8615506 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

お隣さんの国:韓国からの手紙

全53件 (53件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021/05/01
XML
テーマ:鬼滅の刃(533)
カテゴリ:
やっと翻訳が一息ついたので、
一気に、最後まで読んだ。
これ(←クリック)

いや~、やっぱり良かった良かった。
少年ジャンプの世界!^^

人気があるからとずるずる続けず、
23巻でスパッと終わらせたのも好感度、大。

1話ごとに「こぼれ話」や「しくじり話」なんかが
挿入されてるのも面白かったし、
一番最後の「その後」も良かった。

さて、せっかくだか … [続きを読む >>]





Last updated  2021/05/01 07:36:01 AM
コメント(8) | コメントを書く


2021/04/04
テーマ:韓国!(14403)
カテゴリ:
衝動買いじゃないよ。

この日記を書いた日から、きっちり2週間、迷ってみた。^^

その間にお友達から、クーポンとかいろいろ教えてもらって、
最終的には全巻、送料込みで11万1290ウォン(約10900円)、
つまり1巻当たり、平均4839ウォン(約470円)で購入。

日本で買うのとそう変わらないじゃん!?!


到着~


発送までに1ヶ月かかるってことだったけど、
… [続きを読む >>]





Last updated  2021/04/04 12:08:50 AM
コメント(10) | コメントを書く
2021/02/10
テーマ:韓国!(14403)
カテゴリ:
はんらは先日、韓国の映画館で話題の「鬼滅の刃」を観た。
それと前後して、ユーチューブでアニメの1話~26話まで観た。

日記に書いたように、少女時代に少年ジャンプの愛読者だったはんらは、
なんか琴線に触れるものがあった。

これは続きを見なければ!!!

と思ったんだけど、いくらユーチューブを探しても、
続きがない。

なんで無いの?

と思ったら、 … [続きを読む >>]





Last updated  2021/02/10 01:13:19 AM
コメント(8) | コメントを書く
2020/12/29
カテゴリ:
今年は上半期はたくさん本を読んでたんだけど、
下半期は何かと忙しくなって、
結局この1年で読めた本は、
雑誌や漫画を除くと19冊だった。

その中で勝手に順位をつけると、


1. ロスジェネの逆襲  池井戸潤 

期待を裏切らない半沢直樹シリーズ、第3弾。
出向先でも仕事に対する姿勢が崩れない。
痛快でおもしろい!


2. 理由  宮部みゆき

直木賞 … [続きを読む >>]





Last updated  2020/12/29 12:02:25 AM
コメント(2) | コメントを書く
2020/06/05
カテゴリ:
NHK朝ドラ「エール」で
ヒロインの音ちゃんが、
オペラ「椿姫」の主役をゲットしたものの
ちょうど妊娠してしまい・・・
というくだりに入っている。

オペラって、実は見たことがない(と思う)。
でもフィギュアスケートの音楽に
よくオペラ音楽が使われてるので、
どんな内容なのか知りたいと思い、
里中満智子先生の「マンガ名作オペラ」を
ずっと前に購入して … [続きを読む >>]





Last updated  2020/06/05 12:03:12 AM
コメント(12) | コメントを書く
2020/05/02
カテゴリ:
第一回小学館文庫小説賞受賞作。
医学ジャーナリストが描く、迫真の医療サスペンス。

今のこの時、タイトルに惹かれて読んでみた。
「あれれ?」という感想。^^;

最後のほうの女主人公と宏くんママの会話はちょっとジーンとしたけど。。。

「感染」というタイトルはちょっと違わないか?
大ヒットした作品らしいけど、、、



「感染」に続く医療ミステリー第 … [続きを読む >>]





Last updated  2020/05/02 12:04:42 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/04/13
カテゴリ:
上・下巻があり、難解な(はんらにとっては)本だった。

『サピエンス全史』という本がありその続編だとのことだが、
外国暮らしでその本は手に入らず、この本だけ読んだ。

AIの時代を迎えて、人間は働く場所をコンピュータに奪われてしまうだろうということは前から語られているけれど、
その時代はどういう時代で、
我々はどのように生きなければならないのか、
と … [続きを読む >>]





Last updated  2020/04/13 12:01:07 AM
コメント(6) | コメントを書く
2020/03/20
カテゴリ:
異国暮らしで、なかなか日本語の本が手に入らない。
近所に住む日本人のお友達が日本語の本を1箱くれて、
その中に「ビリギャル」の本があった。

噂には聞いてたけど、読むのははじめて。
どうもありがとう!!!

巻末付録の「坪田式人材育成のためのテクニック」は
なかなか参考になる内容が多いと思った。

そして、ビリギャルを読んだ直後に、
別の在韓お友達 … [続きを読む >>]





Last updated  2020/03/20 12:14:40 AM
コメント(12) | コメントを書く
2019/12/29
カテゴリ:
今年読んだ本(雑誌、漫画を除く)は、21冊。
その中で順位をつけると、


1. 夏の庭 湯本香樹実 新潮文庫

思春期に差し掛かった男の子と3人とおじいさんの心温まるお話。
よくありそうなストーリーだとも思ったけれど、
それでも一気読みしてしまった。



2. 四日間の奇跡 朝倉卓弥 宝島社文庫

第1回(2002年度)「このミステリーがすごい!」大賞金賞 … [続きを読む >>]





Last updated  2019/12/29 12:10:34 AM
コメント(6) | コメントを書く
2019/09/03
カテゴリ:
奈良少年刑務所詩集。
寮美千子・編

奈良少年刑務所の更正教育「社会性涵養プログラム」から生まれた作品を中心に57編を編んだもの。

在韓チングからお借りしました。

この本は末尾の筆者の書いた「詩の力 場の力」、
更に、文庫本あとがきまで読んで、いろいろ考えさせられた。

詩を読むと、実に、普通。
こんな普通な詩を書ける子たちが、
殺人や強盗などで … [続きを読む >>]





Last updated  2019/09/03 09:42:54 AM
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全53件 (53件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.