000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

仕事を楽しもう!人生楽しもう!わくらく

2015年6月











はじめに
数、数、とにかく数!でいいんだ、ってこと

第1章 アイデアを出しやすくなる3つの前提
1.アイデアとは「組み合わせ」でしたかな
  組み合わせるのは自分の経験と知識

2.アイデアとは、単なる「選択肢」でしかない
  ステキなアイデアはすぐ出てこない。つまらなくても捨ててはいけない。アイデアを出すとは選択肢をだすこと。

3.アイデアとは「わがまま」から生まれる
  自分に素直になろう。まっすぐに公私混同しよう。個人の経験を場にだそう。一人のわがままとみんなのわがままに。

第2章 アイデアを出す 課題を細かく分割する
1.細かく分割して考える
  4パターンの発想技法をご紹介。課題が大きすぎるとアイデアが出ない。全体を一気に解決しなくてもいい

2.代表的手法2 属性列挙法

3.代表的手法2 マンダラート

4.類似タイプの発想法
  形態分析法。アイデア・ボックス。フィッシュボーン(特性要因図)

第3章 アイデアを出す2 課題をいったんズラす
1.ちょっとズラして考えてみる

2.代表的手法1 パーソナル・アナロジー法
  対象と自分を一体化、一体化したままいろいろ考えて、想像する

3.代表的手法2 場所エクスカーション法
  今いる場所と違う場所にいる自分をイメージ。できる限り細かく旅の様子を思い浮かべる。思い出した旅の様子からアイデアを出す。

4.類似タイプの発想法
  ダイレクトアナロジー法。シンボリックアナロジー法。ファンタジーアナロジー法。動物エクスカーション法。職業エクスカーション法。NM(中山正和)法。

第4章 アイデアを出す3 論理的に問いかける
1.よい質問は、よい答えを引き出す
 課題×問いかけ=アイデア

2.代表的手法1 SCAMPER

3.代表的手法2 ブルートシンク
  「ブルートシンク単語集」から任意に単語を選ぶ。選んだ単語について関係のある言葉を連想する。アイデアに絡ませる。

4.類似タイプの発想法
  オズボーンのチェックリスト。TRIZ。フェニックス

第5章 アイデアを出す4 直観的に問いかける
1.ビジュアルを介して直観で考える

2.代表的手法1 死者の書
  「死者の書(象形文字が一定数集まったもの)」を用意。直感的に気になったものからふくらませる

3.代表的手法2 カラーバス

4.類似タイプの発想法
  カタログ法、インキュベーション法、入眠幻視法

第6章 アイデアを描く
1.アイデアをスケッチする
  アイデアは口頭だけで説明しない。わたしたちは「紙」に助けられている

2.1枚1案が原則

3.説明は簡潔に

第7章 チームでアイデアを出す
1.ありがちな失敗とは
  企画もってこい、アイデアを企画として判断する、一問一答、言い換えナシ

2.プロセスをデザインする

3.チーム向けの代表的発想技法 ブレーンストーミング

4.類似タイプの発想法
  ブレーン来thング、ゴードン法


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.