2349439 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

私と小さな生き物たち♪

PR

プロフィール


有沢諒

ランキング市場

カテゴリ

日記/記事の投稿

カレンダー

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月

お気に入りブログ

コメント新着

 有沢諒@ Re[1]:チャイが亡くなりました。(12/31) なおみさんへ コメントありがとうございま…
 なおみ@ Re:チャイが亡くなりました。(12/31) 初めまして扁平上皮癌からここにたどり着…
 有沢諒@ Re[5]:チャイが亡くなりました。(12/31) たくちゃんさんへ お返事遅くなってごめん…
 たくちゃん@ Re[4]:チャイが亡くなりました。(12/31) 考えてしまいます。 俺もいままでずっとに…
 たくちゃん@ Re[4]:チャイが亡くなりました。(12/31) 有沢諒さんへ 返事ありがとうございます…

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

楽天カード

ニューストピックス

全88件 (88件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

海水水槽

2018年12月25日
XML
カテゴリ:海水水槽
海水の日記を書くのはなんと3ヶ月ぶりです。

書く余裕がないのは変わらないですが、ずっと書こうと思って書けなかったネタがあって、さすがに時間が経ちすぎなので(^^;


うちにはクサビライシが2個あります。

オレンジとグリーンの個体です。


さて、タイトルにある通り、このクサビライシが増殖しました(^^;

クサビライシ、調べたことがある人は知っていると思いますが、通常はライブロックに芽のようなものがあって、そこからクサビライシの子株が生まれ、ある程度に育つと自然に落ちて、あとはあの良く知る丸い円盤状のクサビライシとして生きます。

なので、普通は芽がないかぎり、購入したクサビライシが増殖するということはまずないということになります。

しかし、うちのクサビライシは芽もないのに増えました(^^;

といっても、良い状態で増えたわけでもないので、おススメできる方法でもないんですけどね(汗


最初はサンゴ同士の接触事故でした。

うちでは狭い環境にサンゴ詰込みなので、前々からサンゴの接触事故は多くて、とくにハナガタサンゴは毒性が強くて、触れた他のサンゴを溶かしまくる。

件のクサビライシも下にあったハナガタサンゴの上に落ちて溶かされました。

クサビライシ・グリーンの方です。

↑これは現在の様子です。右の方のいびつなところが溶かされて復活したところ。

溶かされたのは今年のGW前なので4月頃です。

半分に近いくらい、中央の口の部分は大丈夫でしたがけっこうな範囲で溶かされました。
サンゴ同士のケンカに負けただけで水質で調子を崩して溶けたとかではないので、それから徐々に復活していきました。

見えていた骨格はコケというかライブロックみたいな色にはなってしまいましたが、本当に少しずつですが共肉が育って、骨格を覆っていきました。


しかし、途中で不思議なことが。

露出してライブロックみたいな色になっていた骨格部分に共肉が育ってきたんです。
しかも小さい丸い形で。

最初はまさかと思いましたが、少しずつ大きくなってきたそれは、どうみても小さいクサビライシ。
しかも1個ではなく何個も(^^;

10個くらいの小さいクサビライシ。
だけど、本体の共肉も育って覆ってきている。

え、これってぶつかったらどうなるの??

不思議に思いながらも小さいクサビライシは本当にミニミニサイズなので、いじるのも怖いくらい。

そうしているうちに確か9月頃のこと、
少しレイアウトをいじった時に、小さいクサビライシのひとつが落下Σ(・ω・ノ)ノ!

↑これは現在の状態で、最初は右の小さいのくらいの感じでした。


え、やっぱり子株だったの?!

ビビりつつも拾って観察すると1cmに満たないサイズだけど、やっぱり小さいクサビライシ(^^;

ほっといたら砂に埋もれてしまうサイズ。
普通なら隔離ケースとかに入れるのかもしれないですが、うちにはぴったりの置き場所が(´∇`)

ミニハゼたちのスレンダー水槽へw


最初はこの小ささで本当に育つのか、全くの未知だったので偶然取れた1個だけを置いて様子見。

観察すると、本当に小さいクサビライシ、こんなサイズでもポリプを出して元気がいい(^∇^;

で、本体の方にはまだたくさん子株が。
余りに小さすぎるのもあるので、できるだけ本体にくっつけておいて、限界を感じてから収穫しました。

日をおいて2回で、合計8個のミニミニクサビライシが収穫できました。


サイズは最初のが一番大きくて2cm弱くらい。
小さいのは5mm強くらい?


スレンダー水槽でもたまにナマコに乗られたりして場所が移動したりするので、毎日ちゃんと8個無事か観察しつつ、きちんとライトの当たる場所に重ならずにいるか確認してます。


ちなみにもとのクサビライシ・グリーンにまだ子株っぽいのがあるんですが、うまく剥がれなくてそのまま(^^;

このまま本体の共肉が覆ったらどうなるのか・・・それはこれからも観察予定。
子株が出たところが芽となってまた新たなクサビライシが出てくるのか、それとも修復されてひとつのクサビライシに復活して終わるのか。

かなり興味深いです。
子株が取れても面白いですが、取れなくても別に困らないので。
そうそう増えないサンゴが増えるのはちょっと面白いですけどね(´∇`)


しばらくぶりの更新ですが、以前からいる魚とかは特に変化はありません。
新入りの導入に失敗とか、落ちてしまったサンゴはありましたが(^^;
なので少しレイアウトは変わったかな?


クサビライシ・オレンジは横のバブルディスク・オレンジの増殖に押されて、きつそうだったので、下に移動させました。

ヒメシャコガイも土台のライブロックから自分で剥がれて移動しようとしたので、上の方に移動。

まだ紹介していない新しいマメスナが右手にあります。

そのくらいかな?

次回、海水ネタの日記を書くのはいつになるかわからないですが、きっと生体はあんまり変わらないかと思います。

あ、30cm水槽の方はナメラピールさんをシマキンチャクフグさんたちのいる水槽に移動させました。
もし書くならそのことについてかな。
30cm水槽が寂しくなったので、なにか違う子をお迎えする可能性がありますので。


では、今回はこの辺で。


花のライン





花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気ブログランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!







最終更新日  2018年12月27日 01時23分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月24日
カテゴリ:海水水槽
アクアテンション低めなので、今日は自分の好きなイバラカンザシさんでテンションを上げてみようかと思います(^∇^;

イバラカンザシさん、相変わらずコケが殻蓋に生えるのでその除去が大変ですが、基本的には元気で綺麗に育ってますw


最近ちょっとレイアウトを変えてライトの位置を変えたりしたので、ちょっと前とは角度とか変わってますが。

購入当時はこれでした。


こうしてみるとだいぶ変化がありますね。

購入してから4ヶ月ですが、みんな鰓冠が大きくなって、見ごたえがあります(*^^*)

下地のハマサンゴもポリプがふさふさして、色も濃くなって調子が良さそうですw

白っぽいの、青っぽいの、黄色っぽいのが多いですが、どれも同じ色はなくて、だいたい2色以上の色が混ざっていて、1個ずつ観察するのも楽しいです(^^)

成長してきたら本来の色が出たのか、複雑な色になっている個体がいっぱいで面白いですw


この写真のパープルっぽい個体の右上の個体はブルーとイエローのツートンカラーですが、最初より色がはっきりしてきた印象です。

ただの白斑と思った個体も白と黄色の斑模様だったり。

鰓冠が大きく育つだけじゃなく、ふさふさの細かいところまで綺麗に育っている証拠なのかなと思います(^^)


