179824 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

小村和也の建築家日記

小村和也の建築家日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

コムース

コムース

Calendar

Favorite Blog

四十路の旅路 さとう4632さん
島根の応援団長(継… よっしい@修行中さん
【井上淳の気分はカ… としろう15さん
フード・コミュニケ… 小馬0212さん
創業日記 ハッピーCさん
醸造家日記 石ばっちゃんさん
■みど■日記 ■みど■さん
La Neige diary i-yukkiさん
ローズマリーとラベ… ローズマリーとラベンダーさん
ayazアワー☆友達の輪 ayaz24さん

Comments

sakuranNY@ Re:建築家日記(912) 癒しの音楽と読書(08/01) 読書は苦手でしたが、併読を薦められてか…
コムース@ Re:運動いいですね(07/20) kitikiti48さん ----- 今の私は一日中歩…

Archives

2022/08
2022/07
2022/06
2005/11/12
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
遠きにありて思うこと

このところ色々なところで講演という形で話をさせて
いただくことが多い。また、通常の建築家活動の中で
お話すること、友人・知人と何気に話をすることなど
を思い返してみると、ただ一つのことに貫かれている
ことがわかる。

その思いこそが私に旅の機会を与えてくれるし、日本
の中の圏域の境を取り去ってくれた。

東京をはじめ方々で出会った人達は、このものを共通
言語として認識していただける方々だった。

全国を動きまわるようになってまだ3か月なのだが髄分
色々なことがわかった。特に東京での連携軸が見えた
・・・感じとれたことが大きいことだった。

松江を軸あるいは立ち位置にしなければ見失ってしま
うもの、それは文化性であったりコミュテイ-(庶民性)

であったり。

東京や他地域に行かなければ感じとれないこと、わか
らないこと。同郷という連携であったり輪というもの。

これらが合わさったときに私の中に見えてくるものがある。

これこそ思い描いていた「コミュニテイの新たな創出」
そのものかも知れない。


こうして小樽の町の小さなメシ屋で地元の人間と区別
がつかない風でお昼を食べながらふと心に浮かんでくる
思いに浸っている。
「捜し求めていたものにやっと巡り逢えたのかもしれない。」






Last updated  2005/11/14 08:12:23 PM
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.