223006 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

月の泉

PR

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

冥界

2017.08.30
XML
カテゴリ:冥界
昨日のライディーンのボタンをポチってみました。

すぐに羽の生えた黒い巨大狼のライディーンが現れました。

グラウンディングして、ライディーンに「どっか行くの?」と聞いたら『冥界ツアー』だと。







ライディーンの背中に乗って2人で冥界へ向かいました。

背中に乗る時は前の方に乗れば羽の付け根に触らずに済むんだと分かりました・・・が、上の方(首の後ろあたり)は毛がファサファサで顔がくすぐったい(;´・ω・)


冥界の街に行くのかなと思ったら、街は通り越してそのままもっと深く潜り、冥界の青い洞窟に到着。

久しぶりの青い洞窟ー!
相変わらずむちゃくちゃキレイ♡

・・でも、上からぶら下がってる『勇気のつらら』の量が減ってる。

『お前の様な緑の小人達が精力的に働きまくってるからな』とライディーン。


またライディーンの背中に乗って、青い洞窟内を飛んで。

急に広い場所に出ました。

青い洞窟内にある、大きな滝。初めて来た。
高さはそんなに高くないけど、幅がすごく広い滝。
どどどどどどどって音が凄くて、水しぶきも凄くて。

ライディーンが滝つぼ付近まで飛んで行くと、背中でインディアン少女が
「ナニコレ!きもちーーーっ!マイナスイオンか!?」
と叫びました。

同時に下の身体も気持ち良くなって全身鳥肌、息がハーハーしてきました。
瞑想でお出かけ中に物凄く気持ち良い体験をすると、たまにこうなります。気持ち良すぎて本体の息が上がる。



気持ち良すぎる青い洞窟の滝を出て、さらに闇へ潜り。

冥界の沼に出ました。

冥界の沼まで飛んでいる途中、闇のカケラ?がライディーンとインディアン少女にくっつこうと襲ってきたけど。みんな触れずに去って行きました。

冥界の沼に着くと、ライディーンはへっちゃらな顔して沼にバシャっと足を突っ込んで立ちました。
思わず「沼、大丈夫なんだ?」と聞いたら

『俺はもともと、この冥界に暮らしていたんだぞ』

と言われました。


ふーん、と言いつつ冥界の沼を見渡して。
ここには何もないなあ、ネバーエンディングストーリーのカメが居た場所に似てるな、なんて思っていたら、

『もっと注意深く見渡してみろ』

と言われたので、もっと注意深く、沼地の遠くまで見渡してみると。

所々、沼の中で何かが光っている場所がある。
白とか、緑とか、水色とか。
みんな色が違う。

『お前のカケラのように、何かに守られてかろうじて生き残っているカケラがまだ居るんだ。そのうち戻る事が出来ればいいが』

今連れて帰っちゃダメなの?と聞いてみましたが

『最低でもインナーセルフレベルで本人が望まないと無理だ』と言われました。



冥界の沼を出てさらに飛び、今度はどこに行くのかな?と思ったら。

冥界の森に出ました。

初めての場所です。
ちょっと暗めの森。空は黒に近い灰色。

こんなとこ来た事ない・・・と言いながら冥界の森の中をライディーンと歩くと、森が終わりました。

そこには朽ち果てた宮殿がありました。


石の宮殿と、その前に広がる暗めの森。


その2つを見ていると不思議な気持ちになりました。胸が締め付けられる。

ライディーンが言いました。

『俺たちは、いつもこの森で一緒に遊んだ。2人ともまだ小さかった頃からだ。
兄妹みたいにケンカしながら遊んだ』

あの時、黒い存在達がみんな居なくなった時。
あんたも居なくなった。
あんた達は、ここから居なくなって一体どこに行ったの?

自分がインディアン少女じゃなくてアリスになっているのが分かりました。

『あの時俺たちは知らされたんだ。もう光と闇との馬鹿げた争いは終わりだと。
そして一度存在を終えた。

俺はその後、お前を追ってこの星に行き、この星の為に働く事を選んだ。
俺たちはずっと兄妹みたいに一緒に居たんだ』

戻ってきてくれて嬉しいよ。ありがとう。
凄く会いたかったんだ。

そう言って、アリスがライディーンの首に抱きついて、泣きました。

下の身体も泣きました。



ライディーン、去年の7月に初めて会った(声を聞いた)時は、実は物凄く久々の再会だったんだね。
思い出せなくてゴメン。

あれから1年以上も黙って待っててくれてありがとう。

去年の7月にはライディーンがキレてる事に腹立てたけど、今はライディーンのキレ声を聞けるのが嬉しいよ(/_;)




🔻ルシフェルは居なくなっちゃったんですか?と数名からご心配メールを頂きましたが、まだいますよー(笑)☟
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉



ダイヤギューStone売り場はコチラ(=゚ω゚)ノ




過去生リーディング
パワー送信
冥界カケラ拾い
カケラ癒し

ご依頼について詳しくはこちらをご覧ください



ダイヤInstagram: arianzumi
ブログに載せきれなかった写真をUPしています☆



ダイヤオリジナル紙芝居動画『ぼくとネコのボス』
トンネルの中にいる真っ最中の子供達に届きますように




四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉






最終更新日  2019.10.20 19:55:42
コメント(0) | コメントを書く


2017.08.29
カテゴリ:冥界
先日。
過去生リーディングの仕事で冥界に行く事になった時の事です。


その日はリーディングでカケラさんが冥界に居る事が発覚し、まずそこまでご依頼者にメールで送り、リーディングするとお腹がぎゅるぎゅる鳴るくらい腹ペコになるのでちょっと(大人のタケノコの里)食べて。

トイレ行って、麦茶飲んで、さて準備万端、ともう1度手の写真を見てカケラさんと繋がりなおし、『感じ』を送ってもらってパイプを繋げて。

いざ冥界へ、とソファに座ったらギューに

『あのボタンを使え』

と言われました。


『ギューStone達』の記事に載せたランキングボタンです。

謎の、羽のある黒い巨大狼のボタン。

どうして冥界に行くのにあのボタンを押さなきゃいけないのかは分かりませんでしたが、まぁあの狼の外見の冥界感がすさまじいのでw、冥界に関係ある狼なんだろうなとは思っていました。







言われた通りに黒狼ボタンをポチってみたら。

速攻で現れました。黒い羽がある巨大狼。

誰?と聞いたら


『ライディーン』


!!!!!