この写真の真ん中のが、ハマサンゴの茶色に紛れて見難いですが、白っぽいかと思ったらオレンジ色も混ざっていてじっくりみると綺麗なんです(*^^*)

右手のもブルーに白から外に向かってオレンジが乗っていてなんとも不思議な色合いw

見ていて本当に楽しいですねw


一匹しかいないオレンジ単色個体も元気にしてます(^^)

なかなか見難い位置にあるのが玉に瑕ですが(^^;

オレンジの手前にあるブルー濃いめの個体もきれいですw


でも一番のお気に入りは一番目立つ真ん中の上あたりにある白っぽいこの個体(*^^*)

中心部分がオレンジで濃い白の後、穂先はちょっとグレーっぽい感じ。

しっかり螺旋を巻いた形状といい、この子は間違いなくイバラカンザシ(クリスマスツリーワーム)ですね(^^)

実はイバラカンザシには亜種が多くて、ビッグフラワーとか言われて売られている大きなイバラカンザシは間違いなくクリスマスツリーワームですが、小さくて斑模様の個体は正確には違う種類らしいです。

大きさも模様の出方も鰓冠の形状も、良く良く観察すると違うので慣れると別種なのはわかります。

このイバラカンザシたちは亜種が多めで、本物はいいとこ4・5体くらいじゃないかな?

でも、みんなそれぞれ綺麗なので私はあんまり種類とか気にしていませんが(^^)

ただ、本物の方が大きくなるはずなので、数個体ですが、大きく育つのを期待してます♪


少しレイアウトを変えたといいましたが、ちょっとだけ嵩上げして、中央に移動しました。


真ん中の背面に透明な部分がありますが、そこにライトスタンドを設置してLEDライトを真上から照射する形に変更しました。

今までは左のガラスにライトスタンドを設置して斜め左から照射していたんですが、それだとイバラカンザシの右手部分(オレンジの個体のあるあたり)に光があたらなくて、ハマサンゴの調子にかなりむらができてしまっていて(^^;

やっぱりライトは上から当てた方が自然な感じかなと。

ちょっと​ウミブドウ​のトリミングをしていなくて、変に伸びっぱな写真になってしまったのが微妙ですが(^^;

毎週のようにトリミングしないとすぐにもさもさになるんですが、先週がっつりトリミングして量を半分くらいにしてしまって。
いつもは伸びた茎部分だけをカットする感じなんですが、つぶつぶ部分もだいぶ減らしちゃんたんですよね(^^;
なので、次回はちょっと軽めにトリミングしようと思います。


あ、相変わらずミニハゼたちは元気ですw

オヨギイソハゼさんたちは餌の時間以外はウミブドウの中で休憩(^^;

チゴベニハゼさんやオキナワベニハゼさん、ラスティーゴビーさんも定位置が決まっています。
写真には写っていませんが(^∇^;

ラスティーゴビーさんはイバラカンザシの下に逆さにくっつくのが好きで、チゴベニハゼさんはその近くのライブロックや水槽の側面に上向きにくっついていて、オキナワベニハゼさんは水槽左手のライブロックにやっぱり上向きにくっついてます。

小さいハゼたちですが、やっぱり縄張りはあるみたい。

でも縄張りも小さいので、もう少し増やしたいんですよね~

狙っている子がいるにはいるんですがお値段がするので、二の足を踏んでます(^^;

でも、お迎えするなら寒くなる前にしないと輸送が厳しいかな(汗
悩みどころです(^∇^;


では、今日はこの辺でw
新しく導入したサンゴの紹介はまた次回に持ち越します。


花のライン





花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気ブログランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!







最終更新日  2018年09月24日 07時00分08秒
コメント(2) | コメントを書く
2018年08月26日
カテゴリ:海水水槽
最近、ちょっとブログ熱が冷めてしまって、更新がまた滞ってしまっていましたが、そんななか200万アクセス達成いたしましたw

ありがとうございます(^^)

最近のアクセス数が多いため、このくらいで達成するかな?って思っていた期日よりもかなり早かったです。
23日の明け方に達成したようです。


ブログ開設から約11年と5か月半。
途中まったく更新がなくなった年もあったりしつつ、なんとかここまで続けてこられました。

メダカの瓶から始まったアクアリウムも、今では海水メインに(^∇^;

一緒に楽しんでいた友人もやめてしまったり、いろいろありましたが、私はたぶん規模は縮小したり変わってもこれからも続けていくと思います。


さて、最近の定番ですが、200万hit記念に飼育中の生体のご紹介をしたいと思います。

まあ、本音は自分の記録なんですが(´∇`)

今回は簡単に、水槽ごと飼育年数順、魚とサンゴを分けて箇条書きでご紹介しようと思います。

★メイン水槽(60cm規格)の魚とエビたち。


ニチリンダテハゼ・・・7年(2011年8月~)
・​スプリンガーズダムセル(3匹)​・・・4年8カ月(2013年12月~)
・​​ブラックスノーフレークオセラリス・・・2年5カ月(2016年3月~)
・​アケボノハゼ​・・・1年9カ月(2016年11月~)
・​スカンクシュリンプ​・・・1年5カ月(2017年3月~)
・​フレームエンゼル・・・・1年3カ月(2017年5月~)
キイロハギ・・・1年3カ月(2017年5月~)
ニシキテッポウエビ・・・1年2カ月(2017年6月~)
・​フシウデサンゴモエビ(3匹)​・・・8カ月(2017年12月~)

去年お迎えした子が多いですね。
2年前くらいまで低迷していて復活したので・・・(^^;


ニチリンダテハゼさんは海水水槽立ち上げ1週間でお迎えして、いままで元気にしてくれてます。
これだけずっといる子なので、ピンセットやスポイトには全く逃げないくらい慣れてます(^^)
唯一怖がって逃げるのはガラス面を掃除するマグネットクリーナーを動かした時だけ。
ガラス面の掃除をする時だけ、ニチリンダテハゼさんに気を遣います(^∇^;

ずっと失敗続きだったフレームエンゼルさんも去年の5月にレイアウト変更して入れた子は、なんの問題もなく元気にいてくれて本当に嬉しいです(*^^*)

花のライン

​ ​​ ​


花のライン

★メイン水槽(60cm規格)のサンゴやイソギンチャク、ケヤリたち。

(写真は今日入ったばかりで紹介に入っていないものまで写っちゃってます)
スターポリプ(グリーン)​・・・6年10カ月(2011年10月~)
・​​ロングテンタクルアネモネ(LTイソギンチャク)・・・6年3カ月(2012年5月~)
・ブルー​イタアザミ(ハナヅタブルー)・・・6年?(2012年頃~)
・ディスクコーラル(レッド)・・・5年9カ月(2012年11月~)
ケヤリ(イエロー)​​​​・・・2年2カ月(2016年6月~)
・​コエダナガレハナサンゴ・ブランチ・・・2年2カ月(2016年6月~)
・​ラセンホンケヤリ​​​・・・1年7カ月(2017年1月~)
・​クダサンゴ​・・・1年5カ月(2017年3月~)
・​​​コエダナガレハナサンゴ・ブランチ(グリーン)​・・・1年5カ月(2017年3月~)
アザミハナガタサンゴ・・・1年4カ月(2017年4月~)
​バブルディスクコーラル(オレンジ)・・・1年4カ月(2017年4月~)
・​ベトナム産マメスナギンチャク​(ほぼオレンジ)・・・1年4カ月(2017年4月~)
オオバナサンゴ(マルチカラー)​・・・1年4カ月(2017年4月~)
チヂミトサカ​・・・1年3カ月(2017年5月~)
コエダナガレハナサンゴ(グリーン)・・・1年3カ月(2017年5月~)
・ゴルゴニアsp.(​好日性ヤギ​)・・・1年1カ月(2017年7月~)
・ピピンネイトシープラム(好日性ヤギ)・・・1年1カ月(2017年7月~)
ヒメシャコガイ​(メタリックグリーン)・・・1年1カ月(2017年7月~)
・コウキ​​ケヤリ(紅白シモフリ)​・・・11カ月(2017年9月~)
・ケヤリ(蛍光イエロー)・・・11カ月(2017年9月~)
・​ショウガサンゴ​・・・9カ月(2017年11月~)
クサビライシ(ライトグリーン)・・・9カ月(2017年11月~)
トゲサンゴ(ピンク)​・・・8カ月(2017年12月~)
クサビライシ(オレンジ)・・・4カ月(2018年4月~)
ホンケヤリ(ツートン)・・・3カ月(2018年5月~)
・マメスナギンチャク(グリーン)・・・3カ月(2018年5月~)

