022880 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

江里口吉雄の相続FP

江里口吉雄の相続FP

PR

Profile

FP2000

FP2000

Freepage List

2007.03.04
XML
 ほんとうに久々のブログ・・・。この1年、いつも原稿の締め切りに追われていました。執筆はいつもおきまりの深夜コース。ほんとうは昼間書けばいいのですが、雑念?にとらわれどうしても夜になってしまいます。原稿を書く時は、軽く日本酒と酒の肴とともに遅い夕飯を一人で楽しむことにしています。食後は、コーヒー豆をゆったりとミルで挽いてからお湯を沸かすのです。やかんのお湯が「ちんちん・・・」沸くのを静かに待つのが至福の時間。部屋中に香るコーヒーの味を楽しみながら・・・。実は、この時間がとっても大事なのです。「今月はこれだ!」と決めていた原稿のテーマもこのコーヒータイムでガラッと変わってしまうこともあります。そういえば小生は、パソコンは1983年からマックを愛用していましたがいつの間にかウインドウズになってしまいました。なぜマックであったのかといえば、アップルコンピュターの創業者であるジョブズも小生と同時期にインドを放浪していた元ヒッピー。1983年当時マウス一つでデスクトップが宇宙空間に展開していったその世界は、まさにインド哲学と宗教の世界と同じであった様な気がします。。その後、マックからウインドウズになってからは、IBMのノートパソコンをかれこれ3台乗り換えてきた。原稿を一気に書くといってもやはり気分の乗り具合で調子が違ってきます。日本酒のほろ酔いも醒めてきたころに、シングルモルトのウイスキーをオンザロックで軽く2杯ほど味わう。お気に入りはいつもマッカラン18年ですが、最近はピートと味の何ともいえないアイラ島最古のボアモアを味わっています。シングルモルトで書き上げる原稿はいつも摩訶不思議な世界です。






Last updated  2007.03.04 11:07:50
[相続FPが日々思うこと] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

FP候補生@ Re:26日の日記(10/26) ひどいことが有るんですね。 戦略ミスで…
FP2000@ 境界杭ヲタクになりました エリグチ先生 相続FP候補生です。いつも…

© Rakuten Group, Inc.