000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

伝説のアラキ:)気合・気愛で、555!!!よろしく!!

2007札幌宿泊アラキワークショップ詳細:)

うちゅうびと(^^)

2003夏のワークのアルバムで、少し様子を見ることが出来ます:)


■□■ 体験学習にふれる 自分にふれる 仲間にふれる 研修会 案内 ■□■

■直接アラキへの問い合わせは、arakiai5@mac.com まで、E-mailにてお願いいたします。



■□■ 体験学習にふれる、自分にふれる、仲間にふれる 研修会 要項 ■□■
サブテーマ 体がふれる 心がふれる 魂が響く

ファシリテーター  荒木 孝司

期  日  8月17日金曜日 12時受付開始~研修
      8月18日土曜日 終日研修
      8月19日日曜日 12時終了 13時昼食後解散

日  程  2007 体験学習会案内ファイルに、詳細があります。
      http://homepage.mac.com/arakiai5←ここをクリックしてダウンロード願います。

目  的  体験学習法による、今、ここで起きている他者との関わり、そして、
      自己の中で起きていること等、様々な視点を参加者同士が分かち合い、
      日常生活を見つめる視点やコミュニケーションをともに学ぶ。

参加対象  人との関わり等に、興味関心のある方なら、どなたでも参加できます。
      参加される方の、社会的な立場、職業、障害の有無等、一切関係ありません。
      誰でもが、安心して参加できるプログラムを準備してお待ちしています。
      学生の方には、学生割引制度を準備しています。

参加費用  一人 2泊3日 58,000円 (宿泊費、2朝食、2昼食、2夕食、含む)
      申し込み完了後、下記に振り込み願います。
      銀行振り込み先 三井住友銀行 札幌支店 普通口座 1083543
      口座名義 荒木孝司
             
申し込み  下記の申し込み必要事項を記入の上、E-mailにて、お申し込み願います。
      E-mail   arakiai5@mac.com

■□■ 参加申し込み必要事項 ■□■ 

1.氏名/ 漢字&ひらがな
2.住所/ 〒番号から願います
3.電話&FAX(無ければ結構です)
4.携帯電話&携帯E-mail
5.PC E-mail
6.お持ちであれば、ホームページアドレス

申し込み先 E-mail arakiai5@mac.com  荒木 孝司 宛

募集人数  12名

会  場  北海道国際ユースホステル (財)北海道ユースホステル協会
      札幌市豊平区豊平6条6丁目5-35 011-825-3120
      JR札幌駅から地下鉄東豊線学園前下車
      http://www.youthhostel.or.jp/c_kokusai.htm






■アラキのおもい・・・第1回体験学習研究会教育のユニバーサルデザイン資料より

どんなにつらい世の中であっても、それは全ての人にとって、学びのステージ。
そこでの学びは、かならず未来の希望となるのさ。
悲しい、悲しいできごとであっても、
その現実をしっかりと受け入れる勇気が、僕たちには必要なんだと思うよ。
背中を見せて悲しむことは誰にでもできるのだから。
涙を流したあとには大きな河が流れると思うよ。
さー、その流れをただの流れではなく、時代の流れにしていこうよ。
でもね、無理はしなくていいんだよ。
立ち止まりたい時にはいつでも立ち止まって、
自分のペースも大切なのさ。
誰でもつらいことは、つらいのだから。



■アラキの願い・・・第1回体験学習研究会教育のユニバーサルデザイン資料より

地球上にある、あらゆる誤解と、悲しみは、その人の学びをより確実なものとしてくれるだろう。
しかし、愚かなことは、その学びを学びとせず、自分を拒否することで、
何にか得ることを選択する、その行為である。
いかなる瞬間、いかなる人生において、人は救われる事を知っているのに。
だから、もっと知恵を大切にしなければならい。
どんなに差別や、貧困があり、戦争が人を苦しめても、時代は、繰り返される。
それでいいのだろうか?何度となく我々は歴史に学んできたのではないだろうか?
今まさに、そのことに心を拓き、大いなる知恵の前で、自分を悟る時なのである
とアラキは確信する。
そのことは、最初、混沌とした状況を生むかもしれない。しかし、確実に人間は、
今までの罪の全てを精算するためではなく、

「「今まさに生きているこの時代を創造する事に力を向けることを知る。」」

そうでなければ、この星の未来はあまりにも、悲しすぎる。



■以上がアラキを突き動かし、ソーシャルアクションにかき立てる原動力です。
この思いを胸に、今回もこの研修会を企画しています。
多くの仲間と学びを深める事ができたらと願っています。
皆さんの参加をお持ちしております。 


アラキ @ Portland.O.R U.S.A



トナカイ(^^) ありがとう(^^)/


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.