こちらも飼育1年から2年の子が多いですが・・・入れすぎですね(^^;
まあ、写真を見ても隙間もなく、しかもサンゴが成長して狭い狭い(汗
何個体か落としてしまったサンゴもいて、やっぱりすべてが順調とはいきませんね。
サンゴ同士の接触による溶かし合いが多いので、本当に入れすぎと反省中。

けれど新しいサンゴも買ってしまったり(^∇^;
次の日記でまた紹介したいと思います。

花のライン







花のライン


★30cm水槽(メイン水槽連結)の魚とエビなど。


ナメラピール(​レモンピール​とナメラヤッコ​の交雑種)・・・5年1カ月(2013年7月~)
ホワイトソックスシュリンプ・・・2年3カ月(2016年5月~)
・マガキ貝・・・2年(2016年8月~)
ハタタテハゼ・・・11カ月(2017年9月~)
イソギンチャクモエビ(2匹)・・・11カ月(2017年9月~)
・​コシダカウニ​・・・10カ月(2017年10月~)
・コシダカウニ・・・8カ月(2017年12月~)

魚たちは少なめ。
ナメラピールさんがけっこうきつめなので、サイズ的にこれがちょうどいいのかもと最近思ってます(^^;

★30cm水槽(メイン水槽連結)のサンゴたち。
・スターポリプ(グリーン)・・・6年10カ月(2011年10月~)
・ブルーイタアザミ(ハナヅタブルー)・・・6年?(2012年頃~)
・​ヘアリーディスクコーラル(地グリーン)・・・5年?(2013年頃~)
・ヘアリーディスクコーラル(ポリプグリーン)・・・4年4カ月(2014年4月~)
・​ウィスカーズコーラル​・・・1年7カ月(2017年1月~)
・ヒメシャコガイ(ブルー)・・・1年6カ月(2017年2月~)
・ウィスカーズコーラル(グリーン)・・・1年5カ月(2017年3月~)
・ホソジュズモ(海藻)・・・1年3カ月(2017年5月~)

スターポリプはメイン水槽にあるのがこちらにある個体から増えた個体。
綺麗で丈夫で本当に良いですね(^^)
ウィスカーズコーラルも育ってポリプの増殖がすごいです。
最近小さい方があんまり開きが良くないです。
少しレイアウト変更をしたら機嫌を損ねてしまったようです(^^;

花のライン




花のライン


★スレンダーOF水槽(メイン水槽上部連結)の魚たち。


・​オヨギイソハゼ​(8匹)・・・1年3カ月(2017年5月~)
・​オキナワベニハゼ​・・・1年2カ月(2017年6月~)
・ラスティーゴビー・・・10カ月(2017年10月~)
・​クロナマコ​・・・10カ月(2017年10月~)
・​チゴベニハゼ​・・・2カ月(2018年6月~)

小型ハゼ専用水槽になってます(^^)
水流を作ったらオヨギイソハゼは餌の時以外オヨガナイイソハゼになってしまってますが(汗
小さい子達ばかりで安心して見ていられる水槽ですw
紹介していなかったクロナマコはお掃除部隊。
水流ができて、だいぶ汚れも溜まらなくなりましたが、それでも砂を攪拌してくれるありがたい存在です。
餌が少ないのでかなり小さくなってしまいましたが(汗

花のライン



花のライン


★スレンダーOF水槽(メイン水槽上部連結)のサンゴたち。


・ブルーイタアザミ(ハナヅタブルー)・・・6年?(2012年頃~)
・​オレンジスポンジ​・・・2年5カ月(2016年3月~)
​ウミブドウ・・・1年2カ月(2017年6月~)
・イバラカンザシ(スモールフラワー)・・・3カ月(2018年5月~)

サンゴを入れるつもりがなかったのについついイバラカンザシを入れてしまって、ライトも強めにしたりでウミブドウの成長も良好です(^∇^;
あと、少し暗めの部分にオレンジスポンジを配置してみました。
30cm水槽にずっといたんですがなんか調子悪くて移動しました。
最近給水口(管?)が出てきて、調子は悪くなさそうです(^^)

花のライン



花のライン


★新60cm規格ナチュラル水槽の魚たち。

(この水槽だけ今日の全体写真を撮り忘れて過去写真になっちゃいました)
・スカンクシュリンプ・・・1年2カ月(2017年6月~)
シマキンチャクフグ・・・9カ月(2017年11月~)
・​ノコギリハギ​・・・9カ月(2017年11月~)
エメラルドグリーンクラブ・・・9カ月(2017年11月~)
・​ハタタテネジリンボウ​・・・6カ月(2018年2月~)
ランドールピストルシュリンプ・・・6カ月(2018年2月~)
スポットテールブレニー​・・・4カ月(2018年4月~)
ハナゴンベ​・・・2カ月(2018年6月~)

こちらは去年の5月に立ち上げたので、新規の子達ばかり。
最近日記もこちらの子達ばかりになってしまって(^^;
どちらかというと、じっくり飼育したい魚たちで揃えている感じですね。
ハナゴンベさんの可愛さに最近メロメロです(*^^*)


あ、前回の日記で怪我をしたと書いたノコギリハギさんの傷も、今はすっかり綺麗になってます(^^)

花のライン




花のライン

★新60cm規格ナチュラル水槽のサンゴたち。
・​カタトサカ​(グリーン)・・・6年10カ月(2011年10月~)
・ブルーイタアザミ(ハナヅタブルー)・・・6年?(2012年頃~)
・ディスクコーラル(レッド)・・・5年9カ月(2012年11月~)
・​ウミキノコ​・・・4年4カ月(2014年4月~)
・​フトウネタケ​・・・3年10カ月(2014年10月~)
・バブルディスクコーラル・・・2年7カ月(2016年1月~)
・​ハナガタサンゴ​(ピンクベージュ)・・・2年(2016年8月~)
ボタンポリプ​(自然発生)・・・1年3カ月(2017年5月~)
・チヂミトサカ・・・1年3カ月(2017年5月~)
・​ハナガタサンゴ(グリーン)・・・1年3カ月(2017年5月~)
・​マルハナガタサンゴ(センターオレンジ)​・・・1年2カ月(2017年6月~)
・ウミブドウ・・・1年2カ月(2017年6月~)

こちらの水槽は濾過も弱くてライトの色も微妙だからかLPSサンゴが衰退気味(^^;
ハナガタサンゴたちは毒性が強くて他のサンゴを溶かすから、メイン水槽から引っ越したんですが、みんな徐々に縮んでしまってます。
ソフトコーラルは殖えたりする個体もいるんですけどね。
この水槽は魚水槽って割り切ろうかと、最近考えてます。