あ・・・あんたがライディーンだったのかーーー!!!!!(゚Д゚;)

あの時、、去年の7月。名前だけ聞けたけど姿は見えなくて。
初対面なのにすでにキレてたライディーン!!!


今回もライディーンは名乗った後はすでにキレ気味で、

『さっさとグラウンディングしろ!遅い!ああもう俺がやる!』

と言ったかと思うとすぐに上からドーーーーーン!!と真っ黒い柱が落ちてきて強制グラウンディング終了。
ガイアさんに行ってきます言う暇もなく

『さっさと乗れ!いくぞ!』

と言うので、「ルシフェルは?」と聞いてみたら

『もう一人で出来るだろ。独り立ちだ。さっさと乗れ』

と言われてビックリ!!
まじか~~~!もうルシフェルのマント的な何かに包まれて冥界行く時代は終わったのか( ;∀;)

また『さっさと乗れ!行くぞ!』と言われてうるさいなー分かってるよ!と言いながらライディーンの黒い背中に乗り。

乗ったら乗ったで『羽の付け根に乗るな!痛いだろ!』『だからそこに乗るなっつってんだろ!へたくそだな!』って感じでもー、うるさーーーい!!!

・・と、半分口喧嘩状態で冥界へ(-_-;)


冥界の街に着いてからは

『お前1人で、相手がどこにいるのか本当に分かるのか?』
「うるさいなー!黙ってて!」

みたいな会話がありつつも、私がカケラさんの気を追って歩くのに大人しくついて歩いたり、カケラさんが冥界の仲間たちに最後の挨拶をしている間は黙って待機してくれたり、しっかりと仕事はこなしていたライディーンでした。


どうやら私の【冥界仕事のパートナー】的な存在・・・っぽい、ライディーン。

まさか黒い羽が生えた狼の姿だとは思ってもみませんでした。
(FFだと馬に乗ったおっさんだし)

てか正直、再登場するとも思ってませんでした・・・(;´∀`)




🔻今日もライディーン・・・『俺を分かった上で、改めて俺を感じろ。俺の毛1本持つだけで、そこら辺のネガティブな存在は近寄る事すら出来なくなる』
何でニヤニヤして言ってんのさ(-_-;)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉



ダイヤギューStone売り場はコチラ(=゚ω゚)ノ




過去生リーディング
パワー送信
冥界カケラ拾い
カケラ癒し

ご依頼について詳しくはこちらをご覧ください



ダイヤInstagram: arianzumi
ブログに載せきれなかった写真をUPしています☆



ダイヤオリジナル紙芝居動画『ぼくとネコのボス』
トンネルの中にいる真っ最中の子供達に届きますように




四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉






最終更新日  2019.10.20 19:55:20
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.04
カテゴリ:冥界
少し前の話です。

この記事のウリエルさんボタンを自分でクリックしてみた時の事。



熱帯魚     熱帯魚     熱帯魚



クリックしたらぼーーっとしてきて、呼吸がゆっくりに変わって

目を瞑ったら海の中だった


そのままどんどん底の方に勝手に行っちゃって
ウリエルさんどこ連れてくのかなー?なんて思ってたら

段々と闇が濃くなってきて

あら?冥界!?
海から冥界!?


とか思いながら沈んで行ったら

周りに黒い存在達が現れて
よく漫画とかで見る、見るからに「悪魔の手下たち」みたいな外見の、黒い存在達
先っぽに▲が付いた長いシッポがあるかどうかまでは分からなかったけど、あっても全然おかしくない感じ

その黒い悪魔の手下的な存在達が襲ってくるんだけど
私の身体を包んでる白い光に跳ね返される

『お前はミカエルの祝福を受けてる』

誰かが言った


そのまま沈んで行って

冥界の洞窟に着いた

冥界の洞窟には、まだ黒い存在達が沢山居て

神殿に行ってみたら、今とは全く違う外見のルシフェル・・・
凄く大きな・・悪魔の親分みたいなルシフェルが居て
抱っこしてくれて

アリア?
アリアン?

そう呼ばれたような・・・


冥界の洞窟が急に揺れ始めて
黒い存在達が「ううう~」とか苦しみながらどんどん消えてキラキラってなって、居なくなって

最後に、悪魔の親分的な風貌の巨大ルシフェルが

『俺ももう行くよ』

と言って居なくなって


冥界の洞窟に、黒い存在達が誰も居なくなって

落ちてきて洞窟で燃える、カケラ達だけが残って

悲しくて
寂しくて
とくかく掃除して

ずっと待っていたけど
黒い存在達は誰も戻って来なくて

寂しくて
悲しくて
泣いてたら

自分の周りに火が付いた







そこで戻りました。

冥界から『黒い存在達』が居なくなったのがいつかは分からないけど。

あれが、黒い存在達が居なくなった時だったようです。

どうやら私は寂さと悲しさで・・・冥界の洞窟で燃え始めたみたいです。





おや

そのまま、ほったらかして来ちゃったぞ・・・?

あの時の『私』は、今でもまだ冥界に居るのか??


迎えに行かなきゃ???

あれって・・・

『黒い存在達と一緒に過ごした自分』

だよね・・・


あの時私の視線は自分の中からだったから、自分がどんな姿か分かんなかった。

冥界に行って、見つけられるのか?


