032874 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日常にありがとうプロジェクト

PR

Profile


Arigato-project

"日常にありがとうプロジェクト"展開中

物があふれている現在、一昔前ならば有り得なかったことも当たり前になってしまって、「有難い」と思うことが少なく感じる。美味しいご飯がお腹いっぱい食べられることの幸せ。
非日常であったことが、「日常=当たり前」になってしまえば、なかなか有難いと感じない。

だから意識したい、「ありがとう」という言葉。

娘が誕生し、本当に「有難い」ことなんだと実感。
娘に話しかける言葉使用頻度NO1は娘の名、そして、NO2は「ありがとう」。

結婚生活においては、結婚前に「理論的」だった夫は「理屈っぽく」なり、「思慮深かった」夫は「いちいち細かく」なった。果たして何が変わったのか?
一緒にいることが日常になったこと。

痛みを感じて初めて、痛みのないことの有難さ、病気になって初めて、健康であることの有難さに気づく。

まずは、身近な人に「ありがとう」を伝えよう。
ちょっと照れくさい想いをすることで、私の心を再認識。
言われた人も、どこかくすぐったい気がして、心に温かい灯が点る。

キーワードは「ありがとう」と「非日常」。

【プロジェクト】

いたってシンプル!

1、「ありがとう」を伝えたい人(家族、友人、恩師など)宛に、葉書に手書きでメッセージを綴る。

2、葉書の空いているところに↓を書く。

"日常にありがとうプロジェクト"展開中 http://plaza.rakuten.co.jp/arigatoproject/

3、切手を貼ってポストに投函。

葉書を受け取った人:
連絡はメールが主流、「ポストを開ければDMと請求書」の日常に、ある日突然、あなたから手書きの「ありがとう」が届く=プチ非日常
"日常にありがとうプロジェクト"って何だろう?ということで、このブログにアクセスしてみて、共感したら、他の誰かに「ありがとう」を届けてくれるかな。こうして、「ありがとう」の輪が徐々に広まっていったらいいな。

共感して頂けたら、早速ペンをとって「ありがとう」。
掲示板で「日常にありがとうプロジェクト」の経過や効果をシェアしていけたらいいなと思っています。
2010.02.21
XML
カテゴリ:今日のありがとう
富士吉原の毘沙門天祭に行ってきました。

富士に向かう電車の中、娘と立っていると学生さんが席を譲って下さいました。

吉原で下車。にぎやかなお祭り、いろいろな達磨の大きさや顔を見て楽しみました。

その後、富士の友人を訪ね、突然の訪問にも関わらず、ご家族で暖かく迎えて下さいました。

帰りに乗った電車で、眠った娘を抱える私に、また席を譲って下さる方がいました。

人々の親切、たくさんの笑顔に出逢った今日一日でした。

本当にありがとうございます。






Last updated  2010.02.21 20:05:42


Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

© Rakuten Group, Inc.