2386471 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

私と小さな生き物たち♪

PR

プロフィール


有沢諒

ランキング市場

カテゴリ

日記/記事の投稿

カレンダー

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月

お気に入りブログ

エビ水槽、無農薬の… New! nalfaさん

復活のなんでも水槽 たーー坊さん

価格・商品・性能比較 MOMO0623さん
あなたの趣味は何で… tetsu8080さん
真真の中国滞在記 もっこひゃんさん

コメント新着

 有沢諒@ Re[1]:チャイが亡くなりました。(12/31) なおみさんへ コメントありがとうございま…
 なおみ@ Re:チャイが亡くなりました。(12/31) 初めまして扁平上皮癌からここにたどり着…
 有沢諒@ Re[5]:チャイが亡くなりました。(12/31) たくちゃんさんへ お返事遅くなってごめん…
 たくちゃん@ Re[4]:チャイが亡くなりました。(12/31) 考えてしまいます。 俺もいままでずっとに…
 たくちゃん@ Re[4]:チャイが亡くなりました。(12/31) 有沢諒さんへ 返事ありがとうございます…

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

楽天カード

ニューストピックス

全88件 (88件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

海水水槽

2017年06月05日
XML
カテゴリ:海水水槽
あっという間に6月ですね(^^;

なんとか週一ペースでブログを続けていられていて、ここ数年では快挙かも(^∇^;


さて、今回のお話はとても残念なご報告。

シマヤッコさんが★になってしまいました(TT)

(今年の3月の写真です。これがきちんと撮れた最後の写真に・・・)

去年の3月にお迎えして1年と2か月ちょっとの飼育でした。

原因はケガです。


それに気づいたのは5月16日の火曜日でした。

いつも隠れ気味のシマヤッコさんですが、餌をあげるとハタタテハゼさんと一緒に出てくるのが、その日はなかなか見えるところに出てこない。

おかしいな・・・と思いながらしばらく待っていると出てきたシマヤッコさん。

ちょっとホッとして、だけどなんか動きがおかしい? と思ってじっくり観察するとなんと左目がおかしなことになっていました。

飛び出てるというか、もう目の形状をとどめていないというか、かさぶた?みたいな???

なんじゃこりゃ??って感じでした。

長年アクアリウムをやっていますが、見たことない状態でしたね。

水質悪化とかで病気のポップアイとかは見たことありますが、あれは目の形状はそのままで飛び出しているし、それとはまったく違う。

たぶん傷ができて腫れたんだろうと。

その証拠に右目は綺麗な状態で異常はなく、体表とかヒレも綺麗でした。

発見した日はその状態でもなんとか餌を食べようとしていたシマヤッコさん。

だけど片目では餌をなかなか食べられないようでした。
翌日からは餌を食べに出てくることすらなくなって・・・。

それでも水槽の奥で泳いでいるのは見えました。

けれど金曜日には水槽の底に横たわっていました。

その日はまだ息があったようですが、翌日の土曜日には・・・。

病気だったら薬とか水質改善のために水替えするとか、なんとか手だてがあったかもしれません。

だけど、ケガ(しかも大きな傷)の場合、どうしたらいいのかわかりません。

ただ、餌を食べられるように単独飼育に切り替えようとは思っていたんですが、さすがに平日(しかも5月になってから毎日2時間残業で)は行動を起こせず。

日々弱っていく姿を見守ることしかできませんでした(><)

ショックですね・・・。

せっかく良いタイミングでお迎えできて、初飼育にもかかわらず長期飼育できていたのに。

去年の今頃はお迎えしたシマヤッコさんが心配で毎日毎日ちゃんと餌を食べてくれるかハラハラしていた時期でした。

安心できるようになったのは飼育から4・5か月経った頃でしょうか?

それくらい、やっぱり飼育には気を遣うし、その分、愛着もあった子でした。

なんか久しぶりに凹みましたね・・・。

しかも、救う方法すらわからないまま、なにもできずに★にしてしまって。

ただ、土曜日にはシマヤッコさんを単独飼育するためにいろいろ購入したものが届く予定で。
(もうダメだと確信した金曜日の夜にはすでに手配済みでした)

凹んでいてもその作業はしなくちゃいけなかったので。

シマヤッコさんのいた30cm水槽をレイアウト変更しました。

(しかし、30cm水槽の写真はライトが青すぎて色が全く再現できませんね(^^;)

サンゴはメインの60cm水槽にほぼ移し、ライブロックをほとんど新しいものに変更しました。


実はケガの原因には心当たりがあって。

もともとあったライブロックの一つが、近所のショップで手に入れたものなんですが、けっこうトゲトゲした細枝ミドリイシの死サンゴみたいなやつで。

このトゲトゲが原因じゃないかと。

同居魚のベラさんがかなりビビりで時たま一人で大暴れするし。

なにかの拍子に目に刺さっちゃったんじゃないかと。

なので、ライブロックを変更することにしたんです。

チャームさんで​ライブロック(枝状SSサイズ)​を購入。

もともとあったライブロックはひとつを除いて撤去。
(以前から繁殖しまくりのディスクコーラル・レッドが付きまくっていたので、大半は近所のショップに引き取ってもらいました)

枝状SSライブロックは石灰藻はほとんどないですが、いい枝状で大きめだったので積み上げて高さを出してみました。



そしてレイアウト変更した30cm水槽にはスレンダー水槽(独房)行きになっていたナメラピールさんを入れることにしました。

(ナメラピールさんも青すぎる・・・実はライトの変更を検討しています(汗)

やっぱり狭い独房生活も可哀想ですしね(^^;

シマヤッコさんがいるからなかなか魚の移動もできなかった(新しい環境に慣れてくれるか心配でシマヤッコさんを移せなかった)けれど、本当はディスクコーラル・レッドの駆除にナメラピールさんを30cm水槽に入れたいなっていうのは前々から思ったりもしていて。

なんせ、ナメラピールさんはディスクレッドが大好物ですから(^∇^;

減らしても減らしても残った個体がやっぱり増えてほかのサンゴを圧迫する、ディスクコーラル・レッドには本当に困っていて。

うちではマジでカーリー並みの扱い(^^;

出てきてほしくないところに出てきたらピンセットでザクザクとか・・・(爆)

まあ、今ではナメラさんにだいぶ食べられてやっと綺麗になってきました。

ちなみに、この30cm水槽ではハネモも繁殖しまくって困っていたんですが、ライブロックを入れ替えたのもあって、ようやく落ち着きました。

メインの60cm水槽に移したサンゴの土台に少しハネモが残っていますが、ライトの違いからか、30cm水槽ほどは殖えないみたい。

だいぶ掃除が楽になりました(^^)


そんなわけで、シマヤッコさんがいなくなって凹んだりもしましたが、アクア熱は冷めるどころか維持されていて、サンゴやお魚の追加もありました。

またおいおいご紹介したいと思います。


あ、新たにシマヤッコさんをお迎えする気はありません。

本当は考えなくもなかったんですが、やっぱりお迎えできる環境が整っていないのにお迎えしてもみすみす★にするだけですから・・・。

思いがけずお迎えしてしまったキイロハギさんとかもいるし、今の生体で無理のない飼育をしていけたらなと思います。

とは言っても、今の段階でまだ紹介できていない新入りさんとかもいるんですけどね(^^;

そちらの紹介はまた後日。
・・・しかし、そうやっているうちに日数だけは過ぎて、なんだか過去話の日記ばかりで困りますね(^^;

ちゃんとリアルタイムの日記を書けるようになるのはいつになることやら・・・(汗


では、今日はこの辺で。


花のライン




花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気ブログランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!







最終更新日  2017年06月05日 16時41分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年05月28日
カテゴリ:海水水槽
本日、150万hit達成しました(*^^*)


訪問してくださる皆さんのおかげですw
本当にありがとうございます(*^^*)

150万になったのはお昼の12時前頃でしたね~


ブログ開設から10年と2カ月半、最近はなかなか毎日更新できないですが、これからも続けていきたいと思いますw


さて、今日はGWにお迎えしたキイロハギさんをご紹介します(^^)

もともと大きい魚はあまり好みじゃないんで、キイロハギさんは中型魚だし、お迎えするつもりはなかったんですが・・・なんというか、事故みたいな感じでお迎えしちゃいました(^^;

キイロハギさんは20cmにはなるらしいですが、小さい水槽ではそこまで大きくならないらしい?


本当に自分的にはありえないくらい無計画にお迎えに至ってしまったので、不確かですが(汗

いつもはきっちり調べてからお迎えするので、この子については来てからけっこうあたふたした感じです(^^;

しかも、もともとちょっと問題ありな子で。

キイロハギさんは5月2日に近所のショップで購入しました。

実は居間にあったプレコ水槽を海水水槽に変更してまして(^∇^;
それについてはまた詳しく書きたいと思いますが・・・

60cm規格水槽に魚がなにもいない状態で、そこにお迎えする魚を悩んでいたときにショップにいったら、キイロハギさんがいました。

キイロハギさんがコケを食べてくれるというのは前々から知っていたし、色も黄色で目立つし居間の水槽に入れるなら見て楽しめる子がいいよな~と、漠然と思って。

玄関にあるメイン水槽でコケに困っていたのもあったので、コケだらけのライブロックを入れてお掃除してもらうのもありだよな~とか、なんとなく「いいかもw」と考えるように。

そして、お店の店長さん(まあ、なんだかんだ10年ほどの付き合い)にポロっとそんなことを話したら(自分としてはその日に購入する気はなかったんだけど)なんかいつの間にか袋に入ってましたね・・・(´∇`;ぇ

お迎えするにしても、もうちょっと後で・・・とか思ってたんだけどなぁ(^^;

しかし、居間の水槽に入れてみたところ・・・出てこない。

他の魚はおらず、いるのはヤドカリと貝とライブロックとウミキノコくらいなのに。

ずうっとライブロックの陰の奥の方でこっちを警戒しているばかり。

コケをつつくどころか前の方に全然出てこない(滝汗

あああ、キイロハギさんてそういう質なのね・・・orz

一匹で広い水槽で悠々と泳ぐより、仲間と一緒に泳ぐタイプらしい。

この手の海水魚では珍しく同種で混泳できるとか(^^;

つまり、おひとりさまは苦手・・・と。

あうぅ、それじゃダメだ・・・

隠れてばかりで餌も食べてくれないし。

もう、これはメイン水槽に入れてしまえ!と、なりました(´∇`;

そして、実はメイン水槽に新たにお迎えしていた別のお魚を居間の水槽に入れました。
その話もまた今度で(^^;


メイン水槽ではフレームエンゼルさんとちょっとやり合うというか大きさ確認していましたが、まあ、お互い性格は温和な方なので、すぐに仲良く泳ぎだしましたw


というか、キイロハギさん、過密っぽいメイン水槽に入ったらほとんど隠れることがない(^^;

本当におひとりさまが苦手なのね・・・(汗

基本的に水槽前面にいるし、私が水槽に手を突っ込むと枝ライブロックの陰に行くけど、見える位置にいるし、居間の水槽に居た時とは雲泥の差。

というわけで、なんか超無計画にお迎えしてしまったキイロハギさん。

でも、フレームさんとの相性も良くて仲良くしてくれているし、やっぱり黄色が水槽で目立つし、今では本当にお迎えして良かったなと思います(^^)

メイン水槽でモヤモヤの苔とか海藻も食べてくれてるしw

ただ、このサイズと同居魚の多さで餌をあんまり食べれていないのが心配(^^;