行ってみるしかないよねー(-_-;)




🔻ルシフェルのボタンです!『なめんじゃねえパワー』なんだそれー口悪~い。私じゃありませーん。・・・いや私か・・(;´д`)トホホ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



《お知らせ》
過去生リーディング、今までは対面だと1回か3回セットか選べて、遠隔は3回セットしか選べませんでした。
ややこしいので、対面/遠隔どちらでも1回単発3回セットか選べるようにしました。
詳しくはコチラをどうぞ♡




四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉



ダイヤギューStone売り場はコチラ(=゚ω゚)ノ




過去生リーディング
パワー送信
冥界カケラ拾い
カケラ癒し

ご依頼について詳しくはこちらをご覧ください



ダイヤInstagram: arianzumi
ブログに載せきれなかった写真をUPしています☆



ダイヤオリジナル紙芝居動画『ぼくとネコのボス』
トンネルの中にいる真っ最中の子供達に届きますように




四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉








最終更新日  2019.10.20 19:48:05
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.28
カテゴリ:冥界
冥界に行ってきました。

ナディアを探しに。



スタジオに行って、まずは自分のブログのナディアの記事を読んでw、ナディアをしっかり思い出し。

読んでるうちに耳鳴りピーンしてきたので、ああ行けるなーと思い。

「ギュー、ルシフェル、アナドラ、その他みんなよろしく!」

と言ってソファに座って目を閉じました。



すぐに呼吸が変わって、グラウンディング

上を向くと宇宙にルシフェル

今日も黒いマント的な何かに包んで連れて行ってくれるのかと思ったら、黒い羽を出しなさいと言われて2人で並んで冥界の街まで飛ぶ

(*冥界の街
(*とんがり君と冥界の街へ
(*冥界の街と緑の光のボール



冥界の街に着いてみると・・・あれ?また発展してる?
ラウルさんはもう居ないのに??


『単純に人数が増えてるんだ』


とルシフェル


『緑の小人たちが精力的に働いている。癒され終わったカケラに片っ端から勇気のつららを刺している。本人さえ気付けば、戻れるんだ』


どうやって本人が気付くのさ?


『今回自分でハッキリと体験しただろう。【必要以上のイラつき】。常にこれがカギだ』


いやイラつきなら気付けるかもしれないけどさ、その先は過去生思い出してないと進めないじゃん?


『自分で知りたいと本気で願って【予感】に沿って進んでいけば、いつかは自分で知る事が出来る。
待ちたくない、早く先に進みたい人はリーディングを受ければいい。
ここを見てみろ。緑の小人はこんなにたくさん居るんだ。
中に緑の小人を持つ人は皆、冥界に出入りする事が出来る。』


その辺りから段々と緊張し始めて、たまに雑念が入り始める
『心配するな。見つかる。集中しろ。』って言われて
改めてナディアについて考える

集中すると伝わってくるのは怒りの気配
まだ赤い火か?


ナディアの怒りの気配を追って洞窟を歩く
すごい遠い
いやになってきた

やっと見つけた



炎は青

ナディアは青い炎の中で座って目を閉じてる


近付いたらカッと目を開けて手を伸ばしてきたけど
これはもう慣れてるから、とっさに緑の小人になって
ナディアが触れきてもアチチってならないように出来た

掴みかかってきたナディアの顔を見たら・・・

目が!

白目しかない!

こわっ!こわいよ!!!

何で?何で白目だけ!?

黒目どこ行った?

今までこんなの見た事ないし!!!( ;∀;)


『中身が足りない。もう癒され終わっているのに、中身が足りないせいで気付いていない。未だに死んだ時の気持ちのまま止まっている』



そうルシフェルが言い、私の頭に浮かんだのが緑の光のボール

私の丘に住んでる緑ボールちゃん

緑ボールちゃんがナディアの一部!?

いやでもどうして??

どうして一部だけボールになって、冥界のあんな深い沼に落ちてたんだ???



まーいーか!
とにかく緑ボールちゃんを連れてこよう!


今度はルシフェルが黒いマント的な何かで包んで上がってくれて
宇宙に出たらアナドラが待ってて


アナドラに乗って、猛スピードで私の丘

緑ボールちゃんを探したら木の家には居なくて

お花畑にいた

お花畑って言っても、花はまだ少ないんだけど

緑ボールちゃんは1本1本の花に近付いて・・・お別れしてるみたいだったから

「ナディアに戻って、ナディアが私に戻ったら、また来れるよ」

って言ってみたら


『そうだね』


って、緑ボールちゃんに言われた気がした



緑ボールちゃんとルシフェルと3人で冥界の洞窟に戻って

私はまた緑の小人になって、ナディアの青い炎の中に入って行った

どうするんだろう?と思ってたら、緑の小人が緑ボールちゃんをナディアの口に無理矢理押し込めた!!(笑)

「ウエッ」とか「ガハッ」とか言いながらw、かなり辛そうに緑ボールを飲み込んだナディア


・・・・・


一瞬シーンとして


目を瞑ってたナディアが目を開けて顔を上げてこっちを見たら

もう白目だけのオバケみたいな顔じゃなくて

緑の黒目があった




そこで急激に寝落ちしそうになって

必死で耐えて

薄れゆく意識の中w、ナディアがゆっくりと私に重なって・・・中に入った感があって・・・・


寝落ち。


ーーーーーーー



でも10分くらいで起きて、忘れないうちに書かなきゃ!

と思ってブログのページを開こうとしたら・・・

スタジオのwifiがおかしい( ;∀;)

繋がらない!!!

メールは行けるのに楽天行けない!!!



しばらくグダグダとくっきー消去してみたり色々して。

諦めて家に帰ったのが夜中の1時頃。









家に帰って来て。

とりあえずどこかに書いておかないと忘れる!と思ってPCに向かって書こうとしてたら。

耳が「ぼわぼわぼわ、ぼーぼぼぼぼわわわ、ぼわぼわぼーぼわ・・・」
と凄い勢いで鳴り始め。

耳が落ち着いてきたら今度は呼吸が変わっていき。
あれ、あれ、あれ、という間にどんどん呼吸が深くなっていって。

椅子に座ったまま目を瞑りました。



ーーーーーーーー



ギューがいて
何だか凄くフワフワで
でもがっちりグラウンディングしてる感はあって
あたまのてっぺんがシュワシュワして
眉間もシュワシュワして


『まだ戻ったばかりだから混乱してるんだ』


ってギューが言うから、えーでもエイデンの時はこんなの無かったのに?って言ったら


『彼女(ナディア)はお前にとってとても大きな存在だ。
お前はまだ気付いていないが、今回の事はかなり大きな前進だ。
それに実はエイデンの時も戻った直後に色々と調整が行われていた。

今回も調整が入る。
お前自身にも彼女にも、2,3日時間を与えるんだ』


と、言われながらどこかに連れて行かれ


着いた場所は私の丘


お花畑に行ってみた


緑ボールちゃんのお花畑には花が少しだけしか無かったのに、何故かいっぱいに増えてる!

