779667 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Light healing photo☆光の癒し写真

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

自己紹介

2020年01月25日
XML
カテゴリ:自己紹介
​​​​​​​​はじめまして。

笛木紀予子(ふえききよこ)と申します。

ハート(手書き)簡単なプロフィール


Light healing photoのブログにアクセスしていただき、どうもありがとうございます☆


このブログは、太陽の不思議な写真<ラブサンライト>と、

天界からの光をイメージした加工写真​<ヘブンズライト>​

2つの​​​​​光のヒーリングフォトアート​​に関して主に書いています。




​●ラブサンライト(Love sunlight)について​




携帯電話のカメラで撮っています。

普通に撮るだけで太陽の光がカラフルに写り、

加工などは一切何もしていない、あるがままの太陽の写真です。

太陽の光が不思議に写る特性を活かしたアートです。



この写真に写る太陽の光の色、

ターコイズ(緑)は癒し・平和・みんなの幸せを願う色といわれ、

そしてピンクは愛の色。

太陽が地球上の全ての生物を愛し、癒し、幸せを願っていると感じられる写真です。


太陽はこんなにも美しい色の光を私たちに毎日与え続けてくれていると、

喜びと感動が伝われば嬉しいです。



ストーリー

2006年1月、ふと携帯で太陽を撮ってみると、カラフルな写真が撮れました。

当時やっていたmixiに載せると、

「癒される」「パワーをもらえる」「美しさに感動」等、

不思議な写真だと口コミでどんどん広がりました。


言葉によって変化する水の結晶の話をもとに、言葉を念じて撮ってみたら色が変わり、

太陽が反応してくれたのだと感動しました。

それから言葉を念じながらシャッターを押し、その言葉を写真のタイトルにしています。

言葉は念じず、不思議な光の色と風景をそのままを写した作品も撮っています。



<太陽のオーラ写真>というネーミングで写真をお届けしていましたが、

2018年に<ヘブンズライト>を新しく始め、

太陽の写真もどういう思いで作品を伝えたいかと改めて意識し、

「太陽の愛を感じる写真」「太陽の愛を伝える写真」という想いで、

<ラブサンライト>とネーミングを変えました。




癒し・開運アート


見るだけで癒されると喜ばれ、

また体に写真を当てると具合いが良くなる方もいらっしゃいます。


エネルギー・波動に敏感な方からは、気持ちのいいエネルギーが出ていると喜ばれています。



実際に波動測定器で調べると、

写真から心身を癒すエネルギーが出ていると結果が出て、

エネルギー研究を専門とされている方にも太鼓判を押されました。




太陽は元気の源や明るい未来の象徴です。

生きるエネルギーを与えてくれて、願いも叶う気持ちになることができます。

神様のような太陽の力も感じていただけたらと思います。



「お部屋や気分が明るくなった」「元気になった」「願いが叶った」など、

喜びのご感想をたくさんいただいております。

不思議なパワーに、リピートでご購入される方もたくさんいらっしゃいます。



ハート(手書き)太陽の写真について詳しくはこちらをご覧ください。



いちアートとして、複数のアート会社からもご連絡を頂くようになり、

ニューヨーク・パリ・サンタフェ・マイアミ・ベルリン・・・・他いろんな国で展示されました。

国内では現在は大阪を中心に展示していただいております。


ハート(手書き)今までの活動歴はこちらをご覧ください。


アメリカのアートフェアでは、草間彌生さんやアンディ・ウォーホルなど一流アーティストと同じブースで展示されました。

2017年、インドで行われた国際平和美術展で、インド国立ガンジー記念館で「国際平和褒章」を頂きました。

2019年、ギリシャで行われた「ジャパンウィーク・アテネ」で「日本ギリシャ文化交流芸術大賞」を頂きました。


ハート(手書き)全体的なまとめはこちらをご覧ください。




●ヘブンズライト(Heaven's light)について




天界からの光(ヘブンズライト)が降りているような加工をし、

写真の中の世界を輝かせるフォトアートです。

2018年から始めたばかりです。


被写体に光を送るイメージで、癒しや祝福のエネルギーが届く、

そんな目に見えない世界を、見える形の写真で表現しています。