花のライン




花のライン

あと、各水槽にミニサザエが増えて大量にいます。
大小さまざまで数もわかりません(^^;
勝手に殖えた貝もいます。
ほかにも​カンギクガイ​とか​コイソ貝​のような苔取り貝もいるんですが、どのくらい前に入れた子かわかりません。
ハナビラタカラガイ​とかも・・・たぶん数年単位で維持してます。
貝類って意外に長生きですね(^∇^;

以前に増えまくって困ったディスクコーラル・レッドもいまだにポコポコ増えてます。
メイン水槽のバブルディスク・オレンジも最近増えて、小さいのも合わせると20枚弱くらいにはなってます。


ディスクコーラル、増えると本当にすごいです。
あんまり増えない個体もいるので、個体によって環境が合う合わないはあるようですが。
合うと際限なく増えるので、嬉しいような嬉しくないような(^^;
毒性が強いのでレイアウトに困るのでほどほどでお願いしたいところです。


さて、これでいちおう全部かな?
なんか書き忘れがある気がして仕方ないんですが(^^;
簡単に済ませようと思ったのに、全然簡単じゃなかった(汗

実は本日お迎えした新入りさんもいるんですが、餌付けに難しい子だったりで紹介できるかわかりません(^^;
ちゃんと飼育できそうなら紹介したいと思います。


花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気ブログランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!







最終更新日  2018年08月28日 00時00分53秒
コメント(12) | コメントを書く
2018年08月05日
カテゴリ:海水水槽
前回の日記で書いた死着対応がようやく済みました。

先週の金曜日に(^^;
死着があってから半月以上・・・まあ、ちゃんと対応していただいたので良しとしますか(^∇^;


それにしても毎日暑いですね・・・。

さすがに暑すぎて、水槽のメンテをする気力するありません。

窓用エアコンを入れても、それを入れた部屋以外は地獄の暑さ。

とてもじゃないけど活動できません。

まあ、うちはそんなに毎週水替えしないと維持できない水槽でもないので、今週は申し訳ないけどノーメンテでいかせてもらおうと思います。


さて、そんな水槽の魚たちは、まあ元気です。

水槽用クーラーで快適ですからね~。

しかし、昨日ふと見ると、ノコギリハギさんの顔がなんか白い??


なんだこれ??

白く丸い・・・けど、膨らんでいるというより凹んでいる感じ?

怪我っぽいですね(^^;

ライブロックでこすったのか・・・もしくはシマキンチャクフグ​さんに齧られたか・・・。

相変わらず仲は悪くない子達なんですが。

狙って齧りはしないですが、間違って齧る可能性はゼロではないので。

しかも綺麗な丸だし(^^;

まあ、餌はしっかり食べて元気だし、動きにも変わったことはないので、このまま様子見する予定です。
怪我は普通にしていれば治るものですからね。

餌さえしっかり食べられれば病気も怪我も自然治癒が一番だと思います。

病気が出たから薬浴だなんだと騒ぐより、しっかり餌を食べさせて水質管理をしっかりすることが一番じゃないかなと思ってます(^^)


問題なく混泳している感じのこの水槽ですが、最近ちょっとバトってることがあるのがこの2匹。

ハナゴンベ​さんとスポットテールブレニー​さん(^^;


餌を与えるとき、この場所に集まってくるんですが、この2匹だけがある程度近づくとバトります(^^;

ノコギリハギさんとシマキンチャクフグさんは他の魚に全くの無関心なのですが、この2匹は違うみたい。
スポットテールさんがこのあたりを住処にしたから余計になのかもしれませんが。
ハナゴンベさんがこの辺りにいるときだけバトるので。

まあ、それ以外は平和なのでそれほど問題ないかなと思ってます(^∇^;


さて、今日は短めですが、この辺でw


花のライン





花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気ブログランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!







最終更新日  2018年08月05日 23時47分26秒
コメント(2) | コメントを書く
2018年07月30日
カテゴリ:海水水槽
また二週間ぶり(^^;

なんとなくこのくらいのペースの方がいいのかもと思ったり。
でも、やっぱり切り良く週一ペースくらいにしたいなぁと思いますよね。

さて、前回の日記にも書きましたが、今年の暑さにまいってやっぱりエアコンは必要だなぁと購入することにしました。

といっても壁付けのエアコンは本体代に工事費にけっこうな出費。
しかも、どうやらこの酷暑にエアコンを購入する人が多いらしく、今からお願いしても工事まで一カ月待ちとか。

そんなの待っていられないし、待っているうちに涼しくなっちゃう(^^;

なんだかんだいって、信州の夏なんて今までエアコンなしでもへっちゃらだったくらい過ごしやすいし、いつも暑さはお盆までなんですよね。

今年はどうかわからないけど、とにかく今すぐに涼しくならなきゃ意味がいない。

というわけで窓につけるウエインドウエアコンを購入しました。
自分で設置するので届いてすぐに使えるし、設置場所が気に入らなければ違う部屋につけることだって可能だし。
まあ、音がうるさいとか電気代が高いとかデメリットもあるんですけどね。

しかし、これも購入しようとした端から売り切れになっちゃって焦りました(^^;

すぐに届くやつから売れちゃっているみたいで、残ったのは納期に時間がかかったりお値段が高かったり、今年のモデルじゃなくて去年どころか一昨年とかその前のとか・・・(汗
あと値上がりも半端ない(^^;

きっとみんな同じ考えで注文が集中するからなんでしょうけど。

で、購入できたのはこちらの商品。

【中古】新品/メーカー保証付 コロナ 冷房専用ウインドエアコン CW-F1618 日本製 ノンドレン 6〜8畳用
ちゃんと今年のモデルで新品です。
中古と商品名についているから売れずに残っていてくれたみたい。
リサイクル品も取り扱っているショップだからだと思いますが、新品を価格もお安く手に入れられて運が良かったなと思います(^^)

そして、この前の金曜日にようやく届いて設置。
本当に設置は簡単で、拍子抜け。
広告通り順序良くできれば30分くらいで設置できますね。

窓のサイズの関係で設置場所は両親の部屋なんですが、逆に一番涼しい部屋だから電気代もそんなにかからないかな?
休日に暑くてたまらない昼間だけその部屋に逃げ込むだけなので十分。
それに平日は親の熱中症が心配だったのでちょうどいいかと思います。

ただ、電気代が心配なので、この酷暑は今年だけにしてほしいものですね(^^;



さてさて、水槽の方はというと。

フィルターの電源入れ忘れなどいろいろありましたが、調子を落とす子はいませんでした。
一週間ほどちょっと水は臭かったですがそれだけで済んで本当に良かったです(^∇^;

ハネモが生えなくなって、水槽の掃除が楽になったと書きましたが、ちょっとコケに困っている水槽があります。

メイン水槽の上部に設置しているスレンダーOF水槽。

小型ハゼと今はイバラカンザシのついたハマサンゴ、ウミブドウを育てている水槽ですが、そのイバラカンザシに苔が付くんですよね(^^;


どこに?って思うかもしれませんが。(掃除した後なので写真ではあんまり目立ってないんです)

イバラカンザシって殻蓋っていうフタみたいなのがあるんです。
そこに苔がふさふさと・・・(^^;

糸状のハネモみたいなコケがついたり、シアノっぽい紫色のも付いたり(汗

見た目が悪いので取ろうとするんですけど、引っ込んで取れなかったり、ピンセットでつまんだのにピンセットの先がそんなにしっかりつかむ力がなくて、すり抜けちゃったり。

がんばって取ろうとしているのに取れないからストレスだし、イバラカンザシだってしょっちゅう構われてストレスだと思うし、どうにかしたい。

とにかくピンセットが掴んだら離さないきっちりしたのじゃないとダメだ!