沢山の花たちの真ん中に土の通路があって、お花畑の中心まで花を踏まずに行けるようになってる

中心には丸太を半分に切って作ったベンチが置いてある



私が冥界に行ってる間にアナドラがしてくれたんだろうな、って分かった


自分の中でナディアが・・・緑ボールちゃんが、ものすっっっごく喜んでいるのが分かる
胸がホンワカホンワカする


やっぱりナディアは本当に、私の中に戻ったんだ

やっと実感してきた



ーーーーーーーー



それにしても、疑問は残ります。

どうしてナディアの一部は緑の光のボールになって、冥界のあんなに深い場所にある沼に落ちていたんだろう?

冥界の沼で緑ボールちゃんを包んで守っていた、あの白い光は一体なんだったんだろう?


そしてどうしてナディアは世界樹温泉でエナジー充電のプロセスはしょったんだ?
いいのか??



🔻クリックお願いします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ



四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   


過去生リーディング+冥界カケラ拾い+カケラ癒し
ご依頼について詳しくはこちらをご覧ください


Instagram: arianzumi
ブログに載せきれなかった写真をUPしています☆


紙芝居動画『ぼくとネコのボス』
https://www.youtube.com/watch?v=YRa-ZgbzP1E
トンネルの中にいる真っ最中の子供達に届きますように


四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉   四つ葉







最終更新日  2019.10.20 19:26:09
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.24
カテゴリ:冥界
M旦那様のリーディング結果をメールで伝え、その夜遅く。

冥界に行こうと試みました。

「ギュー(ミカエル)、ルシフェル、手伝ってね」とお願いしてからやってみましたが、身体から出たら急激に寝落ち。
冥界に行く事すら出来ませんでした。



四つ葉  四つ葉  四つ葉  



次の日の夜。2度目のチャレンジ。

瞑想状態に入ろうとしても、呼吸があのゆっくり呼吸に変わってくれない。ギュー手伝ってねって言ってあるのにーくそー。

もうこーなったら!助けてもらっちゃうもんね!
と、魔法のランキングボタンを・・・ミカエルの記事を探してポチっ。

エナジーが届いてきて、あの呼吸になったからすぐさまグラウンディング。
上を向いたらルシフェルが居たので一緒に冥界まで行きました。

冥界の洞窟に着いたとたん、大量の雑念が頭の中に流れ込んできました。
むかーし見たお笑い番組の映像とか。ぱーでんねんとか。


こうなったらもうダメです。

断念。



四つ葉  四つ葉  四つ葉  



焦ってきました。

ご夫婦で待っててくれてるのに。これじゃあ連絡すら出来ない。

やばいどうしよう。行けないのかな?やっぱり出来ないんじゃん?

え、「出来ませんでしたー」ってアリ?そしたらM旦那様はどーすんの?

「俺の赤ずきんちゃん、冥界で燃えっぱなし」って思いながらこれから生きてくの?



こうなってくるとやばいです。

私は負の妄想が得意です。どんどんマイナスに・・・


と、一瞬なりそうだったのですが。



何とか踏みとどまりました。
幸せの呪文唱えたりしてw

「ちゃんと考えてみよう。しっかり向き合ってみよう」

って方向に自分を持ってくことに成功しました。

おや。おばちゃん少し、成長してるかも。



四つ葉  四つ葉  四つ葉



先輩を探しに冥界に行った時と何が違うか、考えてみました。

どう考えても、気持ち

先輩を探しに行く前には1日先輩の事を考えて、先輩も救われてほしい。先輩見つけたい。って気持ちがムクムク沸き起こった状態で、冥界行った。

今回はあの時の気持ちにはなっていない。
「ちゃんと見つけられるかな」
「ご夫婦で待っててくれてるんだから早くしないと」
とかそんな、心配の気持ちの方が大きくなっちゃってる。


今回も、あそこまで強い気持ちが必要なんじゃないか。

ちゃんと気持ちをそこまで持っていってからじゃないと、上手く行かないんじゃないか?



赤ずきんちゃんともう一度向き合ってみよう。


M旦那様の手の写真をもう一度PCの画面に出して。

M奥様へのメール画面も出して。

M旦那様の手の写真に向かって話しかけながら、同時にメールに書きました。



その時の私のメールがコチラ☟



ーーーーーーー



旦那様の手を改めて見ながら、話しかけてみました。

赤ずきんちゃん、いますか?

・・・

「いるわよ」

「行くの?」

うん。行こうと思ってる。

「頑張って。お願い。連れ出して。もう充分焼かれたの。もう充分燃やし切ったの。もう癒されたいの。お願い。」

頑張ってみる。・・見つけられるかな?

「私を、私の感じをよく覚えていて。」


よく覚えておこう。
赤ずきんちゃんの感じ。
強さと寂しさ。両方が同じくらいの比率である、っていうこの感じ。
7歳くらいの見た目。
こげ茶色の髪(いや汚れてる?もっと薄い色かも)
強い目。
薄い唇。
かわいい鼻。
「愛されたい」ってその事しか考えてないのにいつも叶わない絶望。
でも完全に諦める事はしない強さ。



何だか、太いパイプが出来た気がする
赤ずきんちゃんと。


行けるかもって気がしてきた

やってみます!




ーーーーーーー



この「やってみます!」と書いた時にはもうかなりドキドキしていて。

赤ずきんちゃんとのパイプも、一瞬だけ実際に目で見えて。


行きたい行きたい赤ずきんちゃん見つけたい!!!って気持ちがムクムク湧き上がっていました。









ドキドキして、身体がゾワゾワして。

考える暇もなく呼吸があの、ゆっくーり呼吸に変わって。

「ギューもルシフェルもアリアンロッドもナティアもみんなみんなみんな、助けてね!お願い!」

と頼んで目を閉じました。



すぐにグラグラしてきて

ギューが『グラウンディングしろ』って言ってきて

『グラウンディングはいつも、しっかりやれ。今よりももっと太い管を出せるようになれ』

と言われて頑張ってみる
お尻から腰までだった緑スライムが、背中の真ん中まで広がった


グラウンディングして、ガイアさんにバイバイして


宇宙に出たらギュー


あれ?ギュー?闇に行くのにギュー?


