000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

伝説のアラキ:)気合・気愛で、555!!!よろしく!!

空間

かわいい春の香り(^^)

■グループの中で起きている事  コミュニケーション 2 空間

コミュニケーションの話しの中で、アラキは特に、「空間」の取り扱いを、
つねに、考えて、そこで、メンバーの一人一人が、学びに集中できる
工夫に、力を注ぐのでありました:)

会場は、会場で、既にたてられた器としての空間を持っています:)
会場や、施設の事を、英語で、ファシリティーといいます:)

学校の施設というと、facility of school と、いうような言い方をするんだよ:)
我々は、大きな枠組みとしての、施設の中で、活動している事が多いのでした:)

学校、会社、病院、役場、お店、現場、etc・・・全てだよね:)

大きな枠組みとして、グループを支える空間が、グループメンバーに与える
課題達成への影響関係としては、重要な、要素になるんだよ:)

その事を考えて、多くの施設は、工夫された、「間」の取り方をして、「空」の部分を、
確保しているようです:)

単純に、8畳間ぐらいの広さに、5人で仕事していたら・・・
きついと思うんだよね・・・

仕事の内容にもよるだろうけれど、もう少し、「間」がほしいよね:)

これは、人間が持つ、場への本能、つまり、
近づきの空間という意識が、働いているからなんだよ:)

親密な空間、個人的な空間、社会的な空間、公の空間、それぞれ、社会心理学的な言葉と、
どれぐらいの範囲なのかが、語れているので、ここに、紹介しておくね:)

また、空間という言葉を、領域という風に置き換えてもいいんだよ:)


親密な空間 自分から15~30センチの範囲で、かなり親密な関係のなかでの
相手との距離感だよ:)勝手に知らない人が、この空間に入りこんでくると、
不快感を覚えたり、拒絶的な反応をしたりするのでした:)

個人的な空間 両手を広げた程の距離だよ:)この空間は、
招き入れる事が、招き入れてもらう事が必要な距離感なのでした:)
自己防衛のためにあけておきたい距離でも、あるのでした:)

社会的な空間 書物には、120~360センチとなっているけど、個人差が激しいので、
明確な事はいえないと思うんだ:)一応、だれかが、この空間に関わってきたら、
無視はできない範囲の空間なのでした:)

公の空間 社会的な空間から見える範囲ぐらい:)この中にある、個人の動きは、
環境の一部とになるらしい:)その他大勢だよね:)団体さんとすれ違う時のような
感覚かな:)京都に沢山の方が団体で歩いてる風景:)なんて言葉でも、ちゃんと、
風景という、環境の一部として、取り扱っているよね:)



と、いうことで、人がただそこに、存在するだけで、すでに、コミュニケーションは、
始まっているのでした:)その距離感が、そこで起きている関係性を物語る場合も
あるほどなのでした。

勿論、前提として、個人差があるし、歴史文習慣が違う国の方達だとか、
ばらつきはあって当たり前だよね:)

空間の作り方一つで、人の中に起きている、様々な心の動きと、
課題を達成するためのグループの様子は、アラキの中では、
非常に大切な部分であると言うことがわかると思うのでした:)

それは、グループ全体の、雰囲気、風土へ、つまり、プロセス(過程)に、
影響を与えることがはっきりと現れる部分でも、あるんだよね:)

場を設定、つまり、施設を最大限に引き出し、学びの場をとして、
もしくはグループが、目的に向かって課題達成へ大きく踏み出すときに、
場の設定の善し悪しは、コンテント(結果)に、
影響がでてくるとおいうことだよ:)

最近では、そのような事を考慮して、施設もいろんな工夫がされているので、
新しい施設であればあるほど、何をどんな風に工夫しているのか、
見るだけでも楽しいアラキなのでした:)

場の設定をしたり、メンバーの関係の、引き出し作業のお手伝いとして、
関わりをもったり、メンバーが学びに、もしくは、仕事に、集中出来る
環境を整える努力をする事を、専門的にする人達が居たりもします:)

