177557 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

小村和也の建築家日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


コムース

Calendar

Favorite Blog

四十路の旅路 さとう4632さん
島根の応援団長(継… よっしい@修行中さん
【井上淳の気分はカ… としろう15さん
フード・コミュニケ… 小馬0212さん
創業日記 ハッピーCさん
醸造家日記 石ばっちゃんさん
■みど■日記 ■みど■さん
La Neige diary i-yukkiさん
ローズマリーとラベ… ローズマリーとラベンダーさん
ayazアワー☆友達の輪 ayaz24さん

Comments

sakuranNY@ Re:建築家日記(912) 癒しの音楽と読書(08/01) 読書は苦手でしたが、併読を薦められてか…
コムース@ Re:運動いいですね(07/20) kitikiti48さん ----- 今の私は一日中歩…

Archives

2022/05
2022/04
2022/03
2005/11/13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
小樽 起工式

本日、関係者が参集して、旧邸 遠藤又兵衛邸改修工事の
起工式(安全祈願祭)が行われた。

この建物は所有者の財産であることはもちろん、小樽市の
指定歴史建造物に指定されていることから市民の財産、
ひいては国民の財産ともいえる非常に価値の高い建築だ。

私がこの旧邸に関わる意義は計り知れないほど大きい。

式典の中で、建築家としてこのプロジェクトの意義を
時間をいただきお話ししたが、40名あまりの参加
者の方々は、もとより意義を深く噛み締めていらっ
しゃることがわかる。

単年度予算だけではやりきれず、次年度の予算で完璧
な形となるだろう。

この物件は、私にとってのリニューアルの代表的な
実績となるだろう。そして、今後講演をさせていただく
機会があるとするならば、その半分の時間を割きお話
しすることになるだろう。先日の六本木での講演でも
そうだったように。

それは、この旧邸 遠藤又兵衛邸の存在を世に知ら
しめる活動にほかならない。
これからずっと建築家としての使命として続いていく
だろう。






Last updated  2005/11/14 08:12:04 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.