680294 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

有明の月

全54件 (54件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 >

着物

2006.09.07
XML
カテゴリ:着物
9月ですねぇ~
毎年ゆかたが欲しいと思いつつ買えずにいて、やっと今年は新調したのに、合う帯を発見できずに一度も着ることなく夏が終わりました。
まだ暑いですけど。

濃い紫の帯がいいと思うのですが・・・

いい帯と出会えて、来年は着られますように・・・










Last updated  2006.09.07 23:44:46


2006.07.29
カテゴリ:着物
正直、忍耐力との勝負となってしまいました。体調がいまいちだったこともありますが…

着物を着るのに、エアコンがない部屋で蒸し暑く、汗だく雫
だんだん時間がないことに気がついてあせりはじめ、さらに汗が雫雫

なんとか間に合って電車に乗り、今度は都内某所で主役の着付け。
自分の帯も気になったので、結びなおして…また大量に汗をかきました雫雫雫

会場では、主役の着付けが気になり、反省しきり失敗
やっぱり、ぶっつけ本番って、難しいしょんぼり
練習はしていたけど、体型もわからないし、用意されているものもわからないし。
なんといっても私の技術不足が一番の問題爆弾

帰りは満員電車で立っていて、とてもつらかったです。

みっともないのですが、ぴったりではなくゆるめの足袋をはいているにもかかわらず、親指が痛いのは、草履の傾斜で足が前にいくのと(私は甲が薄いのです)足袋と足の形が合わないからなのでしょうか?

それと長時間立っていたので、草履の硬さで足が疲れました。

家に帰って着物を脱いだ時、腰にもかなり負担がかかっていたようで、しばらく動けませんでした。

情けない限りです。

たぶんやせたと思う・・・(笑)







Last updated  2006.07.30 22:30:40
カテゴリ:着物
昨日は、ゆかた以外の夏の着物に初挑戦しました。都内で行われたとあるパーティに出席したのですが、その主役がぜひ着物を着たいと言うので、着せることになりました。私は夏物の着物を持っていないので洋服でいいかなって思っていたのですが、メールのやり取りをしていたら私も着ると思っていたようなので、この間の日曜日、伯母の家に着物を借りに行きました。

当日、記念撮影する時間がなかったので、前日着付け教室で練習したときの写真です。

前姿はこんな感じ

夏の着物・前

後ろ姿はこんな感じ

夏の着物・後

練習の時はなんとかなると思ったんだけど、現実は甘くなかった(苦笑)








Last updated  2006.07.29 21:26:54
2006.07.28
カテゴリ:着物
着物を着ることになり、バッグと草履はどうしようと考えました。
着物が地味なので、草履は派手に赤にしようと思ったけど、急にそうだひらめきと思いつきました。

以前のブログで紹介した江戸小紋(今回はこの着物は着ません)
中村勇二郎「川端柄」

の残った生地で作ったバッグ

江戸小紋のバッグ

と草履

江戸小紋の草履

作ってはみたものの、日の目を見る機会がないので、今回は使ってみることにしました。

3枚の写真を見ると、色が違いますが、実物はバッグの色に近い生地です。







Last updated  2006.07.29 21:07:49
2006.07.25
カテゴリ:着物
夏川結衣のゆかただけ、他の人達と違って大人のゆかたでしたねぇ~テレビ

とうとう、ゆかた買いました!

でもこの間ブログに書いた気に入ったゆかたではありません。

気に入ったゆかたの反物入荷の連絡を受け、お店へ。
既製品も売れていなかったので、着てみることにしました。

で、実際着て見ると思っていたイメージと違うショック
いろんな帯に合うので、帯を変えて楽しめそうなんだけど…

悩んでいたら、先日とは違う店員さんがいくつか別のゆかたを持ってきてくれました。
そのうちのひとつは入荷したばかりとのことで、この間の来店時にはなかったもの。
着てみたらいい感じマル

これも何かの縁かもしれないひらめき

というわけでめでたく購入!!

やっぱり、実際に着てみないとわからないですね。

購入したゆかた(結局、既製品を買いました。着てみたらあまり大きくなかったので)
に合う帯を持っていないので、探すのがまた楽しみです。

いつ着るかわからない(来年だったりして雫)けど、着たら写真をアップします。

2年越しで探してやっと購入できてうれしいですスマイル

ドラマでは神宮外苑の花火大会を見ていましたね。

いいなぁ~花火きらきら












Last updated  2006.07.25 23:39:40
2006.07.21
カテゴリ:着物
今日は、以前通っていた着付け教室へ突然顔を出したら、知り合いの先生が、大振袖の着付けの練習を一人でやっていました。先生になって15年以上20年以下の部の課題だそうです。
時間制限(20分だったかな?)があり2人1組で交替で着付けるそうです。
先生になってもテストがあってたいへんです。大振袖なんて普段着せる機会なんてないのにねぇ~って言ったら「でも大振袖をやっていると振袖がものすごーく楽に着せられるようになったので、よかった」って言ってました。
もう少し下のクラスは、大振袖ではなく振袖らしいのですが、5種類も帯結びの課題があり、テストではどれに当たるかわからないからたいへんって。そりゃあたいへんだぁ~(笑)

で、練習がちょうど一段落したみたいで、「練習していけば」というので、お言葉に甘えてマネキンをお借りして(マネキンの名前はきょうこちゃん)着せる練習をしてきました。

40分くらいマンツーマンで教えてもらい、自分で着る時のコツも実演付で教えていただきました。たくさん質問もして、とても勉強になりました。

無料で講習していただいて、申し訳ないです。

すっかり忘れていた昔の記憶がよみがえって、私もやればできるじゃん!!って。
でも、またやらないと忘れちゃうんだけどね。








Last updated  2006.07.21 21:27:21
2006.07.16
カテゴリ:着物
去年から、気に入ったゆかたを探し求めて、着物売場やゆかた特設売場をうろうろしていたけれど、なかなか気に入ったものが見つからず、今年も夏を迎えてしまいました。

