000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

月の泉

PR

X

全5件 (5件中 1-5件目)

1

ギュードライブ

2016.12.16
XML
カテゴリ:ギュードライブ
7月のある日。
すっかり暑いです。

長男はお友達の家にお泊まり。
パパは仕事。

夕方、次男と娘が急にビーチに行きたい!と言い出しました。
幸いこちらの夏は9時頃まで暗くならないので行っちゃいました。おにぎりとか持って。




最初は晴れてたんですけど、段々と雲が出て来ました。






真っ正面、海の上は雨が降っているのが見えます。
これだけハッキリ見えるなら結構な豪雨かもしれません。






左を見ると、雲の隙間から夕陽が漏れてはしごになってました。






正面。雨。




左。はしご。





あれま。まるで最近よく色んな存在から言われている「光と闇」みたい。






そして次の日。


前日私たちがビーチに行ったと聞いて長男が「ずるーい」と言い始めました。
下二人もまたビーチで遊びたいと言うので、2日続けて同じビーチに出かけました。

今日はどんな空を見るんだろう?と何となく気になりながら運転して、ビーチに到着してみると。


昨日は雨雲と太陽が離れてた。
今日は雨雲と太陽がくっついてた。

光と闇はくっついてました。






くっついていて、それが完璧なんだ、という気がして。

誰が言ってるのか分かりませんが、

『光と闇の統合』

という言葉がずっと頭に浮かんでいる。

そのまま誰かが続けます。

『光と闇、両方が必要。
光の方ばかりが魅力的に見えるが、雨が降らなければ生きていけない。
昼間だけだったら落ち着いて眠れない。
お前達は光を求めてこの浜辺に遊びに来ている気になっている。
でも実際にはパラソルを砂に刺し、必死で闇を作ってその中で落ち着く。
闇と恐怖をくっつけているのはお前達自身。
自分達の恐怖を闇に押し付けているだけだろう。
本当の闇は光と同じくらいお前達の味方だという事を思い出しなさい』



闇=怖い、そう思ってました。
でもこのパラソルの話を聞いて、なるほどな〜と。
そうだよなー、闇だってめちゃ必要だよな。怖がっちゃかわいそうだな。

何だかやけに納得したら。

急に雨雲が居なくなって、夕陽が見えちゃいました。

あらまー。







「水と太陽」。
どうやら私はこれに弱いみたいですね。
どうしても感動しちゃいます。







闇が必要だ、落ち着かせてくれてるんだ、身体を休ませてくれてるんだ、って分かったけど。

でもやっぱり光は分かりやすく綺麗。







夕焼けを見ながら、世界樹カプセルホテルに行ってアデルにオロナインを塗りました。



ーーーーーー



🔻クリックお願いします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ






最終更新日  2019.10.20 17:38:50
コメント(0) | コメントを書く


2016.11.15
カテゴリ:ギュードライブ
4月もあと数日で終わろうという、ある日。

「ギューと喋ってない」

と焦りはじめました。



斉木のじいさんとか太郎とかお墓の石とか宇宙のレストラン?とか、色々あったからあんまり気になってなかったけど・・・
もう何日も喋ってない。

お腹のギューーーーは必要な時だけ(こっちに歩けとか)あるけど、それはギューがやってんのか斉木のじいさんがやってんのか分からない。



ギュー、もういないなんて事、ないよね・・・?


焦って、PCに向かってみました。
ギューググリを試みます。

ギュー、どっか読ませたいページとかないの?
読むよ? 勉強するよ?
今日はやる気あるよ?

どこかのモデルさんのブログの記事タイトルに、お腹がギューーーーとなりました。

やった!来た!
やっぱりギューいるかもー!!



この心境は、何でしょうね。

「いないかも?」と思った時の、激しい焦り。
居ても立っても居られない。
いるのかどうか確認せずには居られない。
ちょっと理性飛びます。



お腹のギューに従って、クリックして行きました。
モデルさんのブログから他のサイトへ飛び、またクリック、クリック、クリック・・・・
かなり遠い道のりでした。
途中、クリック出来ない文字でお腹がギューーーとなり、その言葉をコピペ検索、検索結果ページから全く別のページに行く・・・なんて技も使ってきました。



