1317287 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

裏庭のおしゃべり

PR

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

ガーデン

2018.04.21
XML
テーマ:つぶやき(6514)
カテゴリ:ガーデン
早朝、カザンリクが4輪開花していました。

観賞用の薔薇ではないけれど

優し気なピンクとダマスク香に癒されますピンクハート

鉢植ですが60個以上の蕾があるので

バラ風呂を楽しめるかも🌹


うーん・・・ 一季咲きが残念。



こちらのクリムゾングローリーも同じく、


一輪だけ咲いていました。



でも、たったの半日でこんなお姿に。


大輪の花弁が、くるりと反り返ってます。



クリムゾン・グローリーは
なんだか、少し青リンゴ?を感じる芳香のような?


さくら



今朝のパーゴラアーチのモッコウバラ

朝陽を受けて逆光ですが



この、もこもこした薔薇のアーチも
そろそろ見納めですね。



先日、まだ半分程度の開花だった小てまりも

満開になりました。



そうそう、年末に植えた葉牡丹を放置してみましたが

なかなかきれい。^^



春のお花のシーズンはあっという間に過ぎていきます。

毎年、微妙に植物の在り方が違うので
それなりの変化や発見があるような気がしていますさくら


さくら



「 Flower Power」

去年からお気に入りで

度々聴いているアーティストです。
この曲はジャミロクワイっぽい、かも。



四つ葉




「安倍内閣を支持するか否か」という支持率と世論調査、
「そんな電話はかかってきたことないよね」と


日々、言っておりましたが
先ほど、その電話を受けてしまいました。



わりと質問が多いですね。
選択肢だけで答えられないこともありましたが
セクハラ問題を含む実にタイムリーな内容でした。

コンピューターが番号を選ぶので
電話帳に掲載してなくてもかかってくるということね。。


では、また。

明日は山に登るかも(暑そう。。^^;)


おやすみなさい星















Last updated  2018.04.21 23:38:04
コメント(0) | コメントを書く


2018.04.10
テーマ:つぶやき(6514)
カテゴリ:ガーデン

こちら、強風が止んで昨日より暖かくなりました。

ソメイヨシノがすっかり葉桜ですね。
今は八重桜が満開です。



うつむいて咲く可憐な姿が可愛らしい。




大木になってしまった庭の八重桜を
数年前、ばっさりと切り戻してもらいましたが
今はちょうど良い大きさに蘇って
今年もたくさんの花を咲かせてくれましたさくら
蕾はご近所さんたちにおすそ分けしました。
薬品や化学肥料は使用せず、土も花も自然に任せてますので
食用には安全かと。

こちらのモッコウバラも
とても逞しいので庭の環境に任せておりますが
開花後に伸びすぎたシュートを整理するのが面倒かな。
もうすぐ一斉に咲きそうです。



ハナミズキも咲き始めました。




さくら


そうそう、桜といえば
去年、塩漬けしておいた蕾があったので出してみました。





お茶でも、お菓子作りでも、なんでも使えるけれど

眺めているだけで終わるかも^^;

さくら


こちらもそそられますピンクハート


本格的なバラのアイスクリーム「FRAGLACE」

                           HPより


農薬を使用していない国産のバラ使用で

バラ、バニラ、ココナッツ、トンカビーンズ

などの香りが広がるらしい。


トッピングが花弁のコンフチュール、

季節によって、その配合も変わるそうです。

チョコレートベースもあるようですね。

サイトの回し者ではございませんが

気になった方はこちらを

下矢印

                 ​アイスクリーム フレグランス

安いものではないので
こういうものをいただくと嬉しいですよねスマイル

 
                   
さくら  



そうそう
コーヒーの精油をご存知でしょうか。


焙煎した種子から抽出されるので
その香りは、まさにコーヒーそのもの! 
とのこと。
精油の存在は知っていましたが
ほとんど流通していないので試したことはないのです。。

