2640625 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

SAROMAN BLUE 鈴木健司

10えちごくびき野完走記~プロローグ~

前日受付


今回で5回目の参加となる『えちご・くびき野100キロマラソン』だ。

くびき野と言えば、アート鈴木にとっては特別な大会。

妻HANAの初100キロのゴール後にプロポーズをしたのだ!(爆)

あれから8年が経過した。

今年は2人の子供達の運動会と重なり、

5歳なった長女には『しょうがないじゃん!写真で見るしかないじゃん!』と了承を得て

『100キロ頑張るから応援してね!』と出発した。
(運動会は延期になったが、出勤日で休めず・・・ごめんなさい)

今回のメンバーはサロマ湖を2年前からご一緒している美ジョガー3名(有美さん・恭子さん・有里さん)

その友人トミーさんご夫婦。

旦那様は9月19日にシドニーマラソンでデビュー

1ヶ月空かずしてウルトラデビューとなった。元々のマラソン経験ゼロ。

そしてHANAの走友ふみえさん。今年のサロマ湖に続き初くびき野!

さらに現地合流で1週間前に弘前アップルマラソンを走った安田さんと

サロマ湖は急病で参加できなかった直江さんが参加していた!


会場では大会実行委員の方にも

『思い出のくびき野のなんだから計算違いとかしないでくださいよ!』と

2年前の失敗をつつかれた。

85キロの関門2分オーバーと言う結果に終わった2年前は

単純に関門の距離を勘違いしていた。

4キロ先だと気が付いて20分しかなく、猛ダッシュ!

キロ4分で駆け抜けたが、国道8号線の信号にかかり2分足りず・・・信号待ちは2分だった。

関門に掛かりました・・・。

08えちご・くびき野100キロマラソン反省記


そんなバカなミスをした2年前の反省をしつつも、5つの峠越えがあるくびき野は大変だ。

しかし過去3回の完走は4分前、3分前、27秒でゴールしていた。

厳しい峠越えがある割には、たくさん食べて2箇所で着替えて

13時間30分では走れる大会だとクリニックでも伝えていた。

コース変更もプラスになるか、マイナスになるか?個人的にはプラスと考えた。


今回の最大の目標は完走ではない!

先月36歳を迎え年男になり

春からの富士五湖・野辺山・サロマ湖の集大成を出したいところだった。

明確な目標として12時間30分を切る!

ここに対してもギリギリではなく、全力を出し切りゴールするのが目標だ。

くびき野予定


その目標を達成する為に、あらゆる装備を使い大会に臨んだ!!

まずは装備からチェックしよう!!

2010-10-09 11:15:292010-09-28 16:23:53


上の写真にアームウォーマーを装着&シューズは『ECCO』タイプAでスタートした。

TYRのシャツのアンダーにはアシックス肩バランスアップアンダーを着用。

下半身装備


足裏にはレモテープ(11月新登場)

シルクソックスの上にCEPを重ねて、CWXプロモデルロング!

インナーにはコアバランスタイツのバージョンアップ版『ハムストリングタイツ』を履いた。

2010-06-25 06:27:30


携帯食はほぼいつも通り、これに携帯酸素『オーツープラスストロング』と『ザバスピットインゼリーバー』を加えた。

スペシャルドリンクは50キロ・78キロの2か所に預け、摂取する。

50キロには78キロまでのショッツ・メダリストアミノダイレクト5500などをしっかり準備した。



今回のレースに挑む前の最後の練習になった30キロ走!(9月29日AM)

この時にいつもと違う感覚があった!

それがこの心拍数&ラップ&ストライドの数字だ!!

心拍数とストライドとペース

この30キロ走分析の時にも記したが、(30キロ走分析ブログ)

平地での心拍数は140以内ペースは6分10秒前後ストライドは90cm以内をキープ!を目標に走りたい!

を、1つの目安にしてレースを走ろうと考えた。

なぜここまで心拍数が下がったのか?詳しくはまた最後の方で記すとするが、筋力アップまたは、CEP効果?としておこう。

ちなみに7月から9月の走行距離を足し算してみた。

7月 練習回数5回(猛暑日ラン中心) 59キロ

8月 練習回数3回(箱根マラニック40キロ含む) 66キロ

9月 練習回数3回(25日・29日で50キロ) 55キロ


と、なんとこれだけしか走っていなかった・・・(苦笑&大汗)

レース前に確認していたら不安になっていただろう・・・結果オーライ?


2010-08-30 21:48:39さてレースにあたり、今回のシューズに関して悩んでいた。

富士五湖・野辺山・サロマ湖と全て『NEWTON・グラビタス』で走った。

耐久性・磨耗度、またウルトラマラソンに対して使えるのか?

のデータ収集でもあった。

結果、走り方を意識することで腰高で前に進みやすくなった。

シューズの減り方も以前と変わり

かかとよりも前が減るように変化していった。

もちろんくびき野もNEWTONで決まり!ではあったが、

今回はまた新しいシューズのテストをしてみたくなったのだ。


biomアートスポーツでの取り扱いはまだ未定だが

『ECCO・biom』と言うランニングシューズだ。

http://www.thebiomproject.com/

一言ではお伝えしにくいのだが

『ナチュラルモーション』がキーワードとなる。

筋力を付ける為のトレーニング期間は必要!

でもアイアンマンのランで2時間40分を切った選手が

このシューズを履いているのだ!



サロマ湖以降の普段の生活はもちろん、仕事中も含めほぼ毎日履いた!

猛暑日ランも積極的に履いた!疲れが大きく出たりしたこともあり、ウルトラでは無理かな?と考えたが

30キロ走でのダメージ感などを結果を踏まえて、前半の50キロまでこのシューズで行くことを決めた!

後半にはNEWTONでより加速したい!そんな思いがあった。




舟栄

前日の夜は高田駅前の『居酒屋 海鮮ろばた - 船栄 高田店』

どんぶり飯3杯に秋刀魚の塩焼きやら刺身やらたくさん食べまくり!

それでもホテルに19時過ぎに到着してから

準備に関してはトランジッションバックに入れるだけだったので

お風呂を済ませ、ゼッケンを付けて、サッカーを観ながら

朝食に買ったパン2つとシュークリームを食べてしまった!


サッカーの前半を横になりながら見ていて

後半前に記憶がなく、気が付いたら試合終了の笛が!

10時過ぎには眠れた感じ。その後2時50分起床まで、ゆっくり休めた。


気になる天気予報は曇りのち雨。降水確率は40%70%なっていた。

朝御飯には、おいなりさんとパンを食べて

出発は高田駅からのシャトルバスを使うことに!

ホテルのロビーに集合すると、外は雨!かなり降っている。

そして風も強い!このまま朝から荒れた天気のままなのか?

外に出てみると、風は生ぬるい。

雨は強いが降り続ける感じはあまりない。時折雨足は止まっていた。

スタート前


会場に着くと一際雨と風が降りしきる!

体育館の中で着替えを行い、5時までにトランジッションを預けなければならない。

トイレを4時45分までに済ませて、会場内をウロウロ・・・皆とはぐれてしまった!


出発式を横目に色々な方とも挨拶を交わし、互いにエールを送りあう!

『ギリギリはなしよ~!』的な激励が多い!

体育館の外に出るところで、みんなに合流することができた!

気合いを入れ、いざスタートを迎える!

10えちごくびき野100キロマラソン完走記~第1章~


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.