275143 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

月の泉

PR

X

全3件 (3件中 1-3件目)

1

太郎

2016.11.13
XML
カテゴリ:太郎
急いで食事を済ませ、レストランを出て。

一直線に駅へ歩きます。

次の目的地は、【太郎のお墓】!!



マップで調べた駅で降りて。
墓地を探します。


この右側の壁の中が墓地です。入り口探し中・・・






入り口を見つけて、開いていることにホッとしつつもちょっと怖いなーと思いながら中に入り。
中には見たところ誰もいません。



太郎のお墓・・・・一体どこ?






墓地の中を彷徨い歩きました。
何となく墓守りオフィス(?)に行く気にはなれず。

はじっこから歩いて、お金持ちだったんだから墓石大きいんじゃないか?この家みたいになってるやつか?と一つ一つジロジロ見て、見つけました。太郎のお墓。


見つけたけど。

どうしていいか分からない(笑)

お花くらい買ってくれば良かったな・・・命日なのに。



太郎のお墓の前で、ボーっとしちゃいました。どうしていいか分からず。太郎、お墓から川が見えていいねえ、なんて思いながら。



「エクスキューズミー!ミス!」

急に後ろから大声で話しかけられ、ドキッ!!!!!
飛び上がるくらいビックリ!!!

墓守りさんでした。
もう閉めるから、との事。

オッケー、と言ってその場を去ろうとしてちょっと歩き、もう一度だけ振り返って太郎のお墓を見たら。



あれ?

太郎の墓石の上・・・左端に、なんかある・・・
何か、キラッとした・・・


太郎の墓石まで戻ります。
やっぱり、石がある。白い石。子供の握りこぶしくらいの。
何でこんな所に、石?
誰かが置いたんだよね?
てかさっきまで、何でこれに気づかなかったんだろう?

迷いました。

持って行こうか?

ちょっと離れた場所で、墓守りさんが待ってる。

どうしよう!?




やめときました。

またおばちゃんの疑い深さが出ました。悪魔からのプレゼントだったらやだ!と怖くなりました。



最後にその石の写真を撮って、、、ちょっと迷った後、そっと石をナデナデして。

その場を離れました。



墓守りさんは私を写真好きな観光客だと思ったのか、出口に連れて行くついでに墓守りオフィス近くのチューリップ花壇に連れて行ってくれ、「俺待ってるから!写真撮っていいよ!」と言ってくれました(笑)







墓守りのおじさんにサヨナラして墓地を出て、電車で家に帰りました。

今日の一連の出来事は、一体何だったんだろう・・・と考えながら。

今日が太郎の命日だったのは偶然?
偶然図書館に行って、偶然今日が命日の人の肖像画を見てお腹ギューっとなっただけ?
その人の建てた建物で弟が働いてるのも、偶然?
あの石は何だったんだ?


こういう、真剣に考えたり悩んだりしている時には、ギューは絶対に話してくれません。
話しかけても無反応です。



ーーーーーー



🔻クリックお願いします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ






最終更新日  2019.10.20 17:28:39
コメント(0) | コメントを書く


2016.11.12
カテゴリ:太郎
謎の人物【太郎】(仮名)の写真を撮って図書館を出た私は腹ペコでした。


ギューはいつもデリかカフェのサンドイッチで食事を済ませるので、今日はギューの言う事を聞かないで自分でレストランを選ぶと決めました。

適当に良さそうなレストランに入り、ロブスターをオーダーしてやりました。
訓練中なのに豪華なランチ食べてやるー!と何故か反抗期な気分。



太郎の名前を携帯で検索してみました。

たくさん出てきました。
有名人だったんだ・・・。

太郎は、昔のお金持ちさんでした。
それも、すんごいお金持ちさん。
太郎の何代か前がたくさん財産を作り、太郎の代でもたくさん儲けて。

街の有名な古い建物、いくつかは太郎が建てた物らしい。


ロブスターが来たのでちょっと食べ、さらに携帯で太郎について読みました。
何だかすごく大切な事を調べているんだという気がして食事に集中出来ません。

ゾワゾワ感が止まらない。


ロブスターから携帯に持ち替えた時に何故か一枚撮ってました





太郎について読み進めてみると。


太郎の建てた建物の一つ。

それは私の弟が働いている建物でした。

全身鳥肌。

初めて、頭の中で起こっている世界と、現実の世界が、くっついた・・・

耳鳴りピーーーーン・・・・




そのまま、読み続けます。

太郎はどうやって死んだんだろう?事故か・・・

・・・・・あれ? 4月・・・・


今日だ
昔の今日


また、全身鳥肌。
心臓ばくばくばくばく


ぐ・・・偶然?
これも偶然と妄想で、片付けられるか?
たまたま、図書館で太郎の絵が気になって、たまたまその人の命日が今日だった、だけ?
そんでたまたま、弟がその人の建てた建物で働いているって?
そう納得できる?