ご飯の足しにウミブドウをチャームさんで購入しました。
次の土曜日に届くので、それまでなんとか餌の争奪戦をがんばってもらいたいものです(^^;


そうそう、それからこのキイロハギさん、どうやらお迎え当時ヒレが欠損していたみたい。

なんか、ハギにしてはヒレが短いなって思ってはいたんですけど。

慣れない場所でヒレを閉じているのかな?とか思ったけど、うちに来て一週間ほどたったらヒレがどんどん伸びてきて(^∇^;

あ、欠損してたんだ・・・って、気づきました。

ヒレの白い部分が伸びた分です。
これを見るとだいぶ欠損していたんだってわかりますね。

ちなみに上の写真が5月24日で、下の写真がその10日前の5月14日です。

たった10日でもけっこう伸びてるのがわかります。
こう見ると、上の写真では普通のキイロハギのスタイルになってきてますね(^∇^)

ショップで店長さんにそれを伝えたら「クマノミと一緒にしていた時につつかれていたかも・・・」とのこと。

ヒレが欠損していた個体を普通の価格(通販で購入するより倍ほどの値段)で購入したことについては、私的にはあんまり気にしていなくて。

逆にうちにきて元気になってくれたことが嬉しかった(*^^*)

ヒレの欠損と、あと顔の部分が白っぽい(キイロハギはあんまり退色しないはずだけど)という、ちょっと問題ありのキイロハギさん。

下手したらずっと売れ残ってしまっていたかもしれないし、そのまま・・・って可能性もあったわけで。

うちの水槽の子達と仲良くしてくれているし、元気で泳いでヒレもきれいになってきたし、私的にはお迎えして大満足なのでした(*^^*)

本当に可愛いので、長生きさせてあげたいですね♪


では、この辺でw

・・・実はGW後に★になってしまった子がいて、そちらのご報告もしたいんですが・・・
今日は150万hit記念でもあるので、暗い話は次回に持ち越したいと思います。


花のライン





花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気ブログランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!







最終更新日  2017年05月31日 00時40分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年05月22日
カテゴリ:海水水槽
前回の日記の続きです(^^)
すぐに更新する予定が一週間経ってしまいました・・・
いろいろあって・・・それはまた今度、書きたいと思います(^^;

さて、前回の水槽増設でお迎えした子はこちら♪


フレームエンゼルさんです(*^^*)

ナメラピールさんをお迎えする前に何度かお迎えしてダメで、けっきょく諦めてしまった子です。

でも、やっぱり諦めきれなかった(^^;

この赤い色とヤッコ特有のくりくりした目とか泳ぎ方とかやっぱり可愛くて好き(≧∇≦)

だけど、うちのメイン水槽は60cm規格水槽で狭くてヤッコの混泳なんて無理(^^;

ナメラピールさんがいるし、それ以前に過密だし。

で、水槽増設してナメラピールさんに一人部屋を確保したので、やっとお迎えできました(*^^*)

あと、レイアウト変更をしたのも大きいですねw


以前のレイアウトはもともと水槽立ち上げ当初に入れたライブロックに、どんどん新たに追加されて行って隙間は開けてあったけどひな壇用の大きな板状のものばかりで。

うちの水槽は半ベルリンみたいな感じなので濾過を担っていてくれたライブロックではありましたが、いかんせん風通しが悪い。

以前フレームさんがいなくなった原因の大半が驚いて岩に挟まってだったので、もっとすっきりしたレイアウトじゃないとダメだなとも思っていて。

というわけで、チャームさんで枝状ライブロックを購入し、レイアウトも大幅変更。

今回購入したライブロックはセミブランチタイプMサイズ(3個)セミブランチタイプSサイズ(3個)枝状SSサイズ(300g)です。


セミブランチのはずが、かなりいい感じの太枝ライブロックでしたね。
枝状SSサイズのライブロックは何度目かの購入でしたが、こっちもいつも以上にしっかり枝状で個数も3個で大きめだったので、袋から出したらセミブランチSサイズ3個と見分けがつかなくなってしまいました(^^;

まあ、レイアウト変更に使いたかったのでちょうど良かったです。

もともとあったライブロックはどうなったかというと・・・これはまた次の機会に。

で、こんなレイアウトになったんですよね(^^)


なんというか太い枝のライブロックで下に空間を作って上にはサンゴがあるって感じ?

でも、このあといろいろあってライブロックはあんまり変化ないですがサンゴの配置とかいろいろ変わりました。
詳しくはまた次回・・・(^^;

ちなみに今回の水槽増設とライブロック追加のレイアウト変更と新魚お迎えで9日あったGWの前半を使いました。
けっこうハードスケジュールで疲れましたね。


さて、ようやくお迎えすることができたフレームエンゼルさんですが、今回はペットバルーン楽天市場支店さんで購入しました。


チャームさんにしようかなって思ったんですが、毎日売り切れと再販をくりかえしていて、なんか注文のタイミングがつかめなかったし、在庫があるのかないのかよくわからなかったので(^^;

ペットバルーンさんの方がサイズ表記がしっかりあって、ほしいサイズの子が選べるかなって思ったのも決め手でした。

大きい魚がいない水槽だし、岩に挟まる事故も小さい個体なら防げるかなって思って。

5~6cmということで、けっこう小さめの個体かなって思って購入したんですが・・・

届いてみたら・・・けっこう大きい?(^^;

7cmオーバーなんじゃ?
ブラックスノーフレークさんよりも確実に大きいし。
確実に最大サイズと思われるナメラピールさんよりは1cmくらい小さいかな?って感じ。

・・・おかしいなぁ?(゜゜;)

うん、でもまあ縁あってうちに来た子だし、店によって表記サイズの基準も違うし、ネットで購入の場合はある程度しかたないし。

色はちょっと体の側面から尾びれにかけてが色薄めかなって思ったけど、大きい個体ならそんなもんだし、まあ許容範囲。
顔のあたりの赤の濃さはさすがクリスマス島産って感じでしたし(*^^*)

そして、ひそかにお気に入りなのが左向きになった時に黒いバンド部分に見える丸い模様w


こういう、この子だけ特有の模様とか好きなんですよね~(^^)

もともとカクレクマノミもイレギュラーバンドが好きだし、今のスノーフレークさんたちも全く同じ模様の子がいないというのが好きな理由なのでw


あと、予想外に良かったのが性格!

こればかりは個体差もあるし、水槽や混泳の状況もあるんで、本当に難しいんですが、今回はとっても良い子でしたw

まず、まったくサンゴをつつきません(*^^*)

フレームエンゼルさんはもともとそれほどつつくタイプではありませんが、それでも今までお迎えした子の中には食べるほどではないけど、気になってつついてしまう個体がいました。

けど、この子はライブロックやコケはつんつんしても、サンゴにはまったくノータッチ。

つつかれやすいオオバナサンゴ(しかも、ちょっと調子崩し気味個体)にもまったく手を出さず。
おかげでオオバナさんの調子か少し復活してます♪

ヤッコのサンゴ食については、ナメラピールさんでけっこう懲りたのですが、とにかく個体差があるのも事実(^^;

絶対にサンゴに手を出さないとはお迎えしてみないとわからないので、今回は本当にいい子が来てくれて嬉しいです♪

おかげで、またサンゴが増える予感?
いや、困りますね(笑)
ま、レイアウト的にそんなに置けないのでそれほど増えないはず(^∇^;


あと、性格もそれほどきつくないし、うちにはフレームさんより小さい魚しかいないので、他の子にプレッシャーをかけるくらいのことはあっても、追いかけまわしたりしないしw

逆に小さい子達が同種でケンカをしていると「俺の縄張りでバタバタすんなよな~」って感じで、すーっと間に入って仲裁(?)してくれますw(^∇^)

とっても良い子で本当にお迎えできて良かったです♪

今度こそ長生きさせてあげたいですね!


さて、今回はこの辺で~

水槽写真でやたらと目立ちまくりの黄色い子については、次回ご紹介したいと思いますw
(というか、来週はもしかしたらアクセス数150万超えになるから、そっちの話題も書くかも?)


花のライン




花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気ブログランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!







最終更新日  2017年05月22日 07時00分05秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年05月14日
カテゴリ:海水水槽
またまた2ヶ月ぶりの更新です(^^;

もはやブログ(日記)の体をなさなくなって久しいですが・・・
ちゃんと日記・・・まあ、毎日は無理でも週一くらいのペースで更新できるくらいにはなりたいなって思ってはいます。
まあ、実行がなかなか伴わないんですが(^^;


さて、GWが終わって1週間ですが、皆さんはどんな連休をお過ごしでしたでしょうか?

私は・・・水槽いじりまくりでした(^∇^;

転職してGWが長期連休(9日間)だったものでw


前からずっとこうしたいな~って妄想(爆)していたけど、なかなか実行できずにいたことがあって。
(金銭面、時間面、体力面で無理と判断)

今回は連休で時間はたっぷりある。
お金はちょっと無理して(だけど転職して今までよりは少しは稼げるのでw)
そして仕事が今まではデスクワークだったのが立ち仕事に変わって、ちょっと体力もついたし(^^)

これはベストタイミング!と実行いたしましたw


さてと、とはいえいろいろ変えまくったので一回の日記では書ききれそうにないので、まずは水槽全景(というか全体像)から~


今までとなにが変わっているかわかりますでしょうか?

上になんかありますね(^^;

あと、メイン水槽のライトとかも変わってます。

魚も追加して・・・

うん、いろいろ変わりました!←だからそれを説明しろという・・・


ええとですね、まずは日記のタイトル通り上の方に水槽が追加されています(^^;

なんだこれってなるかもしれませんが、商品は水槽の上に増設できる水槽、進化形スレンダー600 OFセット60cm水槽を水槽に直置きせずに水槽台を設置したうえで、その上に増設したという代物・・・


って、わかりにくいですね(^^;

スレンダー水槽は本当は水槽の上に直置きするのが正しい設置方法です。
私が購入したのはポンプ無しタイプですが、ポンプ付きセットもありますw


うちの海水水槽は玄関の靴箱(中に木材で補強済み)の上に60cm規格水槽と30cmハイタイプ水槽の連結、さらに左側の見切れている部分にカメ水槽があるという状況で。

靴箱の奥行きが34cmくらいしかないので、これ以上大きい水槽は無理。

でも、海水って水量命な部分があって、まあ30cm連結で普通の60cm規格水槽よりは水量ありますが、もっと増やしたいなって思っていて。

それに、うちの問題児のレモンピールとナメラヤッコのハイブリットであるナメラピールさん(^^;


レモンピール系ってサンゴ食が強いんですよね~

まあ、うちの子も例にもれず食べられないサンゴをなんとか入れている感じ・・・

ナメラピールさんもうちにきてもうすぐ4年、愛着もあるし手放したくはない。

でも、サンゴも追加したい。

そして、なにより今の60cm水槽のレイアウトが気に入らない!

今までナメラピールさんを移動させたり隔離させたりしなかったのは、水槽のレイアウトを崩すのが面倒だったというのもあって(^^;

まあ、めっちゃ警戒心が強くて泳ぎがうまいナメラさんを捕まえるのに、今までのレイアウトでは無理だったという・・・

レイアウト変更もして、ナメラさんを捕まえてそしたら、あのサンゴもあの魚も追加できるじゃん!!

・・・と、まあ妄想が暴走しだしまして~(´∇`)あは


そして、うちの場合60cm水槽と30cm水槽を連結しているので、単純に水槽に直置きというのは無理(^^;

連結パイプが邪魔だし、スキマーもハングオンで水槽の横に設置してその排水パイプが水槽に突っ込まれているから、かなり水槽上側がごちゃごちゃ・・・

ライトもないといけないから乗せられる場所がない!