渋谷のデパートに入ると、ゆかたを着たマネキンが・・・最近はあまり期待していないけど、一応見ておこうと、ゆかた特設売場へ。

特設売場では、やはり気に入ったゆかたを発見できず。最近、ずっと同じようなパターンが続いていたので、あまり落胆もせず。

隣接している着物屋さんも今はゆかた一色。おや?つるしのゆかたのひとつに目が留まる。
これ、いいかもひらめきでも黒地かぁ~、黒持ってるしなぁ~でも、持っているのはしぼりなので、全然雰囲気は違う。

他に何かあるかなぁ~とふらふらしてたら店員さんに声をかけられた。
「小千谷縮のゆかた、やわらかい手触りで着心地いいですよ」でも、どれも地味すぎる。
ゆかたはぱりっと着たいし、あまり地味すぎるのもなぁ…

いろいろ探してもらったけど、ピンとくるものがなく、最初に目の留まったゆかたについて、聞いてみる。「これは、素材は綿で、絽のようになっていて、染色も手間ひまかかっています」と生地のできるまでや、柄の染色方法について説明してくれる。
「う~ん、とってもいいんだけど、既成品だと身幅が合わないから、できれば反物から作りたいんですよねぇー」と言ったら、反物取り寄せ可能との返事。

反物から作っても、既製品でも3千円くらいしかかわらないとのこと。ただ、仕立ては非常に混みあっていて、今年の夏には着られないと思う…

今年間に合わないのはOKなので、とりあえず反物を取り寄せてもらうことにした。
気が変わって購入しなくても、全然問題ありませんとのことだったので。

私が取り寄せをお願いした反物と同じお店の反物がいくつかあったので、見せてもらう。
どれも染色が職人技って感じ。生地のグラデーションの感じや、柄の色のぼかしなど、同じものでも、同じものは作れないので、ひとつひとつ違いますとのこと。

白と水色のツートンの生地(柄は梅)もおもしろいと思ったけど、和裁の知識がないので(着物を縫ったことあるのに)どこに白がきて、どこに水色がくればいいのかよくわからない。店員さん曰く、どこにどういう柄(色)を持ってきたいのか指示してもらえれば、そのように仕立てますよと言われたけど、頭の中で、どうしたらいいのかイメージが浮かばない。

来週都内に出かける予定があるので、もう一度いろいろ考えて買うかどうか決めたいと思います。










Last updated  2006.07.17 11:35:20
2006.07.10
カテゴリ:着物
ゆかたを新調したいと思いつつ、買わないまま梅雨が明けて本格的な夏を迎えてしまいそうです。
お店の人が今年は白と黒のゆかたが売れているって言ってました。

夏に着る絽とか紗の着物や帯は持っていないので、せめて色は白で涼しそう!?な単の紬の写真でも。
伯母からいただいたもの。
いただいたというより、家におしかけて行って、どーしても単が必要だから貸して!って言ったら、返さなくていいって。
ラッキー!!!最初からそれを狙っていたりして???(笑)

裄が短かったけど直すひまもなく、長襦袢の袖を調節して着ました。






Last updated  2006.07.10 21:48:09
2006.07.06
カテゴリ:着物
NHKの連ドラ「純情きらり」を見ていて(ちょっと前に)思ったのですが、寺島しのぶと井川遥の着物姿をくらべて、どちらもきれいに着ているんだけど、やはり寺島しのぶの着物姿はちょっとさみしいかなぁ~って。役にはあってますが。細いですよね。

私も貧弱なので、私に言われたくないと思いますが(笑)

去年、何人かにゆかたを着付けていて、なんの補正も必要なく、着せやすい体型の人がいて(たぶんゆかたも彼女に合っていたとは思うけど、市販の既成のゆかたとのことなので、既製品が合うということは、平均的な体型ってことなのかな!?)

個々に合った補正は難しいのですが、間に合わせのもので補正がうまくいき、きれいに着せることができたときはうれしいです。

自分で着るときは難しいけど、とりあえず胸のあたりの貧弱さは和装用の補正下着で少しはふくよかにみせてます(笑)

なさすぎても、ありすぎても、たいへん(笑)









Last updated  2006.07.06 22:58:41
カテゴリ:着物
注文していた下駄が届きました。サイズが22cm~22.5cmのSサイズの下駄です。
さっそく履いてみたら、ぴったりでした。後ろがあまっていなくてうれしいスマイル
この写真で大きさはわかりませんね。

普通の下駄は左右対称ですが、この下駄はアシンメトリーなのです。
この下駄の開発にこめられた思いがA4の紙4枚にもつづられて同封されていました。

右と左の台の高さが違う下駄は、かかとが高く、土踏まずを軽く圧迫しながら、つま先が少し曲がっていて、足の指が本来持つ足の機能を発揮できるように配慮されたデザインだそうです。

この写真からはわからないかもしれませんが、確かに普通の形ではありません。
台の傾斜に特徴があります。

まだ、履いて外を長時間歩いていないので、なんとも言えませんが、足が痛くならないかも?
疲れにくいのかも?という期待はしています。

ひとつ気になる点は、私はかなり甲が薄いので、台と鼻緒のあいだの隙間がありすぎるかも!?
ってことでしょうか。
日本人の多くは甲高なので、仕方がないのですが。

外を歩いたらまた感想を書きたいと思います。






Last updated  2006.07.06 22:50:09

全54件 (54件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.