主に香料として利用されるそうですね。
特にメンズ向けの商品やフレグランスに
「隠し香り」のように使われるらしい。

もしかしたら、知らずに馴染んでしまっているのかも^^

さくら



では、また。


今日は暖かい陽気に恵まれましたが
まだ、しばらくは寒暖差が続きそうですね。

どうぞ、体調管理に留意してお過ごしくださいませ。









Last updated  2018.04.10 14:00:42
コメント(2) | コメントを書く
2018.03.27
テーマ:つぶやき(6514)
カテゴリ:ガーデン


ユキヤナギが満開になりました。
その横の小てまりも、枝を大きく伸ばしたモッコウバラも
たくさんの蕾をつけ始めました。

 

庭の黄スイセンの花は終わりそうですが
今はベツレヘム(ハナニラ)の花が
グランドカバーのように広がっています。


この時期、あちこちで見かけますよね。
このお花、年々増えますね。スマイル


こちらは除草剤や犬猫に侵されていない庭のヨモギ。
以前、食用にわざわざ植えました下向き矢印


とりあえず、天ぷらかな。
残りはヨモギ餅用に冷凍しようと思います。

山椒にも新芽が🌱



そして
鉢植えのヒヤシンスも咲きました。



プランターで数年
放置していたヒヤシンスも咲いてくれましたが

もはや 別の花? ^^;
下矢印


既にスカスカの球根になっていたと思いますが
その生命力にビックリ(ごめんね)

人間が学ぶべきところかも。

あと、ひと月もすれば
1年で一番お花の華やかな季節になりますね。


四つ葉


まもなく年度末
ここから一年が始まるんだ~、目覚めの春よ~と考えれば
もう一度仕切り直しができそうかも。

ちゃんと実りの秋がやってきて
心地よい冬ごもりを迎えられるように
もう少し、頑張らねば。。の毎日です^^;

で、更新もまちまちなのですが
書きたいレビューが溜まっているので
落ち付いたら、少しアップできると思います。





さて
先ほどのヒヤシンスはリビングに置きました。
とても良い香りがします。

部屋中に香りが広がるので
程よい芳香に包まれて良い感じピンクハート


しばらく良いお天気が続きそうな気配ですね。
この陽気で桜も満開かな。

もう春服にチェンジできそう。





では、また。

















Last updated  2018.03.27 22:26:25
コメント(2) | コメントを書く
2017.09.26
カテゴリ:ガーデン

 

今日は日中の気温も上がり汗ばむ陽気でした。
朝晩は涼しいので洋服に悩む昨今です。

先日の日曜日、亡父のお墓参りに行った折に
近くのお店でピンクの段菊があったので一株買って帰りました。
まだ、植えていませんが
草丈もあるのでどこへ植えようかと思案中。
衝動買いかな。

花色は紫、ピンク、白などの三色だと思いますが
花だけを見ていると
これが「菊」だとは思えない。。

 こちらは八百屋さんで購入したリンドウ

150円^^





唐津街道原町にあるお墓の近くは
とーってものどかな田舎でして
放置されている?野原にも

 

コスモスたちが
ススキやよくわからない雑草と共に混在していて
この、わさわさ感もナチュラルでいいなと。


そのあたりには
ミヤコワスレもたくさん咲いていました。


芙蓉も。

まだ、蕾が多かったけど


そうそう、葛の花もたくさん見ましたよ。


どこからか金木犀の香りが漂ってくる中
付近を散策していると
栗の実があちこちに落ちていて秋の風情。

栗拾いの準備などはしていなかったので
ちょっとだけ足で抑えて(イガが痛いし)拾ってみました^^;

今は故愛犬の祭壇に。


IMG_7957.JPG

 

この街道には昔ながらの雰囲気のお店が数件ありますが
それは去年のブログでご紹介したので

今回は初めて入ったこちらを。

暖(ヌアン)

