643347 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

有明の月

全14件 (14件中 11-14件目)

< 1 2

ハワイ

2006.11.25
XML
カテゴリ:ハワイ
オプショナルツアーで、マノアの滝のハイキングへ。
滝は、たいしたことないです(笑)
日本の滝の方が、見応えあると思います。
ただ、滝までのハイキングの途中、ガイドさんがいろいろ植物のことなど説明してくれるので、楽しいです。
でも、ガイドさんは、「ネイチャーウォーク」というオプショナルツアー(ハイキング)の方が楽しいと何度も言ってました。次回はぜひそちらに参加してくださいって。ハイキングしながら、季節の果物を採って食べられるらしい。

マノアの滝はこんな感じ。
マノアの滝遠景

ハイキングの途中にて咲いていた花。
マノアの滝~花~マノアの滝~花2~

みかけた鳥。
マノアの滝~鳥~

滝つぼまで行くのに、山を登るのですが、なんと78歳の女性も参加していましたびっくり
くだりは、滑って足元が危険でしたが、杖をつき、同じグループ(フラ仲間だそうです)の手助けもあり無事に行って帰って来られました。

すごいなぁ~
78歳でこのオプショナルツアーに参加しようと思うことがすごい。
でもガイドさんに聞いたら、もっと高齢の参加者もいたとのことびっくり
元気だ・・・
山の中でケガをして、レスキューやヘリコプターが助けに来るそうですが、非常に高額な費用がかかるそうです。崖から落ちないように、ルール違反でも山側を歩いてくださいって言われました。

ちなみのハワイには蛇はいないそうです。危険な動物も山にいないので安心。
でも、野豚がたくさんいて、その糞尿で水が汚染されているので、水には触らないでくださいとのことでした。みなさんも、ガイドさんなしで行くときはお気をつけください。







Last updated  2006.11.25 21:24:02


カテゴリ:ハワイ
ハワイプランテーションビレッジでは、いろいろな植物も見ることができ、説明もしてもらえます。

アボガドが生っているとこ。
アボガド

なんだか、健康食品としてはやっているという「ノニジュース」の「ノニ」
ノニ
青汁よりまずいとか!?

このバナナはとてもおいしいそうですスマイル
バナナ

タロイモ畑もありました。
タロイモ畑

他にもたくさん説明も受けて写真もいくつかあるのですが、なにぶん植物の名前が覚えきれません。

タマリンド(Tamarind)という木の写真はないのですが、この木の実から作った飴がすっぱくておいしかったです。
でも、たぶんハワイで食べているから特においしく感じたんだと思う。
その場の気候にあった食べ物ってありますよね。






Last updated  2006.11.25 21:02:02
カテゴリ:ハワイ
ビショップ・ミュージアムでハワイの歴史を知る。
ハワイ諸島とニュージーランドとイースター島という離れた地点を結ぶ巨大な三角形をポリネシアと呼び、共通の文化を持つ。
昔、この離れた地域を船でどうやって行き来していたのかというと、星の位置を覚えることで、遠く離れた島にたどりつくことができた。

ハワイを統一したカメハメハ大王、そしてその後アメリカの州になるまでの歴史についても学ぶ。
第7代国王カラカウア王は、世界一周旅行に出かけ、明治天皇とも会っている。
日本の皇室と婚姻関係を結び、日本とハワイを併合したかったらしいけれど、日本は断ったそうです。
その後、白人によるクーデーターによりハワイ王朝は終わります。

ハワイプランテーションビレッジでは、移民の歴史を知る。
前述の明治天皇との会見時に、日本からの移民を要請され、その時はあまり乗り気ではなかった日本も不景気になると移民に積極的となり、一時期ハワイへの日本人の移民は20万人に達する。
ハワイで不思議だったのは、見た目が日本人なのに、日本語がわからない人がたくさんいたこと。
これでその謎が解けました。日系2世、3世のみなさんなんですね。

移民して砂糖を作っていたわけですが、移民していたのは、中国、ポルトガル、日本、韓国、プエルトウコ、ノルウエー、フィリピン、沖縄。
ハワイプランテーションビレッジには、1900年から1930年代後半までプランテーションで働いていた各国の労働者の住居を再現しています。

いろんな国の影響を受けて現在のハワイの文化があるわけですが、日本人が持ち込んだ習慣として、米を食べる文化があり、ハワイの人達は3食ゴハンを食べているそうです。
日本人と同じように、パンを食べると具合が悪くなる人が多く(私と一緒・・・笑)、ハワイの人がよく行くアメリカ本土のホテルには、ハワイから来た人達のために、3食お米を出すところもあるそうです。
そしてもうひとつ、靴を脱ぐ文化も広まり、ハワイのみんさんは、家に入ると靴を脱ぐそうです。

それを聞いたら、とても親近感がわきました。






Last updated  2006.11.25 20:45:22
2006.10.31
カテゴリ:ハワイ
まったく興味のなかったハワイに行くことになりました。
旅行先は国内か、海外だったら歴史のあるところとか・・・南の島なんてまったく興味がなかったので、ハワイなんて一生行かないだろうと思っていましたが・・・

なぜ、行ってもいいかと思ったか・・・
1.ここ数年奄美大島にはまり、南の島で泳ぐことが楽しいと知ってしまった。
2.同じくハワイに興味のない友達が、一度行ったらはまってしまった。
3.毎年ハワイに行く友達の影響。
4.本場のフラダンスは観てみたい。

でも、今まったく海外に行きたいとは思わず・・・
気分的に国内のどこかに3泊4日くらいで行きたいと思っていました。

友達に国内旅行を提案し続けるも、いい返事はなく・・・いつも休めないと言う・・・

「じゃあ常磐ハワイアンセンターでもいいから行こうよ(2泊3日でもいいから)」
(友達はフラダンスを習っているので)とメールしたところ、
「永年勤続で、今年度5日休めるんだよね(有給とは別に)」って返事が。
「じゃあ、本物のハワイにいけるじゃん!!

でも、海外モードにさっぱりスイッチが入らなかった私は、そのままにしておきました。

しばらくして「どうする、ハワイ?」ってメールが・・・

まぁ、スイッチは入らないけど、これを逃すとハワイに行くことはないだろうという気がして、行くことにしました。

で、私も休みを取るのに、正社員にはあるリフレッシュ休暇制度を使うことにしました。
私は社員じゃあないので、そんな制度はないのだけれど(苦笑)

正社員は、節目、節目の年に、有給とは別に休暇がもれえて、旅行券ももらえるのです。
私は正社員ではないけれど、社員が取るのだから、私も自分の有給で休ませていただくことに。
ちょうどいいことに、今度の誕生日(来年1月)は節目の年齢なので(笑)
ま、夏休み(っていっても有給)も取ってないしね。









Last updated  2006.10.31 21:42:45
このブログでよく読まれている記事

全14件 (14件中 11-14件目)

< 1 2

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.