だったら水槽台を靴箱に乗せて、その上に置いてしまえばいいんじゃ?
っと考えて、結果あの最初の写真の状況に相成りました(´∇`)あは

そうすれば水槽台からライトを吊るせるし、今の使いにくいゼンスイのライトスタンドも変えられる(水槽への取り付け部分が大きすぎるし、塩だれの原因になるし、バーが細くて弱くて・・・とにかく不満)

っというか、これを機にライトを変更も有りだよな~と。

スレンダー水槽の方にもライトがいるし、今のゼンスイのライトをそっちにやって・・・(まあ、結果それも変更になりましたが、それはおいおい別の日記で)

そんなわけで靴箱の上に更に水槽台を乗っけるという暴挙に出ました(*'ω'*)(マネしないでね!する場合は自己責任でお願いします!)

といってもすでに設置されている水槽の上に水槽台を設置するという荒業なので一筋縄ではいきません。

まずは水槽台はニッソー水槽台スチールキャビネット600 NCS−030(ライトグレー)

この水槽を選んだ理由は安いのも魅力的でしたが、それ以前にこの水槽台じゃないと、今すでに設置してある60cm水槽の裏にはまらなかったから(^^;


これは組み立て式で、商品ページを見るとわかりますが下の部分の横バーははめ込み式なのです。
それでもはめ込むための部分は出っ張っていて邪魔なので、電動ノコギリでカットが必要でしたが、カットしてしまえば水槽を挟み込む形でセットができます(^^)

そして裏側には筋交いがあるので、ちょっと安定感がありw

まあ、乗せる水槽が水槽直置き用の水量10リットルのスレンダー水槽一個ですし、60cm水槽の裏側はほとんどスペースがないのではまり込んで動きようもないんですけどね(^^;

ですが、本当にかなりの無理やり設置なのでおすすめはしません!(汗


そして、またまた無理やり設置になっているのが実はハングオンしているスキマー(スキム400)です(^^;

実はスレンダー水槽OFセットですが、ポンプ無しセットは本当なら外部フィルターの排水をスレンダー水槽に送る形で設置するのが正しい設置方法です。

ですが、うちの外部フィルター(エーハイム2213)は靴箱の前、60cm水槽よりもかなり低い位置に設置しています。
エーハイムの外部フィルターは水槽より下に設置しないとダメなので・・・(テトラとかのポンプを水槽内に設置するタイプなら横置きとかもできますが)

そこから水槽台と水槽の高さを含めた距離を上げるとなると1.5mオーバー(汗
ちなみに私の身長より高い(^^;(スレンダー水槽は見上げる感じです)

さすがに揚水能力が足りなすぎ(><;

それに外部の排水はシャワーパイプで60cm水槽の水流の一端を担ってもらっていますので、変更もしたくない。

だけどこれ以上水槽内にポンプ設置って・・・いまでもスキマーのポンプと水槽の連結用ポンプに外部の給水パイプ、クーラー用の陸用ポンプの給水パイプとごちゃごちゃなのに・・・(滝汗

さすがに景観が・・・それにこの前クーラー用のポンプを水陸両用タイプにしてやっと一個ポンプを水槽の外に出せたのに、さらに追加なんて現実的じゃない(><;

っていうか、ポンプの排熱もこれから夏になると馬鹿にならないしな~

それでなくても海水水槽は水流を作るためのポンプもあるのに。

じゃあ、今あるものを分岐してとかできないかな?・・・と、妄想を開始。

そして行き着いたのがスキマーの排水をスレンダー水槽に流せばよくね?でした(*'ω'*)マテ

これならすでにあるもので代用できるし、60cm水槽に戻すスキマーの排水パイプの長さがけっこうギリギリで洪水の危険があったのも改善できそうだし、逆に無理がないかも!ってことで採用になりました(´∇`)

こちらもかなり無茶だとは思うのでお勧めはしません。

っていうか、普通はこんな無理しないで普通にオーバーフロー水槽とかでやるよね~(^^;
だったらスキマーは水槽台のなかのサンプだし、もとより大きい水槽とかになるし・・・

でも、うちは古い家で基本的に畳の部屋しかないし、水槽設置は特に海水は塩だれや洪水の危険もあるから玄関しか置けないし、そうなると靴箱の上しかないわけで・・・

まあ、今の現状でやるとこれしかなかっただけなんで・・・本当に参考にするのは無しでお願いします(^∇^;(まあ、やらないと思いますが)


スキマーはハングオンと言っても、実際には水槽に引っ掛けはせずに、底上げしてます。

まあ、これもこの場所に入る棚的なものを探すのに苦労して(^^;

奥行きが30cmくらいですからね~
置ける場所も横幅20~25cmくらいしかないし。
でも高さは50cmは最低でも欲しい。

近くのホムセンでスチールラックを二種類購入して、棚板を交換して使用することにしました。
ひとつはスキマーを乗せる台に使って余った方は、靴箱の前に直置きしていた外部フィルターを置くのに使用したので無駄なく使ってます(^^)

そして、せっかくスキマーを再設置するならオーバースキミングの洪水対策も施しました。

オーバースキミング、スキマーを水槽内とかサンプ内設置だったら問題ない(汚水は水槽内に戻っちゃいますが、言ってみればそれだけ、ちゃんと濾過が効いていれば問題ない)ですが、ハングオンで水槽の横設置している場合は、普通に洪水起こすので(^^;

玄関なので零れたのを拭いたり流したりで何とかしてましたが、どうせなら零れても少しくらいはもつようにしたいな~と。

で、見た目はかなりアレですが、100均で購入した鉢(水も貯められるように底に栓付きの穴が一個だけ開いているタイプ)をスキマーにはかせました。


排水部分にはホースを接続してホースの先には水栓的なものを取り付けました。
これで零れた水が鉢にたまるし、たまった水を簡単に排水もできます(^^)
排水部分を作らないと水がたまった後にスキマーの再設置とかかなり面倒な手順になりますからね。

そして、棚の下にも少しの水漏れを受け止められるようにデスクトレーを置いてます。
今までスキマーを置いていた時にもちょっと零れたりした水とか、とにかく掃除ができなくてイライラしたので、その対策です。

で、いろいろごちゃごちゃしたものが見えないように目隠しに選んだのが白い養生用プラダン。
たたんである状態で売っているので、その折り目を利用してカット。
ホームセンターでけっこうお安く買えます(^^)


あと、そのままだとちょっと味気ないので、100均でにゃんことわんこのシールを購入して適当にぺたぺた。
それだけだとまだ物足りない・・・というか、前に購入して使ってなかった大きい猫シール(こっちは100円じゃないです、起毛になっててけっこう高かった)も貼って満足(^^)

外部フィルターとスキマーを隠しましたw

そして、スキマーが高い位置に来たので、電源タップ類の保護にも使用。

今までは水槽より高い位置に電源タップを縛り付けていたので安心だったんですが、スキマーも水槽も高い位置に設置になったので(^^;

まあ、そうそう水は飛ばないと思いますが・・・

ちなみにスレンダー水槽も洪水した場合、真下に設置している60cm水槽のライトに
水が直撃とかなりかねないので洪水対策をしています。

横幅は水槽台サイズにカット、奥行きはスレンダー水槽よりちょっと大きめにカットした黒いプラ板の上に、スレンダー水槽のサイズにカットした水槽用マットを貼って、更に枠を作るようにプラ板の縁に沿ってカットした水槽用マットを貼って、水槽の周りに溝ができるようにしました。


プラ板も水槽用マットも90cmとかのちょっと大きめのものを用意したのは水槽サイズの60cmギリギリだと枠ができないからです。

水がこぼれたら、溝にたまってそしてOFの排水パイプのあたりから伝ってメイン水槽に流れていく予定。

まあ、じゃばじゃば零れたらこんなのじゃどうにもなりませんけどね~

ちょっと水槽メンテで手を突っ込んだときとかに伝い漏れたり、少し溢れかけた時とかの水受けになればいいかなと。

後は水槽よりちょっと大きい水槽台なので、水槽直置きした場合には零れた水は水槽台に伝っていかない可能性がありますが、板を水槽台サイズにすることでそっちに伝ってくれればライトに被害はいかないかな?という希望的観測もあり。

まあ、すべてにおいて絶対安全とは言い切れないですが、ベストは尽くしました(^^;

ちなみにスレンダー水槽からの落水パイプですが、もちろん既存の物では長さが全然足りませんので、ホームセンターで塩ビパイプ(HI20)を購入して設置しました。
メンテのしやすさを考えてパイプの長さなんかをカット。


塩ビパイプは市販のもので代用可能なのがスレンダー水槽の良いところですね。


というかJUNのスレンダー水槽はそういう意味で手作り感が満載(^^;
付属のパイプとか塩ビパイプをカットしたものだから、普通の塩ビパイプの品番みたいのが丸見えだし・・・

まあ、おかげでパイプもエルボ継手(20A)も品番丸わかりで購入しやすいですがw


落水パイプは、落水音対策と泡対策もしてます・・・が、話が長くなるのでまた今度(^^;

というか、思った以上に長文になっちゃったので、レイアウト変更と新魚の紹介も次回に持ち越しさせていただきます~

まあ、新魚については写真で丸わかりですけどね(^^;

スレンダー水槽のほうはスキマーからの泡戻り対策もしてあります。(これも詳しくはまた次回)

そして、ここは枝状ライブロックのみでナメラピールさんの一人部屋w
というか、ひそかに独房と呼んでます(*'ω'*)マテ


ライトはデスク用の物を代用しているのですが、やっぱりちゃんと水槽用にしようか悩み中。
明るすぎても水深がないのでコケが心配だし、けどやっぱりデスク用は暗いし(^^;

なかなか悩みどころです~

さて、今日はこの辺でw


実は今回、居間にある水槽も淡水から海水に変更していたり♪

また話が長くなるので、そちらもおいおいご紹介しますね(^^)


花のライン





花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気ブログランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!