上矢印

 ここは食材にこだわったお店で
オーガニックのお食事を提供してくれます。

 
これはランチの一例

 

オーガニック食材で750円(税込)

例によって写真を撮るのを忘れてしまったので
サイトからお借りしました。

旬の食材を使うので季節で内容も変わります。

 
葉

  お彼岸前から一斉に咲く彼岸花も

あちこちで見かけますよね。

庭にもたくさんいますが
アゲハ蝶や大型の蜘蛛もお気に入りのようです^^;



 

 わかりづらいけれど蜘蛛がいます。下向き矢印
彼岸花に寄ってくる虫狙い?
この場所が好きなのか離れないので
放置してますが


赤い彼岸花となんだかお似合いです。

今は蕾だらけのシュウメイギクも
もうすぐ咲いてくれることでしょう。

葉

で、ふと台所の隅を見ると忘れられた夏のお菓子が。。


見捨てられて可哀そうだけど
コレってフナのエサみたいで苦手・・・

と思っていると知人がもらってくれました^^;

 

ヘッドホン



突然ですが^^;
キナ・グラニスとミンディ・グラッドヒルは
私のお気に入りの癒し系ソングライター。
BGMのように長時間聴くこともあります。

今夜はこのブログに何度か登場のキナの曲を。
ちょうど3年前の今頃
彼女は結婚式を挙げました。

こんな風に。

なんだかとても素敵です。

 

ご両親(ママは日本人)の笑顔も素敵。

日本語も上手下向き矢印

これも3年前の新婚当時の動画ですが
日本デビューもしてます。
良かったらお見知りおきを^^


では、また。


おやすみなさい星




 



 







Last updated  2017.09.26 22:05:37
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.22
カテゴリ:ガーデン




こんばんは。

なかなか雨が降らないと思っていたら
やってきたのは豪雨でしたね。
それでも福岡の雨量は少なく
水不足で田植えができない地域も多いらしいです。

 

週末まで雨は降りそうにありませんが
災害につながるドカ雨も勘弁してほしい。

 

さて
先日、外出のついでに
ふと、思いついて筥崎宮の紫陽花苑へ行ってきました。

山奥の紫陽花の名所は遠いけれど
ここなら地下鉄でお気軽に行けます^^

 

ちなみに
筥崎宮が建立されたのは10世紀

語るのは大変なので興味のある方はこちらで

 

下矢印

HP

 

 
本殿脇の右奥が紫陽花苑の入り口上向き矢印


これはほんの一部ですが
エントランス近くでは鉢植えの紫陽花たちがお出迎え。

 


うーん

紫陽花っぽくない。



少し歩くと奥へと続く順路に入ります。上向き矢印

そんなに広大とは言えませんが
100品種ほどあるそうです。



完全管理だとはいいがたく・・・
なんとなくイングリッシュガーデンのような雰囲気もあるかな。

(イングリッシュガーデンは
ナチュラルに見えるように管理されている庭ですが)


少しうっそうとしてますが
こういう雰囲気は嫌いではないです。



 

それぞれの品種名はわかりませんが
紫陽花だけの花色でも華やかでした。









ここも韓国からの観光客が多かったです。
彼らは必ず自撮り棒を携帯
花に埋もれてナルちゃん系の写真を撮りますね。
(それも美しい場所に長時間居座る^^;)

私のようにスマホで適当に撮っている人は少数派?
たまにはちゃんとカメラを持参するべきかな。
(今回は思いつき道草なので^^;)



繊細。。



綺麗なグラデーション。



 

 

さくら

 

 


筥崎宮本殿手前の楼門には
ハトよけネットがされていますが
ふかふかなのか茅葺屋根はハトには居心地が良いらしい。




 

「敵国降伏」の扁額を掲げているので
伏敵門とも呼ばれているとか。

 

ご存知ない方には「えっ?」と思われるかも。

平たく言えば
武力(覇者)によって相手を降伏させるのではなく

徳の力(王道)により導き
相手が自ら降伏することで天下を治める

 

