000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

月の泉

PR

X

全2件 (2件中 1-2件目)

1

プレアデス

2017.02.11
XML
カテゴリ:プレアデス
サードアイの調整が始まって5日。

特に何も変化はありません。



お友達に「蟻塚のビルとかぜーんぜんイメージ湧かねー」と言われ、こないだのあそこの都市部の絵を描いてみました。

メテオンの案内で行ったあそこです。






真ん中の比較的真っ直ぐだったビルは、もっと近くでよく見ると壁の色が緑だったり青っぽかったりと変化していました。

他のビルたちは近くで見れなかったのでパッと見の印象しか残っていませんが。
蟻塚というか・・う◯ちみたいだな・・・と思ったのもいくつかありましたw

でも夜で暗かったので。
太陽の光が当たったらあのう◯ちみたいなビルがどんな色に変化するのか。

昼間に見てみたいな〜。



ーーーーーー



🔻クリックお願いします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ






最終更新日  2019.10.20 18:26:45
コメント(0) | コメントを書く


2017.02.05
カテゴリ:プレアデス
*これはおばちゃんの妄想だと思って下さい。本当かどうかなんて私にはぜーんぜん分かりません!


去年の11月の事です。


夜、家で強いお腹ギューーーが来ました。
誰かに呼ばれてる感。
おお、呼び出されるの久しぶり!

洗濯機横の洗面台に行こうかと思いましたが、何となく外に出た方がいいような気がしました。



庭の椅子に座って上を見ると星がきれいでした。

しばらく空を見ていたら、気になる所がありました。
オリオン座の近く。星がいくつかグチャっと集まってる。

何あれ?気持ちわるっ!!
(小さい粒が集まってるの苦手です)

と思ってスカイガイドのアプリで何なのか調べてみたらプレアデス星団でした。


おお、あれが噂のプレアデスか!
肉眼で見えるのかー!

と思いながら見ていたら。

ぐわーーーーーってなって。勝手に目を瞑っちゃって。

頭がグルングルンしました。貧血と似てました。
いつもと全然違うからちょっと恐怖心が出ました。

グルングルンしながらも身体から抜けた感があって、グルングルンが治ったら赤いドラゴンのアナドラが居ました。
アナドラ居るなら大丈夫かー。と一気に安心。


アナドラに乗って宇宙を飛んでプレアデスへ。



町に降り立ちました。

夜っぽいです。
昼が来るのかどうか知りませんが。

大きい町ではなく、どこか小さな町の商店街みたいな・・・
まあまあ人々がいる。買い物とかしてる。
横道には民家が並んでる。

全ての建物は低くて、2階建くらいで、石?土?
みんな同じ色。茶色か黄土色っぽい。
夜だから分かりにくい・・
商店街のお店はライトが点いてて明るいけど。建物の壁とかはよく見えないなあ。


どうやら私は交差点の歩道に降りたようでした。
すぐに目の前に誰か来ました。




少しぽっちゃり気味の好青年。
推定24歳〜27歳。
とても真面目そうで優しそうな若者。短髪。
キリストとか走れメロスとかの時代の服が物凄く洗練された、みたいな服を着てる。
ペラっと白い布だけなんだけど、凄く性能良い布なんだろうな、気持ち良さそうだな、っていう。

「メテオンです。案内人ですよ」

と笑顔で自己紹介してくれました。

「うちを見せてあげる^^」と。

へえー、ありがとう!

商店街をもっとちゃんと見たいな、建物どんな感じなんだろう、と思っていたら

「うち、ここだよ!」

と目の前の家を指差すメテオン。

えっ!ここかい!商店街全然見れないじゃーん!
と思いながらもメテオンについてメテオン家へ。

やっぱり石か土で出来てるみたい。私には判別つきません。
でもこじんまりして可愛いお家。


家の中には太っちょのお父さんと、ぽっちゃりのお母さん。
2人ともニコニコ。

リビングらしき部屋に通される。
家具は木で照明は全てオレンジ。


お茶をご馳走になって。
ご飯をご馳走になって。(何食べたか覚えてないんですしょんぼり


メテオンのお父さんが教えてくれた。

家具や何もかも、全て近所の人たちが作ってくれるんだよ
お金は存在しないんだ
みんな、助け合って生きている
それぞれが得意な事をしている
何も出来ない人もそれでいい
〈かわいい〉とか〈優しい〉とか〈面白い〉とか〈人の話を黙って聞いてくれる〉とか、そういうのが役割りの人もいるんだ



食事が終わるとメテオンに「都市部に行こう」と誘われました。

おお!都市部!どーなってんだろ!?
興味津々!!!



メテオンとぎゅーんと空を飛んで都市部まで行ったのですが、どうやって飛べたのか、メテオンが飛べる人だったのか、何かしら乗り物に乗って飛んだのか、覚えていません。

遠くに高いビル群が見えてきたので、なーんだ普通にビル建ってんのか、と思ったのですが。

近付いてみるとビルが全部、形がいびつ・・・

それに遠くから見たらよく分からなかったけど、近付くと色んな色に光るビルがあったり、巨大蟻塚に窓いっぱいついたみたいのがあったり。

何だかちょっと不思議な感じ。



巨大な・・・石?

むちゃくちゃでかい石を使ってる?窓つけて?ビルにしてんのかも?

夜だから蟻塚みたいな色に見えるビルもいっぱいあるけど・・・これ太陽の光が当たってたらどんなビル群になるんだろう?

ビルの合間に透明チューブみたいな道路?が何本も空中に浮いてる。
あれ下に支え棒とか無いけどどーやって浮いてんだ?
中に何が走ってるんだろう?

もっと近付きたい!!
もっとよく見たい!!!
ビルの下の方はどうなってんだろう?
人いっぱいいるのかな???



でもそこで急激に「またいつでも遊びに来てね」とメテオン。

えっ!!!
商店街も都市部も一瞬さらっとしか見れなかった!
結局一番見たのはメテオン家!



ああでももう自分が戻りそうなのが分かる

ありがとうメテオン

プレアデスすごかったよ






戻りました。

すっごく楽しかった。
戻ってからもしばらく感動してたくらい楽しかった。

メテオン凄い良い青年だったし。
メテオン父とメテオン母もとっても優しかったし。

もっと見たかった。
もっと詳しく知りたかった。
ワクワクした。




プレアデスって有名だから、今まで何となくビビって書いてなかったんですが。
妄想って書いとけばまあいいかw



ーーーーーー



🔻クリックお願いします♡
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ






最終更新日  2019.10.20 18:23:13
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


© Rakuten Group, Inc.