最終更新日  2017年05月15日 00時59分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月14日
カテゴリ:海水水槽
お正月ぶりの更新です(^^)

タイトル通り、ブログ開設から丸10年経ちましたので、やっぱりこんな時くらいは無理してでもアップしたいな~と(^^;

実は転職しまして、3月7日から新しい職場に行っております・・・
今まで居たところは7年近く勤めていたのですが、いろいろ条件が合わなくなって離れることになりました。
今度のところはまたかなりジャンルの違う職種で・・・まあ、一週間働いてみてけっこう自分何でもやれるなぁと、変な自信を持ちつつあります(笑)

そういえば、ブログ開設したときも無職で職探ししてたんじゃなかったっけ?
まあ、10年も経てばいろいろありますね~(^^;

この趣味もお金がかかりますから頑張って稼ぎたいと思います(´∇`)



そういえば、ブログ管理画面が変わって開設日が良くわからないですね~(。。;

開設日は2007年3月14日です。

10年で143万アクセス、今の平均アクセスは一日1000くらいです。
なぜかたまに乱高下することがあるんですが(2500~300くらい)、理由は全く分かりません。
更新頻度にも関係ないし、なんなんでしょうね(^^;

丸10年と言っても、後半6年くらいはあんまり更新できなかったり、放置が目立ちました。

最初はメダカ瓶から始まったアクアリウム。

コリドラスや小型熱帯魚にはまったり、水草水槽に手を出してみたり・・・

いろいろな遍歴を経て、現在は海水メインになっています。

ですが、淡水もやめてしまったわけではないんですよ(^^;


自室の水槽ではエビ飼育をしています。
レッドファイアーシュリンプ​さんw

チェリーさんの真っ赤タイプですね~
エビとコケ取り貝のみの水槽で餌少な目なので、管理が楽です(*^^*)
ただ、あんまり手をかけていないので、水草もっさりで、水槽全景写真はちょっと載せられません(汗)

いじっていないのが逆にいいのか、ほぼ毎日ママエビが居ますw
殖えすぎず減りすぎずで良い感じです(^^)


あと、ベタさんの小型水槽があるんですが、ベタさんが老衰でそろそろ・・・な感じです。
もう泳いで水面にも上がれず、餌も食べられない状況で・・・
なので、写真はありません。


居間にあるプレコ水槽には、プレコとグリーンネオンテトラが2匹ずつ。
こちらもメンテ不足で写真はありません(^^;


外の睡蓮鉢にはメダカが越冬して泳いでいますw
ブログには書いていませんが、毎年ビオでメダカ飼育を楽しんでます(^^)
やっぱり原点ですね♪


さて、メインの海水水槽ですが、下の写真は現在の水槽・・・ではありません(^^;

すみません、実は書いているのは実際は12日だったりします。
先に書いた理由で、平日の更新は無理なので予約投稿機能を利用しています。

写真は11日撮影です。
本当は12日にも新加入した生体がいるんですが・・・まあ、それはおいおい紹介します。


記念というか、自分の記録も兼ねて、現在の生体をまとめてみます。

〇60cm水槽

■海水魚(飼育年数順にご紹介)
ニチリンダテハゼ​・・・5年7か月(2011年8月~)
・ナメラピール(レモンピール×​ナメラヤッコ​のハイブリット)・・・3年8か月(2013年7月~)
スプリンガーズダムセル(3匹)・・・3年3か月(2013年12月~)
・​スノーフレークオセラリス​・・・1年2か月(2016年1月~)
・​ブラックスノーフレークオセラリス・・・1年(2016年3月~)
アケボノハゼ​・・・4か月(2016年11月~)
■エビ、貝、カニなど
・​ニシキテッポウエビ​​・・・5年7か月(2011年8月~)
・​コイソ貝​・・・5年7か月(2011年8月~)
ハナビラタカラガイ​・・・3年9か月(2013年06~)
・​ヤドカリ​(たぶん​ツマジロサンゴヤドカリ​)​・・・1年10か月(2015年5月~)
・​エメラルドグリーンクラブ​・・・7か月(2016年8月~)
・​ミニサザエ​・・・4か月(2016年11月~)
■サンゴ
スターポリプ(グリーン)​・・・5年5か月(2011年10月~)
カタトサカ(グリーン)​・・・5年5か月(2011年10月~)
・​ロングテンタクルアネモネ​(通称LTイソギンチャク)・・・4年10か月(2012年5月~)
ヘアリーディスク​(地グリーン)・・・4年?(2013年頃~)
・​ウミキノコ​・・・2年11か月(2014年4月~)
・ヘアリーディスク(ポリプグリーン)・・・2年11か月(2014年4月~)
・ヒラ​ウネタケ​・・・2年5か月(2014年10月~)
・​バブルディスク​・・・1年2か月(2016年1月~)
・​ツツウミヅタ(スノーポリプ)​・・・7か月(2016年8月~)
・ツツウミヅタ(センターグリーン)・・・6か月(2016年9月~)
・ツツウミヅタ(グリーン)・・・5か月(2016年10月~)
・フィジー産クダサンゴ(センターホワイト)・・・4か月(2016年11月~)
・フィジー産クダサンゴ(センターグリーン)・・・4か月(2016年11月~)
・​ツツウミヅタ(ヘアリーセンターグリーン)​・・・3か月(2016年12月~)

アケボノハゼさんが新入りで、紹介していない子ですね。

立ち上げ初期から飼育していたアケボノハゼさんがどうやら寿命(お迎え時にすでに完全大人サイズだったの)で、いなくなってしまってさみしくて。
今の状況で新入りは厳しいとわかっていたんですが、入れてしまいました(^^;
3匹お迎えしたんですが、かなり小さい個体だったのもあって、今は1匹になってしまいました。
でも、残った子はかなり調子がよく、餌もちゃんと食べるし(たまにスポイトで集中給餌もしています)元気に長生きしてほしいですね(^^)

そして、ほんの1・2週間前くらいに​スカンクシュリンプ​さんがいなくなってしまいました・・・
実は2月終わりにインフルエンザでダウンしていて、そのあたりでメンテや観察ができなくて、気づいたら・・・
やっぱりスカンクさんは好きなので、またお迎えしたいですね~

〇30cm水槽(60cm水槽連結)

■海水魚
シマヤッコ ・・・1年(2016年3月~)
・​ハタタテハゼ​・・・1年(2016年3月~)
オヨギイソハゼ​(5匹)・・・11か月(2016年4月~)
ルソンイトヒキベラ(メス)・・・4か月(2016年11月~)
■エビ、貝、ケヤリなど
・コイソ貝・・・5年1か月(2012年2月~)
・​ナガウニ​・・・3年3か月(2013年12月~)
・​ホワイトソックスシュリンプ​・・・10か月(2016年5月~)
・​スカーレットリーフハーミットクラブ​・・・9か月(2016年6月~)
ハードチューブ(シモフリ)・・・9か月(2016年6月~)
・​ケヤリ(イエロー)​・・・9か月(2016年6月~)
インドケヤリ​(2匹)・・・7か月(2016年8月~)
・ミニサザエ(4匹)・・・4か月(2016年11月~)
・​ハードチューブ(レッド)​・・・3か月(2016年12月~)
・​カンギクガイ(2匹)​・・・2か月(2017年1月~)
ラセンホンケヤリ・・・2か月(2017年1月~)
・​ヒメシャコガイ​(ブルー)​​・・・1か月(2017年2月~)
■サンゴ
・スターポリプ(グリーン)・・・5年5か月(2011年10月~)
・ブルーイタアザミ(ハナヅタブルー)・・・5年?(2012年頃~)
・ディスクコーラル(レッド)・・・4年4か月(2012年11月~)
・ヘアリーディスク(地グリーン)・・・4年?(2013年頃~)
・ヘアリーディスク(ポリプグリーン)・・・2年11か月(2014年4月~)
エダアワサンゴ​・・・1年(2016年3月~)
オレンジスポンジ​・・・1年(2016年3月~)
・ウミアザミ(​イタアザミ​?)・・・・1年(2016年3月~)
・タバネサンゴ・・・10か月(2016年5月~)
・​コエダナガレハナ・ブランチ・・・9か月(2016年6月~)
ハナガタサンゴ​・・・7か月(2016年8月~)
・​ハナサンゴ(グリーン)​・・・6か月(2016年9月~)
・​ハナガササンゴ​(レッド)・・・3か月(2016年12月~)
・​ウィスカーズコーラル​・・・2か月(2017年1月~)
・​コエダナガレハナサンゴ・ブランチ(グリーン)​・・・1週間(2017年3月~)

こちらでもルソンイトヒキベラが紹介してない子ですね。
赤いお魚が欲しくて・・・最初は60cm水槽に入れたんですが、やっぱり同居魚との相性が微妙で・・・(^^;

30cm水槽ではシマヤッコとハタタテハゼがとにかく仲良いので、基本的にベラは単独行動ですが、ケンカすることもなく過ごしてます(^^)
たまにビビりまくって水槽のフタにバシンッと当たったりしていて、フタはやっぱり必須ですね~
うちはハタタテハゼさんを入れるときにがっちりフタの隙間も塞いだので、なんとか飛び出さずに済んでいる感じです(^^;

あと今は水槽ど真ん中にヒメシャコガイが入ってます。
レイアウトもちょっと変更あったりで、サンゴも少し入れ替わったり・・・(^^;


しかし、こうしてまとめてみると、結構な数が入っているなあ・・・(゚ ゚;)
海水魚、エビ類もだけど、サンゴの数が(^^;
あと、コケ取り貝類もいろいろ入ってますね。
これ以外にもライブロックにくっついてきて、勝手に殖えてる貝っぽいのもいるし。

あ、でもコイソ貝は本当に何年も購入していない・・・というか、60cm水槽のコイソ貝なんて、1匹だけずっと生き残っていて水槽立ち上げ時から居るから今年の夏で6年とか。
けっこう長生きするなって思いますね。
30cm水槽のも5年超え・・・というか、コイソ貝を最後に購入したのが5年前だから、この個体がそれ以前に購入したものなら、更に数か月経っている可能性もあります。
とりあえず最低でも5年超えってことで(^^;

海水魚で一番の古株は​ニチリンダテハゼとニシキテッポウエビの共生コンビ​。

水槽立ち上げ当初から元気に土木工事を続けています(^^)
たまにスターポリプとかにサンゴ砂をかけてくれるのがちょっと困りますけどね(苦笑)

2014年と2015年はブログをほとんど更新していませんでしたが、アクア熱が低迷していたのもあって、新入りもほぼいませんでしたね・・・(^^;


去年は放置してディスクコーラル・レッドだらけになっていた30cm水槽をどうにかしたいと立ち上がり、シマヤッコのお迎えにはじまり、お魚もサンゴも追加が半端なかったですが。

シマヤッコさんもようやく丸1年。
うちの子はとにかく携帯嫌いな上にハタタテハゼさんにべったりで、まともな写真が撮れない(というか、ハタタテハゼさんの後ろに見切れてるのばっかり)。

こんな写真ばっかり(^∇^;

ハタタテハゼさんがライブロックの陰に引っ込んでいるときは一緒に隠れているし、出てくると一緒に出てくる。
ハタタテハゼさんが基本ビビりなので、シマヤッコさんも一緒に出てこないってなって、30cm水槽は魚が見えない率が高すぎます(^^;

オヨギイソハゼさんは水流が止まると泳いでいることが多いですが、やっぱり隠れるのが基本だし。
ベラもライブロックの陰から顔をのぞかせているのが基本で、表に出て泳ぐタイプじゃないし。

なかなかみんな泳いでいる姿を見せてくれません(^∇^;


あと、今困っているのが、ハネモの大繁殖。
両水槽に蔓延していて毎週の水替え時に取らないとすぐにぼさぼさになります(滝汗)
それの対策にいろいろやってるんですが、持続性がないんですよね~

インフルでメンテできなかった時とか、たった一回メンテをしなかっただけで見苦しくなったし(^^;
それにミネラルとかの添加剤を最近変更したのも微妙だったかな・・・

なかなかコレっていう答えが見つからないのが海水の難しいところですが、それが面白いところでもあるので仕方ないですね。

こんな感じでこれからもアクアリウムを楽しんでいきたいと思います(*^^*)


では、今回はこの辺でw


花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気blogランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングバナー






最終更新日  2017年03月14日 06時00分10秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年01月02日
カテゴリ:海水水槽
さて、今日はタイトルの通り、30cm水槽のサンゴたちをご紹介したいと思います(^^)

ハナガササンゴ・レッド 12,31

去年の2月にプチリセットして、ディスクコーラル・レッドをショップに引き取ってもらってすっきりした水槽にシマヤッコさんをお迎えして、そして次々とサンゴを追加していった30cm水槽。

入れてダメにしたり、移動したり、60cm水槽のサンゴと入れ替えたり、この1年に満たない間にもいろいろ変化はありましたが、とりあえず今の状況を。
30cm海水水槽 12,31
上の写真は先日の日記と同じもの・・・使いまわしで申し訳ないです(^^;

8月の日記で紹介したエダアワサンゴとコエダナガレハナ以外のサンゴをご紹介します(^^)

まずは・・・一番最近入れた子から~


ハナガササンゴ・レッドです♪

冒頭に乗せた写真の子。
ハナガササンゴ・レッド 12,24
少し上から撮った写真です。

綺麗ですね~(*^^*)

サンゴってグリーンカラーが多いので、赤色で蛍光色ギラギラのサンゴって、水槽の中でめちゃくちゃ目立っていいですね!