という意味だとか。

 

もともと中国の教えらしいのですが

それを考えると
なんだか複雑な想いです。

 




少し離れた場所の花庭園ではユリ苑も開催中でしたが
約束があったので寄らずに戻りました。

参道だけでも1キロくらいあるので良いお散歩に青ハート


では、また。

 


 

 

 






 

 

 

 







Last updated  2017.06.22 22:57:40
コメント(4) | コメントを書く
2017.06.13
カテゴリ:ガーデン


こんばんは。

ただいま超マイペース更新が続いております。
早いもので6月も半ばですね。

サラッとして過ごしやすいのですが
梅雨入りから約一週間、雨が降りませんよね。

梅雨前線は
南下したまま停滞しているようです。

小雨がしとしと・・・
そんな風景の中で紫陽花を眺めていたいけれど

庭で一番遅い紫陽花も
今週末には見ごろになってしまいそう。下向き矢印

 
ブルー系の紫陽花も、まだ蕾はあれど。。

なんだか日差しが似合わないです^^;下向き矢印
(周りのトクサの繁殖がウザい)


近年、綺麗な青色をした花色が
だんだん紫がかってきたり

ブルーがまだらになってきたりと
花色に少々異変が起きているようです。

紫陽花はアントシアニン系の色素を持っていて
その補助色素がアルミニウムイオンと結合し
青色を帯びるらしいですね。

酸性度が高いとアルミニウムはイオン化するため
それを紫陽花が取り込むことで
ブルーの花色を見ることができますから

土壌のPHによって
ブルー系やピンク系に花色を調整することは
よく知られていますよね。

石灰やミョウバンを使って
花色をコントロールする方もいらっしゃると思います。

うちはコントロールはしていませんが
最近の花色の変化は

土壌のせいなのかな~と思っていたのですが
老化現象でも起こると聞きました^^;

確かに株は古いなぁ。下向き矢印

 
こんな風にブルーの花色が赤みを帯びてくるのは
お年を召した証拠だとか。。

と言っても

何歳からが高齢なの? ってわかりませんが ^^;





酸性土壌は特殊な土質ではないので
植物は酸性土壌に溶けたアルミニウムイオン(毒)を
忌避するシステムを持つらしいのですが

紫陽花などの酸性度が高い土壌で生育できる植物は
アルミニウムイオンを葉に取り込むことで
アルミ毒が全身に回るのを制御し

秋に落葉することで「老廃物」として
除去するという生き方をしているそうです。

(気になったので書店で関連本の立ち読みをしました^^;)


山紫陽花などのごく一部の種を除き
紫陽花に毒があると言われているのは
そのためなんですね。

一度、そうやって毒を放ちリセットしても
自生地では落ち葉が土に還ることで
酸性土は保たれ、また循環するんですね。

ちなみに
中性、アルカリ性の土壌では
アルミニウムは溶けてイオン化できないので

紫陽花に取り込まれることはなく
花色は赤系に。

リトマス試験紙みたいですよね。

いまでは色々な品種があるので
PHに左右されない花色の紫陽花もありそうですが

個人的には
大株に咲くたくさんの紫陽花の花色が

アルミニウムイオンの濃度差によって
ブルー系のグラデーションを作る様を見るのが好きです青ハート




こちら

ピンク系と思っていたら
今年は深紅系がいくつか咲きました。
一昨年はオレンジピンクの花もありました。^^

毎年、微妙に花色が違うのも面白いです。


さくら


さて



これは

何でしょう。



すごい色ですよね。

ガラスの蓋にペタペタ材料名を貼っている通りの
ハーブと精油で作ったチンキです。
(一応、美白用)

通常、消費期限は2年くらいなので
これはアウト

半分ほど使用して
残りは丸8年を超えてしまいました。

香りは悪くないかな
かなりクスリっぽい匂いですけど^^;