施設には、いろんな、要素が盛り込まれているよね:)
あれも、これも、あるよね:)メンバーの欲求を満たして、
課題達成へ向かう訳だから、しばしば専門的な施設も存在するよね:)

そんな施設のような引き出しを沢山持っていて、関係性を促進させる役割をする
専門的な方を、特別に、ファシリテーターと言い方で、呼んだりします:)

その場にいる、メンバー個々が持ち合わせる、場の力の「間」で、起きている事に、
アクセスし出来、「空」に放たれた様々な学びを、出来事を、
メンバーの学びにするお手伝いをする専門家です:)

コミュニケーションを語るときに、この、「間」「空」への配慮は、
大切にしたいと思うのでした:)また、メンバー個々が配慮しなければ、
ならない部分でもあるのでした:)

以前、話しをした、グループは、2人から成立する:)
おそらく、適切な距離間を保ちながら、「間」を保ち、「空」に、いろんな、
学びを詰めこんで、二人でシェアして、深めて行くことになると思うのです:)

人間性についても、以前、別のコンテンツで、述べているのですが、
以下のような考えに支えられているのでした:)

人と人との間で、心が生まれると書いて、人間性なのです:)
人がいるだけで、心が生まれて、人間性が、はぐくまれるのでした:)
それは、人だけでもそうだし、いろんな場の持つ力によっても
起きている事なのでした:)

公園にベンチがあります:)端に一人座っています:)
貴方もベンチに座りたい:)おそらく、先に座って居た方の、
反対側の端に座るはず:)互いに個人的な空間にわざわざ、
脚を踏み入れたくないし、踏み入れて欲しくないと、
思うアラキなのでした:)たまに、いきなり、横にべったり座られたら、
逆におどろくよね:)

こんな事が、自動的に起きているのでした:)

ということで、空間の持つ意味をもういちど、自分の生活にお気かえて、
みるといいとおもうんだよね:)

会社の机は、雪崩が起きそうだななとか、埋もれているなとか、
ブースで、一人だよねとか、ふぁーすとフードに入った瞬間に目は、
一番、人がいない空間を自動的に捜しているよなとか:)

今日のポイントは、施設や場の持つ空間のあり方が、
メンバー個々に起きている、空間へ、大きな影響力を持っているということだよ:)

裏をかえすと、メンバー個人が、場の力として、働いて居ることも
あるということだよ:)密接に関係しているからね:)

いろいろあると思うんだ:)

では、明日は、ここから、話しをどんどんふくらませて行きまう:)

ボディーランゲージという、コミュニケーションについて、
江戸繁盛しぐさ、なんかの話しを織り交ぜて語るので、よろしくだよ:)





専門用語を紹介するよ

※個人の持つ空間の事を Proxemic Zorns(プロセミック・ゾーン)といいます:)
歴史文化週間により、それぞれ、空間への関わり方には、
人種、個人で、差があります:)

※ファシリテーターとは、様々な学びの場のお手伝いさんです:)
その活動は、多岐にわたり、それぞれの専門分野がありますが、
中心に触れていれば、全てに通用するのも、ファシリテーターの
強みと、特徴なのでした:)

アラキは、フリーランス・ファシリテーターということになります:)
少しアラキの事もわかるかな:)ますますわからなくなるよね:)
おいおい深まっていくので、(。`・_・´。)ノよろしく!!











■バックナンバーだよ:)

その01 目標
その02 感情
その03 時間
その04 組織化
その05 雰囲気・風土
その06 規範(ルール)
その07 意志決定
その08 リーダーシップ
その09 メンバーシップ
その10 コミュニケーション
その11 一般化
その12  コミュニケーション 1
その13  コミュニケーション 2 空間



■参照関連事項

陸上競技から学んだこと:) 」
中心性:)
価値観とプラス思考(^^)



気合・気愛こと、伝説のアラキ:)TOPへ
みどりのお花(^^)


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.