2014.05.23

ちょっとアロマなお話 プロフィール ローズアブソリュート

rosa_centifolia.jpg
オールドローズ
ケンティフォリア種



はい、今日もローズがらみのお話です。

ローズアブソリュート

英  名    Rose Absolute

学  名     Rosa centifolia / Rosa damascena

科  名    バラ科

種  類    低木

採油部位    花    

採油方法    有機溶剤法

主な産地    ブルガリア、モロッコ、トルコ、フランス

主 成 分    モノテルペンアルコール類のフェニルエチルアルコール
         シトロネロール、ゲラニオール、リナロール
         ネロール
         微量成分としてダマセノン、ダマスコン
         ローズオキサイト、オイゲノール、酢酸ゲラニル など


ケンティフォリア種は
100枚の、という名のとおり、100枚前後の花弁を持ちます。
ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」の名画に
画かれた薔薇としても有名。

ローズオットーの精油よりも
華やかで、より薔薇らしい香りだといわれてます。

ケンティフォリア種やダマスク種から
有機溶剤を使って抽出されたものがローズ・アブソリュート
(オットーは水蒸気蒸留法)

 有機溶剤法
花や樹脂の芳香成分を
揮発性有機溶剤の石油エーテルやヘキサンなどを用いて
浸した後、溶剤を蒸発させるとコンクリートが残ります。
それを、アルコールに混ぜて芳香成分だけを取り出し
最後にアルコールを取り除いて精製したもの。
主に
ジャスミン、ローズ、チュベローズ、フランキンセンスなどに
使用される方法。
花から抽出されるものはアブソリュート
樹脂から抽出されるものはレジノイド

香りのノートはミドル~ベース

主な作用は、
オットーと同じように婦人科系の不調や
老化肌に効果的ですが
主に精神的な不調に使用されることが多いです。

様々な種類の恐怖
変化、諦め、悲嘆、ウツ、ショック
情緒不安、無気力
癒しと同時に、精神の安定と快活さを呼び覚ます精油。

香りにも力強さがあります。

若干、溶剤が残留するとも言われていますので
スキンケアにはオットーの方が使いやすいですね。
ですが、
フェニルエチルアルコールを7割近く含有していて
これは肌活性を促しますので
石鹸作りやアロマバスなどに使用すると
いいかな、と。

ただし、この精油も妊娠初期の使用はしないで下さいね。

ローズ・オットーほどではありませんが
やはり高価な精油です。



(ローズオットーとの違い)

主な芳香成分は同じだけど、成分比率が大幅に違うので
香りも印象も違います。

抽出方法が違います。

主にケンティフォリア種から採油。

お値段が、こちらの方がリーズナブル。^^

香りが濃厚なので
石鹸やオリジナル香水などを作るときには便利ですピンクハート













完全無添加だから安心!エッセンシャルオイルそのままの香りのアロマスプレーです(エタノール不使用)[アロマシャワー]ローズアブソリュート 50ml(ガラスボトル入り)



(参)アロマテラピーの教科書






TWITTER

Last updated  2014.05.23 16:08:26
コメント(0) | コメントを書く