辿り着いたのは・・・ジャズ???
私は知識ゼロです。
一応メモっておこうかな・・・

Stan Kenton
Vido Musso



この2つの名前をネットで見せられたのを最後に、お腹のギューーーは来なくなりました。


何も起こらなくなったのです。


焦りました。
焦りました。

どうしよう。
このままだったらどうしよう。
もうギューと話せなかったらどうしよう。
このまま、何も分からないまま。
ちゃんと信じてみないまま。
太郎の事だって何も分かってない。




祈るような気持ちで、ギュードライブに挑戦してみる事にしました。

いつもは家を出るとすぐにお腹のギューーーで道を教えてくれるのに。

今日は何も起こりません。



涙がボロボロ出てきました。
何だか最近、車で泣く事が多いです。
一人で運転しながら泣いているおばちゃんを見ても、笑わないでやって下さい。
おばちゃんだって色々あるんです😭

きっと、今後、変容する人がどんどん増えて行くなら。
一人車内で号泣する人も増えるはず。



泣きながらフリーウェイに乗りました。
何となく、ギュー船着場方面へ。



もう分かったよ。

そう思いました。



もう分かった。

何も分からないままってのも嫌だけど。

一番嫌なのは、ギューと居られない事だ。

信じないと一緒に居られないなら、信じてみる。信じてみるよ。

もしこれで最終的に「やっぱり全部ウソでした〜へへへのへ〜」みたいな事になったとしても。

ここまでされたら、騙した狐だか悪魔だかに、「面白かったよ!」って、言える。




信じるよ、ギュー。 信じてみるよ。

だから出てきて! お腹ギューーーしてよ!

道案内してよ!!!

ごめんなさい!もう疑わない!エーーーン!!!






・・・・やっぱもうダメなのか・・・?


そう思って視線を少しだけ上げた時。

次のexitの看板が視界に入り。



お腹がギューーーーと、固くなりました。

ギューが。 来てくれた。


あああああ嬉しい嬉しいうれしいうれしいうれしいよーーーギューーーーー!!!!!


今度は嬉し泣きしながらギューに指定されたexitでフリーウェイを降ります。
着いた場所はスタバでした。

え、いいの?
飲み物も食べ物も、こんなに早くいいの?
今日優しいじゃーーんエーーーン。

買って、車でまた出発。
ギューナビの感度はバッチリ。
おばちゃんルンルン。
ギューはまだ話はしてくれないけど、船着場に行くんだな、と伝わって来ました。


到着。この日は曇り空でした。






船着場に着いてからも、しばらくギューとは話せませんでした。

でも、近くにいるのが、分かる。



水を見ながら、考えてみました。

とにかく、繋がっていたいなら、信じるしかない
それはよーーく分かった。

ギューを信じるという事。
『アセンション』とやらを、信じるという事。

それは私にとって、結構勇気のいる事だという事が分かりました。

『アセンション』を信じる、という事は、地球には明るい未来が待っているかもしれない、と希望を持つという事に思えました。

そんな事、信じて本当に大丈夫だろうか?


地球は最悪な状況になっていると思って生きてきた。
しかも世界はどんどん悪くなっていってるようにしか見えない。
子供達が大人になる頃には、地球はさらに最悪な状態になってるんじゃないかという想像しか出来ない。
希望を持とうと頑張っても、いつもそれを上回るくらいの悪い事が起こるだけ。
「いつか地球上に砂浜がなくなっちゃう前に、たくさん砂浜で遊んでおこうね!」なんて子供に言った事もある。
完全に諦めて、悪化の恐怖を受け入れて生きてきた。
悪化を止めるのは不可能。人間が原因だって事は分かってる。
「自分達の時代では、まだ最終局面は迎えないよね?まだ完全にはぶっ壊れないよね?きっとまだ大丈夫」と勝手な事を願って生きてきた。


希望を持つというのは、恐ろしい事でした。
希望を持たなければ、裏切られるもない。
希望を持たず、常に次に起こる『悪い事』『辛い事』に備えて生きていけば、衝撃を少なく出来るような気がする。



でも、チョイスないじゃん。もう。
信じるって決めちゃったし。

それに、もしも本当に『希望』を持って生きていけるとしたら。

「地球、マジで良くなってくかもしれない」

って本気で思って生きられるとしたら。

そっちの方が、楽しいな!!!



