494209 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

有明の月

2019.02.09
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
洗面台の水道がきつく締めても水漏れしてしまう状態になり、昔から付き合いのある水道屋さんに電話して見に来てもらいました。
メーカーに修理を依頼してくださいましたが、見に来てくださったメーカーの修理担当者さんによれば、経年とのこと。
洗面台下にある電気温水機は使用禁止と言われてしまいましたほえー
水道屋さんに取り換えの見積りを依頼したところ、陶器と人工大理石の洗面台の見積り(別々のメーカー)が届きました。検討した結果、値段が若干高い陶器でお願いすることに。

本日、朝から雪雪
積るほど降ることはなく止んだものの、いつまた降りだすかわからないような寒さしょんぼり

水道屋さん夫婦が来たのは午後一番(13:30頃かな)既に雪は止んでいました。
いままで平日におみえになっていたので私は会っていませんでしたが、会ったらびっくりですびっくり
うちの両親と変わらないくらいの老夫婦なのです。
後で聞いたら、ご主人は83歳、奥様は82歳とのことびっくり

外した洗面台(温水機に水が入ったままなのでとても重い)をご主人と父と私の3人で外へ運びだしました。
これまた後から聞いた話ですが、ご主人はご病気をされたとのこと。
作業中、もう重いものが持てなくなったと嘆いていました。
奥様は、それじゃあ寒いのでは!?というくらい私から見れば軽装でした。
それでも寒そうにしていなかったので、きっとお元気なのでしょう。
それとも、実はホカロンをたくさん装着されていたのかなぁ~?
奥様はメガネをかけることなく、説明書を読まれていてびっくり。
最後、ご主人、奥様、父、私の4人で外した洗面台(外で水を抜いたので運び出した時よりは軽くなっていました)を軽トラに積み込みました。

接続には苦戦を強いられたようで、結局作業終了まで3時間以上かかってしまいました。
見ている私も寒かったのですが、作業されているお二人はさらに寒かったことと思います。
電気ストーブでもあれば良かったのですが、なくて申し訳なかったです。
終わるころには、また雪が降りだしました。

取り替え後の洗面台です。



これでまたお湯で手や顔を洗えますスマイル






Last updated  2019.02.09 20:36:11

PR

Profile


しぃ2006

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Category


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.