まあ、綺麗なだけにお高い個体でしたが(汗

ちなみにアクアギフトさんで購入しました。

レッドは希少価値もあるし、長期飼育が難しいといわれるハナガササンゴの中では飼育しやすいらしいので人気もあるようです。

この個体はポリプのチップが蛍光っぽいので、更に綺麗♪

アワサンゴに似ていますが、触手が12本のアワサンゴに対して、ハナガササンゴは24本。

光量、水質条件もアワサンゴよりもシビア。

まあ実際は許容範囲は広そうですが、長期飼育を目指すなら、光量は強めで硝酸塩やリン酸塩も少ない状況の方がいいらしいです。

が。

いろいろ調べてみると清浄な水よりも微量元素とかKHやカルシウム濃度とか、そっちが重要そう。

うちはハードコーラルはLPSくらいでそんなにカルシウムを消費する個体はいないし、すごく気まぐれにアラガミルクを入れているくらいですが、KHは高めなので大丈夫かな?


餌もあげたほうがいいとか、レッドは鉄分が必要だとか・・・調べているうちに頭ぐるぐるしてきました(^^;

種類もあるらしいですが、いまいちよくわかりません。
うちの子は綺麗なドーム状の骨格ですが平べったい骨格のもあるみたいです。


本当は長期飼育が難しいから、いままでずっと飼うのを敬遠していた種類なんですよね~

でも、赤い挿し色のサンゴが欲しいと思ったときに、ハナガササンゴのレッドなら長期飼育がまだしやすいと知って、尚且つそんなときに販売しているのを見つけてしまって。

・・・タイミングが合ってしまったので、もうお迎えするしかないと思ったんです(^^;


しかし、アワサンゴに似ているのに全然違うんですよね~

触手の数が違うなんて見た目以上に、たぶん、骨格が軽い重いっていうのも大きな違い。

だからカルシウムや微量元素の要求量も違うし、成長速度も違う。

それに、餌が必要というのは、最初は調子がよさそうなのに、いきなり調子が悪くなるので、それまで蓄えていたものが尽きてって感じがするかららしいです。

で、ゴニオパワーとかいうサンゴフードを買ってみました(^^;


ただ、レッドのショートポリプ(たぶんうちの子はショートポリプ)は餌より光に依存している率が高いので、長期飼育しやすいと言われているので、必要なのかどうなのかわからないんですが、たまにあげるのはいいんじゃないかと。

どうせなら少しでもいい条件をそろえてあげたいので(^∇^)

あと、実は前にエダアワサンゴではなく、アワサンゴを購入したんですが、設置がうまくいかなくて転がったりでダメにしたので、今回はしっかり置く場所と土台を用意しました。

届いたのは土台がない状態で、底を見ると細長い穴があったので、薄いサンゴ石を土台にする小さめの枝状ライブロックに海水用ボンドでくっつけて、その上にハナガササンゴを乗せるように(穴に薄いサンゴ石が刺さる状態に)して設置してます。

これだと転がる心配もないし、ハナガササンゴには直接ボンドを付けず、移動も簡単にできます(^^)

どのくらい広がるかわからなかったので、かなり場所を広めにとっていますが、導入当初はほとんど開かなくて心配したりして。

これは水流だな・・・と思って、じゃまだからやめていたフロー(回転式ディフレクター)をポンプに設置しました。


すると開くようになったんですが、それでもポリプは1~2cmくらい。

こんなもんなのかな~?

ショートポリプならこんなもん??

まあ、調子悪いわけではなさそうだし、とにかく長期飼育を目指して頑張ります(^^)


ハナガササンゴの話が長くなったので、あとのサンゴは簡単に(^^;


ハナガタサンゴは2種類入ってます。

トランペットコーラルをダメにしてしまったハナガタサンゴ(これはマルチカラーかな?)
ハナガタサンゴ 12,24

トランペットさんと一緒にペットバルーンさんで購入したんですが、最初は膨らみが良くなくて・・・

餌を入れてもポリプも伸ばさないし、餌に対する反応が鈍いっていうのは弱っているような感じで、購入当初はむむぅと思っていました(^^;

最近は縮むこともなく常にふっくらしているので調子はいいようです。

本当に少しですがポリプも出すようになってきてますw

ただ、周りから少し骨格が見えてきているので、これ以上進まないようにしたいところですね。


もう一個のハナガタサンゴはグリーンで小さめの個体。
ハナガタサンゴ・グリーンとネジレタバネサンゴ 12,31

こちらはチャームさんで購入しました。

このハナガタサンゴはちょっと条件の悪いところに置いたりしてしまって、前より膨らみがダウン(汗

回復を期待して、位置を水槽の上部に変更してみましたが、どうだろ?

このサイズって意外にないので回復してほしいんですよね~


同じ写真の左下にあるのはネジレタバネサンゴ。

ネジレタバネサンゴはアクアギフトさんで購入。

ただし、購入した時期が水槽に苔とかハネモが一番蔓延した時期に重なって、設置場所も良くなかったのか、一部苔とかに負けてしまってます(^^;

今は前よりずいぶん膨らんでいるので、このまま調子を上げていければなあと思ってます。

ただし、ハナズタブルー(イタアザミの一種?)がポリプの際まで侵略しつつあるのが・・・(滝汗

このハナズタブルー、30cm水槽ではディスクコーラル・レッドと同じく勝手に殖えて、いろんなところに生えてます。

左右のガラス面にもかなり広がっていましたが、ハネモも一緒に生えるようになったので、先日、左のガラス面はスクレーバーで綺麗にはがして処分しました(^^;

でも、きっとまたそのうちガラス面にも勢力を伸ばすんだろうな・・・本当に強い種類です。


さて、お次は・・・ハナサンゴ。
ハナサンゴ 12,31

これはゆらゆら系のサンゴですね。

コエダナガレハナと近い種類ですが、ポリプが枝分かれしないのが特徴。

こちらもアクアギフトさんで購入。

グリーンでポリプの先がピンクの個体。

届いたときに、枝が一本傷ついていて、3枝が2枝になってしまいましたが、最近新たに枝が分岐しつつあります。

ポリプがかなり大きく広がるので、そして毒も強いので、ほかのサンゴやケヤリに触れないようにするのに一苦労(^^;

枝状のライブロックで防いでみても、たまに乗り越えたりして・・・実はヘアリーディスクの一部が白くなってしまいました。
ヘアリーディスクコーラル 12,24
配置換えや移動で今は触れないようにしていますが、なかなか回復してくれません。

ちなみにこの白い部分は通常はでかいインドケヤリの陰になっていて、ちょうど人目からは隠してくれています(^^;

このヘアリーディスクは水槽の中央右下あたりにあるのと同じ種類です。
ヘアリーディスクコーラル  12,24

というか分裂して殖えた個体。

もとは茶色いだけのヘアリーディスクでしたが、あとからポリプの先に蛍光グリーンが乗るようになりました。

うちではなぜかそういう色変化をする個体が多いです。

もしかしたら硝酸塩を下げるために入れているNO3:PO4-Xの効果なのかも? と思ったり。



このヘアリーディスクは2年半くらい前に買ったチャームさんのサンゴガーデンについていた2cmくらいのディスクコーラルが成長したものです。

現在は7cmサイズが3枚になってます(^^)


あと、カリビアンバブルディスクがあります。
カリビアンバブル・ディスクコーラル・オレンジ 12,24

写真うつりも微妙ですけど調子もあんまりよくないです。

前はもっと大きく膨らんだんですけど。

2マウスの個体を2年ちょっと前にチャームさんで購入して、2個体に分裂したものです。


あとはチャームさんで購入したクダサンゴから勝手に生えてきたイタアザミらしき個体。
イタアザミ 12,31

水槽右手の砂の上に小さい棒状のサンゴ石と一緒に放置されています。

ライブロックにレイアウトしたらどこまで侵食するかわからないくらい成長が早いです(滝汗

色は地味なパープルですが水流にたなびく様子はけっこう綺麗(^^)

ただ、殖えてほかのサンゴに影響が出てもいやなので、飼育はちょっと気を遣いますね。

只で手に入れたサンゴですが、なくしてしまうのはもったいないので、ほどほどに飼育していきたいと思います。


では、今回はこの辺でw


花のライン






花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気blogランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングバナー






最終更新日  2017年01月02日 18時04分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月01日
カテゴリ:海水水槽
あけまして、おめでとうございます(^^)

こうしてブログでちゃんと挨拶するのも久しぶりですね~

今回の年末年始は、なんとなくブログ熱が湧いてしまって(^∇^)

きっと、書けるだけ書いて、また長くお休みすると思いますが。

きまぐれ更新にしばらくお付き合いくださいな(^^)


さて、今回は海水魚とかの産卵について。

飼育していると狙ったわけではないけど産卵とか経験ありませんか?


私はブログをお休みしている間にいろんな種類の子達の産卵を見ました。

ただし、稚魚を育てるノウハウも腕も、何より環境がないのでいつも放置です(^^;

最初はキイロサンゴハゼ


すでにいなくなってしまった子達ですが・・・。

2014年頃のことなので、もう3年も前の話ですが、当時キイロサンゴハゼを3匹飼育していました。

ただ、しばらくして2匹になり、そして気づいたら繁殖していました(^^;

その当時あった、コエダナガレハナ(ただのナガレハナだったかも?)の骨格の枝部分に産卵していたんです。

当時の水景はこちら。
DSC_0025.JPG
まだナメラピールさんのサンゴ食害もひどくなかった頃で、サンゴもっさり水槽。

一番左側にあるサンゴです。

ポリプでよく見えませんが、中の枝の部分の分岐しているあたりに産卵をしてました。

しかも、孵化してはまたすぐに産卵するっていうのを繰り返して、それが3・4カ月は続いたんじゃないかな?