太陽の写真とはまた違った光の癒しの写真です。


風景の写真は、守護や浄化や「地上を天国に」という思いで作っています。




​オーダーメイド


お客様の写真でも制作しています。

写真の中の人や場所に、

天界からの光が降りて癒されたり幸せになるよう祈りを込めて制作します。


お顔の写真を、若返らせたり理想の姿にすることも可能です。

そのような写真を見ることでワクワクすることが、潜在意識に刻まれ、

実現していくための灯になれば幸いです。


誕生した赤ちゃんの写真は、祝福の光を。

亡くなった方やペットの写真も、

「天国で幸せに過ごしますように」

という供養の想いで心を込めてお作り致します。


ご自分の写真に光が降ろされるので、

​ご注文いただいた方々からとても喜ばれています。





このブログは2006年から書いていますので、いろんな記事がありますが、
興味がある方は、過去のもご覧いただけるといろいろがわかるかと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。




ハート(手書き)ホームページ

詳しくはホームページをご覧ください。


ハート(手書き)ネットショップ

写真販売しています。


ハート(手書き)ポートフォリオ

アーティストとしてのプロフィールサイトです。

ハート(手書き)メルマガ

毎週日曜日にお届けしています。


ハート(手書き)Facebook

ハート(手書き)インスタグラム

ハート(手書き)LINEスタンプ




ハート(手書き)病院や福祉施設に写真をプレゼント

「癒し」の写真2Lサイズ(額なし)をプレゼントしています。​


メールするお問い合わせ​​​​​​​​






最終更新日  2020年07月17日 21時17分55秒


2018年08月08日
カテゴリ:自己紹介
今日は8月8日ですが、先ほどの大阪のアート会社と契約をしたことをブログに書くのはこの日にしたいなと思っていたのと、

なんとなく数日前から、8月8日にニックネームを「紀予子*」の*を∞のマークにしたいなと思いましたひらめき


アメブロのニックネームは変えられたけど、肝心のメインの楽天ブログのニックネームが変わらない~💦

変更はできてるはずなのに、ブログを見ると*のまま・・・

時間がたてばちゃんと変わるのでしょうか。



もともと、紀予子という名前は、亡くなられた中村天音さんからご厚意で開運の名前としてプレゼントしていただきました。

そのことを当時mixiで書いたら、ニックネームは「紀予子*」にするとさらに良くなるというコメントをしてくださった方がいて、そういう風にしました。

これが2006年くらいのはずです。

まだ太陽のオーラ写真を撮って間もない頃で、この開運の名前をいただいたばかりだったので、

活動するのにちょうどグッドタイミングでした。



最近になって、何でふと∞にしたいなと思ったのかはわからないけど、そう思ったのでそうしたいと思いますスマイル



私はずっといろんな制限があって、それを超えていきたいと思っているので、∞のマークを入れることで無限になれますようにきらきら




「私は無限」



ご覧いただきありがとうございます。
お問い合わせやご感想などはこちらからお願いします。

※コメント欄は閉じています

ヘブンズライトフォトアートという新しいアートを始めました☆
天界からの光を降ろして輝かせるような写真を作りますきらきら

太陽のオーラ写真のLINEスタンプ発売中です!



スピーカ2017年7月より、毎週日曜日にメルマガで太陽のメッセージをお伝えしていきます。
メルマとまぐまぐ同じものを配信していますので、どちらでもお好きなほうで登録してください。
★メルマ http://www.melma.com/backnumber_00178202/
★まぐまぐ http://www.mag2.com/m/M0096049.html


ハート(手書き)新しいホームページ作りました☆

ハート(手書き)この写真について

ハート(手書き)写真やポストカードなど販売しています。
癒しのアートとしてお部屋に飾っていただけたら嬉しいです。
大切な方や病気の方へのプレゼント、新築祝い・開店祝いなどにも喜ばれていますダブルハート
メニューに載せてない写真はたくさんあります。
ブログをご覧になって欲しい写真がありましたら、どのサイズでもお届けいたします。 
オーガニックコットン・シルクのハンカチもヒーリングツールとして好評です♪
ネットショッピングのご利用が難しい方は、メールでもご注文を承っています。