って思ったら『ほら、行ってこい』と言われてぽいっと放られて
ルシフェルに受け止められて

ルシフェルにぐいぐい闇に連れて行かれながら

「あ、みんな助けて、ってお願いしたから、お見送りしてくれたんだ・・」と気付いてギューを振り向くと、ギューの隣にアナドラも居て

親に心配されながら初めて学校に行く小学生みたいな気持ちになって

「いってきまああああああす!!!」と叫ぶインディアン少女(笑)




気付けばもう、冥界の洞窟で

『分かっているな。これは簡単な仕事ではない。とてもデリケートだ』

と、いつになくお喋りなルシフェル

『苦しみが燃やし尽くされていないカケラは炎から出してはならない』

どうやって燃やし尽くされてるか分かるの?

『炎が赤い時はまだダメだ。たまに青くなるのが大丈夫。お前にも分かるように簡単に出来ている』

あ、今バカって言葉使わずにバカって言われた!




『自分で探してみろ』

と言われて、私が前を歩く
ルシフェルが後ろからついて来る


分かる

赤ずきんちゃんがどっちに居るか、分かる

あの、天井がやけに低くなってる横穴
大人は腰をかがめないと入れないけど、子供なら余裕な、横穴

そこに入って行くと、中に少し広くなってる場所があって

赤ずきんちゃんが燃えてた
火は赤いけど、たまに青くなる

『炎が青くなっている時、カケラは正気を取り戻している。炎から出たいと思っている』
とルシフェル



赤ずきんちゃんは炎の中から私を見て
えーん!って抱きついてきた

私は緑の小人になっていなくて、まだインディアン少女のままだったから

最初に赤ずきんちゃんが触れた時、腕とかが一瞬「イタアツ!」ってなったけど

横からすかさずルシフェルが何かしてくれて、赤ずきんちゃんについてた火が全部無くなって、私の痛みも消えた


赤ずきんちゃんは私に抱かれて泣きながら、たまに「キーッヒッヒッヒ!」みたいになって噛みついてくるけど

それはアデルの時にも見てたから、多分冥界の炎から出た直後は混乱してこうなっちゃうんだろうな、と分かった



人間の赤ちゃんサイズの白い幼虫にするか迷ったけど

このまま世界樹に連れて行ってみよう


世界樹の前に立って
世界樹に「カプセルホテルお願いします」と頼んだ

次の瞬間には、枝と葉っぱで出来たカプセルホテルの中に居て
赤ずきんちゃんをそっと降ろした

やっぱりカプセルホテルに寝かせたら大人しくなった
目を閉じて、眠ってる


真っ黒焦げになっても形を保っている赤ずきんを取ってみた

取った途端、赤ずきんは黒い粉になって風に吹かれて宇宙空間に飛んで行っちゃった

赤ずきんを外して気が付いた
赤ずきんちゃんは、赤ずきんが被っていた部分は焦げていない

そういえばアデルは目以外全て黒焦げだった
赤ずきんちゃんは、頭、顔、上半身はほぼ無事

赤ずきんが被っていなかった腿から下は真っ黒焦げ
強く触ったら粉になっちゃう

焼けた部分にオロナインを塗りたくる


赤ずきんちゃん、ゆっくり休んでね
またオロナイン塗りに来るからね


と伝えて、戻りました。



四つ葉  四つ葉  四つ葉  



戻った私は、がっつり感動していました。

「出来た」事に。とにかくホッとしました。


何だか、凄くがんばって修行して、そしてレベルアップした感!!!

頭の中に繰り返し鳴り響く音楽きらきら 





今後しばらくは世界樹に通って赤ずきんちゃんにオロナインを塗りたいと思います。

アデルとかエイデンは確か2ヶ月か3カ月くらい癒しが必要だった。
赤ずきんちゃんは赤ずきんのお陰で焦げが少ないし・・・いやそれが時間短縮に繋がるのかどうかは、今の所全く分かりませんが。


それにしても、あの赤ずきん。不思議な布だったな~。
冥界の炎にも負けないなんて。

もしかして・・・天女の羽衣・・・?なんて想像しちゃいました(*´艸`*)



Mご夫婦、今回は修行させて頂いて本当にありがとうございました!!!



ーーーーーー



🔻クリックお願いします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


Instagram: arianzumi
ブログに載せきれなかった写真をUPしています☆










最終更新日  2019.10.20 18:54:55
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.21
カテゴリ:冥界
先週さつきのひかりさん【新REF&真珠ヒーリング】を実施していまして。


ブログ『のんびり、やさしく』を開いて「真珠」の文字を見た瞬間から身体中ゾワゾワゾワ〜。鳥肌立ちました。そして耳鳴りキーン。

誰かが私の中ですっっっごく喜んでるのが分かりました。
手汗出まくり、指も震えて、ヒーリング申し込みのコメント書くのが大変でした。


早速受け取ってみました。

今までと全然違いました。


いきなり、

ざっぷーん荒波、って。


海の中をゆ〜らゆら漂っている感覚。うわーーー気持ちいよーーーー!!

あれ、水の中で、何かこっちにゆっくり近付いてくる

貝?

真珠貝か!?

自分が貝の上に乗って・・真珠になって海の中をゆらゆら〜ゆらゆら〜

やばい〜〜〜気持ち良すぎて気失いそう・・・ちびるかも・・・・!!