それからしばらくして片割れが亡くなってしまったので、産卵による体力の消耗が一因だったんじゃないかな~と、思いました。

産卵する頃はかなり気が荒くなって、あんなに小さいのに自分より数倍大きいナメラピールさんにも負けてなかった(^^;

一匹になってから、やっぱりその気の強さはちょっと大人しくなって、そしてその後の軽い水質悪化で残された子もさよならしました。

その頃はあまり手をかけられなかったのもありますが、キイロサンゴハゼはやっぱり奇麗な海に住んでいるお魚なので、ほかの魚に比べると水質には敏感なきらいがありますね。

またお迎えしたいけど、今の状況じゃ難しいしな~

水槽環境が許すようになったら、再チャレンジしたい子達ですね(^^)


さてさて、お次は~


スプリンガーズダムセルさんですね(^^)

っと、アフィリエイトリンクを貼ろうとしたら、どうやら売り切れでHitしませんね(汗
前回紹介した日記のページを貼って置きます↓
祝☆100万Hit記念更新その3

ここで紹介しているスズメダイ系の青い魚です。

(青い魚って写真が難しい~(汗)

青いスズメダイって気が荒い種類が多いですが、この子たちは比較的(あくまで比較的ですので注意)大人しくて混泳しやすい方ですw

で、3匹いるうちのスプリンガーズダムセルさん。

水槽の右・真ん中・左と縄張りをつくって、お互いにあまり干渉せずに生活しているんですが、一番右の場所にいる子が雄なのか、卵を守っているのを何度も目撃しました(^^;

右側の水槽壁面に産み付けられた卵。
スプリンガーズダムセルさんの卵 3,30
見にくい写真ですが、真ん中の白っぽいのが卵で、下の紫に写ってしまっているのが、卵を守るスプリンガーズダムセルさん。

今はポンプの変更とかでレイアウトをいじったら産卵をやめたのか、見えないところに産むようにしているのか、確認はできなくなってしまったんですが、以前はやっぱり産卵と孵化を何度も繰り返していました(^^;

もちろん、確保して育てるつもりはなく、放置しているので育つことはないですね~

タンクメイトたちの美味しいおやつになってしまったと思われます(爆


最近だと、30cm水槽でエメラルドグリーンクラブさん。


大きい個体と、小さい個体と2匹収容していたことがあるんですが、わけあって大きい個体を60cm水槽に移動。

そして一週間くらい経った頃に、メインライトが消えてブルーライトのみになった水槽を覗くと・・・オヨギイソハゼがなんか丸いものを追いかけて一生懸命食べてる??

見るとライブロックの陰で小さい方のエメラルドグリーンクラブさんが、一生懸命に体を揺らして、なにやらお腹から丸いものを放出している場面に遭遇。


え? って思ってまじまじ観察。


どう見てもお腹から卵だか幼生だかを放出しています。

そして、すぐにオヨギイソハゼに食べられる・・・と。

たぶん、私が見ていなかったらシマヤッコやハタタテハゼも出てきて食べていたんじゃないかな(^^;

この2匹は臆病なのかなんなのかすぐに隠れてしまうので。


まあ、カニだろうが魚だろうが、どちらにしても魚たちの美味しいおやつになってしまいますね。


あ、これは確定ではないですが、エメラルドグリーンクラブさんのちょっと前にも夜中に懐中電灯を持って水槽を覗きにいったときに、すんごく小さいシラス的なものが水流に流されながらもキラキラしているのを見たことがあります。

30cm水槽なので、この中だとオヨギイソハゼさんしか複数飼育していないんですが、この子達も知らないところで繁殖してたりするのかなぁ(^^;


ま、しっかり餌をあげて丸々太っていて雌雄揃っていればどんな子でも産卵くらいはしますよね。

元気な証拠ってことですが、繁殖行動で体力なくして★になるとかは・・・ないといいのですが(^∇^;



さて、今まではお魚とかカニとかタンクメイトさんたちの繁殖行動でしたが、実はブログをサボっていた間には困った生き物の繁殖もありました。

今思うと生物相の偏りってやつだったんだろうなって思うのですが、当時はどうしようかと四苦八苦(^^;


まずは・・・ヒラムシの混入と爆殖。

30cm水槽でそれは起こりました。

持ち込んだのは近所のショップからです。
まあ、そこはサンゴ水槽がいつもヒラムシだらけなのでいつ持ち込んでもおかしくなかったんですけどね~

それまでは入っても殖えることがなかったので気にしてなかったんですが、どうやら一度環境が合ってしまったらしくて殖えました。

ヒラムシといってもサンゴに直接悪さをするタイプではなく、水槽壁面とかライトの光が良く当たる場所にくっついて光合成で殖えていくタイプ。

で、対策としてウミウシを入れてみたりしても、水流に流されてポンプに吸い込まれそうになったり、そのうちいなくなってしまったり、ちっとも改善されませんでした。


そうこうしているうちに自然消滅・・・いや、たぶんディスクコーラル・レッドの繁殖が重なったからそれのおかげで消えたのか??

海水ってたまに理解不能というか不思議なことが起こります。


そして、一番厄介なハナオレウミケムシの爆殖(--;

これは今から考えると餌が多かったんですよね~


これも30cm水槽です、今でも根絶はしていませんが、日中見えるところに出てこなければ気にしないことにしました。

たまに見つけたらピンセットでつまんで駆除しています。

爆殖していた当時は、魚に餌をあげると明るくてもぞろぞろ気持ち悪いくらい出てきて・・・

アロークラブとか入れたりしましたが、食べてはいるけど、目に見えて減るほどではなかった。


結局は餌の量を減らして、大きい個体を手で駆除しているうちに気にならないレベルに落ち着きました。

そして、60cm水槽は30cm水槽と連結だし、ライブロックも気にせず行ったり来たりなので・・・ウミケムシはもちろん少なからずいるんですが、ほとんど目にしません。

それは餌の量とか生体数のバランスとかもありますが、どうやらニチリンダテハゼさんの活躍もあるみたい。


一度だけですが、がっつり大きいウミケムシを食べているのを目撃して。

あんなにトゲトゲしているのに、丸のみ・・・(汗

ニチリンダテハゼさん、すごすぎです(^^;
ニチリンダテハゼとニシキテッポウエビの共生 1,16

でもまあ、砂の粒のサイズも違うし(30cm水槽はパウダーライブサンドのみで、60cm水槽はミディアムタイプ(2~5mm)のライブサンド)、住みやすさも違うんでしょうけど。


あと、いちおう海水では益虫扱いになる、クモヒトデも大量発生していました。

これは30cm水槽、60cm水槽ともにです。

しかも増えまくっていた時期が長い・・・2年くらい?

先の2種類は本当に困るほどいたのは数カ月くらいで鎮静化したので・・・

今年になって30cm水槽をプチリセットしたり、クーラーのポンプを変更したり、生体増やしたりいろいろしているうちにかなり落ち着きましたが、それまでは気持ち悪いほどいました。


というか、水替えするとですね、クモヒトデがうじゃうじゃと出てくるんです。

普段はライブロックの隙間に潜って、長い縞模様の足をひらひらと隙間から伸ばして、流れてくる餌を取るくらいしかしないやつらなのに。

水替えをしてきれいな水が入ると活性化するのか、出てきて産卵だか放精だかをするんです・・・(劇爆

出てきたところをピンセットで端から駆除しないと、産卵だか放精だかしたもので水槽が真っ白に濁ります(--;
しばらくすればフィルターとかスキマーとかの働きでもちろんきれいにはなりますけどね。

水替えしたばっかりでせっかくきれいになったのに濁りまくる水槽・・・超最悪です(=_=)
水質に影響とかはないと思いますが、そんな問題でもない・・・(溜め息

だから、益虫とは認識していても、出てきたところを(できるだけ流れのいいところで産卵だか放精するために、ライブロックの一番高いところに出てきて、体を思いっきり上げるので、けっこう捕まえるのは簡単です)端から残らず捕獲するようにしていました。

まあ、それだけ繁殖していたので毎回捕まえてもまったく減らなかったですね~


・・・あれ? それってやっぱり餌が多かったのか??

ろ過とか足りている感じだったのであんまり気にしていなかったけど、やっぱりバランス悪いってそういうのがきっかけなんですね・・・気を付けないと(^ω^;

今はそんなことは全然なくなったので、水替えも毎週してますが楽になりましたね~


あとは、これは完全に私には益虫あつかいですが。

ヒザラ貝、カサ貝、ブドウガイ(これは正式にはウミウシの仲間らしい)とかの貝類。

勝手に殖えてガラス面とかをお掃除してくれています。

なのでコイソ貝とかのガラス面お掃除用の貝は2012年以降買ったことがありません。


でも30cmと60cm水槽どちらにも1匹ずつ生き残っています。
これはガラス前面以外は基本的に人手は入れないようにしているのが大きいかと。

たまにネットサーフィンしていると、しっかり4面磨き上げた水槽にシッタカ貝とかコイソ貝とか入れている人いますが、すぐに飢えて★になっちゃうんじゃ・・・と、他人事ながら心配になったりします(^^;

まあ、貝類も殖えすぎると困ると思いますが、暗いうちしか活動しない子がほとんどですし、お掃除してくれるから私は積極的に駆除するつもりはありません。

それに、殖えても困るほどってなかなかならないと思います。
・・・というか、困るほど殖えるって餌となる苔がありすぎるってことで、そっちの方が問題ですね(^^;


あ、ライブロックの苔掃除用の貝は何回か追加してます。

今はハネモに苦しんでいて・・・

長くなったので、その話はまた今度にします(^^;


では、今回はこの辺でw


花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気blogランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングバナー






最終更新日  2017年01月03日 22時38分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月31日
カテゴリ:海水水槽
今年最後の日記になります(^^)

最後はやっぱり海水で終わろうかな~とw



さて、今日はタイトル通り、ケヤリについて(^^)

ケヤリって、実はケヤリ虫っていう、ゴカイの仲間なんですが、鰓冠と呼ばれるエラがきれいな種類なんです。

海水をはじめた当初から好きで、以前はイバラカンザシとか入れてましたが、やっぱり大きい鰓冠の子がいいなと、最近思いますw(イバラカンザシはディスクコーラル・レッドに覆われてしまいショップに引き取ってもらいました)

60cm水槽はナメラピールさんに突かれてしまうのが目に見えているので、入れているのは30cm水槽。
30cm海水水槽 12,31
今日の水槽の状況です。

あ、魚とエビは隠れてるだけでちゃんと居ますよ~

サンゴもまたなんか追加されたり変更ありますが、それはまた今度(っていつになるやら(^^;)。


さて、入れているのはハードチューブという、石灰質の管(棲管)を持つ個体が2匹と、インドケヤリという茶色系の鰓冠で大きめ個体が2匹、種類のわからない普通のケヤリが2匹。

あと、ライブロックから勝手に生えてくる渦巻きゴカイの仲間っぽいのも何匹かいます。

インドケヤリと普通のケヤリはチャームさんで購入しました。

実は一匹★になってしまった個体もいて(^^;

一時期水流が直接当たってしまった個体がいて、鰓冠が開いていたから大丈夫かと思ったんだけど、気づいたら管から鰓冠どころか体が半身出てきていて・・・(滝汗

けっこう大きめだったので、そのままだと水を汚しそうだったので水槽から出したら、かなり悪臭でびっくりしました。

見た目もしっかり虫でちょっとビビりました(^∇^;(爆


さて、まず紹介するのはハードチューブ。

写真のハードチューブ・シモフリは前にも紹介した個体。(左のは普通のケヤリです)
ハードチューブ・シモフリとケヤリ 12,31
一回、鰓冠を自切したんですが、すぐに鰓冠が復活して、それからは調子を落とすことなく元気にしてます(^^)
(真下にディスクコーラル・レッドが迫ってますね・・・また排除しないと(汗)

ただ、本当なら石灰質の管(棲管)が伸びてくると思うんですが(以前飼育した子はけっこう伸びた)、この子はまったく伸びないんですよね~(^^;

いや、カニとかヤドカリとかいるから、ちょっかいをかけられて管が削られてるとかかもしれないです。

シモフリの子はちょうど飼育から半年なので、まだまだ長生きしてほしいですね(^^)


次はハードチューブ・レッド
ハードチューブ・レッド 12,31

この子は最近購入しました。

30cm水槽にこれ以上サンゴは無理そうなのと、コエダナガレハナとエダアワサンゴが触れそうなので、ハードチューブの管で防波堤を作りたいというのもあって。

入れるなら赤だな~と思っているときに、ちょうどチャームさんで再販していたので、かなりお高かったですが、これもタイミングと思って購入しました(*^^*)