ハート(手書き)2013年より太陽のオーラ写真を使ったリーディングをはじめました☆
太陽のオーラ写真を使って、魂の本質や今世のテーマ、癒すべき問題・ブロック、過去、現在、未来等のメッセージをお届けいたします。

オンラインで無料リーディングも始めました☆


写真リーディングは宣伝も兼ねてブログランキングに登録しました。
よろしければ下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オラクルカード・リーディングへ
にほんブログ村 


オラクルカード ブログランキングへ

にほんブログ村 美術ブログ ヒーリングアートへ
にほんブログ村 


アートフォトランキング


ハート(手書き)携帯からアクセスしている方は、こちらもご覧ください。

ハート(手書き)太陽のオーラ写真Facebookページ
Facebookやっている方はぜひ、いいねしてください♪
そしてぜひFacebookのお友達にもなってください(*^_^*)

ハート(手書き)アメブロもやっています。






最終更新日  2018年08月08日 17時02分54秒
2017年06月09日
カテゴリ:自己紹介
「包み込むような生命の表現者」笛木紀予子です。


って、よく肩書と名前から書き始める人みたいに真似してみました(笑)

こういう風に自己紹介することで、どう変化があるのかないのか、試しに書いてみました。


「包み込むような生命の表現者」は、前にブログにも書きましたが、

生年月日と氏名から導き出された私の「真名」というものです。


自分は表現者なんだと知ったことで、また気持ちが変わってきました。


この前から始めた「お名前言霊」も、
写真だけではなく、言葉でも表現していくことをしようと思いました。


昨日お名前言霊をご注文された方のご感想を載せましたが、

太陽の写真だけでなく、言霊の力でもお役に立てたなと、いい仕事ができたなと思いましたスマイル


太陽のオーラ写真の進化版として、このお名前言霊

そして太陽からのメッセージを伝えるリーディングも、

私の活動の大きな柱としてやっていければいいなと改めて思いました。


もちろん、そのままの太陽のオーラ写真も、どーんと大きな写真がいろんな場所で飾られたらいいなあという思いもあります!

