178205 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

楽しい毎日にこにこワイン

11月3日(祝) 12日目

11月3日(祝) 地震から12日目

今日は旗日で休診
今日こそは、長岡脱出だわっ!!! 新潟方面の日帰り温泉に行こうっ!
そんな事を考えていたと思うが・・・

しかし・・・なぜか朝から鳴る携帯(お仕事用)
薬局の電話は夜間・休日は管理者の携帯へ転送される
『小千谷の○○ですが・・・お薬が無くなるんです・・・』
なんと! 昨日受診予定だった神経内科の患者さんだ
自宅は被害がひどく、現在実家のガレージに避難して居るが
逃げる時に薬を持ち出せず、手持ちの薬が無くなりそうだと・・・
パーキンソン病の彼女は薬が無くなれば即、体の動きに影響が出るはず
実家の住所を教えて頂き『今日中にお届けします』
薬局へ行き、診療所の許可を得て、いつもの薬を作る
小千谷への国道は通行止めだったハズだけど、どうなったか?
お隣の診療所へボランティアに来ている人達に聞いたところ
『国道は応急処置が済んで復旧している』患者さんのお家への道を教えてくれた

こんな場合、会社の車で行くのが良いのだろうが、道中の経路に不安あり
自分の車ならナビも有るし・・・とお届け先の住所をナビに入力して出発!
ガタガタの国道を走り、小千谷に近づくにつれ、空を飛ぶヘリが増える
目的地近くまで来た時、魚野川近くの信号で停車した。
対岸に目をやり『???ここは戦場???』と思った
河川敷の広い土地に、自衛隊の基地みたいなのが出来てる
ヘリが離着陸し、トラックが一杯とまっている
こんな場所を基地にして、支援物資や人が移動してるんだ・・・

小千谷に近づくと、支援やボランティアの人達や工事車両等々ですごい渋滞!
ナビに従い目的地近くまで行くが、患者さんのお宅ははっきりしない
しかたなく路肩に停車し、付近の住民に尋ねると
『○○さんちの事じゃないかな?』と道を教えてくれた
お礼に車に大量に積んでいた水を、少し分けて差し上げる
教えられた場所に向かっていると、向こうから男性が歩いて来る
(見たこと有る人だな・・・)あちらもそう思った様子
『あんた!長岡の薬局の人?』そうです~お薬もって来ました~
『かあちゃんの薬わざわざ届けてくれたのか?ありがとう!車庫の中に居るよ!』
患者さんは、ご実家の頑丈な車庫の中に布団を敷いて寝てました。
雪国の頑丈な住宅や車庫はびくともせずですが
自宅の部屋はめちゃめちゃで当分入れないとの事。
お薬を渡して、ひとしきりお話した後、帰り際再び息子さんに会った
『こっちもようやく水が出るようになったが塩素臭くてな・・・』
長岡もしばらくはそうでした
車に積んできたお水を全部置いて、帰路についた・・・

が!
遠くに見える景色が、なんだか見たこと有るみたいな感じ
もしやあれは・・・
そうです、妙見の崖崩れの現場です
車で帰宅途中に親子3人が崖崩れに巻き込まれて
男の子だけが助かったと言う現場
それがまさに目の前にありました
(あそこにまだ埋まっている人が居るんだ・・・)複雑な心境でした

こうして結局、旗日の今日もお疲れモードで感傷的に終わりました・・・

-続く-




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.