もったいないのでむりやり使ってます。

いえいえ
美白用としてではないですよ。

ローションや石鹼作りの材料でしたが
これに精油(ペパーミント)を足して
掃除に使ってます。

虫よけにもなりそうですし
スプレー剤にして下駄箱に吹き付けたり

微妙な隙間に吹き付けたり 
わりと使えてます^^





そして
今年も炊飯器で梅ジュースを作りました。

今年はかなり甘味を抑えましたが
その酸味が心地よかったですピンクハート

重宝するので梅が確保できるうちは
何度か作りたいですね。


こちらも美味しかったピンクハート
いただきものの
ケーキ屋さんのメレンゲスイーツです。



ストロベリー味が濃くて
酸味もしっかり。

作ってみたくなります^^




ピンクハート


鑑賞予定の動画や観たい映画や
読む予定の本や
先送りにしていることなどが
溜まっておりますが

いまいちモチベーション不足のせいでしょうか
オタ趣味に逃げております^^;

美容院でイメージを
ガラッと変えたい衝動にもかられております。
二色カラーにするとか。^^

変化を楽しみたい気分。。
って
なんだか紫陽花みたいですね。



では、また。


おやすみなさい星


























Last updated  2017.06.13 21:31:52
コメント(4) | コメントを書く
2017.05.31
カテゴリ:ガーデン

 

 
こんばんは。

昨日から湿度高で、かなりむわぁ~とします。
まもなく梅雨入りだと思うのですが
長期予報では☀マークがずっと連続していますね。


煩雑なことに追われ
ブログ更新も超マイペースになっているうちに
庭のカシワバ紫陽花がほぼ満開に。

毎年、切り戻すのですが
草丈は2mを軽く超えてしまいました。

 狭い庭にはお邪魔な大きさなのですが
毎年、会いたいし
彼らがどうなりたいのか・・任せることにします。

 

IMG_7629.JPG

 

 

 
すると

挿し木したまま忘れていた他品種の紫陽花を発見
(いくつかあります)

 カシワバさんの中で育っておりました。下向き矢印

IMG_7611.JPG

  
時期を見て移動させてあげなくては^^;


株もと近くには山紫陽花も。下向き矢印



日本の自生種って優し気で儚げですよね。


他にも、あと3種類ほど植えていますが
まだ色づいていませんでした。

同じ紫陽花でも
時間差で楽しませてもらえそうです。

さて

先日のニュースで聞きましたが
宮崎の美郷町の紫陽花ロードの一部が
葉化病に侵され「紫陽花まつり」が中止になったとか。

ファイトプラズマという細菌が
ヨコバイを介して紫陽花に感染するらしい。

近年、増加傾向にあるらしいとも聞きましたが
本当でしょうか。

一度感染してしまうと
株ごと処分するしかないとはショックですね。

花(ガク)が葉と同じ緑色になる他に
株に及ぼすどんな大きなダメージがあるのか
そこが知りたいところです。


さくら



お昼に、通りすがりのお花屋さんで
芍薬のミニブーケを見つけましたピンクハート

200円~(^^♪

お花は6つ(蕾を含めて)で一輪だけ開花してましたが
夕方にはご覧の通り

華やかでとっても可愛らしくなりましたピンクハート



芍薬と言えば
よく知られているのが根の部分を使用した漢方薬

主な有効成分のひとつは
ペオニフロリンと呼ばれるもの。

これは鎮静、鎮痛などに作用し
筋肉痛、生理不順、貧血などの緩和に使われます。
肝に働く薬草ともいわれますよね。

昔から婦人病対策に使用され
女性のための強壮薬みたいなもの。

更年期の様々な不調や
血液の滋養や血行促進を助けてくれますので
冷えや貧血対策などにも。

生薬の他にも
ハーブやフレグランスや美容用品の材料として
様々な形で生活に取り込まれていますよね。




立てば芍薬、座れば牡丹

歩く姿は百合の花





ご存知の通り、それぞれの花の美しい様相を
女性美に例えたものですが

芍薬も牡丹も百合も
全て女性のための薬草でもありますよね。

見た目だけにとどまらず
これらの植物は女性の健康と美を
体内からサポートしてくれる

そんな意味もあるらしいです。
(以前にも言ったような気がする^^;)

鑑賞用としても美しくて香しい彼女たち


花の如く美女はつくられる?


