075495 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

salon de daisy

結婚10年を迎えました(^o^)

10年前から変わったのはは1才の娘が二人の真ん中にいる家族の形です。

ささやかだけど幸せな我が家の日々の記録。




  • 1468244961424.jpg




2016.6.29 沖縄から帰る飛行機から







                  

2017.06.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
妊娠・出産と新居への引っ越しが重なって
てんやわんやな日々を
案外のんびり送っています。

仕事が休みに入ってからやっぱり少し肩の荷が下りたのかな。

そうは言いつつも
引っ越し業者の見積もりが日々入っていたり
引っ越し予定日から逆算して収納の計画をたてたり
収納用品をかってみたり

産後はなかなかできないだろうからと
自宅で開く整体&ヨガ教室のHPの作成について
思い悩んでみたり
整体の必要な道具を今のうちに購入すべきか思案したり・・・

うん。
やっぱり忙しいよね。
そして詰め込みすぎ。


そんな日々に青天の霹靂!



諦めていた引っ越し立ち合いが
もしかしたらぎりぎり出来るかも・・・という
話をハウスメーカーさんからちらりと聞かされて
俄然やる気になった私は
出産予定の産院に
臨月に入ってから里帰りしてもよいかと
前のめり気味に問い合わせをしてみました。

そしたらまさかの回答が(゜゜)

『産科医全員退職につき6月いっぱいで産科閉鎖します
 まじでごめん』

との事・・・・。


予定していた病院は
札幌では産科でとくに有名で
母子周産期医療センターにも指定されている
設備の整った病院。


いやーぶっとんだね(笑)
担当の先生は長女の出産時に
考えられないほど楽な帝王切開をしてくれたので
大船に乗った気持ちでいたところ
まさかの転覆だよ。
笑えないけど笑えるよ・・・。

先生に切ってほしいから、転院先教えてください!と
食い下がってみたけど
当分行先は決まらないみたい。
まじかー


電話を切って、半ば放心状態でいると
娘はいつものように空気を察して
私をそっとしておいてくれました。
おりこう。


安心していた出産先が宙ぶらりんになって
ぼけっとしてると
今まで知らずに張りつめていた心がゆるゆるに。

ある程度先のことを考えて他の病院にも問い合わせて
当たりが付いたところで一気になんだか脱力。


そんな感じなんですけど、いいこともいくつかありました。

心がゆるむと
人にもやさしくなれるんですよね。

私がほわほわしてるので娘もなんだか楽そうだし
お腹ちゃんにもたくさん話しかけてくれて
私もとっても嬉しかった。

引っ越しより仕事より
今は特に
子供たちのことが本当に大事。

で、子供たちの方をたくさん見ようと思いました。

そういう訳でとりあえず自宅店の事は当分手つかずにすることに。
ひとつ手放すとそれだけで楽になる感じがします。

ついこの間まで
お腹ちゃんに全然話しかけてなかったことにすら
気付いてなかった私。
地に足をつけて
ゆったりと子供たちの前にいてあげようと思います。


やれやれ
どうなることやらだわ。。





でも2人目出産から産後のテーマが見えました。





できる限り脱力すること。
 
抱えてる荷物に気づいて

抱えることで力んでいる自分に気づくこと。

ねばならないことなんて本当はない。

大事なのは、じぶんがゆったり笑ってること。

そしたら子供たちものびのび笑っていられる。





脱力・・・ヨガそのものだよな~

だから私はヨガが好きなんだな。






最終更新日  2017.06.19 21:11:40

PR

カレンダー

フリーページ

日記/記事の投稿

バックナンバー

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.