1127743 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

雲の上はいつも蒼空

雲の上はいつも蒼空

☆ハンガリー

前回はブダペストだけ

ブダペスト
センテンドレ


さて、ようやく東欧に入ります。
(この旅の目的地は本当は北欧と東欧だったのだ)。

地図をご覧になるとわかるように、
(すいません、どっかから引っ張って来れれば良かったのですが
・・・お手持ちの地図帳でもご覧いただけると・・・)
ウィーンとスロバキアのブラティスラヴァはとっても近い。
列車に乗っても一時間くらいのはずだ。

でも、やっぱり私はブダペストから東欧に入りたかった。

それは一体何故だろう。
やっぱり一度行ったところから始めるのが無難だから?
単にユーレイルパスを使いたかったから?
・・・どうも真相はこれっぽいかな?

92年10月9日(金)[95/150]

8:30にウィーン西駅から列車に乗って、
ブダペストに向かう。

約3時間半の移動。
車窓の景色を楽しむにはちょうどいい距離だ。

私は車窓からの眺めが好きだ。
なんてことのない景色でも、
飽きずにずっと眺めてしまう。


ブダペストへの車窓②
大体こんな感じ。平原って景色が多かった。

ブダペストへの車窓①
こういう景色も。

もうすぐブダペスト
ドナウ川が見えてきた。

ブダペスト・ケレティ?駅
ブダペストケレティ駅と読むのかな?(BUDAPEST-KELETI PU.)東駅です。

ちょっと写真うまく出ませんでしたね。
縮小しすぎかな?あとで入れなおすかも。
天気はうす曇りと言った感じです。

昼過ぎにブダペスト東駅に到着する。

一般の家庭の部屋を借りることにする。
一旦荷物を置いて、14時ごろから街へ出る。
IBUSZ(ハンガリーの国営旅行社)へ行ったりする。

ブダペストは街が大造りな気がする。
なんか何でも大きい気がするのだ。
道も広いし、通りも長い。
人が”うじゃうじゃ”と言いたくなるほどたくさんいる。

人々の目つきが鋭い気がして、ちょっと緊張する。
初めのうちはちょっと怖い。
民族が西欧とは違うなと感じる。雰囲気が全然異なる。

この広いブダペストは、歩きではちょっと回れない。
2時間半ほど歩いて、夕食の買い物をして、
宿に戻る。
歩き疲れてくたくたである。

ここはキッチンが使えるのがいい。
料理をしているうちに元気を取り戻す。
家主さんに聞いて外へ食事しにも行ってしまった。

21時前にシャワーを浴びて、
隣の部屋を借りているカップル、
香港から来たフィエナ&スティーブと1時間ほど話す。

23時頃就寝。

明日は、温泉でも行こうかな?
ハンガリーには温泉があるのだ。

92年10月11日(日)[97/150]

朝、熟睡から覚めるのが大変。

9時半から近くのカソリック教会の礼拝に出席。

その後には美術館にでも行こうと思ったが、
疲れているらしくめまいがして動く気がしないので、
早々に帰って寝る。

14時半ごろ、
スパゲティ、缶詰、味噌汁、フォアグラの昼食。

食欲は大丈夫。
味噌汁がしみじみ美味しかった。

92年10月12日(月)[98/150]

今朝も熟睡から目覚めるのが大変。
深~い地の底から這い出てくるみたいだ。
熱が下がったあとのような頼りなさと爽快感を感じる。
どうやら、疲労から回復した模様?

10時頃、漁夫の砦へ。
テーマパークのような可愛い建物。
漁夫の砦
このとんがり帽子が特徴。

昼過ぎマーチャーシュ教会、ブダ王宮へ。

マーチャーシュ教会
マーチャーシュ教会。

王宮の門

王宮からのドナウの眺め
ブダ王宮からのドナウの眺め。
(王宮は逆光でうまく撮れていなかった。残念!)

