1187835 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

第7官界彷徨

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


薔薇豪城さん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする

お気に入りブログ

《短歌日記》 北朝… New! 平安寺悠悟(へいあんじ・ゆうご)さん

我々は自然の節理に… New! しっぽ2さん

『日本の「運命」につ… New! Mドングリさん

「消されたマンガ」… New! KUMA0504さん

再訪 「赤の女王」説 New! rhyssa05さん

コメント新着

七詩@ Re:バーナード嬢(02/22) 土地取得の経緯については最後までわから…
ローザ@ Re[1]:賀川豊彦賞(02/10) 七詩さん >ものごとは弱い立場の目線でみ…
七詩@ Re:賀川豊彦賞(02/10) ものごとは弱い立場の目線でみるかそうで…
薔薇豪城@ Re[1]:終末の風(02/07) Mドングリさん >つい最近『バラカ』を読…
Mドングリ@ Re:終末の風(02/07) つい最近『バラカ』を読んだけど・・・ 以…

フリーページ

私の源氏物語


国語・国文学会・薔薇篇


古都を旅して、


源氏物語の姫君


舞台鑑賞・能楽堂&こまつ座2012年


伊勢のみやび・私の伊勢物語


伊勢物語その2


源氏物語ー玉鬘


源氏物語ー柏木


源氏物語ー横笛


源氏物語ー夕霧、御法


古今和歌集仮名序


古今和歌集/春の歌


舞台鑑賞・能楽堂&こまつ座2013年


宇治十帖


古今和歌集夏、秋、冬の歌


更級日記


町子の日記


清少納言の日記


道長の日記


定家くんの日記


蜻蛉の日記&2014年能楽堂&こまつ座


兼好さまの日記


古今和歌集 賀の歌 離別歌 羇旅歌


なぎ子の枕草子


伊勢物語その3 2010年9月~


上野誠先生の万葉集


上野誠先生の万葉集その2


古今和歌集 恋の歌


上野誠先生の万葉集その3


五味文彦先生の平家物語


五味文彦先生の平家物語その2


五味文彦先生の平家物語その3


五味文彦先生の平家物語その4(巻5)


五味文彦先生の平家物語その5(巻7)


五味文彦先生の平家物語(巻の8巻の9)


五味文彦先生の平家物語巻10・11


放送大学2013年


英勝院様御事績


佐藤勝明先生の「おくのほそ道」


佐藤勝明先生のおくのほそ道その2


佐藤勝明先生の「おくのほそ道」その3


佐藤勝明先生の「おくのほそ道」その4


佐藤勝明先生のおくのほそ道 その5


舞台鑑賞・能楽堂&こまつ座2015年


八ッ場ダム


ダム問題をめぐる情勢


ダム問題をめぐる情勢その2


まぼろしの追原ダム


追原OPPARAつうしん


追原騒動記


薔薇豪城作品集その1・短歌


なまはげの夜


詩-蒼い春と朱夏


詩-白の時代


往復書簡


薔薇亭華城の時代


詩・晩秋


ローザルクセンブルクの時代


チラウラ短歌


チラウラ俳句


チラウラ俳句その2


俳句あれこれ


連歌デモ


連歌デモその2


私の立原道造


私の宮沢賢治


私の第七官界彷徨


フランス革命


革命暦


千葉なでしこ9条の会


わたしの9コレクション


韓国歴史ドラマ


戦争遺跡


2010年04月11日
XML
 今日は、日本の桜100撰にも選ばれている泉自然公園にお花見に行きました。満開の桜が静かな風にもひらひらと散って、夢のようにきれいでした。
 帰ってPCを開けたら、ネットニュースに、井上ひさしさんの訃報が流れていました。お元気だとばかり思っていたのに。息子の佐助くんは、もう18歳になったのですね。

 持っている井上ひさしさんの本を並べてみました。一番手前に「人間合格」の時の「The座」を置いてみました。井上さんが太宰治に贈った「人間合格」のメッセージを、そのまま井上ひさしさんに贈りたいと思います!素晴らしい人生だったと思います。

 1989年の「The 座」には、拠点となる劇場を作りたいと思っていた井上ひさしさんがこう書いています。
 上野か蒲田か亀戸あたりに、「私たちのその劇場は、ダイコンやサンマやホンを商う商店街の外れに立つはずでした。外観は倉庫のように地味で、ロビーは図書館をも兼ね、商店街へやってくる生活人に開放しよう。」

 そして
「この国の、「演劇は教養ある人たちのもの」という文化人主義とサヨナラするために、あるいは世の中や人間のあり方を問うこともなく、むしろそれを斜めから見て遊びたわむれるだけの遊び人主義と決別するためにも、生活人の生活圏へ根をおろしたかったのです。
 もとより、生活人と安易に妥協はすまい、とも自戒していました。生活人との不用意な野合は、不出来な大衆娯楽をつくりだすだけでしょうから。
 むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、そしてゆかいなことはあくまでもゆかいに。」

 テレビでのいろいろな作品も、また小説も面白かったけど、演劇は特に井上ひさしのメッセージがビンビン伝わってきました。初めて見たのは「きらめく星座」少しの登場人物が思いのたけを言葉で発する井上芝居のスタイルに酔いました。

 この「The 座」に、長女で、こまつ座代表の井上都さんが書いています。
「私達家族が長年住み慣れた家を離れてばらばらになるとき父は言った。「これからは、それぞれがそれぞれの場所で幸福になることだけを考えよう」と。」

 父の井上ひさしさんも新しい家族を作り、息子くんも生まれて、きっと幸せな充実した日々だったと思います。
 大きな星が落ちてしまいましたが、膨大な作品にこめられたメッセージは、この国を良くするために生き続けます!








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010年04月11日 20時34分02秒
コメント(6) | コメントを書く
[花の名前(薔薇の名前・・)] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.