2006年09月23日

急遽研究会

カテゴリ:カテゴリ未分類
 今回は、断念せざるを得ないと思っていた研究会。しかし、大相撲に行くのを自分だけ少し遅らせ、午前中だけ参加する事に決めた。

 父を両国で降ろし、そのまま亀戸まで直行。
 というわけで、『ゾンビ』を採り上げた第13回アルジェント研究会に参加。

 ゾンビ映画の流れについてのところで『吸血ゾンビ』の一部が参考映像で流された。
 『世界妖怪図鑑』で、墓から顔と手を出しているスチールは何回も見ていたが、映像を見たのは今回が初めて。スチールのシーンがなかったのはちょっと残念。
 『世界妖怪図鑑』P113~128の紫色のページに怪奇映画ベスト10と題した章がある。恐怖でもオカルトでもホラーでもなく怪奇というのがミソ。
 映画ベスト10としてありながらも、映画に出て来るモンスターになっている。
 1  フランケンシュタイン
 2  吸血鬼ドラキュラ
 3  ミイラ男
 4  狼男
 5  半漁人ラーゴン
 6  巨人ゴーレム
 7  せむし男
 8  吸血ゾンビ
 9  蛇女
 10 ジキルとハイド

 となっている。最初の2つは4P使っていろいろな映画のが載っている。
 改めてよく見ると、『吸血ゾンビ』を初めとしてまだ観ていないのがたくさんだ。

 これが『吸血ゾンビ』か、とは思ったけれど何かつまらなさそうだった。何となく『燃えよドラゴン』ラストを思い浮かべてしまった。

 そして、避けては通れないからと複数のバージョン違い、アルジェントが絡んでの続編の話と続いていく。

 そして昼の休憩を挟んで午後からは、関連作品と続いていくが、今回はここまで。不完全燃焼のまま両国へ向かう。





TWITTER

最終更新日  2006年10月31日 01時50分25秒
コメント(0) | コメントを書く