なんてね。



さくら



では、また。

こちらは蒸し暑い夜になりそうです。


おやすみなさい星






こちら芍薬の香りさくらサロン専用お試し

 



               詳細はこちら右矢印 ブランドHp


 







Last updated  2017.06.03 15:41:21
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.17
カテゴリ:ガーデン

 
こんばんは。

ほぼ1週間ぶりの更新になってしまいました。
雑多なことに追われつつモチベーションが下降気味。。^^;

3月も既に後半に突入ですね。
だんだん春のお花の開花も増えて目には楽しくなりそうです。

 

可愛い人よ見に行こう

今朝、曙の陽を浴びて

深紅の衣を解いた薔薇の花

その紅の衣の襞も

失わなかったか、今宵いま。





で始まるこの抒情詩は
薔薇詩人ともいわれるピエール・ドウ・ロンサールの
「カッサンドルへのオード」(高田勇訳を一部抜粋)





ピエール・ドウ・ロンサール
という薔薇は

今では珍しい品種ではないけれど
人気のある薔薇なのではないでしょうか。

この薔薇を作ったのは
マヌゥ・メイアンという女性
(マリー・ルイーズ・メイアン)

父親の影響で幼い時から育種していた少女は
アントワーヌ・メイアン(パパメイアン)の息子フランシスと結婚し

夫婦ともに一生を薔薇づくりに捧げ
夫亡き後に、この薔薇を産出したそうです。

薔薇に詳しい方たちには
よく知られたストーリーだと思います。


そして
「ピエール・ドウ・ロンサール」というのは
フランスで有名な16cの詩人(もしくは宮廷詩人)の
名前だそうですね。
愛と薔薇を賛美した詩人として有名なのだとか。

多くの人を魅了する薔薇に
ふさわしいネーミングなのかも。


さくら


ゆっくり花育てができる環境にないのが残念ですが
この季節になると薔薇苗に心が揺れますピンクハート

アロマ用に強い芳香を持つ「カザンリク」は
花弁を摘むのが楽しみで育てていますが
私には実用的な薔薇。

魅力的な鑑賞薔薇はたくさんあって
目移りするのですが
ひとつを選ぶとしたら深紅の薔薇でしょうか。

ただ
ポプリにすると素敵な色合いですが
ブラック系の赤薔薇は芳香が弱いものが多いですよね。


さくら


ピエール・ドウ・ロンサールは
薔薇園などでは必ずお目にかかりますし
このつる薔薇の佇まいは
品性があり優し気で眺めているとホッとします。

作られたのは1980年代なので
比較的新しい種ですが

詩人ピエール・ドウ・ロンサールが
生きた時代を遡ってみると
連載中の「王妃マルゴ」(萩尾望都氏)と重なります。

昔、映画版は鑑賞しましたが(原作は未読)
うろ覚えだったので
16世紀のフランス王朝をふりかえってみると

ロンサールが生きた時代はブルボン王朝前の
ヴァロア王朝末期のようです。

この時代は長きにわたる宗教戦争の時代でもあり
ユグノーの大虐殺も起こりました。

パリや宮廷はカトリックが優勢だったようですが
闘争が絶えなかったヴァロアの宮廷内では
ロンサールの薔薇や愛をテーマにした歌や詩は
癒しだったのかもしれませんね。

ちなみに王后の命令で
マルゴ(マルグリット)の夫となったのは
ナヴァルの王アンリで

二人は不仲のため後に離婚が成立しますが
アンリはブルボン王朝初代の王アンリ4世となり
忌まわしい宗教戦争を終わらせました。
ルイ13世の父親でもあります。

ユグノー戦争がらみで
マルゴの兄たち(王)が暗殺されなければ
歴史も変わっていたかも?