でも段々と中身がグラグラしてきました。

ええーこのまま海の中を漂っていたいのに〜。分かったよー行きますよー。

グラウンディングしてガイアさんにバイバイしました。



上を向いたら宇宙だったけど他に誰も居なかったから
とりあえず羽を出してみたら両方が出た

1人で闇に向かって飛び始めたら、すぐにルシフェルが隣に来て

2人で闇に向かって飛ぶ


段々と周りの星が見えなくなって、闇一色になる

闇が濃くなっていくと、周囲に銀の稲妻がたまに見えるようになった
闇に銀の光が超絶綺麗


冥界の街に到着

前よりさらに賑わってる
お店に並んでる商品の種類が増えてる
人も増えてる


『これじゃいけない』って、ルシフェル

『この洞窟をより良い場所にしようという方向に意識が向きすぎている

戻りたいという意識が薄れてきている

気持ちは分かるが、それではいけない』



どうやら、冥界の街を発展させている【中心人物】(中心カケラ?)が居るらしく
ルシフェルと会いに行く

【中心人物】のお店になっている、洞窟のくぼみ

ルシフェルが入り口に立って話してるから私には中が見えない


【中心人物】が叫んだ

「何がいけないんだよ!!」



そこで急激に寝落ちしました。








その日は何だかスッキリしなくて。

冥界の様子が気になって。


数時間後、今度は虹色の空に金色の風のランキングボタンをポチって瞑想してみました。
(人様のブログにお世話になりまくりです)


グラウンディングしたら今度は白い羽が出て

自分で飛び始めようとしたらアナドラが来た
どうやらさっき置いてきぼりだったから、今度は乗せたいらしい

ういやつめピンクハート


アナドラと一緒に私の丘に行った

緑の光のボールが丘の小さな森からジャンプして嬉しそうに出て来た
懐いて可愛い^^

緑のボールに、森の中に連れて行かれて

小さな小さなお花畑を見せられる
どうやら緑ボールが作ったみたい
緑ボールちゃん、お花を咲かせられるの?


それから、森の木の枝にぶら下がっている小さな木の家家を見せられた
緑ボールがぴったり収まるサイズ

どうやらアナドラが作ってあげたらしい
ぴったりサイズじゃないと嫌がったらしい


アナドラが言う

『今までずっと冥界の沼であの白い光に包まれてたから、狭い所が落ち着くんじゃない?』


その言葉を聞いた途端に視界がボヤけて身体に戻り始め。
戻りながら、さつきのひかりさんのブログに書いてあった白真珠の説明文が急に思い出されました。

身体に戻ってすぐにもう1度読み返してみました。


白真珠の世界には、断罪や攻撃といったあらゆる暴力的な要素が入り込めない状態になっています。
白真珠自体は何ものも排除する気などないのですが、白真珠とは真逆のエネルギーを放っている限り、「外敵」は保護膜クッションに押し返され、白真珠に触れることさえ叶わないのです。その保護膜により、白真珠の美しき処女性は守られてもいるのです。



そういえば、冥界の沼で緑ボールを守っていた白い光は、この白真珠の説明によく似てる。

緑ボールは白真珠に似た何かに包まれて、冥界の沼に落ちてた。



もしかして、真珠のヒーリングを喜んでたのは緑ボールちゃん?


緑ボールちゃんは結局誰のカケラなんだろう?????




引き続き『癒しと恵みのパワー』受信希望メールお待ちしております!
詳しくはこちら


ーーーーーー


🔻クリックお願いします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


Instagram: arianzumi
ブログに載せきれなかった写真をUPしています☆






最終更新日  2019.10.20 18:40:54
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.10
カテゴリ:冥界
ギュー(ミカエル)に誘われて中身だけ出かけました。


グラウンディングしてガイアさんにバイバイしたら、アナドラが居ました。

アナドラに乗って宇宙を飛びました。
今回はかなり上の方からの視線で、アナドラと乗ってる白スニーカーの昭和インディアン少女が見れました。
アナドラ長いな〜。

新居の上空へ行くとシルバが居ました。
パパの青い龍。アナドラの双子の兄弟です。

シルバにはアデルが乗っていました。
アデルはパパの中の子なのに、何故かたまに私と出かけてくれる。
南京条約の時もそうだった。なんでだろう?
何日もオロナインつけに世界樹カプセルホテルに通ったから仲良くなったのか?


青いシルバにアデルが乗って
赤いアナドラに白スニーカーの少女が乗って

2匹で宇宙を飛ぶ

うねうねと絡み合いそうになりながら飛ぶ

だんだんと闇に近付くのが分かる

途中でアナドラが止まって
白スニーカーの少女がシルバに乗り換える
こっから先は闇が濃くてアナドラは行けないみたい
長い間冥界の洞窟で過ごしたシルバとアデルは行けるみたい


アデルと2人でシルバに乗って
闇に向かって飛ぶ

かなり長い間飛ぶ
まだ行くの?
こんなに闇の奥まで行くのは初めて
青い洞窟よりもまだ深く潜る

闇の濃さがやばいレベルになってきた
濃すぎてネバつく
身体に絡み付こうとしてくるけど、どうやら私にはくっつけないらしい
シルバとアデルは所々闇に絡み付かれて苦しそう
息も苦しそう
どうして私は平気なんだろう


やっと底
一面、真っ黒な沼

シルバとアデルはこの沼には降りられないみたい
私だけ降ろされて
2人はすぐに上昇して、かなり上の方で待機


白いスニーカーの少女は沼を歩き回る

果てしなく広い、真っ黒な沼地
空は意外と黒じゃなくて灰色
沼には、1度燃えちゃったみたいな真っ黒な木がたまに生えてる他は何もない

沼は浅くて足首くらいまでしかないけど
中に無数の黒い手があって
足を掴んで引きずり込もうとする
でもどうやら少女の足には触れないみたい
どの手もギリギリまで近付いて、離れて行く


沼の中を歩き回る
多分何かを探さなきゃいけないのは分かる
何を探してるんだろう?と思いながら、まあ見つかったら分かるんだろう、と探し続け

やっと、沼の中にかすかに白く光る物体を発見

拾うと野球のボールよりもちょい大きいくらいの大きさの、光る丸い物体
泥にまみれてよく見えない

両手に持ってフーッと息を吹きかけたら、付いている泥たちが逃げて行って

白く光るボールが姿を現した

白い光がはじけて

中から緑の光が出てきた

とっても綺麗な緑


沼に立って、ボールを手に持って綺麗だなあと見ていたら
アデルを乗せたシルバが降りて来て
私を拾って急いで登り始める
帰りも2人に闇たちがまとわり付いて苦しそうだったけど
上昇するにつれて、闇たちは離れて行った


シルバに乗って、このままどこに行くのかと思ったら
私の丘
瞑想したり、パワー送信の時とかに行く丘

丘にボールを離したらプカプカ浮いた
本当にきれいな緑
エメラルドとか深緑とかそういうんじゃなくて
色鉛筆の「みどり」
で、本当にきれい
一体、誰のカケラなんだろう?