いろんなお店や病院とか施設とか、もちろん一般のご家庭にも、癒しのアートとして飾られること、

アートとして色んなところで使われたり、海外でも太陽のオーラ写真が喜ばれることが夢です。


太陽のオーラ写真を撮っている携帯が壊れてしまったら、もうカラフルな太陽の写真は撮れなくなりますが、

今まで撮りためた写真と、言葉のメッセージで、
太陽の表現者として、これからも末永くやっていければと思います晴れ



前に読んだアートの雑誌で、

「自分の身銭をきって絵を買うという行為は、絵に対する思いが濃くなります。

 自分が主体的に選び、アーティストの成長や成功を見るのも楽しいものです。」

「そして作家の成長とともに作品の値打も上がる。そんなこともマイアートの楽しみの一つだろう。

 作家が賞を取ったり有名になることは、自分の楽しみとなる。」


とあったのですが、

今までご購入いただいた方に喜んでいただけるよう、私も成長していこうと思いますぐー


太陽のオーラ写真では賞はとったことありませんが、いくつかのフォトコンテストで賞もとれるようになりました。


そして、今年は東京芸術劇場とインドで行われる「国際平和美術展」という大きな美術展にもお誘いが来て、展示されることになりました。


ただ太陽の写真を撮っていた頃から、確実に成長してるなと思います。



皆様からのご注文・ご感想が活動のエネルギーになっております。

ご感想などいつでもお待ちしております♪

今後ともどうぞよろしくお願いいたします☆


そして、一人でも多くの方に、太陽さんの愛を届けられますように晴れ




「最高の自分を発揮する」


ご覧いただきありがとうございます。
お問い合わせやご感想などはこちらからお願いします。

※コメント欄は閉じています

ハート(手書き)新しいホームページ作りました☆

ハート(手書き)この写真について

ハート(手書き)写真やポストカードなど販売しています。
癒しのアートとしてお部屋に飾っていただけたら嬉しいです。
大切な方や病気の方へのプレゼント、新築祝い・開店祝いなどにも喜ばれていますダブルハート
メニューに載せてない写真はたくさんあります。
ブログをご覧になって欲しい写真がありましたら、どのサイズでもお届けいたします。 
オーガニックコットン・シルクのハンカチもヒーリングツールとして好評です♪
ネットショッピングのご利用が難しい方は、メールでもご注文を承っています。

ハート(手書き)2013年より太陽のオーラ写真を使ったリーディングをはじめました☆
太陽のオーラ写真を使って、魂の本質や今世のテーマ、癒すべき問題・ブロック、過去、現在、未来等のメッセージをお届けいたします。

オンラインで無料リーディングも始めました☆

写真リーディングは宣伝も兼ねてブログランキングに登録しました。
よろしければ下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オラクルカード・リーディングへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 美術ブログ ヒーリングアートへ
にほんブログ村 


オラクルカード ブログランキングへ

ハート(手書き)携帯からアクセスしている方は、こちらもご覧ください。

ハート(手書き)太陽のオーラ写真Facebookページ

ハート(手書き)アートセラピー通信講座をはじめました
ご自宅でお好きなペースでアートセラピーを楽しんでいただけます。
お気軽にお問い合わせくださいきらきら

ハート(手書き)アメブロもやっています。
太陽のオーラ写真以外のことをきままに書いています。






最終更新日  2017年06月09日 19時17分14秒
2015年07月31日
カテゴリ:自己紹介
(前の記事が長くて2回に分けました。​前の記事はこちら​)

そして、こちらがA4用紙1枚分に作り直した文章です。

この日本語の文章をもとに、翻訳してくださったOさんが、より良く校正しながら英文に直してくださいました。

英文はこちら



2006年1月、紀予子は何気なく自分の携帯で太陽を撮ったところ、太陽がカラフルに写る不思議な写真が撮れた。携帯は壊れてもなく、一切加工もしていない、ありのままの太陽の写真だ。カラフルな色がオーラのように見えるので「太陽のオーラ写真」とネーミングし、写真を撮るたびにSNSに投稿していくと、全国から「見ているだけで癒される不思議な写真」と多くの反響を呼んだ。写真の購入希望が日増しに高まり、半年後にはネット販売を開始。1年後には個展を開催。癒し系イベントを中心に、全国各地から展示や販売の依頼が入るようになる。

紀予子は、太陽のオーラ写真に必ず写るピンクと緑の色の意味から、「太陽が愛を持って万人を癒し平和を願っている」と、太陽の愛を写真の色で見せてくれると感じている。「太陽はこんなにも美しい色の光を、私たちにいつも与えてくれている」という喜びと感動を写真を通して伝えること、そして写真が癒しの効果になることを願っている。

癒しの波動を感じる人たちから、「写真から高い波動やエネルギーが出ているのを感じる」というコメントがよく来る。全盲の人からも素晴らしい波動を感じると多数写真の購入があった。実際に波動測定器で測ると、写真からエネルギーが出ていたり、写真を持っているだけでエンドルフィンの数値が上がったり、電磁波がカットされるなどと証明された。写真を体に当てると痛みが消えることもあるなど、ヒーリング効果がある写真として多くの人に喜ばれている。

言葉によって変化する水の結晶写真に感銘を受けていた紀予子は、元気になったり希望を持てるような言葉を念じながら太陽を撮り、その言葉を写真のタイトルにしている。念じる言葉で色が少し変わることもある。また言葉を念じることなく、花や風景と一緒の様子も、ありのままの太陽の写真として作品を残している。