さくら


薔薇は古代バビロニアの時代には
すでに存在していたらしく
その後のクレオパトラやローマの皇帝ネロをはじめ
薔薇にまつわるストーリーは多いですよね。
人々を魅了する性質は
高貴にして悪魔的かもしれません^^;

ここで度々登場する「ポーの一族」(萩尾望都氏)でも
村では薔薇を育て
彼らが食するのは薔薇のエッセンス
神が否定する一族の命を支えるものになってます。

アロマテラピーや美容界では
薔薇の精油が広く貢献していて
日々薔薇の恩恵を受けているのかもしれない。

もうすぐ薔薇の季節ですね。
薔薇のストーリーも
ちょっと探っていきたいな、なんて思うこの頃ですスマイル


さくら


3月は生活が変わり多忙な人も多いと思いますが
季節の変わり目ですから
体調に気をつけてお過ごし下さいね。


では、また。



さくら





 



 



 



【バラ苗】 ピエール ドゥ ロンサール 国産苗 京成バラ園芸 大苗 7号スリット鉢[アンティークタッチ CLタイプ.Ant/CL.緑を帯びた白.淡いピンク.カップ咲き.返り咲き.ツル性.微香.メイアン.]





 

 







Last updated  2017.03.17 20:24:01
コメント(2) | コメントを書く
2016.12.26
カテゴリ:ガーデン
201612251543_1135_iphone.jpg


こんばんは。

今日明日は雨天予報ですが
年末年始はお天気が良くお掃除も捗りそうです^^

クリスマスが終わると
あっという間にお正月ですね。

来年四月まで喪中なのですが
ちょっと調べてみると忌明けしているので
初詣は行って構わないとか。。

浄土真宗では
阿弥陀さまのもとに帰り仏になったので
喪中や忌中の考え方はなく

生きている人間は残された人生を頑張んなさいと。。
要するに
なすべきことをせよ、ということですね。

~してはならないという拘束はなく
好きなように過ごしてよろしいとのこと。

とは言っても
思想、宗教と文化、慣習は違いますので
平和な人間関係の為には
社会的に逸脱したことはできませんが

父は楽しいことが好きだったし
亡くなるその日まで冗談を言っていたので
湿っぽくならないようなお正月にしたいな~
と思っているところです。

ということで
父の大好きだったお餅もつきますし
おせちも作ることにしました。

初詣も行くのではないかしら^^;


四つ葉


今年は夕顔がハナミズキに巻き付いて
3m以上の高さで花が咲き種をつけてしまいました。

はじける前に採取したのが
上矢印上の写真です。

201612251543_3508_iphone.jpg

種は白くナッツみたいですよね。


月夜に見上げて眺めるのはきれいだったのですが
樹上で上を向いて咲いてしまったので
撮影はできませんでした。。


四つ葉


さて

昨日、母の手伝いで実家に寄った時
大きくなりすぎたため
切り株状にしていたエンジェルトランペットの根っこを
すべて取り除こうと掘ってみたら

キクラゲが生えてました。
これは、その一部下向き矢印

201612251543_0268_iphone.jpg


乾いた切り株に生えるのは珍しいことではないらしい。

写真のものは
ねっとりプルプルしてましたが

乾燥してカラカラになったものも
水につければプルプルと・・・。
食材になりそうな雰囲気。。

キクラゲに毒性はないと言っても
寄生していたのが
エンジェルトランペットの根っこ周辺ですから
毒がありそうですよね。

あの植物の毒の症状には
幻覚や急性痴呆などもあるらしいので
アブナイ、アブナイ

寄生植物の
実際の危険性などはよくわかりませんが
危うきに近寄らず、です。

母が変に手を付けないうちに
ささっと処分^^;

その後
父の仏壇用花壇のための土を耕し
新しい土も入れてお手伝い終了。


四つ葉


私は全く興味がないのでピンとこないのですが
スマップの話題やドラマの再放送が多いですね。
いよいよ今晩が最後?

