093749 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

銀座かわうそ画廊

2017年01月23日
XML
 1月14日に申し込みを締め切った「かわうそ新人賞2017」には119点の応募作品が寄せられました。10号サイズまでの平面作品(日本画、油画、版画)です。
 年明けからドドドッと応募が集中し、締切当日には十数点が駆け込み応募、いわゆる うれしい悲鳴状態になりました。

 1月22日に一次審査を行いました。A4判の画像を画廊の壁に一斉に貼り出して、その中から各審査員に20点ずつ選んでいただき得票を集計していきました。



 貼り出した応募作品のようすです。







 真剣に各作品と向かい合う美術コレクター審査員の3名(小泉 清、関 一彦、泉 ユキヲ)と画廊主宰。



 自分が買いたくなる絵か、ひとに購入を薦めたくなる絵か、アート市場性の原点に立ち返った審査となりました。



 このほか『月刊美術』編集部には1月20日に審査いただき、また遠隔地在住の画家の柳田補先生・宮崎優先生には画像を郵送して審査いただきました。
 得票が多かった作品順に合格を出していきましたが、ボーダーラインに並んだ力作群からどれを選ぶか、審査員も悩み多きひとときでした。

 一次審査結果は2月10日に公表します。
 一次審査を通過した作品は 3月25~31日に銀座かわうそ画廊で展示します。

 二次審査は実作品を見ながらの審査となりますので、作品それぞれの持ち味、マチエールを確かめながら、最優秀賞、優秀賞、佳作、月刊美術賞の各賞が決められます。
 力作の数々にご期待ください。









最終更新日  2017年01月23日 10時05分05秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

サイド自由欄

280423 銀座かわうそ画廊看板.jpg

フリーページ

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2017年07月
2017年06月
2017年05月

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

ニューストピックス

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.