2013年からは、写真を使ってカード占いのように過去現在未来などを読み取り、依頼者へ個人的なメッセージを伝えるようになった。このメッセージは良く当たると言われたり、涙を流すほど感銘を受ける人もいるなど、評判を呼んでいる。太陽の写真を使ったオリジナルリーディングとして、紀予子の新たな才能が開花され、活動の幅を広げた。

紀予子は22歳の時にパニック障害になり、夢と希望を失い、長い間病気の苦しみを味わっている。しかし不思議な太陽の写真が撮れる携帯が、紀予子に喜びと希望を与える神様からのプレゼントとなった。紀予子は、病気を完治して、この携帯で日本や海外の様々な風景と太陽の写真を撮って、世界中の人に見てもらいたいと夢見ている。



経歴

1975年8月4日生まれ。群馬県伊勢崎市在住。
群馬県立女子大学文学部美学美術史学科卒業。写真店勤務。


2006年1月8日 自分がいつも使っている携帯電話で太陽を撮ってみると、何もしていないのに太陽だけがカラフルに写る不思議な写真が撮れる。
この写真を「太陽のオーラ写真」とネーミングしてSNSに投稿すると、全国の癒しやスピリチュアルに興味がある人たちの間で多くの反響を呼び、写真購入の要望が高まり、写真販売など本格的に活動を始める。

2008年に紀予子の地元紙、
2009年に読売新聞の群馬版にて、トップで大きく紹介される。

2013年には、健康・癒し系雑誌「ゆがふる」で巻頭12ページ特集される。

2013年からは、太陽のオーラ写真をカード占いのように使って、依頼者個人にメッセージを届けるオリジナルリーディングを始め、活動の幅を広げている。

現在も、ネットショップで写真やグッズ販売とリーディングを中心に活動中。


個展 9回(群馬・東京)
グループ展 4回(群馬・東京・上海・ベルリン)
癒し系イベントでの展示・販売 57回(全国30か所以上)




太陽のオーラ写真の説明と、経歴というか活動内容をまとめるとこんな感じです。

ここまで本当にたくさんの方々との出会いがあり、続けてこれました。

改めて、ご購入いただいた方々と太陽のオーラ写真に関わった方々に感謝いたします!






ご覧いただきありがとうございます。
お問い合わせやご感想などはこちらからお願いします。


ハート(手書き)この写真について

ハート(手書き)写真やポストカードなど販売しています。
癒しのアートとしてお部屋に飾っていただけたら嬉しいです。
大切な方や病気の方へのプレゼント、新築祝い・開店祝いなどにも喜ばれていますダブルハート 
オーガニックコットン・シルクのハンカチも好評です♪
ネットショッピングのご利用が難しい方は、メールでもご注文を承っています。

ハート(手書き)2013年より太陽のオーラ写真を使ったリーディングをはじめました☆
太陽のオーラ写真を使って、魂の本質や今世のテーマ、癒すべき問題・ブロック、過去、現在、未来等のメッセージをお届けいたします。

写真リーディングは宣伝も兼ねてブログランキングに登録しました。
よろしければ下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです(*^_^*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オラクルカード・リーディングへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 美術ブログ ヒーリングアートへ
にほんブログ村 


オラクルカード ブログランキングへ

ハート(手書き)携帯からアクセスしている方は、こちらもご覧ください。

ハート(手書き)アートセラピー通信講座をはじめました
ご自宅でお好きなペースでアートセラピーを楽しんでいただけます。
お気軽にお問い合わせくださいきらきら

ハート(手書き)アメブロもやっています。
太陽のオーラ写真以外のことをきままに書いています。






最終更新日  2018年12月09日 15時08分57秒
カテゴリ:自己紹介
ニューヨークの展示会まであともうすぐになりました!