届いたら、お値段もいいですが、サイズがかなり大きくてびっくり。

S字の管で、20cmくらいあるし、太さは一番太いところで3cmくらいありそう(^^;

もちろん、鰓冠も大きくて立派w

まあ、色は青系LEDでは赤というよりピンク。

かなり色はうすーく見えます(^^;

白系のライトを当てたらきれいなんだろうな~と思いつつ、やっぱり光はサンゴのためなので、仕方ないですね。


さて、お次はインドケヤリ2個体。

こちらの子たちは届いたとき、どでかくてびっくりしたんですが、白っぽい方はたぶんケヤリの最大サイズですね(^^;

茶色い方もけっこう大きめだと思います(^^)

左側にあるハナサンゴが大きく膨らむので、右手に逃げてきています。

ハードチューブはともかく、普通のケヤリの管は柔軟性があるので、意外に移動します(^^;

白い子も下に向けたいのに、上の方に伸びちゃうし。
インドケヤリ2匹 12,31
1匹はインドケヤリとして購入、1匹はケヤリミックス(種類指定なし)を3匹購入したうちの1匹。

インドケヤリは鷹の羽みたいな茶色と白の縞模様とかふさふさ感が立派でいいですね(^^)


そうそう、管の長さはかなり伸びてます。

特に白い方は一度ちぎったりしたんですが、また伸びちゃってますね~
また切ろうかな(^^;

こうゆう管って底砂に刺したりしていなくても、水中で舞っている物質で作れるようなので、ケヤリを買ったもののどこに設置すればいいか(ライブロックの上か、底砂の上か)悩む必要はないようですね(^^)

どちらでも大丈夫ですが、ライブロックに置いておくと勝手にくっつくところを見ると、ライブロックの上の方がよさそうですね。

その方がカニやヤドカリとかの影響も受けにくいと思いますし。


購入したのは8月なので飼育期間はまだ4カ月ほどです。

とてもきれいな個体なので、元気に長生きしてほしいですねw


さて、普通のケヤリは2匹いるんですが、一匹はハードチューブ・シモフリの横にいる子。
ハードチューブ・シモフリとケヤリ 12,31
この子はシモフリの子と同じくらいにお迎えしたので、同じく飼育半年ほどです。

白系(イエロー?)でこれはこれできれいで気に入ってます(^^)

で、もう一匹はというと・・・。

最初の水槽全景の写真で気づく方はいるかな?

水槽の一番手前真ん中に・・・ほら、小さい個体がいるのわかります?

実は普通のケヤリのシモフリタイプなんですが、鰓冠を自切した上に、置いた場所が悪くて、カニやエビやヤドカリのいたずらにあい、管もどんどん短くなって、今ではこんなに小さく・・・(滝汗

最初はこんな感じでした(お迎えした当日)。
ケヤリ・シモフリとインドケヤリ2匹 8,11
左下の小さい個体(右の2個体は上で紹介したインドケヤリ)です。

当時も小さいですが、今ほどではないですね(^^;


大きいケヤリはあんまりエビとかにちょっかいかけられないんですが、小さいと餌食になりやすいですね。

フェザーダスターもそれでダメになりました・・・orz(反省

この子は貝の中に管が入っているので、なんとか生き残れていますが、むき出しの棲管だけだったら、落ちていたかもしれないですね。
ケヤリと渦巻きゴカイのライブロック 12,24
で、このケヤリの上にある、小さいライブロックに渦巻きゴカイ(カサネカンザシかも?)が何匹もついてます。

写真だと鰓冠が開いていないですが、石灰質の管だけ見えますね(^^;

あ、一匹だけ咲いているような?

さっき、ハードチューブ・シモフリはなかなか管が伸びないと書きましたが、こちらは小さいからかけっこう伸びるのが早くて、白っぽいところは最近伸びた部分ですね~

色は白にごま塩みたいな点々模様な感じです。

自然に生えてきた子達ですが、元気に育ってほしいなって思いますね(^^)


餌は特にケヤリ用には与えていませんが、サンゴ用にマリンデラックスを毎日入れているし、魚もいて餌も多めなので何かしら食べている様子。

けっこう糞をしているのを見ます。

どの子も粒々をよく吐き出します(^^;

最近ハナガササンゴを入れたので、週一で餌もあげるようになったので、そのおこぼれも食べているんじゃないかな?


ハードチューブは前も飼育したときはいつの間にか★にしてしまったりしたので、今度はしっかり観察して元気に長生きさせたいと思います(^^)


では、今日はこの辺でw

来年も更新頻度はあんまり変わらず気まぐれ更新になると思いますが、続けてはいきたいと思いますので、宜しくお願いいたしますm(__)m


花のライン





花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気blogランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングバナー







最終更新日  2016年12月31日 16時40分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月26日
カテゴリ:海水水槽
さて、またまた更新です(^^)

最近、更新するときは連日じゃないですが、まとめて何回か書いて、また間が開くって感じになっちゃってますね(^^;

書きたいと思うことはあるんですが、写真とかの準備が面倒で・・・(^∇^;ぉぃ

スマホから写真を取り込むのってけっこう面倒で、サイズ修正とかもあるし、PCもWin10とかになって使いやすいんだか悪いんだか(^^;

まあ、雑談はこれくらいで、本題に参ります(^^)


さて、今日はタイトルどおり、うちのイソギンチャクさんについて。
ロングテンタクルアネモネ(LTイソギンチャク) 12,11

うちのイソギンさんは、ロングテンタクルアネモネ(LTイソギンチャク)さんですw


実は今までの日記に書いてある以外にもいろんなイソギンチャクさんに手を出しては挫折を経験していました(^^;

お高いレッドのタマイタダキイソギンチャク1回、普通のタマイタも2回、キッカイソギンチャクにも挑戦してみたり。

サンゴイソギンチャクも、日記に書いたヤツ以外に2回買ったんです。

ハタゴはさすがに1回の失敗で諦めましたが(^^;

本当はタマイタダキイソギンチャクは見た目が一番好みなんですが、みんなどんどん触手が小さくなって、縮こまってダメになってしまいます。


溶けたりすると危険なんですが、溶けはしないんですよね~

単純に小さくなってダメになります。

理由は良くわからないんですが・・・(--;

でも、キッカイソギンチャク以外はみんな水槽立ち上げ半年以内の出来事なので、水の安定度とかの理由もあるかもしれませんね。

長期飼育(飼育4年半超え)できている唯一の子、LTイソギンチャクさんは2012年5月にお迎えなので、水槽立ち上げ(2011年8月)から9カ月経っていましたし。

本当はLTイソギンはカクレクマノミさんたちの好むイソギンチャクではないのですけどね(^^;

ただ、飼育しやすいイソギンチャクではあります。

一番ポピュラーなサンゴイソギンチャクに比べても、飼育しやすいと思います。


なにより、移動しないというのがいい(^^;

LTイソギンさんは砂の中に足を突っ込んで、水槽だと底のガラスや土台ライブロックにくっついて、触手だけを砂の上から出している感じで、滅多に移動しないです。

いて欲しい場所の砂をちょっと掘って足を入れてあげて(できたら砂の中にライブロックとかくっつきやすいものがあると尚良し、水槽だけだと最初はうまくくっついてくれないかも)、周りを握りこぶし半分くらいのサイズのライブロックとかで囲んでおくとほとんど移動しません。

あ、強い水流が直接当たったりとか、あまりに気に入らないと移動しようとしますが(^^;

うちでもクーラー用のポンプを大きくした後に、つけてるフロー(回転式ディフレクター)が調子悪くて止まって、直流が当たった時に、何年も動いていなかった場所から突然移動しようとして、前面のガラスの方に足を移動しだしたので、慌ててフローを新しくして、ライブロックで水槽前面をガードして移動を阻止しました(^∇^;
60cm海水水槽 12,4
(上はちょっと前の写真なのでサンゴの配置が前回の日記とちょっと違ってます)

LTイソギンさんは移動自体はゆっくり(サンゴイソギンとかに比べたら)なので、移動しようとしたら原因を排除してあげれば問題ありません。

移動されるとほかのサンゴにも影響があるし、水中ポンプやフィルターの給水口に詰まったりとかしたらかなり大変なことになるので、移動しにくいっていうのは飼育しやすい重要ポイントだと思います(^^)

あと、光量の許容範囲もかなり高い感じがします。

まあ、うちのは褐虫藻モリモリの茶色い子だからって理由もあると思いますが(^^;

ライトをLEDに変えても、まったく問題なく飼育できてますしね~

ただ、ちょっと間延びなのか、単純にデカくなったのか今年になってサイズが最大サイズの30cmくらいになってるのが玉に瑕(^∇^;

上の写真でもかなり大きくなってますが、最大だともう少し大きくなります。
あまり大きくなると左壁面にあるピコエボマグ600に触手が吸い込まれそうになるので、ポンプの場所を奥にずらしたり、ちょっと調整が必要だったり気を遣います(^^;

あ、最大サイズを考えると、シライトイソギンチャクとかセンジュイソギンチャクとかは大きくなる種類なので、やっぱり水槽飼育となると問題が起きやすいですよね。


ハタゴイソギンチャクも一回入れて失敗したけど、うまく飼えたとしてもだぶん大きくなって、今考えると小型水槽で飼おうとかやっぱり無茶だったし(^^;


だとすると、やっぱりそんなに大きくない水槽で飼育するならLTイソギンが一番適しているのかも(゜゜)

本当はカクレクマノミはあまり共生しない種類ですが、イソギンチャクに一度でも共生したことがあるカクレクマノミたちはどんな種類のイソギンチャクでもあんまり気にしない感じですしね(^∇^)

まあ、イソギンチャクがなければ、ケヤリにすり寄ったり、ハナサンゴに入ったりするくらいですから(^^;


ただ、うちのLTイソギンさんは調子がとても良くて、かなり毒性も強くなってます。

手で触るとくっつくし(ハタゴほど手荒れはしませんが)、タンクメイトの飛び込み事故も・・・(^^;

実はホワイトソックスシュリンプさんが飛び込んでしまって(><;


気付いて、ピンセットを使って外に出してやって、その時は生きてはいたんですが・・・

結局そのあと姿を見なくなりました。

毒で弱って★になってしまったのだと思います(--;

やっぱりイソギンに事故はつきものなのかなぁ~

ホワイトソックスさん、60cm水槽では隠れキャラだったので、追加お迎えはしない予定です。

30cm水槽のほうではあまり隠れないので、そっちで楽しむことにします(^^;


でもまあ、元気に大きくなってくれて嬉しいんですが、単純に大きくなりすぎてサンゴに触れそうになるのも困ったもので。

今年になってから、枝状ライブロックなどを使ってバリケードを建設(笑
最初の写真でちょっと乱雑に積みあがった枝ライブロックが見えるかな~と(^^;
膨らんでるとあんまり見えないので、崩れなければいいかなって適当に・・・(爆

あと、枝状なら隙間があるので水流も少なからず通るしいいかなって思ったんですが、隙間からイソギンの触手もたまに漏れてくるので・・・なかなか難しい(^^;

まあ、この子がいるから、イソギンに戯れるクマノミたちが観察できるし、一番よく見える場所にいてくれるので、うちでは本当にありがたい存在です(^^)
LTイソギンとカクレクマノミたち 8,11

イソギンチャクって長期飼育が難しいという人もいるので、うちでは長期飼育できていて本当に良かったです(*^^*)