ここまで考えて、なんだかすごく、スッキリ。

年末に初めてお腹がギューーーっと固くなって以来約5ヶ月。
常に悶々と「狂ったのか」「狐に化かされているのか」などと考え続けていた状態から、初めて解放された気分でした。



スッキリしたので写真撮りました







この船着場、本当にパワースポットなんでしょうか?
感度がとっても良好になります。
それとも私にとって、何か波長が合う?場所なのか・・・
さっぱり分かりませんが。

考え事をしているうちに、ギューと話せるようになっていました。
しばらく使ってなくてズレちゃったアンテナを調整した感じ。


ギューに聞いてみました。

出来る事はないの?
自分で太郎についてもっと探れないの?

『知りたければロスに行くんだ』



はあ!?


ロスって、LA? カリフォーニア???

遠いじゃん!飛行機じゃん!!!

調子に乗んじゃねーーーーー!!!!!!!!

・・・おっと、失礼失礼。信じるって決めたんだった。




行こう。ロス。

帰ってパパに話そう。




ーーーーーー



🔻クリックお願いします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ






最終更新日  2019.10.20 17:30:09
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.08
カテゴリ:ギュードライブ
夜、身体がムズムズして眠れない日がありました。

身体というか、内臓がムズムズしているような変な感覚。

布団の中でゴロゴロゴロゴロして、どうしても眠れない。1時間経っても2時間経っても眠れない。

麦茶飲んでみたり。
軽くラジオ体操してみたり。
パパのイビキがうるさいせいかと思って鼻をつまんで止めてみたり。
何をしても眠れません。

思いきって外に出てみました。
月が出ていました。
月の光を浴びていると、身体の中からムズムズが抜けて行くのが分かりました。




パパがすっかりギューの味方につき、「ママ、ドライブ行って来なよ!ドライブ!」と言ってくるようになりました。
なのでまた一人でギュードライブに出かけました。

フリーウェイ運転中、途中からギューじゃない誰か違う人が話し始めました。
若い男の子・・・10代後半くらいの。すんごい軽い喋り方。ギューとは全然違います。

『今日は思いっきり楽しんじゃおうぜー! 俺がいいとこ連れてってあげるよ♪』

軽い!かるーい!

でも、なんか・・・何これ?泣きそうなんですけど!
懐かしい。やっと会えた。嬉しい。大好き。だいすきだいすきだいすきやばいだいすき!
そんな感情がブワーーーっと湧き出てきます。
とにかく「やっと!」という感じが凄く強い。

やっと、やっと会えた。

そして同時に、頭の中に急速に充満していく「やっと会えた」感に対してパニクります。

「やっと会えた」って何よ!何で自分で思ってもいない感情が勝手に出てくる?
何これ気持ち悪いよ!何でやっと会えて嬉しいってこんなにこんなに強く思ってんの?嬉しくて胸が苦しいよ!嬉し泣きしそうだよ!意味不明!

そう思いながらも、「やっと会えた〜嬉しい〜大好きだよ〜〜えーん」とも同時に思ってるんです。

知らない道を運転しながら。

そして結局、やっと会えて嬉しい感が高まりすぎて運転しながらボロボロに泣きました。


ある意味、修羅場です(笑)




軽い男の子、名前は聞いても教えてくれませんでした。
『名前なんてどーでもいーじゃーん!楽しくいこーよ、楽しく!』
みたいに流されました。



男の子が連れて行ってくれた場所は、海辺の、郊外の、住宅地。
道の行き止まりに、小さな駐車場と海。






軽い男の子は、『ここどーだ?最高だろー!お前の大好きな海が一人で眺められて!』
と自信満々。

私は気持ち的にゆっくり海を眺める余裕がありません。
まだ謎の嬉しさががっつり残ってるし、何で嬉しいんだ!がグルグルしっぱなし。



『ここはお前にとって重要な場所だよ』

とその男の子は教えてくれました。
その場所は携帯のマップに印を付けてありますが、未だにどう重要なのか分かっていません。
いつか分かる日が来るんでしょうね。
楽しみです。



その日は一日中ギューと、軽い男の子と、そしてまたギューと話しながらドライブしたからか、帰ったら頭痛がしました。

次の日は丸一日、誰も話しかけてきませんでした。お腹のギューーーーもありませんでした。


ーーーーーー


🔻クリックお願いします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ






最終更新日  2019.10.20 17:24:41
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.07
カテゴリ:ギュードライブ
ドライブでとうとう話しかけてきたガイドの【ギュー】(仮名)。