日本人のグループ展ですので作品は5点だけですが、

多くの方に太陽のオーラ写真をご覧いただけたらいいなと願っています。


このNYの展示会の準備として、バイオグラフィー作りというのが最大の難関(?)でした。

自分の作品を説明する文を作るのですが、こういう風にというバイオグラフィーの例文を見ると、うわ~って感じでした(^_^;)

その書き方が、「私は・・・」ではなく、

「紀予子は・・・」、「彼女は・・・であった。」

みたいな、第三者的に書くのです。それがちょっと自分で書きながら恥ずかしかったです(^_^;)

作品のアピールできる部分は大いに入れて、
過去、現在、未来はどうしたいかの思いも流れとして入れて、
そして、自分自身のことも書いていくのです。
あまり病気とか自分のことは書きたくなかったけど、アピールだと思って書きました。


はじめにA4用紙2枚分でと言われたので、それに合わせて書いたのですが、
その後、1枚分にと言われて、書き直すこととなりましたショック


元の長い文章もせっかく作ったので、文才もないしちょっと恥ずかしい部分もありますが、
太陽のオーラ写真について、あまり知らなかった方にもご覧いただけたらいいなと載せたいと思います。




笛木紀予子は、1975年8月4日生まれ、群馬県在住の主婦である。
大学で美学美術史を専攻。大学時代の写真店のアルバイトが楽しく写真が好きになり、結婚後はパート勤務で写真店で働いている。

紀予子は22歳の時パニック障害になってしまい、夢や希望を失い、体調も長い間思うようにならず悲しみに暮れていた。
2006年1月、紀予子が30歳の時、犬の散歩中に自分の携帯電話のカメラで何気なく太陽を撮ってみたら、カラフルで不思議な写真が撮れた。その携帯は壊れてはいなく、太陽だけが不思議に写った。一切加工は全くしていない。ありのままの太陽の写真だ。カメラのハレーションだとしてもこの色彩にはとても驚いた。
この携帯で太陽を撮るのが楽しくなり、たくさん写真を撮ってインターネットで公表したら、見ているだけで癒される、パワーをもらえる不思議な写真と日本中の人からたくさん反響があった。

太陽のオーラとは断定できないが、カラフルに写るのがオーラのように見えるので、「太陽のオーラ写真」とネーミングした。

 始めはただ何も思わず太陽を撮り続けていたが、写真を見た人から、祈りながら太陽を撮ると良いというアドバイスを受けた。それと言葉によって変化する水の結晶写真に感銘を受けていた紀予子は、元気になったり希望を持てるような言葉を念じながら太陽を撮ってみると、なんと念じた言葉で太陽の写真の色が変わるということがあった。それから、撮るときに念じた言葉をそのまま写真のタイトルにして作品として残すようになった。
言葉を念じることなく、お花や風景と一緒の様子も、ありのままの太陽の写真としてたくさん撮るようにもなった。

写真が欲しいと要望が増え、正式に販売を始めると全国から注文が入るようになった。写真販売や写真展を通してのたくさんの人たちとの交流や、自分の写真を喜んでもらえることが、紀予子を元気にさせた。
病気により、夢や希望を失い、具合が悪く寝てばかりの日々だった紀予子も元気になっていった。この太陽の写真は、紀予子の人生を明るく喜びに変える神様からのプレゼントとなった。

太陽のオーラ写真は、天気によって色の写り方は様々だが、必ず光の中心の色は白で、ピンクと緑も写る。ピンクは愛、緑は癒しの色であり平和・幸せを願う色と言われる。この必ず写る2色から、「太陽が愛を持って万人を癒し幸せを願っている」と紀予子は感じた。天気によっては、慈愛の紫、パワーの赤、陽気の黄色も写る。写真を見ていて太陽のメッセージ性もいろいろ感じてくる。
「太陽はこんなにも美しい色の光を、私たちに毎日ずっと与えてくれている」という喜びと感動、また、太陽は元気の源や明るい未来・希望の象徴であるので、この写真でそういった太陽の素晴らしさを多くの人に伝えられればいいなと思うようになった。