となって、ピンセットを購入。

医療用ステンレスピンセット K−33 ハリ用 105mm

長さはないから使いにくいと言えば使いにくいけど、しっかり掴めるし、まあスレンダー水槽に使う分には十分という感じ。

使ってみると、今まですり抜けてしまったコケがしっかり掴めて取り除けてかなりストレスが減りました(^^)

まあ、イバラカンザシが奥まで引っ込んじゃったり、位置的にうまく掴めなくてしっかり綺麗にできない個体もいるにはいますが。
それでもけっこう綺麗にできてすっきりしましたw

でも、しっかり取りきれてない部分があって、数日でまた伸びてきたり根絶には時間がかかりそうですが。

そんなふうにいじっている割にイバラカンザシの調子は良く、みんな綺麗に咲いてます。


こんなふうにチゴベニハゼさんが乗っかっても咲いているくらいなので、環境は悪くない様子。

土台のハマサンゴもすごくポリプを伸ばしているし、パワーフィットで水流を付けてオヨギイソハゼさんとか不満そうですが、スレンダー水槽の水質的にはゴミもたまりにくくなって本当にいい感じです(*^^*)

前のイバラカンザシをディスクコーラルまみれにして手放してしまったので、今度は長く飼育できたらなぁと思いますw

イバラカンザシって、意外に長生きするみたいで何十年も生きる個体も珍しくないらしいですし。

魚やエビとの混泳で失敗する率が高いんだと思いますが、この水槽は小型ハゼだけだし、環境はかなりいいと思うので、期待してます(^^)

気持ち大きくなったんじゃないかなって思ったりしもしてますが、まあそれはただの希望的観測かもしれませんね(^∇^;


あ、そういえば前回の日記に書いたこのスレンダー水槽にお迎えした新入りさんはやっぱりうまくいきませんでした。

記載サイズよりも小さい子が届いたし、小型ハゼ専用水槽でも厳しかった。
届いたときにメダカの稚魚か?って思うような姿でしたしね(^^;
体長も短ければ横幅もないし。

水槽に入ってから、餌は勝手に湧いてるカイアシ類を食べてる感じで痩せてなかったんですけど、スペースパワーフィットの緩い水流ですらきつそうで、がんばってガラス面に張り付いていたり、ウミブドウに掴まっていたり、本当に流れの無いところでしか生きられないのかな?って感じ。

チャームさんの死着対応にもひと悶着あって、なんかモヤモヤする買い物になってしまいました。

今度はもうちょっとしっかりめの小型ハゼを追加したいと思います。


では、今日はこの辺でw


花のライン


​ ​


花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気ブログランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!







最終更新日  2018年08月05日 23時46分14秒
コメント(7) | コメントを書く
2018年07月16日
カテゴリ:海水水槽
二週間ぶりになりました。

この連休も暑くて暑くて・・・長野県ってこんなに暑かったっけ??
もっと過ごしやすかったと思うんだけど(^^;

これから毎年こんなだったらうちにもエアコンが必要になるなぁ。
古い家だから効率悪そうだし電気代が怖いんですが、マジで熱中症になってしまう(汗
こんな日は会社にいた方が快適だなって思っちゃいます。


こんなに飼い主がへばっているのに、魚たちはクーラー付きの水槽で快適です(^^;


ホント、うちにいる生き物の中で海水の子達だけが快適空間ですよ。
うらやましい~。


さて、そんな水槽で最近ちょっとした変化が。

メイン水槽に連結している30cm水槽。


この水槽はなぜかコケが多くて、ガラス面は厚みのある茶ゴケみたいのが常に覆ってるし(前面は掃除してますが他の三面がコケだらけ)ハネモやらシオグサやら、厄介な藻類にも悩まされていました。

いろいろ生物兵器を試してもパッとしないし、その子達の維持も難しくて。

ちなみに茶ゴケはコシダカウニ​2匹でけっこう良くなりました。
でも、もともと自然発生したヒザラガイや購入したミニサザエが増えて大量にいて食べてくれているのに、それでもコケがなくなる気配はなかったんです。

しかし、二つ前の6月10日の日記に、30cm水槽のハネモを掃除した件を書いた後、なぜか全くハネモが生えなくなりました。

実はあの時、取りそびれたハネモがライブロックの陰にあって、「あ、また増える前にとらなきゃ」って思っていたんですが、そのハネモすら消えました(^^;

厄介者だったのでありがたいんですが、原因がまったくわからないのがちょっと怖い。

シオグサすら新たに生えるものがなくなり、ガラス面の厚みのある茶ゴケも減って、おかげでウニがエサ不足なのかガラス面以外の場所も徘徊するようになってきました。
これはちょっと困るんですよね・・・レイアウト崩されたりサンゴにウニのトゲって良くなさそうだし。


とにかく、なにかしら水質に変化があったのは確かと思って、サンゴとか注意深く観察しているんですが、サンゴたちに異常があるかといえば・・・あるようなないような?(^^;

メイン水槽には少し前にダメになったサンゴ(フィジー産とトンガ産のクダサンゴ)があるんですが、これはフレームエンゼルさんのつつきのせいな気がするし。


トゲサンゴとかも普通に成長中だし、ハナガタサンゴの上に落っこちて半分くらい溶けたクサビライシ・グリーンも徐々に共肉が戻ってきてるし。

あ、でもラセンホンケヤリが自切して、イエロー個体と新しいインドケヤリが★になったり、ちょこっと具合が悪いのもいなくはないんですが。
まあ、ケヤリの不調は良くわからないところがあって、他の個体はみんな調子がいいから、個体差かなとも思うし。

全体的に見ると調子が悪そうには見えないんですよね。

この写真はラセンホンケヤリが自切するちょっと前くらいですね。


ハネモが消えたのは本当に掃除が楽で嬉しんですが、変化があるって良いこともあれば悪いこともある気がするので、なにかあるんじゃないかと戦々恐々としてたりします(^^;

原因がわかればスッキリするんですけどね~。

そういえば、スレンダーOF水槽のウミブドウの成長が水流を作ったおかげが良くなって、最近はトリミングを頻繁にしてます。週に2回とか。
30cm水槽にはフトジュズモ​が入って、維持してる。
それに栄養が取られてハネモが減ったってことはあるのかな???
でも、そんな立派なリフジウムほどの量は入ってないと思うし、気のせい???


