000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

仕事を楽しもう!人生楽しもう!わくらく

2014年9月



1.成功を夢見る前にやるべきことがあるだろう
自分の黄金期を取り戻すことにフォーカスせよ
隣の芝生よりもより青くなれ!
70%スペシャリストになら
無我夢中に行動すれば結果も自身もついてくる

やりたいことをやるのは大切。だが、やりたいことをやりながら成功するのが、実業家として目指すべき絶対条件だ。
「人を出し抜く」より「人と違うことをする」という意識で取り組むほうが、何事もうまくいく。
完全なエキスパートよりも”70%スペシャリスト”を目指す
根拠のない自信でも、思い込めば現実になる。
何を言われてもブレない強さと、いい意味での強情さを持つことは、どんな仕事でも強みになる。そのためには、目の前にあることだけに集中して、100%の力をパッションを注ぎ込むこと。自信はその後からオマケみたいについてくる。


2.お金は最高の常備薬なんだ
お金は人生最大の「保険」である
たとえ貯金があっても無収入には絶対なるな
クレジットカードはタンスの中にしまえ
泥から金を作れ

アイロンは、使い続けるかぎり錆びない。お金を稼いでいるうちは、人は生き続けられる。
クレジットカードは、タンスの中にしまえ。カードよりも現金に触れる機会を増やせ。
泥から金を作れ。大事なのは、泥があるかないかではなくて、泥から金を見出そうとする心構えだ。
情熱の矛先をしっかり定めて仕事に100%集中していれば、お金はいつだって自動的についてくる。


3.常識は捨てよ!非常識に生きよ!
お金の話はタブーじゃない。どんどん話せ。
サイドウェイを探せ
データ(前例)がNOでも直感がYESなら前進しろ
年齢を言い訳にするな

お金は保険であり、その保険は家族間で共有すべきものである。保険であるお金に関して家族間でオープンに話すのは当たり前だ。
データや前例にとらわれていては、いざという時に臨機応変に動けなくなる。人間もビジネスも生き物だから、「ここぞ」というときは、野生の勘に頼る。
老いとエネルギーは反比例しない。「もう○歳だから、若い頃のようにアイデアは浮かばない」というのは、年齢のせいではなく、「この年齢ではこうあるべき」という無意識の思い込みが原因。
体が動くうちは、常識にとらわれずに、時には自分の直感を信じてやりたいことを全てやる。人生で一番みじめなのは、体が言うことをきかなくなったときに「あのときこうしていればよかった・・・」と後悔すること。


4。他人に寛大であればお金はついてくる
「明日やる」の逃げの呪縛を解き放て
「地中海テクニック」で取引先を思いのままに動かせ
同僚の妻(夫)の誕生日には花束を贈れ
寛大さと浪費は表裏一体

成功したければ、何事にも全力で取り掛かること。自分の仕事だけではなく、チームの仕事にも同じ気持ちで取り掛からないといけない。
「明日やる」は成功を遠ざける魔のフレーズ。今日できることは今日のうちにやってしまう。
交渉は明るく楽しく、相手と友達になれるくらいオープンマインドでのぞむべし。
恩は一生かけて返すもの。助けてくれた人のことは決して忘れるな。そして、どんなときも正直であれ。

5.大きな山登りも小さな一歩から始まるんだ
約束の30分前には到着せよ
10年先のガンより一週間先の腹痛に気をつけろ
自分の「勝負アイテム」を身につけろ
ランチのあとは15分の昼寝をせよ
オシャレな手帳を肌身離さず持ちメモ魔になれ
煮詰まったら2キロ歩け
起きている間中、脳のエクササイズを続けろ

約束の30分前に到着せよ。時間にはシビアになりすぎるくらいシビアになれ。
ここぞというときに身に着ける勝負アイテムを持て。修羅場を潜り抜けていくうちに、そのアイテムが精神安定剤になる。
メモ魔になれ。やみくもにメモするのではなく、一日の終わりに次の日の佑を箇条書きにし、仕事中はメモをせずそのタスクを実行していくことに集中するべし。
煮詰まったら2キロ歩け。歩く時間はひらめきを授かる時間でもある。
脳を動かし続けるための趣味を持て。人が寝そべってテレビを見る間にその趣味に没頭せよ。

6.空けない夜なんて絶対にないんだ
「神」は人生の安全バルブのようなもの
朝目覚めたら、右足からベッドを出ろ
「できない」「ムリだ」と思ったら3日間だけ我慢しろ
コーシャスピリットで肝を据えろ

神を信じることは、人生における安全バルブを閉めるようなもの。宗教にかかわらず、心から信じられる何かを持つ人は強い。
自分の心を強く、前向きに保つための儀式を毎日実行する。
無理だと思ったら、3日間限定で頑張ってみる。もしそれでも結果が出なければ、計画そのものを見なおす必要がある。感情的になりすぎたときは、その3日間を冷却期間にして、3日後に改めて考える。
最悪の事態を想定する。そしてそれが実際に起きてしまったときのために、奥の手を考えておく。

7.お前も、成功を楽しみなさい
今日考えるべきは明日のランチ
草むらに潜む小さな虫も目を凝らせば見えてくる
ビジネスはカップケーキのアイシングのようなもの
仲間たちと雪玉を大きく転がし続けろ
















Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.