ま、長く飼えてる理由の一つは、真っ茶色(もともとチャームさんで茶色い子をお願いしてお迎えしたの)で飼いやすい個体なのが大きいかも。
きれいな色のイソギンチャクにこだわると飼育難易度高くなるし、やっぱり茶色くて褐虫藻たっぷりの方が健康で簡単飼育できるのは間違いないと思いますw

サンゴでもパステルカラーとかきれいだなって思うことありますが、色が薄い系のものって結局は長期飼育に向かないです。
長期飼育できても色が変わったりね(^^;

蛍光カラーが乗るのは大丈夫ですが淡い色は要注意。

地が褐虫藻で茶色くて蛍光カラーが乗るのとかけっこうきれいだと思います(^^)

うちのヘアリーディスクがそうです。
このサンゴの色変化についてもまた日記で書きたいですね。


では、今回はこの辺でw


花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気blogランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングバナー






最終更新日  2016年12月30日 01時18分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月23日
カテゴリ:海水水槽
またまたかなりのお久しぶりで(^^;

もう、年末ですね~
あっという間です。

でも、今年はなんだかんだちょっと更新が多かったかな?
以前は一年放置とかありましたしね(^^;

まあ、今年は海水のアクア熱が再発して、いろいろお迎えとかしたからなぁ。

散財しすぎで、ちょっと反省の一年です(^^;



さて、今日はうちのナメラピールさんの食性というか、サンゴ食害について。

ナメラヤッコレモンピールエンゼルのハイブリット(交雑種)である、うちのナメラピールさんですが、性格というか食性はかなりサンゴ食が強いようです。
ナメラピール  1,19

おかげでメインの60cm水槽はサンゴが乏しく・・・(汗

30cm水槽の方は今年の2月まではディスクコーラル・レッドの暴殖で、ほかのサンゴを入れられなかったから、去年まではサンゴを追加なんて夢のまた夢でした。

今年は30cm水槽をきれいにして、サンゴを入れられるようになって、それに伴って60cm水槽の方もちょっとサンゴを追加してみたりできるように。

いざとなったら30cm水槽という逃げ場があればお迎えも消極的にならなくてすみます(^∇^)

それに、ちょっとナメラピールさんの食害も以前と変わったところがあったり。

まず、スターポリプにちょっかいをかけなくなりました。


以前は蛍光色のグリーンのポリプが気になって、ツンツンして泣く泣く30cm水槽にお引越ししたスターポリプ。

30cm水槽のプチリセットに合わせて60cm水槽に戻したところ、全く問題なくふさふさしてます♪

どうやら、食べられないサンゴとわかって、ツンツンするのをやめた様子。

そういえば、トサカも以前はポリプをツンツンされていましたが、今はどうだろう?

実は以前大繁殖したトサカは突かれて縮こまってしまい、現在は3~4cmのサイズでほかのサンゴの陰でひっそりしていたりするんですが、大きいトサカがあったらやっぱり突くのかな?


試すのはちょっと怖いし、トサカはもともとそんなに好みでもないので、たぶん追加はしないと思います。

ツンツンされるだけで、食べてるわけではなくても、サンゴにとってはストレスでしょうしね。


それにしても、食べるサンゴの食べ方はかなりハードですね(^^;


うちのナメラピールさんに瞬殺されるサンゴは、まずはディスクコーラル・レッド。

本当に親の仇かというくらい、ツンツンしまくって、きれいになくなります(^^;

たぶん、色が違っても普通のディスクは食べてしまうと思います。

グリーンのディスクも以前入れていた時がありましたが、消えたので・・・。

そのときは、あんまり食害に気付いていなかったので、気づいたらダメになっていました(^^;

あとはアザミ系。

ウミアザミ系はもともと私があんまり好きじゃないので入れたりしないんですが、チャームさんで購入したクダサンゴから生えてきたイタアザミと思われるサンゴが、30cm水槽でかなりの勢いで増えてしまったときに、イタアザミの繁殖したライブロックのかけらを60cm水槽に入れたら、これまた見事に瞬殺(^^;

(写真は30cm水槽に残してある分)

柔らかくて食べやすかったようです(汗

もちろん、LPSのハナガタサンゴとか、オオバナサンゴも食べちゃいます(^^;

同じくキクメイシも。

あ、マメスナギンチャクも以前試したら一日一個ペースで食べちゃいましたね。

あとはトランペットコーラルもダメでしたね~

ひとつ前の日記で紹介したトランペットさん。

30cm水槽に入れていたら、褐虫藻も増えて健康になり、かなり膨らむようになりました(*^^*)


これなら大丈夫かなぁと思って、60cm水槽に入れたんですが・・・

うん、突きますorz

せっかく開いても突くので縮こまります(ーー;

ダメでした~

トランペットコーラルは、ナガレハナサンゴやコエダナガレハナなどのチョウジガイ科のサンゴの中では、ポリプが柔らかくない(イソギンチャクみたいなポリプ)ので食害されにくいサンゴなのに・・・。

以前、コエダナガレハナを食べられたことはありましたが、トランペットもダメとは(--;

しかも、このトランペットさん、30cm水槽では大きく広がりすぎて、いろいろ配置をいじっているときに、ハナガタサンゴの落下によって、全体的にブラウンジェリーを発症し、泣く泣くさよならいたしました(>ω<;

はー、あの時はショックでした。

きれいに育ってくれていただけにねぇ。

ハナガタサンゴって意外に毒性が強いんですね(^^;



あと、コモンサンゴもダメになりました(--;

数カ月は何ともなかったんですけどね~

たぶん、これはサンゴの調子が落ちたのも理由の一つ。

で、調子が悪いところに突かれて・・・

購入してからけっこう育ったりしていただけにショックでした~

30cm水槽に枝を入れたりしたんですが、過密で水流とかも微妙なうえに、タイミング悪くハネモ繁殖がかぶって・・・

実はハネモもチャームさんからのクダサンゴから出てきました(^^;

クダサンゴって、管の部分にいろいろ潜んでる危険が大きいんですね~

下手なライブロックよりいろいろ出てくるかも。

ハネモ駆除にはいまだに苦労していて、その話はまた別に書きますね(^^;


というわけで、うちのナメラピールさんに食害されるサンゴは・・・

・ディスクコーラル(ノーマルタイプのみ、ヘアリータイプやバブルは無事)
・ウミアザミ系(イタアザミやハナヅタブルーも食べます)
・マメスナギンチャク
・ハナガタサンゴ系(オオバナ・コハナガタ・オオタバ)
・キクメイシ
・チョウジガイ系(コエダナガレハナ・トランペットコーラル。たぶんハナサンゴ、ナガレハナも)

食べているかはわからないけど、ツンツンしてダメにしてしまうサンゴは・・・

・SPS(コモンサンゴ、シコロサンゴは突きました)
・トサカ系

こんな感じですね(゜゜)


では、逆に食害に合わないサンゴはというと。

うちのナメラピールさんはウミヅタ系は大丈夫でした(^^)

(真ん中のオレンジ色のはオレンジスポンジです)

ただ、コケが生えていると突きます(^^;

コケ・・・ふわふわしたヤツが大好きなので。

ただ、コケを食べてくれるのでツツウミヅタとかは逆に元気に咲いてくれるので、実は相性は抜群♪

閉じているときにコケをつつくので、咲いているポリプは突かないので(^^)

あと、ウミキノコも大丈夫。

ただ、二次ポリプはもしかしたら突いてるかも(^^;

うちのウミキノコはノーマルタイプとウネタケが居るんですが、どちらもほとんど二次ポリプを出してくれないんです。


ま、それでも元気に膨らんでいるので、まあいっかと思っていますが(^∇^;


そしてディスクコーラルのヘアリータイプとバブルタイプ。

こちらもまったく無視ですね。

突いているところを見たことがありません。

ノーマルタイプはあれだけ執拗に突いて食べちゃうのに、この差は何なんでしょうね(^^;

あ、ちょっと調子が悪くて縮こまったバブルの縮こまったところを突いていたことがあるので、調子を崩すとわかりませんが。

そういうわけで、現在の60cm水槽のサンゴはツツウミヅタとクダサンゴ、スターポリプにウミキノコとヘアリーディスクとバブルディスク、縮こまったトサカというラインナップ(^^;
60cm海水水槽 12,24

真ん中あたりにお花畑をつくってます♪

もともとツツウミヅタは大好きなサンゴなので、食べないと気づいて追加しまくり、クダサンゴはチャームさんで購入したSSサイズで様子見していい感じだったので、お高いフィジー産に手を出してしまいました(^∇^;

でも、きれいに咲いていていい感じです(^^)

ただし、購入した時にコケが生えていると、しばらくナメラピールさんのツンツンの洗礼を受け、きれいになるまで咲くことができなかったり。

実はフィジー産クダサンゴを2点入れていますが、購入したのはちょっと時間差があって、後から届いた、上の方のクダサンゴが一週間くらいほとんど咲かなかったんです(^^;
フィジー産クダサンゴ 12,24

なんかふわふわの赤茶色いコケが生えていて、ナメラピールさんが突いていたので。

まあ、一週間もすればきれいになって、それから徐々に咲き始めて、今では常に満開、かなりきれいに咲いています(^^)

最初に買ったクダサンゴはコケってなかったので、一週間で満開になっていました。

両方アクアギフトさんで購入したので、ストックされている間にコケが生えたんじゃないかな~?

フィジー産クダサンゴは人気で、売り切れが早いので、一個は慌てて購入して、2個目は1個目の調子をみて、一週間後に売れ残っていたのを購入したので。

クダサンゴとか、難しいって言われてますが、うちの環境には合っているみたい(*^^*)

ツツウミヅタも長期飼育となると微妙になったりするので、これからどうかわかりませんが、お花畑を維持していきたいなと思います(^^)

あと、フィジー産クダサンゴはいろんなタイプがあるので、もっといろいろ集めたいですねw

ヒマワリみたいなポリプのやつが今度は欲しいです。

なかなか売ってないし、すぐに売り切れちゃうし、なかなか手に入れるのは難しいですが(^^;


というわけで、うちのナメラピールさんが食害しないサンゴは・・・

・ウミヅタ系(ツツウミヅタ、クダサンゴ)
・ウミキノコ系(ノーマルタイプ、ウネタケ)
・スターポリプ(以前はポリプをツンツンしてましたが、今はほとんど無視です)
・ヘアリーディスクコーラル、バブルディスクコーラル(ノーマルタイプ以外のディスクコーラル)

こんな感じ。

うちのナメラピールさんは私が一日一回しか給餌しないのもあって、かなりサンゴ食が強くなってしまっていますが、それでも、種類を選べばいろいろ飼えるし、きれいな水景をつくることが可能です(^^)


まあ、ヤッコ系のサンゴ食害はかなり個体差があるので、参考になるかわかりませんが。

サンゴ食が強い個体でも工夫次第ってことで(^^)


ちなみに30cm水槽ではまたサンゴが追加されたりいろいろ・・・

こちらも近いうちに書きたいと思います(^∇^)


そうそう、前に尾びれをカエルウオさんにかじられてしまったスノーフレーク・オセラリスさん、きれいに治りました(^^)
スノーフレークオセラリス 12,4

ちょっと治り始めるのに時間がかかりましたが、気づいたら治ってましたw

毎日餌をいっぱい食べて元気にしていて可愛いです(*^^*)


では、今日はこの辺で♪


花のライン







花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気blogランキングに参加中です☆
いつもありがとうございます↓クリックよろしくお願いします!
人気ブログランキングバナー






最終更新日  2016年12月31日 13時13分48秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全88件 (88件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.