まあ、厄介者が減ったのでちょっとは素直に喜ぶべきですかね(^^;



しかし、いいことばかりではなく、実は良くないこともありました。

ケヤリの不調もありましたが、実はまたハタタテハゼが飛び出してしまいました(><;

今日、メンテしようと思って水槽を見に行ったら、水槽前の玄関のたたきの上で干物になっていて(TT)
しかも古参のハタタテハゼでした。
シマヤッコさんと一緒に飼育していた子で、引きこもり気味でしたが愛着のある子で。

なんかがっくり。


この子は一匹だけになってしまったハタタテハゼ​さん。


しかも、昨日餌を与えるときだったかなんかのときに外部フィルターの電源をOFFして入れ忘れていたことに、今日の午後水槽のメンテをしようとして気づいて。

うちは半ベルリンみたいな感じで外部フィルター頼りの濾過ではないし、吸着剤入れと水流発生のために回しているような感じではあるんですが、それでもフィルターの中にはバクテリア以外にもゴカイやらヨコエビやら住み着いているから、生物たちが死んでしまう。

フィルターを開けるとちょっと変なにおいが・・・(一д一;

ろ材はデカいリングろ材を縦置きして入れているような状態なので、ケースから出さずに飼育水で数回注ぎ洗いすると、死んだゴカイやヨコエビの残骸がいっぱい・・・(汗

・・・かわいそうなことをしてしまいました(--;

とりあえず吸着剤を新しいものに替えて、ゲルマットをしっかり飼育水で洗って設置しなおして回しました。
なにかのために購入してあるバクテリアも念のため投入。

生体には本当に不思議なほど変化はないんですが、ちょっと水が生臭いような気がします(汗


・・・まあ、これくらいで済んで良かったかな(^^;

この暑い時期にフィルターのスイッチ入れ忘れは本当に怖いです。
一晩くらいだったからよかったですが、これが数日だとろ材も丸ごと交換で、再稼働にも日数がかかっていたでしょうし。

それだと濾過よりも水流があまり良くなくてサンゴに影響でそうですし。

海水水槽の濾過っていろんなシステムがありますが、やっぱり複合が安心な気がします。
うちは半ベルリンだからスキマーも容量より大きいのを付けてるし、ライブロックに底砂もいっぱい。
外部フィルターもろ材は少なめですが入れてるからもちろん濾過能力もそれなりに育っているので、ちょっと餌を多めにあげたかなって思ってもそれをカバーしてくれる濾過能力は十分にあります。

ひとつの濾過にしてしまうとそれがなにかの不具合があった時に取り返しがつかないですからね。

こんな状況ですが、状態がそんなに悪い感じもしないので水替えは10リットルほどで終えました。

じつは新しい魚(小型ハゼ)も入ったんですが、ちょっと死着もあったりちゃんと届いた子もかなり小さかったり飼育ができるのか??って感じなので、安心できる状態になったらまた紹介したいと思います。


では、今日はこの辺で。


花のライン


​ ​
​ ​


花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気ブログランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!







最終更新日  2018年07月17日 00時15分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月01日
カテゴリ:海水水槽
7月になりましたね~。

暑すぎます(^^;
梅雨もほとんど降る前に開けちゃって・・・。

今日はメンテをする予定が、暑くて夜になってからしかできませんでした(汗
おかげでメイン水槽の写真はライトが消えてしまって撮れず(^^;


今回もまたシマキンチャクフグ​さんたちのいるナチュラル水槽です(^∇^;


こちらも5リットルほどメイン水槽の水で水替えをしました。

まあ、基本的にはほぼメンテに手をかけない水槽としてやっているのでこんな感じ。

水槽の下の方のコケを落としたいんだけど、まだ新入りのハナゴンベさんが慣れてないので、手を突っ込んでのメンテはあんまりしたくない(^^;

まあ、伸びすぎたウミブドウのトリミングはしたんですが。
水槽の下の方まで手を突っ込むと魚たちへのプレッシャーが大きいので気を遣います。


ハナゴンベさん、お迎えから一週間でだいぶ慣れてきた感じです(^^)

餌付いていたのもあって、餌が欲しいから水槽前面に出てくる感じですw

さすがにカメラを向けちゃうと逃げちゃうので、アップの写真は水槽の隅に陣取っているところしか撮れませんでしたが(^^;



やっぱり可愛いです♪

そしてとても綺麗(*^^*)

ピンクの地色に黄色の模様。
鱗が一枚ずつ黄色になっているところとか美しいですよね~

それからヒレも絶妙なグラデーションで。
背びれ側の黄色のグラデーションも綺麗ですが、腹びれ尻びれ側のピンクからほんのりパープルっぽい色合いも美しいですw

本当にほれぼれしますね(*^^*)

慣れて水槽前面やいろんなところを自由に泳いでくれているのも見てホッとしてますw

餌はイトミミズにも慣れてきて、最初は口にしても何度が吐き出してようやく飲み込んでいましたが、今日は一口で食べていた様子。

時間をかけて食べていると、ノコギリハギさんに全部食べられちゃうので、早くしっかり食べてくれると安心できるんですが・・・。


まあ、徐々にですね(^^)


この水槽の子達は本当に他魚に興味が無いというか、混泳のストレスフリーなので見ていて癒し度満点ですw

ただ餌の時だけ、ちょっと気を遣ってます。

今回、写真が撮れなかったハタタテネジリンボウとランドールピストルシュリンプの共生コンビは水槽右手を陣取っていて、私は水槽左手で餌をあげているので、巣穴に向けてイトミミズや餌を流すのがちょっと大変だったりします(^^;

目立たないスポットテールブレニーさんはイトミミズ争奪戦には参加して、一緒に食べてます。

スポットテールブレニーさんは寝床を変えて、最近はこんな感じw


ハナガタサンゴとライブロックの隙間がちょうどいいサイズみたいです(^^)

私的にもネジリンボウさんたちの近くにいられるとちょっと心配なので、ここで落ち着いてくれてホッとしてます。


ハナゴンベさんは最初の水槽左手のポンプの下ではなくて、奥のライブロックの陰がちょうどいいみたいで、ウミブドウもさもさのライブロックの陰から自由に出入りしている様子。

とくに縄張りを決めているというより水槽内を自由に泳いでいる感じですね。

シマキンチャクフグさんは常に水槽前面だし、ノコギリハギさんはどちらかというと水槽上部を陣取っている感じだし、まあどちらにしても他魚には興味なしなので。



でもシマキンさんとは一緒に仲良く泳いでいることがあって、この2匹の関係はなんなのかなって思いますね(^∇^;

まあ、仲良きことは良いことですがw


さて、今日はこの辺で。
なんか同じような写真ばかりになってしまいました。

こんどはメイン水槽の話題にしたいですね。

そういえば最近アクセス数がけっこう上がってます。
実は最近Yahoo!知恵袋のアクアカテで回答していて、プロフィールにブログのURLを載せているからかな~と思ったり。

200万アクセスまであっという間にいってしまいそうな予感です(^∇^;


花のライン





花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気ブログランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!







最終更新日  2018年07月02日 01時47分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月24日
カテゴリ:海水水槽
前回の日記でお迎えに失敗してしまったハナゴンベさん。

さっそくリベンジしてしまいました~(^∇^;

どーしても欲しくって(´∇`)

チャームさんでリベンジです。

とっても可愛く元気なハナゴンベさんが届きました♪


ペットバルーンさんで購入した子に比べるとお値段倍以上で本気で悩んだんですが、安くて調子の悪い子をお迎えしても失敗するだけなら、値段は二の次だなと思って。

大きさは前の子とほぼ同じ、かなり大きめシマキンチャクフグさんたちと同じくらいだから7cmくらいかな?

