1186084 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

第7官界彷徨

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


薔薇豪城さん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする

お気に入りブログ

《短歌日記》 さつ… New! 平安寺悠悟(へいあんじ・ゆうご)さん

桧木内川沿いは一分… New! しっぽ2さん

問う「共謀罪」表現者… New! Mドングリさん

フレイル予防 New! lavien10さん

東京都心散歩 New! 七詩さん

コメント新着

七詩@ Re:バーナード嬢(02/22) 土地取得の経緯については最後までわから…
ローザ@ Re[1]:賀川豊彦賞(02/10) 七詩さん >ものごとは弱い立場の目線でみ…
七詩@ Re:賀川豊彦賞(02/10) ものごとは弱い立場の目線でみるかそうで…
薔薇豪城@ Re[1]:終末の風(02/07) Mドングリさん >つい最近『バラカ』を読…
Mドングリ@ Re:終末の風(02/07) つい最近『バラカ』を読んだけど・・・ 以…

フリーページ

私の源氏物語


国語・国文学会・薔薇篇


古都を旅して、


源氏物語の姫君


舞台鑑賞・能楽堂&こまつ座2012年


伊勢のみやび・私の伊勢物語


伊勢物語その2


源氏物語ー玉鬘


源氏物語ー柏木


源氏物語ー横笛


源氏物語ー夕霧、御法


古今和歌集仮名序


古今和歌集/春の歌


舞台鑑賞・能楽堂&こまつ座2013年


宇治十帖


古今和歌集夏、秋、冬の歌


更級日記


町子の日記


清少納言の日記


道長の日記


定家くんの日記


蜻蛉の日記&2014年能楽堂&こまつ座


兼好さまの日記


古今和歌集 賀の歌 離別歌 羇旅歌


なぎ子の枕草子


伊勢物語その3 2010年9月~


上野誠先生の万葉集


上野誠先生の万葉集その2


古今和歌集 恋の歌


上野誠先生の万葉集その3


五味文彦先生の平家物語


五味文彦先生の平家物語その2


五味文彦先生の平家物語その3


五味文彦先生の平家物語その4(巻5)


五味文彦先生の平家物語その5(巻7)


五味文彦先生の平家物語(巻の8巻の9)


五味文彦先生の平家物語巻10・11


放送大学2013年


英勝院様御事績


佐藤勝明先生の「おくのほそ道」


佐藤勝明先生のおくのほそ道その2


佐藤勝明先生の「おくのほそ道」その3


佐藤勝明先生の「おくのほそ道」その4


佐藤勝明先生のおくのほそ道 その5


舞台鑑賞・能楽堂&こまつ座2015年


八ッ場ダム


ダム問題をめぐる情勢


ダム問題をめぐる情勢その2


まぼろしの追原ダム


追原OPPARAつうしん


追原騒動記


薔薇豪城作品集その1・短歌


なまはげの夜


詩-蒼い春と朱夏


詩-白の時代


往復書簡


薔薇亭華城の時代


詩・晩秋


ローザルクセンブルクの時代


チラウラ短歌


チラウラ俳句


チラウラ俳句その2


俳句あれこれ


連歌デモ


連歌デモその2


私の立原道造


私の宮沢賢治


私の第七官界彷徨


フランス革命


革命暦


千葉なでしこ9条の会


わたしの9コレクション


韓国歴史ドラマ


戦争遺跡


2010年05月15日
XML
 バラのコティヨンが咲きました。後ろの室外機の李さん一家は「まだいるのです」が、かーちゃんはどこかに行ってしまいました。全然見かけないので,死んでしまったのかと思っていましたら、先日2ブロックくらい先の道を威風堂々と歩いていました。 

 まなびの草紙「憲法編」の「いろはにこんぺいとう」が届きました。二見伸吾先生の労作です!
 今回は第5章 新安保条約から日米同盟へ
    「九条の会の人びと」は,鶴見俊輔さんです。