ギューが天使だなんて、到底信じられませんでした。

私の人生、今まで大変な事の連続だったじゃん。
今さら急に天使が現れて人生好転するなんてそんなうまい話がある訳がない。
甘い話には裏がある。
人生は大変で当たり前。

そう思いました。



一度話しかけてきたギューはその後遠慮ありません。

最初の2日間は、そりゃあもう、うるさかったです。
あんなにしゃべり続けてたのはあの時だけです。
子供といる時は喋りませんが、食器洗い中とか、洗濯中とか、シャワー中とか、トイレとか。
チャンスを逃さず話してきます。

『もう起きろ』から始まり、『なんでそれをめんどくさがるんだ』とか『それは無駄遣いだ』とか『きっちり畳め』とか『気になるなら気になった時にやってしまえ』とかもー、細かい事ばかり。
何度頭の中で「うっさいなー!」って言った事か。

テレビを観るのを止めさせられました。
洗濯物を畳みながら色々観るのが好きだったのに。
ギューが話している時はお腹にギュー体感あるし、耳鳴りもしているのでテレビって感じになれません。


夜子供たちが寝てからネットをしてても、クリックさせたい文字に目が行くタイミングでお腹ギューーーー。
そうやって、クリック、クリック、クリックさせられ、読ませたいページに連れて行かれ、読まされます。


「アセンション」を説明しているブログをいくつか読みました。

覚醒して天使と繋がる人たちがいるという事を知りました。

自分には関係のない、遠い世界の話に感じました。
特別な人たちだけが繋がるんでしょ?私なわけないじゃん。としか思えません。

それどころか、ギューから「天使の良い人ぶり」をご披露されているというか、どうだー!天使たちはこんなに人々のために働いてるんだ!どうだーーー!!みたいに突きつけられている感じがして鼻につきました。
ブログを書いている人たちに対してじゃなくて、自分の活躍?を書いてくれているブログをわざわざ読ませるギューに対して、うざっ!と。


ブログを書いている人たちに対しては、いいなあ、こんなに信じられるくらい、ちゃんと繋がってて・・・
と漠然と思っていました。

そのブログがいつ始まったかをチェックして、この人は少なくとも、もう○年も上と繋がりっぱなしなんだ・・そんなに長い間繋がってれば信じられるだろうなあ・・・なんて思ったり。

反発しながらも、もっと信じさせてほしい、ちゃんと繋がりたい、と思っていたみたいですね。今思い返してみると。




それから2回ほど、一人でギュードライブに出かけてみました。

2回とも今まで行った事のない郊外まで運転し、田舎街の隠れたかわいい住宅地を見せてくれて、住宅地の奥まで入り込んで大通りにどうやって戻るかも分からないのにきっちりすんなり戻してくれ、そして必ずクライマックスに素晴らしい景色を見せてくれました。

いつも必ず、夕焼けをすごくいい場所で見せてくれます。

そのタイミングとか、周りの風景とか、方角とか、色々本当にベストで!

これには毎回、感動感心しました。

この街に長い間住んでいて今まで一度もこんなに素晴らしい夕焼けを見た事はなかったのに、ここ最近はドライブのたんびに見ちゃう、感動せずにはいられない夕焼け。

この、ギューと出かけると『毎回必ず最高の夕焼けを見ちゃう』という事実が、私の中の「全て妄想なんじゃないか」という疑いをちょっとだけ小さくしました。

私の妄想だけで、必ずベストな場所/タイミングで夕陽を見れるか?
しかも毎回、初めて行く場所で。
無理っぽくないか?
妄想じゃ、、、ないのかもしれない?
いやでも、低級霊とか悪魔とか狐じゃないかっていう疑惑はそのままだけどね!




ギューはなぜか、食べ物に厳しいです。
1人で修行の時はレストランとかほとんど行かせてくれません。
ドライブ中の食べ物は常にデリでサンドイッチ買うとか、良くてスタバ。
ギューの主義なんでしょうか・・




このへんで隠している事に耐えられなくなり、旦那にギューについて話しました。

旦那の反応は。

「面白いじゃん!ママよくそんな面白い事今まで隠せてたね〜」

なんの疑いもなくギューを信じるパパ・・・すげえよパパ。


パパに、ギューから言われた事やネットで読まされた事を簡単に話しました。

パパは「俺も早く繋がんないかな!人生楽しくなってきたねーママ♪」と言いながら独自でアセンション系のサイトを読み始め、Youtubeで瞑想音楽?みたいのをかけてイヤホンで聴きながらソファに横になって3分でイビキをかく、というのをしょっちゅうするようになりました(笑)

