1803793 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

第7官界彷徨

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


薔薇豪城

お気に入りブログ

「補償しますから休… New! しっぽ2さん

(文化の扉)ルビ 小… New! Mドングリさん

たけくらべ・あこが… New! lavien10さん

邦楽の危機 New! inti-solさん

アビガン研究、有効… New! hiryu4398さん

コメント新着

薔薇豪城@ Re[1]:古典講読「方丈記」(07/03) KUMA0504さんへ 方丈記は短い文章の半分が…
KUMA0504@ Re:古典講読「方丈記」(07/03) こんばんは。 この前の京都の旅で偶然にも…
http://buycialisky.com/@ Re:橘始黄(12/03) propoer dose of cialisget cialis cure e…
http://buycialisky.com/@ Re:源氏と夕霧・父と子対決(09/14) what works better viagra cialis levitra…
http://buycialisky.com/@ Re:仏さま(11/28) cialis 5mg preis 84 stuckhow often cial…

フリーページ

私の源氏物語


国語・国文学会・薔薇篇


古都を旅して、


源氏物語の姫君


舞台鑑賞・能楽堂&こまつ座2012年


伊勢のみやび・私の伊勢物語


伊勢物語その2


源氏物語ー玉鬘


源氏物語ー柏木


源氏物語ー横笛


源氏物語ー夕霧、御法


古今和歌集仮名序


古今和歌集/春の歌


舞台鑑賞・能楽堂&こまつ座2013年


宇治十帖


古今和歌集夏、秋、冬の歌


更級日記


町子の日記


清少納言の日記


道長の日記


定家くんの日記


蜻蛉の日記&2014年能楽堂&こまつ座


兼好さまの日記


古今和歌集 賀の歌 離別歌 羇旅歌


なぎ子の枕草子


伊勢物語その3 2010年9月~


上野誠先生の万葉集


上野誠先生の万葉集その2


古今和歌集 恋の歌


上野誠先生の万葉集その3


五味文彦先生の平家物語


五味文彦先生の平家物語その2


五味文彦先生の平家物語その3


五味文彦先生の平家物語その4(巻5)


五味文彦先生の平家物語その5(巻7)


五味文彦先生の平家物語(巻の8巻の9)


五味文彦先生の平家物語巻10・11


放送大学2013年


英勝院様御事績


佐藤勝明先生の「おくのほそ道」


佐藤勝明先生のおくのほそ道その2


佐藤勝明先生の「おくのほそ道」その3


佐藤勝明先生の「おくのほそ道」その4


佐藤勝明先生のおくのほそ道 その5


舞台鑑賞・能楽堂&こまつ座2015年


八ッ場ダム


ダム問題をめぐる情勢


ダム問題をめぐる情勢その2


まぼろしの追原ダム


追原OPPARAつうしん


追原騒動記


薔薇豪城作品集その1・短歌


なまはげの夜


詩-蒼い春と朱夏


詩-白の時代


往復書簡


薔薇亭華城の時代


詩・晩秋


ローザルクセンブルクの時代


チラウラ短歌


チラウラ俳句


チラウラ俳句その2


俳句あれこれ


連歌デモ


連歌デモその2


私の立原道造


私の宮沢賢治


私の第七官界彷徨


フランス革命


革命暦


千葉なでしこ9条の会


わたしの9コレクション


韓国歴史ドラマ


戦争遺跡


2008.12.16
XML
カテゴリ:現代社会
 昨日のNHKスペシャル「非正規雇用を守れるか”派遣切り”の衝撃」は、中味のある討論会でした。職を失うことが住居を失うこと、という現実。
 中で、「もやい」の湯浅誠さんが「今年の暦では、26日で役所が閉まってしまう。この年末年始に、生き死にの問題がかかっている。早く、現実的な対策を!」と訴えている言葉が印象的でした。

 派遣の問題では、オランダが10年前に打ち出した政策が紹介されていました。当時の首相は、同じ仕事をしている場合は、正社員も派遣社員も同じ給料を払うこと、技術を身につける環境整備、などを企業に提案、しぶる企業に対し、提案を呑まなければ、派遣というシステムによりきびしい制裁をすると通達、大論争の結果、企業側も派遣がなくなると困るということと、より良い労働力の確保が将来の産業の力になるとして、これを呑んだそうです。

 今回の不況で派遣切りも行なわれているオランダですが、切られた派遣社員は「少しも困らない。またほかの仕事を探すこともできる」と涼しい顔です。
 当時の首相も、「困難はあったがこの政策を決められて良かった」と語っていました。政治と国民が、国を良い方に向かわせた自信に満ちていました。これを見ると、日本の不況はまさに「政治不況」。

 オランダでは、派遣社員は退職後3年間は、それまでの給料の70%が保障され、ゆっくり仕事探しをすれば良いのです。
 また、派遣から正社員への道を目指す人は、働きながら技術学校に通い、「両立はきついけれど好きなことをしているので、楽しい」と語っていました。

 そうしたら、チンクシャ厚生労働副大臣が我が意を得たりとばかりに「オランダのようにするには、消費税を上げなければならない。」と、2,3年後の消費税値上げを言い出しました。
 すかさず湯浅さんが、「消費税を値上げするのなら、今までの消費税の徹底検証をしてからにしてほしい.福祉のためと言いながら、医療費負担は1割から3割に、、、」などいろいろ福祉の後退を列挙。そして「派遣切りにあっている人には10%の消費税はとても払えないでしょう」と。
 副大臣は、「その頃と比べて国庫の負担額は大きく増えている」などと言いはじめました。
 ここで私だったら「まずは税金の使い道を考えるべきではないですか?」と軍事費やムダなダムについて言い出して、司会から「それでは話がひろがりすぎますから、まあまあ」となだめられるでしょうが、湯浅さんは一応聞き流していました。

 そののち、ハローワークの方がインタビューで取り組みを話していましたが、「いろいろ仕える制度などもお話できますので、ぜひ相談に来て下さい」と語っていたのが心強かったです。一人でも多くの若者が救われることを祈っています。
 緊急性のあるテーマで、真摯な良い番組でした。  

 ところで、ラジオから流れて来る「赤い羽募金は、その70%?が地域のために使われます。みなさまの地域を良くするために募金にご協力を!」というのの意図が???です。
 困っている人のところに直接いく分が少ないんですね!

 なので、ぜひともみなさま、湯浅誠さんの「もやい」に年末カンパをお願いします。これなら困っているホームレスの人たちに温かい食べ物を渡してもらえそうです。
 カンパの宛先は「もやい」のホームページを見てください。

 今朝は、5時30分頃、近所で火事がありました。公園の向こうの工場です。この工場は以前、市のゴミ箱(ダストボックス)を作っていた所です。
 爆発の音が2回くらいして、消防車の音が聞こえたのですが、9時頃みかんのお散歩に行った所、まだ燃えていました。世の中いろいろなことがあり過ぎるのか、野次馬は一人もいませんでした。 

 午後は古今和歌集の日でした.中味については長くなるので割愛しますが、今年最後なのでケーキと紅茶でお茶会をした時、先生に質問してみました。
 「加藤周一が亡くなったのですが、加藤周一は古今和歌集と源氏物語のことをよく話していますよね。ヨーロッパでは万葉集より古今の方が良い評価なのでしょうか?」
 すると先生曰く
「ヨーロッパの詩は、いかに工夫やテクニックを弄するかを大事にするんですね。だから、古今和歌集の良さが評価されるのです」
 なるほど。






最終更新日  2008.12.16 20:04:45
[現代社会] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.