シルバとアデルが帰って行った

緑の光は、ぴょんぴょん跳ねてアナドラの毛の中に隠れたりして
楽しそうにしてる




そこで戻りました。


色々ビックリですが、まずはとにかく、冥界の沼地

なんじゃあれ。

闇の濃さが尋常じゃなかった。本当にやばかった・・・。

シルバとアデルの様子を見てたら、闇が身体にまとわり付いてくると徐々に息が出来なくなる感じだった。

あんな深い場所まで落ちてるカケラがあるのか・・・。

そして、あんな闇の深い場所でへっちゃらな私は一体何なんだ?
相変わらず闇部門は得意だな〜。



そしてあの、緑の光のボール

あれもとっても不思議です。

あんなに深い場所に落ちてたのに、世界樹とかで回復しなきゃいけない感じがしない。
なんなら元気いっぱい。

予想だけど、あの最初の白い光に守られてたんじゃないかな?
だから中の緑に光るボールは無事だったんじゃないか?

またパパのカケラかな?と思ったけど、だったらあんなに元気なんだし、さっさとパパに戻るはず。

自分のカケラという気も全然しない。


とりあえず、誰のか分かるまでは、丘で遊ばせとくか。







ーーーーーー



🔻クリックお願いします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


Instagram: arianzumi
ブログに載せきれなかった写真をUPしています☆






最終更新日  2019.10.20 18:37:20
コメント(2) | コメントを書く
2017.02.28
カテゴリ:冥界
ここんとこ毎晩、タックスリターンの準備をしていまして。


昨日の夜も黙々とエクセルに打ち込んでいたら頭が痛くなってきました。 

あらーちょっと休憩した方がいいかな、と思ったのですが、何だか頭痛が変。
頭の左側だけ痛い。

なんじゃこりゃ?と思っていたらボーっとしてきました。

あれ。抜けそうかも。

ソファに座りました。

どんどんボーっとしてきて呼吸がゆっくりに変わったのでグラウンディングしました。
ガイアさん、行ってきまーす!


上を向いて羽を出したら・・・あれ?

右の羽は出た。白い羽。

左が・・出ない!?
いや何かちっちゃい生まれたてみたいな羽出てるけど・・ナニコレ?
左の羽、退化しちゃった?

とりあえず羽ばたいてみよう・・・あーダメだー右しか羽ばたけないからぐるぐる回っちゃう~

落ちちゃうよ~


誰かが抱きしめてくれた
抱いて、凄いスピードで飛びはじめた
茶色い羽

アトゥム神

迎えに来てくれたの?

『左は今動かせないんだ。調整中だよ。
大丈夫、また動かせるようになるから』



アトゥムに抱かれて宇宙を飛ぶ

どんどん闇が濃くなっていく

冥界に近づいて行くのが分かる

え、アトゥムって冥界行けんの??



いつの間にか自分がアリアンロッドの姿になってる

青い洞窟に2人で座って話す

『ここに住もうか』とアトゥム

え?
ここに?
キレイだけど寒いじゃん!
新居はどーすんの?

『分身すればいいよ』

えーそんなの出来ないよー

『出来るよ』



何だか・・・2人で冥界に居なきゃいけない理由がありそうな・・

やらなきゃいけない事がある・・・?


手をつないで青い洞窟を歩く
こないだ行ってみたいと思った、奥の方まで歩く

一番奥に、細い長い階段が見えた
岩の階段

きっと階段を上れば冥界の洞窟に出れる

きっと【やらなきゃいけない事】は冥界の洞窟にある

それが何かは分からないけど、あそこに残されたカケラ達の為に何か出来る事がある気がする

とにかく今あそこがどういう状態になってるのか見てみたい
街はまたさらに発展してるのか?
燃えてる人は減ってる?増えてる?


ああダメだ

ボヤけてきた


戻っちゃう




戻ったんですが、まだかなりボーーーーっとしていました。
いつもと違う。

なのでそのまま目を閉じていたら、眉間と目を誰かに触られているハッキリとした感触がありました。

そういえばもう夜中の2時半過ぎ。
今日の調整、始まってたのか・・・。最近調整中の感覚が濃いな~。触られてるのが凄くよく分かる。


目の方は徐々に変化してきています。

最近は光じゃなく、白いボールの様な物体がフワ~っと飛んだりシュンって通ったりするのが見れるようになってきました。
光だったのが物体化?してきた。

そして、空気のゆがみ?っていうのか・・・アナドラの輪郭に沿って空気が微妙にうねってるのが分かる時があるというか。
「ここに居るよね?」と手を伸ばすと握ってくれて、手がポカポカします。

嬉しい。






ーーーーーー


🔻クリックお願いします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


Instagram: arianzumi
ブログに載せきれなかった写真をUPしています☆






最終更新日  2019.10.20 18:35:14
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.24
カテゴリ:冥界
昨日ちょっとだけ見えたやつ。


気になる。冥界をもっと詳しく知りたい。

また瞑想でもしてみようか・・・。

黒い羽を出したら冥界に行けるかな?


やってみました。
呼吸をゆっくーりして・・・

あれ、出来ない。
ゆっくり呼吸出来ない。苦しくなっちゃう。

いつもみたいにならない。中身出る感じが来ない。

えー・・・
せっかく羽の色を変えて波動を変える技を覚えたのに、自分では行けないの?


それから時間をおいてまたやってみたけど、出来ない。

今までどうやって行ってたんだっけ?

今まで・・・自分から行こうと思う前に連れてかれることがほとんどだったからな・・。
やっぱり誰かが一緒に連れて行ってくれるんじゃないと、行けないのか?