週末の早朝にキャンドルたくさんつけて瞑想音楽かけて湯船につかってるパパを発見すると笑いが止まりません(笑)




そんなパパと子供たちも連れて、ギュードライブに挑戦する事になりました。
パパはウキウキ。子供たちもなんだか分からないけど金曜の夕方からドライブ行けてウキウキ。

私はどキンチョー。子供たちがギャーギャー騒ぐ車内で、ちゃんとギューナビ受け取れるかな!
うちには子供が3人います。



どうにかなりました。

夕日がとっても綺麗に見える道を走ってくれました。
今まで一度も行った事がない街の、通った事のない道です。


ちょっと不思議な事がありました。
子供たちが「ねーねー、どこ行くのー?」と何度も聞きますが、私にもパパにもどこに行くのかさっぱり分かりません。
そうすると長男が、「○○(郊外の街の名前)だよ」と言うのです。
車内でこの会話が3回ありました。

子供たち「どこ行くのー?」
長男「○○だよ」

ギューにその日連れて行かれた街は、長男が車内で言っていた街でした。
今考えると、長男は無意識にギューからのメッセージを受け取っていたのかな?

でもその時疑い深いおばちゃんは、

「人間にはきっと、方向とか分かっちゃう能力が全員に備わっているんだ。私は無意識にその能力を使っているだけだ。今日は長男が「○○だよ」って言うのを車内で耳にしたから、顕在意識ではその街への道は知らないけど、潜在意識が連れて行っただけの話だ」

そう疑いましたよ。



その日はギュー、レストランに連れて行ってくれました。

子供が喜びそうな、田舎のかわいいレストラン。
キッズメニューが豊富です。
幸せそうな子供たち。
「また来れる?ここまた来れる?」と何度も言っていました(^▽^)



帰りは夜になっていました。

また私の好きそうな、可愛いお家が立ち並ぶ道を選んで走ってくれました。

住宅地を運転中、大きめな教会の前を通った時にお腹ギューーーーきたのですが、子供と話しながら運転してたので逃してしまいました。

あー今あそこの教会ギューだった気がするー。でも通り過ぎちゃったし、もう夜だし、いっか!

と言うとパパが「え、戻った方がいいんじゃないの?」と言いましたが、めんどくさかったのでそのまま進みました。

そこから、ギューからの怒涛の文句がw

あそこがクライマックスだったのに!俺がせっかく計画したのに!今日の一大ビックイベントはあそこだったのに!なんで逃した!体感あっただろうが!全くお前は、そうやってちゃんと信じないからそういう事になるんだ、そこはめんどくさがるところじゃないだろう、パパが忠告した時にはまだUターン出来ただろう、お前は本当にバカだ・・・

などなどw

ギューはかなりのグチャ男です。
グチャグチャお説教します。


この日の一大ビックイベントは一体何だったんでしょうね。








ーーーーーーーーーー


🔻クリックお願いします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ






最終更新日  2019.10.20 17:23:37
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.06
カテゴリ:ギュードライブ
【お腹のギューーーー】と一緒に散歩に出かけてみて。

桜を見て、お寿司を食べ。
結局ギューが何者かは分からないまま。

でも、このギュー、、、「意志」が、あるっぽい、、よね?

と思った私は、実験を次の段階に進める事にしました。


子供たちが学校に行っている間に次の実験スタート。
もろもろの用事は他の日に急いで済ませて時間を作って。

車で出かけました。
「ギュー、今日は一緒にドライブするよ」
と玄関でこっそり囁いて。


ギュードライブ、最初は難しかったです。
交差点のたんびに緊張です。
曲がるのを教えてくれるギューが遅い!

今、左に行けってギュー出す?一番右のレーンにいるのに!あー曲がれなかったじゃん!

途中で一旦車を停めて、頭の中で
「曲がるときは角の1ブロック前からギューよろしくお願いしますよ!」
と交渉してみました。
交渉しつつ片隅に「何やってんだ私は。正気か?」と考えている自分もいました。

ギューは、曲がる1ブロック前から教えてくれるようになりました(笑)
どうやら交渉可能な相手のようです。


かなり郊外まで車を走らせました。

運転中ずっと緊張状態だったのですが、一度交差点を曲がってもギューが止まらない時がありました。

あれ?ギューが止まらない!何これ!
ギュー壊れた?
どうしよう!
これからどうしたらいいんだ???

