735271 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アロザ館あーかいぶ

PR

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

アニメ・コミック

2020年05月21日
XML
カテゴリ:アニメ・コミック
コロナ…だいぶ収束に向いつつあるようですが 気を抜かず厳重に注意してお過ごしくださいね

さて ちょっと前 海外のオタク系掲示板を覗いていたら ハードボイルドなアニメとしては

日本の「カウボーイビバップ」というアニメが やたらと人気が高いことを知った

1998年の作品でありながら 今尚「コレを越える作品を知らない」ということらしいので

さっそく探して全編を観てみることにした



曲は聴いたことがあったが アニメのオープニングということは知らなかったな

youtubeで検索すると いろんな人達(特に海外)が演奏を楽しんでるのがほほえましいw

時は2071年 火星を中心とした太陽系が舞台 

宇宙船「ビバップ号」で旅する賞金稼ぎ達の活躍を描くSFアニメ  その内容は・・・

なるほど凄くハードボイルドである!! ホラーやコメディ要素も盛り込まれていて面白い♪

作品中の音楽もシブくてカッコイイぞ!!!

OPに始まってED…次回予告まで通して観て一番最初に思ったのが 

松田優作主演のテレビドラマ「探偵物語」だな  なんか そんな感じがした

面白くて 全26話&映画1本を一気に観てしもたワw


で このアニメ作品絡みで紹介されたのが 

昨年オンエアされたのに観ていなかった「コップクラフト」という警察・異世界・相棒モノ



これも凄く面白かった。 これもなかなかにハードボイルド!

ただ 原作にある「ストーリー上とても重要なエピソード」が

「放送上 道徳的な見地から…不適切」ということで 製作が見送られたのが実に残念(泣

※原作そのものが放送コードにひっかかるのが多く アニメではマイルドになっているwww

種族を超えても「お前ら もう結婚しろよ」と思ったのは『狼と香辛料』以来だなあ大笑い






Last updated  2020年05月21日 14時56分54秒
コメント(4) | コメントを書く


2020年01月10日
カテゴリ:アニメ・コミック
かなり前 当ブログ『悩み相談室』のなかで こんなカキコをしたことを覚えているだろうか?
コレ下向き矢印

それっぽいフォントは すぐにわかり「MINEの同音異義語」で利用させてもらった
コレ下向き矢印

ちなみにフォントの名前は『Comic Sans』 まあ「近い」というだけで「違う」のだがw

さて 何故こんな手書きっぽい大文字だけが使われているのか?

やっと結論っぽいのに到達したので ご報告音符

手書きっぽいのは
 「初期の頃は手書きで吹き出しのセリフを書いていたのが 伝統として継続している」

小文字を使わないのは
 「大文字で太い文字の方が 子供が読みやすい」
 「大文字だけの方が 文章としてでなく『肉声』っぽく感じられる」

・・・らしい 

まだまだ諸説ありそうですが 俺のなかではこれを結論とすることにしました


仕事に追いたてられ すっかりメンタルがやられております(苦笑

ま それはそれとして・・・

遅くなりましたが 今年もよろしくお願いいたします






Last updated  2020年01月10日 15時21分02秒
コメント(5) | コメントを書く
2019年10月18日
カテゴリ:アニメ・コミック
​オンデマンドでラインナップされているのを見つけて視聴開始。

「なんか『さよなら絶望先生』に演出が似てる」とは妻の印象。

そりゃそーかも。監督・総監督が同じ人だもんね。独特の雰囲気がある。

原作は2006年11月にスタートして今も続いてる作品。アニメは2009年7月からスタート。

原作は読まず、アニメだけで『物語シリーズ』を楽しんでいるわけだが(まだ視聴中w

「化物語」「偽物語」「物語シリーズセカンドシーズン」「猫物語」「花物語」「憑物語」
「暦物語」「終物語」「続・終物語」←今ここ     「傷物語」は有料なので未視聴

原作はもっと「○○物語」が多い。で、まだ続いてるところがスゴイ。

これはホンマに【大河ドラマ】と呼んで差し支えない【長寿作品】ですわwww






Last updated  2019年10月18日 13時50分58秒
コメント(7) | コメントを書く
2018年12月07日
カテゴリ:アニメ・コミック
アメリカの新聞社「ニューヨーク・タイムズ」が、2018年に放送された優秀なドラマを選んだ