 まずは、新安保条約第2条
 「締約国は、平和的かつ友好的な国際関係の一層の発展に貢献する。締約国は、その国際経済政策におけるくい違いを除くことに努め、また両国の間の経済的協力を促進する。」
 
 二見先生は
「経済協力が新安保条約の一つの特徴です。国際経済政策におけるくい違いを除く、の、食い違いを除く、というのは、アメリカに不利益にならないように、という意味。
 農業、長く続く異常な低金利、公共事業などの問題の根っこにあるのが、この安保条約第2条なのです。」
 と書いていらっしゃいます。
農業でいえば、
「新安保条約成立の翌年の1961年、農業基本法が成立、公布。その前提は農産物の輸入自由化でした。自由化といえば聞こえはいいですが、その本質はアメリカの農産物を買うことです。
 1962年には103あった農林水産物の輸入量制限は、64年には72に急減し、穀物自給率は60年の83%から65年の61%へと、たった5年間に20ポイント以上、史上最大の下落をとげたのです。」

★米の減反を進めてカリフォルニア米を輸入し、オレンジの自由化の為に「かんきつ園転換事業」で農家に補助金を出して木を伐らせました。りんごは毒りんごみたいで売れなかったけど、果汁はたっぷり輸入されていますね。
 
「農業はつねに、アメリカのいいなりの政治によって犠牲になってきました。安保が日本の農業を犠牲にしたのです。」

 それから、異常な低金利の仕組み、無駄遣い公共事業などほとんどの分野でアメリカの利益になるように仕組まれているそうです。それは
「アメリカ政府から要求された各項目は、日本の各省庁の担当部門に振り分けられ、それぞれ内部で検討され、やがて審議会にかけられ、最終的には法律や制度が改正され,着実に実現されていく。」
(関岡英之「拒否できない日本」文春新書52p、55p)

 次に第3条「自衛力の維持発展」
 「締結国は、個別的に及び相互に協力して,持続的かつ効果的な自助及び相互援助により、武力攻撃に抵抗するそれぞれの能力を、憲法上の規定に従うことを条件として、維持し発展させる。」
 
★こわいですね~唯一の頼みの綱は「憲法上の規定に従うことを条件として」だけです!

  第6条「全基地方式の継承」
 「日本国の安全に寄与し,並びに極東における国際の平和及び安全の維持に寄与するために、アメリカ合衆国は、その陸軍、空軍及び海軍が日本国において施設及び区域を使用することを許される。」

 「旧安保条約から全土基地方式を引き継ぎました。アメリカが必要とすれば、日本のどこであろうとも、米軍基地を置くことができ、日本政府はタダで無期限に土地や建物を提供。さらに駐留経費の面倒までみてあげる。いたれりつくせりで、アメリカは出て行くはずがないのです。」

★こわいですね~(これしか言えない)でもここまで読んで下さった皆さん、ありがとう!唯一、評価できる、希望につながる条文があるそうです。良かったですね!

 第10条「条約の終了」
 「1/この条約は、日本区域における国際の平和及び安全の維持のため十分な定めをする国際連合の措置が効力を生じたと日本国政府及びアメリカ合衆国が認めるときまで効力を有する。
  2/もつとも、この条約が十年間効力を存続した後は、いずれの締約国も、他方の締約国に対し、この条約を終了させる意思を通告することができ、その場合には、この条約は、そのような通告が行われた後、一年で終了する。」

 ★旧安保条約では、やめる方法がなかったのだそうです。1960年の国民の多くの批判んよって、終了手続きが入れられたのですね。先輩たちの素晴らしい贈り物ではありませんか!
 とっくに10年は過ぎているので、「やめたいんですけど」と政府に言ってもらえばいいのですね。

 まだまだ重要事項が続きますが、長くなるのでこの辺で、鶴見俊輔さんのこともご紹介したいのでまたあとで。
 この「いろはにこんぺいとう」は、2010年8月から、第2期全6章が始まります。
 購読料は送料込みで3000円です。
 連絡先は、次回書きます。






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010年05月15日 11時47分46秒
コメント(12) | コメントを書く
[憲法に守られた平和] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.