今日はブダペストのフルコースって感じ。
天気が良くて最高!
ドナウ河の眺めは感動的である。

そのあと、ラーツ温泉へ。
異国の温泉に入るのはもちろん初めてである。
お湯がぬるかったように思う。
天井はドームのようで不思議な雰囲気だった。
空いていて、湯船では一人だった。

vicy通りを歩く。

日本人のM氏と夕食を共にし、語り合う。
研究所勤めのM氏は、職場の派遣で、
ルーマニアとブルガリアを回ってきたそうだ。

ドナウ河べりを、夜景を見ながら一緒に歩く。

M氏と別れて宿に帰ると22時過ぎだった。

明日は郊外のセンテンドレを訪ねてみよう。


ブダペストから電車で40分ほどの、
郊外の街センテンドレを日帰りで訪れる。

92年10月13日(火)[99/150]

8時頃起床。朝食を食べ、
昼前にセンテンドレへ向かう列車に乗る。
午前中のメモに、
「Expressのうそつき!」と書いてあるが、
一体何だったんだろう??

ブダペストからドナウ河を北上する、
このあたりをドナウの曲がり角(ドナウベンド)
と呼ぶらしい。

センテンドレは中世にセルビア人を中心とする、
交易商人によって栄えたとのこと。
小さな美術館がたくさんあるというので、
ゆっくり見ながら回るつもり。

ちょうど着くとお昼だった。
中央広場の屋外のカフェでランチ。
平日なのに賑わって、楽しい雰囲気。

センテンドレ昼食
影になってしまいました、残念。
メインはローストしたチキンです。
その前には実だくさんのスープが出ました。

横を馬車が通る
食べていると、そのすぐ横を馬車が通ります。


センテンドレ屋根に注目
この屋根が独特。小さい窓がある様子。

センテンドレ屋根②
なんか、誰かが覗いているみたいですね。

やはり、西欧のどことも違った雰囲気、
街並みがかわいらしく、
入り組んだ小路を歩くのが楽しい。

地図を頼りに、小さな美術館をいくつも回る。
見るのにもあまり時間がかからない。

丘の上の教会へ。
高台の教会
広場にはバザーの露店のようなものが出ていた。

センテンドレ、湖の眺め
湖かな?と思いましたが、ドナウに注ぐ川のようです。

16時過ぎに列車に乗り、
ブダペストへ帰る。

キラーイ温泉に入って、19時過ぎに宿へ帰った。


92年10月14日(水)[100/150]

明日はブダペストを発とうと思う。
最終日にふさわしい?いいお天気。

郵便局で荷物を送り、エクスプレスで両替。

中華まんが売られていたので買ってみる。
昼は宿に戻って食事、なしが美味しかった。

午後また外出、
エクスプレスで切符を受け取る。
(どうやら昨日のメモのExpressは、
旅行代理店かなんかの名前だったらしい)

その後国立美術館へ。
ここはハンガリー最大の美術館だそうだ。
時間をかけてゆっくり見る。

夕方からはゲレルトの丘へ。
夜景に変わっていく景色を楽しんだ。

20時ごろ宿へ帰る。
23時頃就寝。

明日は8:45発の列車でブラティスラヴァへ行く予定。
いよいよ、チェコスロバキア入りである。
(今はスロバキアの首都)

---

書いてみると意外とあっさりした一日だった。

今、よくガイドブックを見ると、
英雄広場の方に西洋美術館があって、
スペイン美術のコレクションが有名だそうだ。
その向かいには現代美術館もあり、見応えがありそう。
何で行かなかったのだろう?

ハンガリーは2度目だったこともあり、
かなり、休養をかねての滞在となったような気がする。

10月10日の日記
のところで書いたフォアグラですが、
生のもの244gが220フォリントでした。
日本円にして440円くらい?スゴイ、安い・・・!





© Rakuten Group, Inc.