こういうことも必然だったのではないのかな
なんて感じております。

まさかのクリスマスに
ジョージ・マイケルの訃報も聞いたし
思えば今年も色々なアーティストや俳優が
あちらへ行ってしまいました。

改めて
なすべきことをしなくてはね・・と
ふと、思うのでありました。


では、また。スマイル













Last updated  2016.12.27 19:26:21
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.03
テーマ:河内藤園(2)
カテゴリ:ガーデン



IMG_6769.JPG


IMG_6762.JPG


先月末、家族が揃った時に「河内藤園」へ行ってきました。

私は3年ぶり。
去年は、大渋滞にはまって途中で諦めたのです。

今年はなんとコンビニで前売りチケットを販売していて
それがないと入園できないシステムに変っていました。

ちょうど見ごろがGW時期の上に
SNSで知れ渡ったため外国人の来園者も増えたんです。

色んなお国の方が見えますが団体客は中国人。
混雑具合はご想像いただけると思います。^^;

IMG_6758.JPG


 購入したチケットは
午前8時~10時までに入園するものだったので

6時に家を出発し、8時前には到着しましたが
すでに駐車場は満車に近いほど。

みんな、早いわ~ !

まだ10分早かったけれど、入場OKでした。

 

四つ葉

 
写真を少しだけ貼りますね。

よかったら、おつき合い下さい。

IMG_6764(V.2016_05_03__03_34_32).jpg


IMG_6763.JPG

 
藤の花に群がる蜂は、まだいませんでしたが

芳香がとても濃厚で酔いそうなくらいでした。

そのうち、蜂も増えてきそう。

DSCN0381.JPG


こういうドームが2ヵ所にありますが
葉が目立ちますよね。

まだ、5分~6分咲きだったのでちょっとすかすか? ^^;

DSCN0384.JPG

 
藤棚で有名ですが
その他にも大手茉莉、ツツジ、薔薇など季節の草木もさくら


ここも、まだ満開にいたらず。。下向き矢印

IMG_6746.JPG

 

こちらは パノラマで撮るべき風景ですけど。。


藤棚を上から眺める様は素晴らしかったですよ~。

まだ、右手方向奥へも広がってます。

 

IMG_6783.JPG



入り口横のドーム

6分咲きくらい? まだまだ伸びてくるはず 下向き矢印

IMG_6752(V.2016_05_03__03_46_55).jpg


9時を過ぎる頃にはかなり混雑してきました。
写真を撮りたくても花より人が写ってしまう状況・・・。

朝一番の入園で正解でした。

GW後半には満開になりますね。


ちなみに

これは3年前の満開がちょっとだけ過ぎた頃下向き矢印

色のグラデーションがはっきりしてます。
(写真写りはイマイチですが^^;)

IMG_2850.JPG

IMG_2844.JPG

 
その時の満開の藤は、素晴らしく美しかったけれど

蜂の数もすごかった。。

 刺激しなければ害はありませんが、顔周りを
ぶんぶん飛びますよね。

四つ葉



藤棚の上方には
新緑の美しい遊歩道もありますよ。

DSCN0387.JPG

 

ご参考までに下向き矢印

                            河内藤園HP



                    

四つ葉


昼間の豪雨がウソのようにお天気も回復して
夜は晴れてきました。

ただ、五月の嵐かな~ 暴風です。。


GWも後半突入ですね。

仕事の方も休暇の方も良い日々でありますようにスマイル

車での移動はイライラしそうですが
お気をつけ下さいね~。



IMG_6748.JPG












Last updated  2016.05.03 20:32:39
コメント(4) | コメントを書く

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.