「The Best TV Shows of 2018」が発表されましたね。

その「The Best International Shows」部門ベスト10に日本のアニメが8位に選ばれたのを知り

その作品「A Place Further Than the Universe(宇宙よりも遠い場所)」を改めて鑑賞中です。



今年の1月から放送されたアニメ作品。


本当に素晴らしい作品でした。 

本当言うと、贔屓の声優【能登 麻美子】さんが出ているので観始めたわけなんですがねwww






Last updated  2018年12月07日 17時02分17秒
コメント(7) | コメントを書く
2018年10月29日
カテゴリ:アニメ・コミック
「昭和元禄落語心中」

第1期/第一話が『与太郎放浪篇』で以降が『八雲と助六篇』
今、NHKでドラマやってますが、2016年/1月~3月にアニメが放送され
2017年/1月~3月に続編「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」が放送された。
しっかりとした時代考証と徹底した落語監修が施された本格的【落語】アニメ。
観るほどにのめり込むストーリー。 椎名林檎が作詞作曲編曲したOP曲も最高でした♪

「幼女戦記」

気にはなっていたが、タイトルの『幼女』というワードにひっかかって避けていた作品w
でも、観始めてみたらドップリとハマってしまいましたよ。 2017年/1月~3月放送
神(?)の怒りに触れたエリートサラリーマンが、危険な【戦時下の世界】の
貧困に喘ぐ【幼女】に転生されてしまい、なんとか生き延びるため、軍隊に入って奮闘します。
舞台は、第一次世界大戦時のヨーロッパっぽい。でも「魔法」が使える部隊の威力は絶大!
【異世界】なので設定が自由です☆ すごく硬派な戦争モノですが、ギャグのセンスも秀逸♪
「銀狼」「戦場の妖精」「幼女の皮を被った化け物」とか呼ばれるほどの活躍で
なんとか戦争を終わらせようとしますが、政治がそれを許してくれません。そして泥沼へ・・・
『幼女』というストレートなワードが付いてますが【萌え】の要素は一切ありませんwww

「メイドインアビス」

なんかフワフワしたキャラ・デザインなので そんな感じのファンタジーと思って観始めた。
・・・が、思ったより重くハードな内容です。 2017年/7月~9月放送
去年の作品ですが、最近オンデマンドで見つけて観始めたばかり。
でも、なんかワクワクする展開・・・忙しくてなかなか観進められませんがジックリ楽しみたい。

「ルパン三世 PART5」

2018年/4月~9月放送・・・なので「ちょっと前」と言いながら、わりと最近の作品ですね。
1971年に放送されたアニメ作品【信者】としては、これまでのシリーズは物足りなかった。
が、この「PART5」には物凄いパワーを感じています。
「メイドインアビス」同様、最近観始めたばかりですが これもジックリ楽しんでいます♪
余談になりますが・・・やはり銭形警部ほど『日産ブルーバード』が似合う男はいない!(笑






Last updated  2018年10月29日 16時23分50秒
コメント(5) | コメントを書く
2018年01月19日
カテゴリ:アニメ・コミック

今、我が家でアニメ『魔法使いの嫁』『嫁』で通じる。
良作である。

それはそれとして【オープニング・エンディング曲】が変わってしまったのが残念に思っている。

で、あえて今のじゃない 以前のOP/ED曲を紹介☆

前のOP曲 JUNNA 「Here」 (short ver.)


前のED曲 糸奇はな「環-cycle-」 (short ver.)

この「環-cycle-」に関して言えば 作詞 - 小峰公子 / 作曲 - 吉良知彦 なんですわ。

俺が個人的に【神曲】と思っている アニメ『狼と香辛料』OP曲「旅の途中」のコンビだな。

2016年7月3日に亡くなった吉良知彦さんの未発表曲に

小峰公子さんが原作にあわせて詩をつけてできた曲らしい。


実は、妻も「このアニメの音楽CDが欲しい!!」と申しております♪



【近況報告】
全く仕事が減りません。それどころか増える一方(ま、ありがたい話なんですが・・・
それに加え、昨今の「大雪」の影響で 仕事的にも私的にも酷い目に遭っております(苦笑