パニクり。

あ!
もしかして!
曲がる所間違えた?

曲がった交差点まで戻ってみました。
さっきとは違う方向を見た時にギューーーーっとお腹が固くなりました。

そうか、間違えた時にはギューを止めないで教えてくれるんだ!

そう分かってからは、かなり緊張がほぐれました。

ギューが続かないという事は、正しい道を進んでるって事だ。
正しいって何だ?
まあいいか。今日は実験実験。



結局、家から2時間もギュードライブしてしまいました。

着いた場所は、海辺の小さな街の、入り江の小さな小さなハーバー。
その近所の人たちが船を出すためのとても小さな船着場でした。

車が停められて。
ほとんど誰も来なくて。
景色がとてもきれいで。


また、やられちゃいました。

また、まんまと感動しちゃいましたよ。






どこに行っても人がいっぱいの街に住んでいて。

こんな風に、一人で海の水を静かに眺めることが出来る場所があったなんて。
(まあ2時間運転したけどね)


ここは私にとってパワースポットのような場所になりました。
今でもたまに一人で行ったり、満月の夜には家族で月を見に行っています🌕




緊張の初ギュードライブで腹ペコだった私は、一度近くの街に戻ってクレープをto go、また船着場に戻りました。

船着場で車の窓を全開にして、クレープを食べながら、海を眺めて。

ボーっとしていると頭の中に浮かんでくる色々な事を、浮かびっぱなしにして。



あっという間に2時間ほど経ってしましました。
子供たちが学校から帰る前に、戻らないと。

とっても名残惜しい気持ちで船着場を後にしました。

帰り道はめんどくさいので携帯のマップを使いました。
マップを見て、初めて自分がどの辺りにいるのかを把握しました。
ギュー船着き場に印を付けておきました。



運転を始めてしばらくして、ハタと我に返りました。

私は一体、何をしてたんだ?
一人で海でマッタリゆっくりクレープなんぞ食べて!
こんなことしてる暇があったら、今日は子供のschool formをお医者さんの所に取りに行っちゃえばよかったのに!時間の無駄!



その時、

頭の中で言葉が浮かびました。

『大切な事だ』

!!!!!

誰!? だれ?????


お腹が。強くはないけど、ちょっとだけギューな感じ。
そして耳鳴り。とても高い、キーンみたいなぴーんみたいな音。

大切な事だって?今のが?海でマッタリが?大切なの?

『そうだ。大切な事だ』



声が聞こえる訳ではありません。

「自分では考えていない言葉」が頭の中に浮かぶ感じです。
声が聞こえている訳じゃないんだけど、どんな声か分かる。

例えば、小さい時に近所のミオちゃんが
「あーそーぼっ!」
って外から叫ぶ声、それを今思い出してみると、耳に聞こえる訳ではないけどどんな声か分かる、そしてミオちゃんのおかっぱでニッコリ笑ってる外見もぼやっと浮かぶ、そういう感じ。

男の人の声に感じました。
強そうな男の人。

とうとう・・・とうとうギューが、しゃべり始めてしまった。
ここまで来てしまったか・・・
病院行きも、本気で考えなくちゃいけないな・・・

そう考える私に、ギューは話し続けます。

『信じろ。信じなければ何も始まらない』

って、そんな事言ってたっけ?そーだっけーー?
覚えていませんが、そう言ったとご本人が今言うので多分そうだったんでしょう。

『お前は本当にバカだな』

あ、それは言われた。覚えてる覚えてる(笑)
懐かしいねー💛
あれ?それ思い出すために言ってくれたんでしょ?
それとも今新たに言われたバカ?

ま、いいか(笑)


ギューは名前も伝えて来ました。
ここでは今までのまま「ギュー」を名前にしておきます。
言われた名前は天使の名前でした。
私は無宗教だけれど、天使の名前は昔日本で読んだマンガに出てくる数人なら覚えていました(笑)

ますます疑います。
悪魔か低級霊か狐だな!と。


こんな平凡なおばちゃんの所に、天使なんて来るわけがない。



🔻クリックお願いします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ






最終更新日  2019.10.20 17:22:35
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


© Rakuten Group, Inc.