042484 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

私が感動したこと。~筍日新 日々新~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


rakuten4889さん

日々是好日

フォローする

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

楽天SocialNews公式… 楽天ソーシャルニュース スタッフさん

コメント新着

長財布 メンズ@ kyiijmwolw@gmail.com Thanks for a marvelous posting! I genui…
防犯カメラ@ ugchjau@gmail.com Woah! I'm really loving the templa…
結婚式 ネクタイ@ sugrgtsrk@gmail.com Good post but I was wondering if you co…
プラダ トート@ qlgyav@gmail.com 突然訪問します失礼しました。あなたのブ…
ルイヴィトン バッグ@ frfgudtamu@gmail.com こんにちは、またブログ覗かせていただき…

フリーページ

ニューストピックス

2011.03.16
XML
カテゴリ:ニュース
 今回の福島原発での対応を見ていていかに原発とは厄介な人間が制御しきれない存在であることにおどろきました。いままで原発についてどれほどの認識があったのかと思いました。海外ニュースでは3月16日現在東日本巨大地震に伴う福島第一原発の事故深刻化を受けて、日本を危険視する傾向が国際社会で強まる一方、総力を挙げて未曽有の大災害に立ち向かう日本社会を信頼し続ける外国人も少なくない。海外メディアではこれまで、被災者の忍耐強さや規律正しさを称賛し、激励する論調が主流だったが、原発の事態悪化につれて、悲観論が目立ってきた。
 今回の震災で国民の安全と生活を守るためにまず政府として最優先に解決すべき課題はこの原発の問題である。これまで日本は広島や長崎で被爆し第2次世界大戦でまけ、度々の自然災害やオイルショック、円高でいじめられても、何度も復興をやり遂げてきた今回もきっとこの困難を乗り越えて復興をすることでしょう。

 本当に素晴らしい国を取り戻すことは戦後の平和ボケから目覚めて、偽物を見限る知恵が今度こそ必要であります。国民は国をあげての原子力の平和利用、クリーンエネルギーとして原子力発電といったポジティブなイメージばかりが強調される中で、今回の事故で我々は、はじめてその本質的な危険性や原発に対する危機管理体制の実態を知り関心をもつようになったのではないでしょうか。
 何はともあれ政府、東電、そして国民が一丸となってこの危機を乗り越えなければなりません。危険な環境の中で困難な問題に立ち向かって放射能汚染の防止に貢献されておられる関係者、自衛隊の皆さんの懸命の努力に感謝し、心から応援したいものです。
 ネットで見つけたページで「原発がどんなものか知ってほしい」という想いから、10年以上前に亡くなられた「平井憲夫」さんという、原発建設で働いてきた専門家が暴露した原発の現場で起きている現状を知ることができます。

この内容が正しいのであれば、恐ろしいことです。

 平井憲夫氏のホームページhttp://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

 私は原発反対運動家ではありません。二十年間、原子力発電所の現場で働いていた者です。原発については賛成だとか、危険だとか、安全だとかいろんな論争がありますが、私は「原発とはこういうものですよ」と、ほとんどの人が知らない原発の中のお話をします。そして、最後まで読んでいただくと、原発がみなさんが思っていらっしゃるようなものではなく、毎日、被曝者を生み、大変な差別をつくっているものでもあることがよく分かると思います。
<<目 次>>
私は原発反対運動家ではありません 「安全」は机上の話
素人が造る原発 名ばかりの検査・検査官
いいかげんな原発の耐震設計 定期点検工事も素人が
放射能垂れ流しの海 内部被爆が一番怖い
普通の職場環境とは全く違う 「絶対安全」だと5時間の洗脳教育
だれが助けるのか びっくりした美浜原発細管破断事故!
もんじゅの大事故 日本のプルトニウムがフランスの核兵器に? 日本には途中でやめる勇気がない 廃炉も解体も出来ない原発
「閉鎖」して、監視・管理 どうしようもない放射性廃棄物
住民の被曝と恐ろしい差別
私、子供生んでも大丈夫ですか。
たとえ電気がなくなってもいいから、私は原発はいやだ。
原発がある限り、安心できない
--------------------------------------------------------------------------------筆者「平井憲夫さん」について:

1997年1月逝去。
1級プラント配管技能士、原発事故調査国民会議顧問、原発被曝労働者救済センター代表、北陸電力能登(現・志賀)原発差し止め裁判原告特別補佐人、東北電力女川原発差し止め裁判原告特別補佐人、福島第2原発3号機運転差し止め訴訟原告証人。
「原発被曝労働者救済センター」は後継者がなく、閉鎖されました。

----------------------------------------------------------------------
 また燃料棒とはどんなものか今回の加圧水型原子炉 (PWR)と北陸地方にある沸騰水型原子炉(BWP)の違いなど図解で説明されています。
Qlinkというメルマガより。「近ちゃんのホームページ」を紹介します。
みなさん こんばんは。 近ちゃん@海老名市です。
私は、かれこれ45年前に、高度成長期の日本の基盤で有る「鉄鋼」「火力発電」「石油」の産業がこぞって「コンピューターを製造ラインに使う」・・・火中にいました。

工業計算機・・プロセスコンピューター(略して、プロコン)の保守員として、ユーザー先に、半年間から一年間常駐していました。
よって、鉄鋼プラント(転炉、圧延、大形製綱)の現場に足しげく通い、時には、火力発電の定期点検時に、プロコンの定期点検を2週間ほど行ないました。
常駐の目的は、プロコンの修理はもとより、客先の担当者の育成も有りました。
数年後、新人教育を担当する事になりました。高卒の若者を半年で一人前にシゴキ上げ・・・のが、課題でした。
すでに、電力の需給調整も、原子力発電の計器類の監視用にプロコンの利用範囲も広がり、コンピューター以外の各種プラントの基礎知識も勉強しては、新人に教え、プロコン、ミニコンの世界で19年、その後は、現在のネットワークコンピューターの世界に移り、パソコンへとさらに19年の歳月日が流れました。
そこで、ここ数日、福島原子力発電所の原子炉格納容器の話題から、どうも素人向けの基礎知識が欠如しているようなので、20数年前の知識をまとめて見ました。
直行便でご覧いただけます
http://www.geocities.jp/konchan2003jp/atom/atom.htm

***{次のアドレスは、近ちゃんのホームページへの入口です}***
http://www.geocities.jp/konchan2003jp/  ・・近ちゃんギャラリー






最終更新日  2011.03.16 21:38:28
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.