嗚呼、また来週から「大雪」の予報が・・・・・・・・・






Last updated  2018年01月19日 15時37分19秒
コメント(8) | コメントを書く
2017年10月02日
カテゴリ:アニメ・コミック


本当に、妻に言われるまで地獄少女「閻魔あい(CV=能登麻美子)」が歌っていると気付きませんでした(苦笑

彼女の『決めセリフ』の「いっぺん、死んでみる?」を言われても文句言えませんわwww



「地獄少女」「地獄少女 二籠(ふたこもり)」「地獄少女 三鼎(みつがなえ)」「地獄少女 宵伽(よいのとぎ)」

を一気観しました。

アニメ「地獄少女」の存在は知ってましたが、今までそれほど興味を持たずにいましたが

第四期の「宵伽」という蠱惑的なサブタイトルに惹かれ・・・で、さかのぼって第一期から一気観です(爆死w

いやあ、なかなかの傑作でした♪ 観てヨカッタ☆☆☆☆☆






Last updated  2017年10月02日 23時18分38秒
コメント(4) | コメントを書く
2016年06月20日
カテゴリ:アニメ・コミック
発売されて2年ほど経つけど、ちょっと前に書店で見つけることが出来たのでアップ☆

Alice's ...
Alice's Adventures in Wonderland and Through the Looking Glass [ペーパーバック]

出版された時は話題になりましたねえ、コレ。 「不思議の国のアリス」が「KAWAII!」と。

ほとんどラノベ(ライトノベル)の世界ですわwww


今までにも何度も出版され、それぞれに個性的な挿絵が本を飾ってきましたが・・・

ついにココまできたかと、というか、きてしまったか・・・というかw

John Tenniel の手による[初版]の、このシーンが・・・
John Tenniel
                     下矢印
Kriss Sison
Kriss Sison が描いた本作では こーなってます。他も色々と可愛い赤ハート

※『艦これ』の「島風さん」かと思っちゃいましたよスマイル

ちなみに、挿絵を担当した Kriss Sison氏 はフィリピン人だそうで「オズの魔法使い」もありました。

ネットでも購入可能ですが、立ち読みしたいなら、大きな書店か洋書屋なら置いてあると思います。

ちなみに1700円ほど。

ま、こんな本下向き矢印






Last updated  2016年06月20日 16時36分17秒
コメント(4) | コメントを書く
2016年06月09日
カテゴリ:アニメ・コミック
くまみこ
「くまみこ」なるアニメを観始めた。 こういう時【オンデマンド無料配信】は実にアリガタイ。
※とはいえ「おそ松さん」第一話は視聴不可であるが・・・なんで?(謎

非常に面白い。 さて、(アニメ「聖地巡礼」の趣味はないが)舞台は何処なのであろうか?

これがサッパリわからない。
※最近のアニメは実在する場所を かなり正確に描きこんでいる場合が多いもんで

番組の第壱話の冒頭で「東北の どこか山間の村」と紹介されているので・・・舞台の『熊出村』を探す。

東北といえば、青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県。

メインとなる「熊出神社」は、新潟県に(跡)があるが、新潟県は東北ではない。

第参話で「日本海側は…」というセリフがあるので、青森県・秋田県・山形県まで絞れる。

山形県の鶴岡市に熊出という場所はあるが、ストリートビューで見る限り・・・違うっぽい。

ヒロインである「雨宿まち」の巫女姿は、どう見てもアイヌの民族衣装っぽい。

つまりは完全に架空の設定なのだろうね。「ユニクロ」とか実名で登場してるわりに・・・






Last updated  2016年06月09日 14時46分23秒
コメント(4) | コメントを書く
2016年04月29日
カテゴリ:アニメ・コミック
妻が こう言った。
違うよ
声を聞けば だいたい誰の声か聞き分けられる妻だが、アニメの声優サンの聞き分けはチョイ苦手らしい。

思ったんだけど、「進撃の巨人」のリヴァイ兵長(左)と「鬼灯の冷徹」の鬼灯(ほおずき)(右)って似てるね。
似てる

話を「さよなら絶望先生」に戻します。

TVアニメも原作も、それはもう「やりたい放題!」な感じの理屈っぽいブラックコメディでしたが

原作コミックの最終巻は(良い意味で)やたらと重かった。

絶望先生最終巻より

正直、呆気にとられましたよ。

絶望(糸色 望)先生が、生徒の「風浦 可符香(ふうら かふか)」を最後に「カフカさん」と呼んだあたりとか

他の、(謎も問題も多い)生徒達を卒業式で送り出すあたりとか・・・他もろもろ。

今までが今までだっただけに(爆笑)それはもう、【衝撃の展開】過ぎてwww


最後の最後で「駄作」になった作品もあるなか、

(あくまで個人的に)この作品だけは「キッチリとシメやがった!」と思ってしまった。


一気に「さよなら絶望先生」を見直してしまいましたよ☆


しかし・・・、三期も放送しながら、何故このラスト・エピソードをアニメ化しなかった?






Last updated  2016年04月29日 12時08分34秒
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.