093091 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Smiley!!

2007.02.06
XML
カテゴリ:映画・テレビ
この前、不意に映画が見たくなり映画館へ行ってきました。
やっぱりうちで見るより、映画館がいいですね♪かえって映画館じゃないと集中して見れません。

見た映画は「幸せのちから」
実際に実在する人物の本当にあったストーリーです。

img5_1169357550.jpg

↓公開されているストーリーはこんな感じです。

成功への原動力、それは父と子の愛
81年、サンフランシスコ。5歳の息子クリストファーを何より大切に思うクリス・ガードナーは、新型医療機器を病院に売り込む日々。しかし大量に買い込んだ機器は滅多に売れず、家賃も払えない生活が続いていた。そんなある日、彼は高級車から降りた男に成功の秘訣を尋ねたことをきっかけに、証券会社の養成コースに通うことを決意する。受講者に選ばれるように、クリスは人事課長のトゥイッスルへ自己アピールするのだが…。
作品に登場するクリス・ガードナーは、シカゴなどに会社を構える実在の人物で、いわゆる“勝ち組”の人間。しかし一時は住む家を失い、息子と共にホームレス生活をするほどの極貧にあえいでいた。この『幸せのちから』は、そんなクリス・ガードナーの足跡を基に描かれた真実のドラマだ。とはいえ、単に成功を描いたアメリカン・ドリーム物語ではない。むしろ重きを置かれているのは、息子を想う父の愛情。息子を守ろうとする想いこそが、成功への原動力となるのだ。そんな父親をウィル・スミスが真摯な演技で表現。息子クリストファーを演じたウィル・スミスの実子、ジェイデン・スミスとの自然なやりとりが、作品にリアリティを与えている。


img4_1169357550.jpg

私的にはとても良かったです。
幸せってやっぱり自分で掴まないといけないんだなぁ~って改めて思いました。
不幸をのろってもそこからは何も生まれないんですよね。。
だったら、幸せになる為の努力が必要なんですよね、忘れていた当たり前の事を思い出させてくれました。

ただ、子供がかなり犠牲になる事も感じましたね。それを思うととても胸が締め付けられました。

ウィル・スミス、いい役者さんになってきましたね、息子ちゃんとのやりとりがとても自然で切なげでした。

img3_1169357550.jpg

幸せのちから@映画生活


  









Last updated  2007.02.06 18:42:21
[映画・テレビ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.