000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

伝説のアラキ:)気合・気愛で、555!!!よろしく!!

体の言葉

かわいい春の香り(^^)

■グループの中で起きている事  コミュニケーション 3 体の言葉

さて、今日は、体の言葉だよ:)

昨日の話題からの続きになるんだけど、自分以外に他人が居る場合、
ただそれだけで、無意識のうちに、いろんな影響関係が働いているということ。
そして、自分の行動に、相手の行動に、影響を与えあっているということに、
触れていました:)

それら、場に対する、また、場が、与える影響関係を、言葉に置き換えると、
無言のサイン、つまり、無言の言葉と言うことが出来ると思うアラキなのでした:)

つまり、何も語ることなく、いろんな事を物語るからなのでした:)

道を歩いていて、座って居る人を見かけた瞬間、
あ、疲れているのかな~とかね:)瞬間的に思ったりするときが
あると思うんだけど、相手は、何も語ってはいないんだよね:)
何ら感事情でそこに座っているんだけどね:)

この場面だと、どのような状況で座っているかは、わからないけど、
こちらが自動的に、解釈しているんだよね:)

もう少し、つっこんだ言い方をすると、解釈させられるに、値する場に、その人が、
たまたまそこにいて、それは、メッセージとして、受け取る自分がいるという、
コミュニケーションが、そこの場に、瞬間的に、成立しているということになるんだよ:)

解釈と、受け取る自分、メッセージ、等については、おいおい
書いていくので、よろしくだよ:)今日はさらりとながすアラキなのでした:)

でね、今日のポイントは、同じ、体から、出されている言葉には、
無言ではない言葉もあるということなんだよ:)

この事は、自分の心の情報を発しながら、同時に起きている事もあれば、
無言でそこにいるだで、無言の言葉になるんだけど、
意図的に、体を動かして、感情を表現していたら、どうだろうということ、
また、無意識に体を動かしていたらどうだろうということ、
考えたら、きりがないんだよ:)

そこに居るだけで、影響関係にあるということを、
実は我々は、経験的に、子どもの時から、学んで来ているんだよ:)
だから、文章にしてまとめたら、それだけで、立派な本が、シリーズで、
数十冊というボリュームでまとまるだろうな:)

そして、語らずとも、体を動かすことで、感情を表現することも、知っています:)

だから、あえて、体を十分に動かして、感情をより、大きく表する事も、
自然にしているのでした。これが、無言ではない、体から発信されている、
体の言葉のもう一つの側面、おしゃべりな体の言葉だと思うのでした:)

ボディーランゲージという言い方もするよね:)

歴史文化習慣が違うと、勿論、体が語る言葉にも、大きな違いが出てくるよ:)
ほとんどは、共通して仕草をするんだけど、意味や、解釈が違ってくる:)

人間の持つ骨格構造や、動物的な特徴は似通っているから、
なおさら、共通してくるんだけどね:)

たとえば、

日本人は、YESの時には、首を縦に振る文化だよね:)
でも、ある国にいくと、その逆で、YESの時には首を横に振るのでした:)

こうして、生活の中で培われてきた体の言葉は、文化として、
身についていたりするのでした:)

日本人には、「江戸繁盛仕草」なんてのがあって、代表的なものに、
人の前を横切る時に、手を前にだして、縦に振りながら、前を失礼みたいな:)
挨拶の時に会釈をするとかね:)

江戸時代、利根川、荒川、墨田川など、江戸を代表する川には多くの渡し船が
川岸への交通手段の代表的な担い手といて、活躍していました:)
たいていは、10人のりだったみたいだよ:)

でもね、11人いて、10人乗ってしまい、後一人乗れば、全員で一度に
向こう岸まで行ける、なんて時に、10人が一人ずつ、握り拳一つずつ、
おしりをずらして行くと、あら不思議、一人分の座席が確保出来たんだね:)

これが、江戸時代の、町人文化を支えていた、「江戸繁盛仕草」なのでした:)
ほんの一例だけどね:)



体の言葉は、様々な状況の中、グループメンバー全員に、
話しながら、身刷り手振りでも、メッセージを発信しているのでした:)

逆説的なメッセージも希に潜んでいたりもするので、よろしくだよ:)

グループのメンバーの中で、何か課外達成への事で、
話し合いをひらいていて、あるメンバーも、みなの意見に、最終的には、同意をしたものの、
いらいらして貧乏ゆすりをしていたり、表情は怒りであったり、部屋を出るときに、
ドアを思いっきり、締めていったり等々etc。

心と体は連動して居るという事も、いえるのです:)

そして、その究極が、手話であったり、指てん字だったりするのだと思うアラキなのでした:)
そのほかにも、様々な方法で、情報交換、つまり、コミュニケーションが促進されています:)

さて、自分がグループメンバーに発信しているメッセージには、
無言の言葉と、おしゃべりな体の言葉と、同時に二つの情報が、少なくても、
そこに居るだけで、発信されているということ。

そして、同時に、受信もしているということ。

これらが、自分の行動に大きな影響を与え、また、与えているということを、
考慮した、行動、そして、言動を意識することは、相手へ対しての、
思いやりかもしれないと思うアラキなのでした:)

多くのマナー研修と言われる、ビジネス・マナーでは、方法と、決まり事とされている事を、
人事が新人へ、もしくは、コンサルタントが、もしくは現場の先輩が、教えてくれるのですが、
あくまでも、それは、表面的な部分であり、培われてきた知恵として、受けとるのが
アラキ的には、ベスとかなと思うのでした:)

自分の体が発信している、無言の言葉、おしゃべりな体の言葉について、
意識しないで、方法論だけど、丸飲みして、そいれだけに、なってしまうと、
取ってつけたような、印象を与えてしまうことがあるようだよ:)

教わったものを、自分の生き方や、体から出されいる情報を意識化けるすることと、
その事を受け入れて、さらに検討を加えて、創意工夫をしていくと、
自分らしさが、光り始めると思うアラキなのでした:)

しかしながら、、自分が意図としていない、情報として
相手に受け取られ、誤解を生じる、ミスコミュニケーションが起きる事も、
日常的には、しばしば、起こります。なぜ起こるのか、これからのシリーズで
ふれるので、よろしくだよ:)



今日のポイントは、コミュニケーションを支える母体は自分であり、
その自分の影響関係を、そのグループの中で、客観的に見つめる事を、
意識する事が大切だということになると思うのでした:)




明日は、そんな事を意識しながら、コミュニケーションを促進させる努力をすると
思うんだけど、その、方向性についてのお話だよ:)

みんなの、体からのメッセージ、場に居るだけで、力になる事が出来る:)
生きているということには、感謝だと思うし、そうして、考えさせてくれたり、
見知らぬ人に支えらる瞬間、だれも 一人では、生きてはいないんだよなと、
改めて感謝するアラキなのでした:)

では、また、明日だよ:)








■バックナンバーだよ:)

その01 目標
その02 感情
その03 時間
その04 組織化
その05 雰囲気・風土
その06 規範(ルール)
その07 意志決定
その08 リーダーシップ
その09 メンバーシップ
その10 コミュニケーション
その11 一般化
その12  コミュニケーション 1
その13  コミュニケーション 2 空間
その14  コミュニケーション 3 体の言葉


■参照関連事項

陸上競技から学んだこと:) 」
中心性:)
価値観とプラス思考(^^)



気合・気愛こと、伝説のアラキ:)TOPへ
みどりのお花(^^)


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.