう!リューリュー!

進む道は、まだたよりなく細い道だけど…

私たちの進む道には、数えきれない子供たちとの出会いが待っている…

そして、きっと光と笑いであふれているよ…

誰と会うんだろう…誰と切り開くんだろう…ワクワクするね♪

…貴方の人生は貴方の人生らしく、この世できっと光り輝いていく…

 

 

 







Last updated  2010.06.27 00:15:22
コメント(3) | コメントを書く
2010.05.29
カテゴリ:ママのつぶやき
ここ最近、いろんな物欲に変化が出ています。
大きな意味で、そういう変化がリューリューの療育にも波及していくのかも…

こだわらなくなったんですね…
一番は…

そしたらちょっと楽だったという♪(笑)

こうしなきゃダメ
とか
こうでなきゃ
とか

生活でも療育でもガチガチに思っていたことが、
もうそんなこといいんじゃないって思い始めて…

こだわりっていうのも、自分の意志もあるけど、それに関係なく、固定概念にとらわれすぎて身動きすること、打破することがとてつもなくマズイと思いすぎているだけで…

なんというか、素っ裸になってみたいのね…
ごちゃごちゃ飾り立てたり服を何枚も重ねてごまかしているんじゃなくて…

いろんな意味で。

生活においてもそう

療育においてもそう

ありのまま、素のまま、シンプルでいきたいなあと。

でもそれって肉体にも精神にも贅肉がついているとなかなかできないことだったりするから…

これからは贅肉がとれるような暮らしをしていきたいなと思います。

療育もそう…
リューリューの生の声に耳を傾けて、彼のやりたいことを手助けしていきたいです。

もうすぐ6月♪
学校生活も随分落ち着きまして子供たちは二人で毎日登下校…
私も何かしら仕事に就きたいとおもって面接が控えております…

いろんな出会いやいろんな出来事がありそうです。

楽しみ~♪








Last updated  2010.05.29 22:28:19
コメント(0) | コメントを書く
2010.05.27
カテゴリ:ママのつぶやき
うーん。
ここのところすっぱり気持ちが切り替わったというか…

以前もっていたこだわりがなくなりつつあるというか…

なんでか、そういう時期のようです。

ずーっと、生活についても療育についても、もっともっとと求めてばかりで。

療育についていえば、治療的なものと、教授的なものと、もう片っ端から調べ上げて、いいっ!と思えばドンドン加えていく…

それに対する支払いの金額も莫大でしたが、療育のためと思えばちっとももったいないとか、大変~とか思わず…

一時は、同時にやっていることだけで、8~9つ…

……リューリューよくついてきてくれたなあ…

っていうか、リューリューよくつぶれなかったなあ…

生活について、療育について、二年くらい前から地元に移して地元での基盤を…と考えて移行してきたこともありますが、去年から少しずつ形ができてきたと思います。

それでもまだ、必要最小限のことにしようと思えば、まだ変わる余地のある我が家の生活…

シンプルに暮らそう!と意気込んでいるわけではなく、自然な気持ちで、このことはもういいや…って切り替わったのかもしれません。

自分でもこの頃、突然に『もうこれはいいや…』って割り切ったというか捨て去ったこともあったり…

不思議です。

リューリューのことは、いつもいつもあれもしてやりたい、これもしてやりたい、まだ足りない、もっとやってあげないと…って思っていたけど。
きっと、普通の感覚からすると、ええっ?っていうくらいの療育の量や種類だったかもしれない。

今は、リューリューに対しても、『この道』っていう道が一本見えていたら、それでいい…って。

それは私も同じだろうけど…
あまりお金にこだわらず、自分のやりがいのある仕事を!と思うようになったり…

まあ仕事にしても縁ですから…
今はただ、どんな仕事につけるのかワクワクしながら結果待ち~♪ってな感じでいます。
小学校の特殊学級での支援員や、中・高校の臨時採用とかあちこちに登録しているので、
どこかにご縁があれば、そこが運命の仕事なのでしょう…

リューリューを誰かしらに支えてもらっている分、私も、その分を誰かのお子さんにお返ししたいと思っています。


これからさき、新しいことが始まったりして、変化が起こるという兆しなのかも♪
楽しみです♪






Last updated  2010.05.27 15:19:30
コメント(2) | コメントを書く

全95件 (95件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.