カラフルな色がカラーセラピーのように癒されるが、実際に写真から癒しの波動を感じる人もいる。全盲の人が写真は見えなくても波動で感じ、大変気に入り、何度もたくさん写真を注文している。2009年に波動測定器で計測してもらうと、写真から高い波動やエネルギーが出ていたり、2014年には医師が測定する波動機器で、写真を持つとエンドルフィンの量が上がったり電磁波がカットされると証明された。
写真を体に当てると、痛みが消えるということもあり、紀予子はこの写真を癒しのアートとして多くの方に見てもらいたいと思うようになった。
紀予子自身も長い間病気で苦しんでいるので、少しでもこの太陽の写真が病気の人の役に立てばいいなと願って、病院や福祉施設にもプレゼントしている。

太陽のオーラ写真が2009年地元の新聞で紹介された際、記事を見た人から、「自殺をしようと思っていたけど、この写真を見て生きる希望が湧いてきた」と涙ながらに紀予子のところに直接電話があった。そのことが紀予子が写真を撮って一番嬉しかったことだった。

2013年から「太陽のオーラ写真リーディング」という活動も始めた。今までとった写真の中から、依頼者に今必要な写真とメッセージを伝えるものだが、このメッセージで涙を流すほど感銘を受ける人が多い。まさにその通りとぴったり当てはまることもあり、評判を呼んでいる。太陽の写真を通して、新たな紀予子の才能が開花された。

紀予子はまだ病気は治っていないが、いつか完治して、この携帯のカメラで世界中の風景と太陽の写真を撮ることを夢見ている。

そして、太陽は常にこんな素敵な色で、愛を持って世界中の人たちを見守っていると、写真を通して多くの人に伝え、人々の幸せや病気の人たちの癒しのお手伝いができたらいいなと思っている。



52 magokoro.JPG






最終更新日  2015年07月31日 15時40分33秒
2012年03月23日
カテゴリ:自己紹介
ホームページにはプロフィールを載せていますが、ブログでは載せていなかったと思うので、
簡単ですが載せさせていただきます。

→​ホームページに載せたプロフィール



笛木紀予子(ふえききよこ)

群馬県伊勢崎市在住。 
1975年8月4日生まれ。

24歳で結婚し、子供はいませんが愛犬が一匹家族でいます。

性格は普通というか、まじめでおとなしいほうかもしれませんが、
好奇心旺盛で、いろんなことに興味を持って楽しんでいます。


大学で美術を専攻し、美学・美術史・実技全般やってました。
一応美術系の資格は、学芸員免許と、色彩検定3級などあります。
写真は授業で習った程度ですが、写真屋でバイトをして写真の楽しさを知りました。

写真が好きで写真屋で働く楽しさが忘れられず、結婚後市内の写真店で働くようになりました。
1枚1枚写真の色補正などを行うオペレーターの仕事をメインにやっていて、太陽の写真も、自分でプリントしています。
ハイレベルのお客様がたくさんいらっしゃる写真店で、いろんな美しい写真も見られて、常に写真に囲まれた生活です。

地元のフォトコンテストも時々応募し、過去に伊勢崎観光フォトコンテストで準特選に選ばれ、賞金も頂いたことがとても嬉しかったです。


22歳ごろ突然病気になり、薬の副作用でどんどん体調が悪化し、25・6歳ぐらいの時はほとんど寝たきりの生活になりました。

病気を治したくて、27歳ごろから目に見えない世界にも興味を持ち、
レイキなどヒーリングも学んだり、心理カウンセラー&アートセラピストの資格も取りました。

病気の辛さを強く感じ、太陽の写真を通して病気の人や辛い思いをしている方のお手伝いができたらいいなと思っています。

私自身も、写真からたくさんのエネルギーをもらい、
また、写真を気に入ってくださる方との交流でどんどん元気になっております♪


この写真の活動は、写真で癒され元気になる「フォトセラピー」に当てはまるなと思い、フォトセラピストとして活動できたらと思ってましたが、

太陽=癒し=ヒーリング
それを写真で表現する者


そういう感じで、ヒーリングフォトアーティストと名乗ることにしました。


本名は違う名前で、「紀予子」という名前は、故・中村天音さんから開運の名前としてプレゼントしていただき、アーティストネームにしました。


どうぞよろしくお願いいたします☆








最終更新日  2020年08月19日 11時38分37秒

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.