2010.04.08

俺に味噌汁を食わせろ。

カテゴリ:小説の話。

はいどうも黒乃です。

今日も発送多くて死にました。ていうか暑いwww

まあ。良い事なんですけど。でも家のなかさむい←


さてさて。今日はふ、と思ったというか考えてたことをちょっと書いてみようと思います。

それは

「理想の告白」についてです。キャー!きゃあきゃあ!(煩

いえね。まあとあるげんふぉさんの(笑)クラブ活動でのテーマだったものですから。。

色々と考えてたんですわ。

告白といえばやっぱ愛の告白ですよねー

詩を書く上でリストラとかーって考えたんですけど

結局はそれカナって。

ほんで。私の理想の告白ですよ。

色々あるのですがやっぱり今までで、自分が書いてたのの中できゅーんって来たのは

彼方のかなぁ・・と思います。

彼方の告白とは!

むかーし、私は「誰よりも君に・・」という小説を書きました。

HP改装前から、私を知っている方は多分読んだ事あるだろうと思いますが

これが珍しくNLで少女漫画風で・・みたいな。

簡単にストーリーを説明しますと、壮絶ないじめを受けている主人公月歌(以後つーちゃん)(女)

・・が、ものすごい人間不信になっちゃって

でも友達やらのおかげで立ち直っていくとかいう話です。

で、彼方くんはそんなつーちゃんを好きになっちゃったクラスの人気者(イケメン)。

でもつーちゃんは人間不信なので「俺はお前が好きだけどね」とかいう言葉にも

「ボクを好きなんてそんなことあるわけないでしょ。」みたいな風に返されてしまいます。

まあそんな二人だったのですが

色々ありまして、とうとうつーちゃんが学校に出てこれなくなりました(確か風邪かなんかだったと思うけど・・)

・・で、彼方くんがお見舞いに行きます。

「何しに来たの・・?もう帰ってよ・・」 という風に追い返されます。

でも彼方くんは、元気のないつーちゃんが心配でたまりません。

「ちょっと待って!」と閉められようとするドアに手をかけます。

何?という風につーちゃんが不機嫌そうな顔を向けた 瞬 間



「・・・好きだ」











うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!(煩



私は書きながら爆笑しつつときめき胸きゅんを感じました。(待

相当頭がおかしかったんだと思います。

この後も色々あって、めでたく二人はゴールインするわけですが・・

やっぱりこの時の彼方のこの告白台詞(シチュエーションも含め)が最高だったと思います

この後も色々恋愛物書いて(BLも含め)

告白シーンも書きましたが・・やっぱ彼方のコレが最高だったと思います←

後、これ好きだなーっていうのもあるのですがね

告白かどうか分かんないけどまほさつの「きっと見つかるから・・俺以外に大事にしてくれる人」とかとか

「微熱(リメイク)」の「ああ・・でも、好きですよ?」とか

未発表小説のキャラ、ナナメさんの「俺は一生ずっと永遠に死んでも好きですから!」とかw

ナナメさんは一言一言がいちいち告白だからなぁ・・

「俺を好きとかありえません。俺が好きなんです」みたいな・・笑


で、やっぱり彼方くんのみたいに短くても真面目に言って欲しいなぁって思います。

いやいや言われたいとかじゃなくて、ああだからもう・・orz(何

まだ言わせたこと無いですけど「真剣にお付き合いしてください。」とか

「結婚を前提にお付き合いしてください。」とか私的にはとても好感が持てる言い方だなぁって思います。

さっちゃんとかに言わせたい・・(((

まあ要はストレートかつ誠意を持っていえという事ですね。

私のキャラはだいったいが「別に好きじゃねえし。」みたいなツンデレが多いので(私自体がそうなのかもしれん・・orz)

その辺はちゃんとしていきたいなぁと思ってます・・。

いつから捻くれちゃったのかなぁ・・笑

去年くらいからNLものも書きたいなぁと思って連載してたりするので

頑張っていきたいと思いますっ


ああ。もの凄くはっずいこと書いてるような気がしてきた←

恋愛と言える恋愛をそんなにしたことない私がいうのもあれなんですけどね・・orz


まあ。そんな感じです←





TWITTER

最終更新日  2010.04.08 18:37:26
コメント(0) | コメントを書く