奇しくも、前回の子と同じ場所に入り込んで同じアングルの写真が撮れました(^∇^;


でも口のところに黒いのはないし、前の子より元気w

ヒレも長い感じでとっても綺麗な子です(*^^*)

ピンクの体色に黄色の模様が本当に可愛いですww

やっぱりお気に入り♪

そして、これは前回の子と同じ、人間が好きじゃないっぽい(^^;

まあ、この水槽の子達は他魚に興味が無い子達なので、混泳のストレスはほぼゼロなので、プレッシャーを感じるのは人間とか新しい環境って感じで。

慣れるまでは仕方ないですが、しばらく様子見ですね。

近づくと逃げちゃうので遠くからとか水槽下の方からとかがんばって写真を撮りました。
なので今日の写真はちょっと画像粗目です(^^;


それにしても、さすがチャーム便、ストック期間が長かったのかしっかり餌付いた個体でしたw

ハナゴンベさんは餌付けが難しい種類なので、これは本当にありがたい(^^)

さすがにイトミミズには食いつかなかったですが、そのあと撒いたメガバイトに反応して、隠れていた場所からぴゅーっと出てきてパクリと。

あまりに簡単すぎて拍子抜け。

っていうか、隠れていたくせに餌にだけ出てくるってどんだけ・・・。

餌付けの簡単な魚と同じ行動なんですが・・・(^∇^;

前回の子がまったく出てこなかったのが普通なんだと思うんですけど。

まあ、これでこれからの飼育が簡単になったのは確かなので良かったです♪


でも、自然に湧いてるイサザアミっぽいのを食べてくれると思ったけど、これはまた丸無視?(汗

ま、まあいいんですけどね・・・なんかもったいないなぁ(^^;

・・・今度また小さなルビーレッドドラゴネット​さんでもお迎えしようかな。


いや、この水槽だともういっぱいいっぱいだから我慢しないと!
なんせスキマーだけのナチュラル水槽ですから(^^;

普通の餌を撒くと水質悪化が目に見えて水槽が汚れるし・・・先週にイトミミズを購入できてようやく水槽の汚れもちょっと落ち着きました。

人工飼料でノコギリハギさんを痩せさせずに飼育するには餌の量が半端ない・・・。
他の子にも餌をいきわたらせなきゃいけないし。

ハナゴンベさんがすぐに人工飼料を食べてくれたのは良かったけど、早くイトミミズにも慣れてくれると餌で水槽が汚れなくていいんだけどな。



そうそう、先週イトミミズを購入したら、なんとクール便になってました(^^;

夏はクール便に変更になるそうで。

届いた状態は前とそんなに変わらない活きの良い感じでした。

今回はタッパーももう一個購入して、2ケースで管理。

おかげでかなり状態良く保管できているので、うまくいけば2か月くらい持つかもと期待(^^)

長期保存できれば餌代をかなり節約できるので毎日の水替えは大変ですが頑張ろうと思いますw



さて、今日はこの辺でw

それにしてもハナゴンベさん、マジで可愛いです(*^^*)


花のライン






花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気ブログランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!







最終更新日  2018年06月25日 00時03分21秒
コメント(6) | コメントを書く
2018年06月10日
カテゴリ:海水水槽
前回の日記でちらっと書きましたが、口ぐされ病っぽかった新入りさんはやっぱりダメでした(--;

新入りはハナゴンベさんでした。
うちに来てから10日で★になってしまいました。


治療方法もない、いわゆる常在菌の日和見感染。
悲しいですがしかたないですね。

届いたときに口が黒かった(上の写真)んですが、どの時点で発症したのか・・・。
ショップ(ペットバルーンさん)にいた時にすでに調子を崩していたのでは?と思ってます。

注文したら売り切れたので、この1匹しかいなかったようですし。
ネットで購入の場合はこういうこともあるってわかっているのですが、気分の良いものではないです。

なんだかハナダイとは相性が良くないです。
前はハダムシで全滅させてしまいましたし。
ハナゴンベだったら1水槽1匹が推奨なので、ナチュラル水槽にはちょうどいいハナダイだと思ったのに。

あと、もうちょっと華やかなお魚が欲しかったんだけどな~。

フグたち可愛いけど、なんかカラーが地味なので。
ピンクの子が欲しかったのに。

うーん、いなくなってしまった子のことを長々書いてしまってもアレなのでここまでにします。


お次は先週お迎えした子。

チゴベニハゼ​さんです(*^^*)


ミニハゼ水槽になっているスレンダー水槽の新しいメンバーですw

透明な体に白とオレンジの模様が可愛いです(^^)
写真だと良く見えませんが透明の背びれがけっこう長くて綺麗♪

しかもこの子は人馴れしているのか、性格的に強いのか、常に水槽前面を陣取ってます。

こんなに観察しやすい子も珍しいですね~

前回のとおりイバラカンザシ​さんの移動と水流追加で、オヨギイソハゼではなく”オヨガナイ”イソハゼになってしまった子達。

最近はウミブドウ・イン・オヨガナイイソハゼ状態(^^;

ウミブドウの中に4、5匹隠れています。
ウミブドウの寝心地が良すぎらしいですね(^∇^;

ラスティー・ゴビーもライブロックじゃなくウミブドウの下でスタンバってるし。

可愛いのですが、オヨギイソハゼに戻ってほしい・・・。

ただ、水流ができてスレンダー水槽としては調子がいいです。
汚れもたまりにくくなって、ウミブドウ​の成長も良くなりました。
オヨギイソハゼさんたちが泳がないのに目をつむれば、このままの方がいいような気はしてます(^^;


そうそう、新入りのチゴベニハゼさん、最初は餌を食べているのか確認できませんでしたが、一週間経って今日はちゃんと食べているのを確認。

うちは水面に餌を撒いているのでみんな水面まで餌を食べにあがります。

オヨギイソハゼさんたち、餌の時だけ泳ぎます(^^;

水面にあるのはメガバイトSサイズ。

なのにチゴベニハゼさんはなかなか水面にあがらなくて。

どうしたものかと思って、おととい餌を水中に撒くようにしたらパクっと食べて。

どうやらこれで餌を餌と認識したらしく、今日は水面にある餌にも食いついた感じです。

あとは他のオヨギイソハゼさんたちが食べているのを見てというのもあるかも。

ミニハゼさんたちの飼育は餌さえ食べてくれればこっちのもの。
小さい魚ばかりの水槽なので、これでもう不安要素はありません(^^)

長生きして綺麗な姿を長く楽しませてほしいですねw


そういえば、今日はサンゴの調子が良い日でした♪

とくに30cm水槽(メイン水槽連結)のウィスカーズコーラル​たちのポリプの開きっぷりにびっくり(^∇^;


大きく膨らんで元気そうですね~。

この水槽はハネモがどうしてもいろんなところで生えるので、昨日きれいにテデトールしたばかり。
こちらはメイン水槽と違ってサンゴも少ないすっきりレイアウトなのでハネモがついたライブロックを取り出して取って戻すってことをしてそんなに時間がかかりません。

というか、いっぱい入っていた時もあるんですが、ハネモにやられたライブロックを他の水槽に移動したりしたらこれだけすっきりしたという(^^;

これ以上は魚たちの隠れ場所がなくなるので、ライブロックを減らさずにハネモの駆除ができるいい塩梅におさめてます。

そんな昨日があって今日なんですが、掃除が良かったのかなんなのかまれにみる膨らみっぷりのウィスカーズコーラル。


そして、右側のヘアリーディスクもぷくぷくに(^^)

しかし、理由は良くわかりませんね。
掃除したって刺激があって逆に機嫌を損ねるのが常なのに。

ただ、もしかしたら比重が上がって調子がいいのかもとは思ったり。

水の蒸発で比重が上がるために少し低めに比重を合わせているので、今日が水を足す日なので一番比重が上がっていた状態。

やっぱりサンゴにとっては比重は高めの方がいいのかも(^^;

ちょっと下げすぎかもしれないので、次に水替えするときはもう少し比重をあげようかなと思います。


メイン水槽のサンゴも調子良さそうです(^^)

ちょっと魚が見切れまくっちゃってますが、サンゴが綺麗に撮れたので、この写真を載せました。

あまり問題もない上に、魚はこれ以上入れられずサンゴもいっぱいいっぱいで変化が少ないメイン水槽。

ちょっと日記に出すネタがないのが珠に瑕かな~(^∇^;


では、今日はこの辺でw


花のライン


​ ​



花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気ブログランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!