できねーーー!!!
知りたいよ!!!
もっと知りたくなってきちゃった!!!

おばちゃんワクワクしてきちゃいました。



太郎のお墓の場所が出ていました。電車で30分くらいで行ける。

行ってみよう。

もうロブスターどころじゃありません。早く行きたい。
もったいないので急いで食べます。


やっぱり今日はカフェのサンドイッチにすれば良かった。



ーーーーーー



🔻クリックお願いします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ






最終更新日  2019.10.20 17:27:54
コメント(2) | コメントを書く
2016.11.11
カテゴリ:太郎
4月も後半に入りました。

4月のはじめにギュー(天使)と会話が始まってからずっと考えていた
「自分は気が狂ったのか?」
という疑問。

これがギューの【女神発言】で一気に高まり。
次の日には斉木のじいさんのドジョウ話で「妄想じゃないかも・・・」と思い。

毎日同じ疑問が頭の中をぐるぐるぐるぐる。
「気が狂ったのか?」と考えすぎる事で気が狂いそうでした。

パパに女神や太陽の王(!)の件を話してみても、

「そう言うんならそうなんじゃないの?俺、何となくそうだったっていう気がするわー。何も不自由なく暮らしてた気がする。だから今、料理とかするのすげー楽しいんだよ」

とか言って丸々飲み込むし。
全然相談にならーん!とイライラ。


まーまーママ、またギューと出かけてくれば何か分かるんじゃない?と言われ、またまた出かけてみました。電車で。



ギューの指示に従って着いた場所は、市立図書館。
大きくて有名な図書館です。


中に入るのは初めてでした。
入る前からドキドキしました。

何かある予感。
手汗やばい。
体毛、立ってない?ゾワゾワする・・・。
心臓のドキドキがすごい。
明らかに緊張してる・・・
ただの図書館なのに。何で?

入りました。
心臓が。汗が。ゾワゾワが。強まります。

でも「普通の図書館がちょっと立派になった」のを想像してた私は、中に入ってビックリ。



城? 城なの?






うひょー、階段スゲーーーー






電気の付け根(?)すんごいな!





思わず観光気分になって興奮、緊張が和らぎました(笑)



2階、3階と上がって行き、入っていい部屋をチェックして歩きました。
本がたくさんある部屋が一つも見当たらず、あれ?ここ図書館じゃないんだっけ?と不思議に思いました。見落としただけか?


一つのドアを開けると、そこは大きい部屋で長い机がたくさん並んでいました。

人々が本を読んだりラップトップを広げたりしています。

壁にぐるっと、肖像画のような絵がたくさん飾られていました。

心臓と汗とゾワゾワが、一気に上昇。
お腹のギューーーも始まりました。

この部屋だ。
何がこの部屋なんだか分からないけど、とにかくこの部屋に間違いない。


入りました。

入ったけど。この部屋なんだけど。何を探しているのかさっぱり分からない。


左側の壁から、肖像画を一枚づつ見て行きました。

なるべく普通の観光客に見えるように、「フーンなるほどね」みたいな顔をしながらゆっくり歩いて、たまに一枚の絵の前でしばらく止まって眺めたりしながら、部屋の中を歩きました。




そして、【その絵】を見た時。


お腹に、ズドーーーーーーーン!!!!!
ギュギュギュギュギュギュギューーー!!!!!

痛い!お腹ギューーーなりすぎて、あばら痛い!!!








近付いて、目の前に立ってみました。

お腹のギューーーーは今までで最強。
ドキドキ、ゾワゾワが止まりません。



一応、実在した人だし・・・何となくボカします





圧がすごい!
絵から出てきちゃうんじゃないの?ってぐらいの圧で見てきます。

しばらく目の前に立って、じーーーーっと見ました。

あっちもじーーーーっと見てきます。

「何か言いたい事があるなら、言ってよ」

と頭の中で話しかけてみましたが、何も言いません。




結局、何も分からないまま。

ただただ、強ーい体感だけ。

あとは・・・「焦り」かな?
何だかこの人が悲しんでいる気がして、この人を悲しませたくない、って、気持ちが焦った・・・。


最後に肖像画の隣に付いていたプレートの写真を撮って、その部屋を出ました。
書いてあった名前は、、、名前、書くの嫌だなあ・・・。実在した人だし・・・
図書館行けば分かっちゃうけどさ・・・

とりあえず、ここでは『太郎』にさせて下さい!



太郎の部屋を出ると、全ての体感は消えました。
あんなに緊張してたのに綺麗さっぱりなくなりました。
気づいたら、喉カラカラ。腹ペコ。

どこかで食事しながら太郎についてググる事にしました。



ーーーーーー



🔻クリックお願いします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ






最終更新日  2019.10.20 17:27:14
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


© Rakuten Group, Inc.