呼んでみる?


たまには自分から。呼んでみようか。


ソファにあぐらをかいて座り。呼んでみました。

ルシフェル、今から冥界行くから、エナジー送ってくださーい。と。


呼吸が変わりました。

抜ける感じ。でも登るんじゃなくて、沈む感じ。

ルシフェルがそばに居るのが分かりました。

そうか、天使は呼び出しアリなのか。


ルシフェルにぎゅっと抱かれて黒い・・服?マント?長い何かに包まれた時、自分が白いスニーカーを履いてる14歳くらいの少女の姿になっている事に気付きました。

包まれて、2人で真っ暗な穴をふわ〜っと降りて行きます。
なんだ、黒い羽で飛ぶんじゃなくて、やっぱり今まで通り穴を降りればいいのか。

本体が石を握っていたのですが、ルシフェルに『邪魔だ』と言われて横に置きました。




随分降りて行く

こんなに深く降りるのは初めて

ルシフェルの黒い布にすっぽり包まれてるから周りは見えないけど、どんどん闇が濃くなっていくのが分かる

本体が寒さを感じ始めた時、足が着いた



ルシフェルの黒い布から出ると、そこはやっぱり洞窟

でも今まで見てきた冥界の洞窟とは全然違う

冥界の洞窟の、さらにもっと下

こんなに綺麗な世界があったなんて


洞窟内が青く光ってる

たくさんの、クリスタルみたいなつららが天井から垂れ下がってキラキラ光ってる

あれがきっと、冥界の洞窟で燃えている人たちから流れ出た勇気のつらら

水の音がする

寒いけど、なんて綺麗な空気なんだろう



似た画像を探してみたらそっくりなのを発見しました!
ニュージーランドのワイトモ洞窟というそうです。こちらから画像お借りしました。



↑ これで天井から透明キラキラな勇気のつららが沢山垂れ下がっている感じです。



凄い綺麗・・・

ずっと見ていたい

あっちの奥はどうなってるんだろう?

散歩してみたいな・・・



でもルシフェルに引っ張られて上へ

ええ〜もっと青い洞窟見たかったのに〜



いつもの冥界の洞窟に来ちゃった

燃えているカケラ達


『燃えているカケラに勇気のつららを戻しても、また炎で溶けて下に流れてしまう。
燃え終わったカケラの背骨に勇気のつららを刺さなければならない』



とルシフェル。

どうやって刺してるんだろう?

誰が下までつららを取りに行ってるんだろう?


そう思ったら冥界の街に移動してて


街を通るトロッコ電車

そこに乗ってるのは・・・緑の服を着た小人達

勇気のつららを持ってる

ああそうか、あの小人達が下の青い洞窟に行って、つららを取って来てるんだ

トロッコに乗って、勇気のつららを運んで、燃え終わったカケラに刺してる

勇気が戻ったカケラ達が、街を作る




そこで戻りました。

そういう事だったのか!!!

凄い沢山知れた!!!


気になるポイントいっぱいあるけど、とにかくまずは、あの緑の服の小人達(面倒なのでここからは緑の小人と書きます)。
下の洞窟から勇気のつららを運んで来て、燃え終わったカケラの背骨にブッ刺してた。

さっき何人か見れて、みんな顔違ったけど・・・・

あれ、私にも居るよね?

確か最初に自分が小人姿になっているのを認識したのは、兄少年と兄ドラゴンが冥界に落ちた時
あの時、兄ドラゴンに食べ物ボール?を作ったりしている時、自分がいつの間にか緑の小人になっているのが分かった。

その後は冥界に行く時いつも緑の小人だった。

緑の小人は、チャキチャキ動く。
兄ドラゴンに食べ物ボールを食べさせている時もそうだった。
やけにチャキチャキ勝手に働くから驚いたのを覚えてる。

今回見た緑の小人達も、チャキチャキ忙しそうに働いてた。
どうやら緑の小人は冥界で働く事に慣れてる。
冥界仕事のエキスパートっぽい雰囲気。


それがつい最近、冥界の街で自分の足が白いスニーカーを履いているようになって。

今回、14歳くらいの少女だって分かって。

何か・・普通の、Tシャツにデニムスカートにスニーカーで。
現代というよりは・・・昭和?
そんな服装です。


どうして冥界に行く時、緑の小人だったり白スニーカーの少女だったりするんだろう?

どうして冥界で燃えると、勇気が溶けて下に行っちゃうんだろう?

そういえばアデルとかエイデンとかその他数名の、私が冥界の炎から引っ張り出して連れ戻したカケラ達。その勇気のつららはどうなってんだ?
下の青い洞窟に置きっぱなしか?


でもエイデン、私の中で結構元気そうにやってるけどなあ。

俺は本当は海賊じゃなくて絵描きになりたかったんだ、とか言って。
なので「じゃあ描いてみて」と言ってペンを握ってみるとこんなよく分からない物を描いたりしてる。




エイデンを見ている限りでは、勇気置いて来ちゃった、っていう感じには見えないんだけど。

よく分からん。




相変わらず謎だらけだけど、最近面白いな。

特に2月に入ってから。どんどん新しい事が分かってきてる。



ーーーーーー



🔻クリックお願いします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


Instagram: arianzumi
ブログに載せきれなかった写真をUP中です☆






最終更新日  2019.10.20 18:33:28
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:冥界
冥界の洞窟

の、そのまた下がある

人のカケラが冥界の洞窟で炎に燃やされていると

そのカケラに残されたあるモノが、洞窟の地面に染み込んでいく。

洞窟の下に滲み出たあるモノはそのまま固まって、つららみたいな状態になる。



そのあるモノは、【勇気】



カケラに残された勇気

それが冥界の下に滲み出て固まってつららになる


その氷柱を・・・どうしなきゃいけない?




背骨に刺す!?


どういうこっちゃ?


誰の背骨に刺すんだ?カケラ?本体?







ーーーーーー



🔻クリックお願いします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


Instagram: arianzumi
ブログに載せきれなかった写真をUPしてる真っ最中です☆






最終更新日  2019.10.20 18:33:08
コメント(0) | コメントを書く

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.