3161463 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東京都渋谷区 Bojun… 高橋銀針さん

2020年4月『葉蝉会』… 上海小町さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2005.12.30
XML
カテゴリ:お茶
お土産用にお茶のティーバッグを買うのを忘れたので、ティーバッグの評判がよいという、和昌茶荘に行ってみた。

行天宮から延々歩いてMRTの駅まで行き、忠孝敦化駅で下車。

そごうを横手に見ながら、頂好の角を左手に折れて、ちょっと行って右に曲がって少し行くと右手にオウムが店頭にいるお茶屋さんがある。

ここが「和昌茶荘」。

ガイドブックにもよく載っているが、多分とても有名になったのは、渡辺満里奈の本や、小林よしのりの『台湾論』に掲載されてからじゃないかと思う。
満里奈の旅ぶくれ
新ゴーマニズム宣言special台湾論

ここは・・・
おそらく、初めて行く人はちょっと引くかもしれない。
店舗は、倉庫?という感じで、結構散らかっている。
その前にテーブルがあって、「座って!座って!」と、そこでお茶を淹れてくれる。試飲をするのが基本なのだ。
今は、息子さんが店長で日本語を喋って頑張っているが、お茶の淹れ方やその茶器などは、「こんな雑なのでよいの??」と思うことだろう。
#そのぶん、お茶って気軽に楽しめるものだ、と思う。

行った時には、先客で多分留学生?のような3人組(1人は台湾人)のグループが、お茶を選んでいた(店主の張さんは、日本語・北京語・台湾語の3ヶ国語で接客してた。スゴイ)。

で、座らされて、お茶の料金表(メニュー)を渡されたのだが、ビックリ\(◎o◎)/!
梨山茶が100g、525元って・・・
昨日のお茶屋さんでも、1040元はするのに・・・
阿里山茶は100g、400元。ジャスミンなんて良いものでも、100元台だ。
お目当てのティーバッグは、60個入りで150元。1個当たり、2.5元だから、10円ぐらい。。。
・・・おかしい、おかしすぎるぞ、この店。

恐ろしく年季の入った蓋碗と茶海を使って、張さんがお茶を淹れてくれている。まずは、先客の3人組のオーダーの、金萱茶を淹れてもらった。

強烈なバニラの香り。これって、着香してる?(^_^;)
100g160元と格安なので、まずは購入することにしてみた。

次に文山包種茶。
100gで300元しないの??
試しに買ってみたかったが、昨日、100g525元の文山包種茶を買ったばかりなので、自重しておいた。

で、次に香片(ジャスミン茶)の毛峰が出てくる。
ジャスミンは、あんまり得意じゃないんだけど・・・
と思って飲んだら、恐ろしいほどの香りの高さ。
・・・思わず購入。

で、次は何飲みたい?と聞かれたので、阿里山茶をお願いしてみる。
杉林渓は買ったけど、阿里山は買ってないので(梨山はやめておいた)。
張さんと少し会話。
「どこに行って来たの?台北だけ?」
「台南に行ってから台北に来た」
「台南に。美味しいものもいっぱいあるし、そうそう、ここに行った?」
と、司馬遼太郎の台湾紀行のグラフ版を出してきて、烏山頭水庫のページを見せられた。うむむ・・・筋金入りの親日家だ・・・
で、お父さんが日本教育を受けたという話などを聞かされる。

日本人が台湾で統治時代に何をしたのか?ということを勉強していってから行くと、きっと意気投合すると思う。そうじゃないと、面食らうかも。できれば、分かる人に行って欲しい・・・
http://www.taipeijs.org/ritouki/ritouki.htm
↑参考までに、台北日本人学校で李登輝前総統が講演したときの内容。こんな素晴らしい話を、今の日本人はほとんど知らない(教えられていない)のです・・・


さて、お茶が出てきた。阿里山茶。

香りの立ち方が、やはり半端ではない。

飲んでみる。

香りだけではなく、味もしっかりしていて、これは美味い。
本当に400元でいいのか??と疑ってしまう。

※2012年4月28日追記 ・・・と当時は思ったのですが、後日飲んでみたら、味が不自然に強かったのです。おそらくパウダー添加です。

ということで、早速購入♪

まだまだ色々飲みたかったが、そろそろ士林夜市へ行く時間なので、買いたいお茶を紙に書いて、張さんのお母さんにお渡し。
「ティーバッグは美味しいの?」と聞いてみたら、「うちのは凍頂烏龍茶の良いやつを使っているので、美味しいよ!」と教えてくれ、サンプルまでもらってしまった。

で、お会計を済ませて席を立とうとすると、「また来てね!」とわざわざお見送りまでしてくれた。


さて、MRTに乗って、士林夜市へ。
しかし、あいにくの雨。おかげで、客足が少ないからか、屋台の店員さんたちもちょっと気が立っていた人が多かった(^_^;)

最初に、カキオムレツ、ビーフン、イカの炒め物のお店に寄り、そのあと、鶏肉飯、ルーロー飯などを食べてみる。定番だな~。

で、大腸包小腸という、スゴイ名前の名物料理を食べてみた。
これはホットドッグのようなもので、中に腸詰(ソーセージ)が入っている。ただ、違うのは外側で、もち米のソーセージ(というのが妥当か?)になっている。軽く食べられると思ったら、大間違いで、結構なボリュームがあった。

少し落ち着かせてから、愛玉子(おーぎょーち)を食べる。これが、また胃袋をすっきりとさせてくれて助かった。
で、タピオカ入りミルクティーを購入し、いざ、夜市のメインストリートへ・・・

と思ったが、予想以上に雨が強かった(T_T)。
また取り締まりの警察が入ったらしく?メインストリートも出店がまばら。
狙っていた、胡椒餅の屋台もなく、なんだか、ちょっと空振りに終わってしまった感じである。

なので、ぐるっと一周するだけして、MRTに乗って、ホテルへ戻る。






Last updated  2012.04.28 14:40:20
コメント(0) | コメントを書く
[お茶] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.