1392091 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ヘンかわおいしいお役立ち◎ART LAB OVAのブログ

PR

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


artlabova-goods

Freepage List

Calendar

Archives

2018.07
2018.06
2018.05
2018.04
2018.03
2018.02
2018.01
2017.12
2017.11
2017.10

Comments

 Dywany@ Dywany There are certainly a assortment of det…
 artlabova-goods@ Re:今更かな?(07/18) ぬこmamaさん コメントありがとう…
 ぬこmama@ 今更かな? 通りがかりですが>< 私、このブルーシ…
 堀江賢輔@ しばらくの間休ませてもらいます、堀江です 自営業のメドが付きました。仕事のメドが…
 ★★★@ びっくいしゅーの販売場所 the big issueは、ただの募金ではなく、…
 ★★★@ びっくいしゅーの販売場所 the big issueは、ただの募金ではなく、…

Favorite Blog

今週のお当番です。 New! ノリスケ(norisuket)さん

とらふぐ太郎 とらふぐ太郎さん
nagoo design factory nagooさん
ちゃみのかいがら ちゃみ527さん
わたしのお庭 ハワイイさん
トルコのミニ情報~… キタノウミさん
元気に不登校。 らいせ♪さん
うらちく~京の夢大… ちくちく1999さん
風遊空間 ::: 風遊 :::さん
みらいノ素(もと) miraicciさん
2006.07.12
XML
アフリカ・リミックス展、日本ではじめての大規模な現代アフリカ美術展だけあって見ごたえありました。
昔パリで見た「大地の魔術師展」にくらべると北アフリカなどイスラム教圏の作品が多い気がしました。
政治的な作品が多い中で、六本木ヒルズで開催というのも考えるところあり。
2年前オーバで「ブアブレ」に関するレクチャーをしてくれた真島一郎氏の講演もあり、そのブアブレの作
品も数点展示されています。

*以下に、第2回オバルスクール
「コートディヴォワールのアウトサイダ-アーティスト?どエライじいちゃんブアブレのことを考えてみる」の簡単な報告を掲載されいています。
ヘンかわ『OVAL☆school』

ただ、作品自体のインパクトがあっただけに、昨年、福岡アジア美術館で開催されていたアジアトリエンナーレを観たとき同様、「果たして、ホワイトキューブというのは、本当に、作品が見やすい場なのか?」ということも改めて感じました。



+++++++++++


○アフリカ・リミックス展
AFRICA REMIX :Contemporary Art of A Continent
国内外初となる大規模なスケールであらゆるジャンルの作品を紹介。
同時代のアフリカ美術の創造的エネルギー、また日常の営みから生まれた力強い表現力にふれることができます。

・日時 2006年5月27日[土]--2006年8月31日[木]
    10 :00 -22 :00 (火10 :00 -17 :00 )
    入館は閉館時間の30 分前まで
・会場 森美術館
六本木6 -10 -1 六本木ヒルズ森タワー53F
・料金 一般1 ,500円 /高大生1 ,000円 /4 才-中学生500円
   *本展のチケットで展望台 東京シティビューにも入館可
    *開館時間・入館料は展覧会ごとに異なる場合あり
・問い合せ 03 -5777 -8600 (ハローダイヤル)

▼レクチャーシリーズ
第1回:「9.11とアフリカ美術----アートとテロの間」
    ※日英・手話同時通訳付
アフリカ現代美術研究の第一人者である川口氏が、アートとテロリズムのつながりという切り口から、アフリカ
美術の現状を語ります。
・講師: 川口幸也(国立民族学博物館 文化資源研究センター 助教授)
・日時  6月25日(日)14:00-16:00
・会場 六本木アカデミーヒルズ49 カンファレンスルーム5
・定員  60名
・料金 一般1,000円 /学生・MAMCメンバー500円

第2回:「出口をみつけろ----アフリカン・アートの過去と現在」
     ※日英・手話同時通訳付
長年、コートジボワールでフィールドワークを続けてきた真島氏が、西アフリカを中心にした美術の現状につい
て解説します。
・講師 真島一郎(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 助教授)
・日時 7月28日(金)19:00-21:00
・会場 六本木アカデミーヒルズ49 カンファレンスルーム5
・定員  60名
・ 料金 一般1,000円 学生/MAMCメンバー500円
*上記のほか多彩なパブリックプログラムの詳細は以下参照
森美術館ウェブサイト

++++++

○アフリカの歴史

偶然、教育テレビで、アフリカの歴史をやっていた。
わたしたちが通常考える、アフリカのイメージは、ポルトガルなどヨーロッパによる侵攻と奴隷貿易によるものに過ぎない。
いかに、わたしたちが、アフリカの歴史を知らないかということをしった。
*ヅは、1986年から1989年までに、ケニア、モロッコ、ブルキナファッソ、トーゴ、コートディヴォワールをひとりで旅したことがある。
が、当時、アフリカの歴史を知るすべはほとんどなく、ブルキナファッソにモシという王国があったことも具体的には、わかっていない。
内陸部の広域にわたるほとんどのアフリカコミュニティーには、王は存在しない。
もちろん、当たり前のことなんだけど、一見「未開」に見える村の生活は、決して「未開」ではなく、きちんとしたシステムがあり、その知恵が、脈々と受け継がれているという。
だけど、アフリカ=貧困、未開のイメージを払拭するのは難しい。
機会があれば、また真島氏に、そのへんの話も聞いてみたいものだ。

*そういえば、次回は、「アフリカのおばけの話」をしてくれるっていっていたんだっけ。

楽天ブックストップページ

口頭伝承論(下) 文化の解放と対話
■口頭伝承論(下)
■文化の解放と対話

異文化への視線

民族・歴史・文学

↓1日1回投票お願いしまりす。
人気blogランキング
@With 人気Webランキング「文学・芸術ランキング」
ホームページランキング デザイン・芸術部門




楽天フリマから現金5万円プレゼント

+++
○オーバのおすすめ日記一覧
『アート+手作り+建築+映像』系
『ヘンかわ雑貨』系
『なんちゃってガーデニング』系
『うまいもの+まずいもの』系
『しょうがいのある人』系
『音楽+音響』系

おでかけアート展覧会の日記








Last updated  2006.07.28 01:09:26
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.