最終更新日  2018年06月11日 01時00分48秒
コメント(2) | コメントを書く
2018年06月03日
カテゴリ:海水水槽
本当は新入りさんのご紹介をしたかったんですが、1週間たってもなかなか姿を見せてくれない上に、届いたときから唇にできものができていて・・・。
もしかしたら口ぐされ病みたいなのかなって思います。
届いたときは下唇が黒いな・・・くらいだったのに、今ではいぼ状に出てて。
しかも隠れているので観察すらままならない(^^;
人が嫌いみたいでいないときは出てきて泳いでるみたいなんですけどね~。


さて、気を取り直して、お魚以外の新入りのお話(^^)

前々から日記に書いてますが、私はケヤリが好き(*^^*)

そして、メイン水槽のケヤリ畑に新入りが入りました♪

ホンケヤリ・ツートンです♪


先日、チャームさんで購入したら状態悪いとキャンセルになり手に入れられず。

でもどうしても欲しくて、楽天で入荷があるのを待ってました。

しばらくしてペットバルーンさんで販売しているのを発見w

さっそく購入しました。
ちなみに状態が悪くてご紹介できない新入りさんと一緒に購入しました(^^;

届いたものは鰓冠が7cmはあろうかという立派な個体、そしてどでかいサンゴ石の(ライブロックというには真っ白な)土台についてました。

・・・10cmと土台のサイズの記載はありましたが、ごつごつデカくて幅も厚みもあって本気でデカすぎる(汗

設置するのにかなり苦労しました(^^;
結局他のサンゴを移動したりいろいろして。

まあ、過密でぎゅうぎゅうだったので移動でちょっと前よりマシになったりもしたから良いことにします(^∇^;


それにしてもしっかりツートンで綺麗ですね~

赤っぽい中心部分と穂先の黄色が鮮やかです♪

こうして見ると、ラセンホンケヤリの黄色と色合いが一緒です。

やっぱりケヤリはケヤリ、似ているもんなんだなって思いますね。


そして、実は今日も新しいケヤリが入りましたw

こちらはインドケヤリ。

(写真ど真ん中、奥にある茶色い子です)

いつも通りのチャーム便です。
本当は活餌のイトミミズを購入する予定だったんですが、なんと購入しようと覆ったら売り切れで(^^;

だけど他のもので今日欲しいものがあったので、イトミミズは諦めて他のものを購入。

そのひとつにこのインドケヤリさんがありました。

ほどほどのサイズで管も長くて状態も良くすぐに鰓冠を出してくれました(^^)

ただ、もともとうちにいるインドケヤリさんと色が似てるんですよね~
白と茶色の縞々・・・もともと居る子の方がちょっと白が多めなだけって感じ。
サイズもあんまり変わらないし(^^;

もうちょっと単色っぽい方が良かったな~。

さて、メイン水槽のケヤリ畑はこんな感じですが、実は別の場所にもケヤリ類が・・・。


はい、スレンダー水槽です(^^)

久しぶりにイバラカンザシさんが入りました♪

魚がみんな隠れてしまって見えませんね(^^;


レッドのディスクコーラルの大爆殖でディスクに覆われてしまい、ディスクと一緒に近所のショップに引き取ってもらって以来です。

今回の個体も手ごろサイズでいろんな色のイバラカンザシがいっぱいでとても良いものでした(^^)

しかし、問題は水槽導入にありました。

それはフレームエンゼルさん(^^;

本当はメイン水槽に導入しようと思ったんです。

だけど、普通のケヤリはつっついたりしないフレームエンゼルさんが、イバラカンザシにはツンツンと・・・(><。ヤメテ

(いい写真がなかったので久しぶりにスマホ撮影の写真・・・ちょっと色が変ですね)

写真ではケヤリ畑の左側、アザミハナガタサンゴがある場所に最初置いたんです。

もうこうなったら場所を移すしかない・・・そしていける場所はスレンダー水槽しかなかった(^∇^;

だって、30cm水槽にはフレームさんより、ツンツンしまくるナメラピールさんがいるし、ナチュラル水槽にはフグ・ハギコンビが・・・(汗

しかし、スレンダー水槽でもまだ問題が。

イソギンチャクモエビさんがイバラカンザシの上を歩いてる(^^;

いや、ソシアルフェザーダスターにもたまにちょっかいかけてたんですよね。

やっぱりエビとの相性が悪いですね・・・(汗

で、イソギンチャクモエビさんは30cm水槽へ。


前はルソンイトヒキベラさんがいて食べられちゃうから入れられなかったんですが、今はいないので問題なく移動できました(^∇^;

そして導入して一週間。

14WのLEDライトを位置をずらして直照射して、土台のハマサンゴは調子がよさそうです。

ただ、問題はスレンダー水槽は水流がほとんどないこと。

スキマーの戻り水で稼働しているスレンダー水槽は、泡切りのためにスポンジを通した水が流れているので水流としてはほぼなし。

まあ、それでちょっとゴミが溜まりやすいとかメンテ的には面倒なことがあったりもするんですが、オヨギイソハゼさんがとにかく水流嫌いで水流があると泳いでくれないので、水流なしで1年通してきたんですが・・・。

さすがにハマサンゴとイバラカンザシに水流なしはきつそうで(^^;

イバラカンザシの糞みたいなものも出ても流れていかなかったりするし。


それにしてもいろんな色があっていいですねw

お気に入りはオレンジですが小さいのが右側に1個あります。
あと珍しいのは手前にあるパープルw
意外にお気に入りなのは一番てっぺんにある白に中心がオレンジの個体。
でも小さい個体が大半で、これから長く育てて大きくなってほしい・・・。

やっぱり水流は必要です。

ここは超小型ポンプを設置するしかない!
となって今回購入しました。

水作のスペースパワーフィットプラスを使いました。

水作 スペースパワーフィットプラス パワーヘッドセット

2Wの超小型パワーヘッドです。

最初はもっとお安いテトラの水中フィルターにしようかと思っていたんですが、水流の向きを変えられたり、水量も少しだけだけど帰られたり、角に設置して目立たないデザインとかがいいなとなってこちらにしました。

こうやって商品を悩んでいるうちにイトミミズが売り切れちゃったんですよね(^^;
まあ、しばらく普通の餌で耐えてもらいます。

ノコギリハギさんもちょっと太りすぎぐらいだからちょうどいいでしょう(^∇^;


さて、程よい水流でイバラカンザシにはちょうど良い環境ができました♪


どうかな~と観察していると。

やっぱりオヨギイソハゼが泳いでくれない(^^;

こんな緩い水流でもダメなの??

って、餌あげた時だけ出てくるし・・・。

いや、出てこれるんだったら、大丈夫でしょ?

どんだけ水流嫌いなのよ(´д`)

とりあえず、しばらくこれで様子見します。


イバラカンザシが入る前のスレンダー水槽はこんな感じでした。


こんな感じにまた泳いでほしいものです(^^;

ちなみにこちらにも新入りが入りましたが、その紹介はまた今度。


ちょっと長くなってしまったので今日はこの辺で(^^)

ケヤリコレクションは充実してきたけど、まだ珍しいカラーのとかあったら欲しいなぁ。

あとソシアルフェザーダスターももう一回リベンジしたい。
イソギンチャクモエビさんを移動したからもしかしたら前より長く維持できるかもしれないし(^^)


ではまたw


花のライン


​ ​​ ​
​ ​


花のライン


おすすめです(*^^*)
charm 楽天市場店
banner20040-1

人気ブログランキングに参加中です☆
↓クリックよろしくお願いします!







最終更新日  2018年06月04日 01時32分02秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全88件 (88件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.