3161427 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東京都渋谷区 Bojun… New! 高橋銀針さん

2020年4月『葉蝉会』… 上海小町さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2006.07.30
XML
カテゴリ:旅行
小清水原生花園

小清水原生花園は、濤沸(とうふつ)湖とオホーツク海に挟まれた区画にある砂丘です。
文字通り自然のままの草花があり、ちょうど6月~9月が見頃になります。

見頃になると、臨時駅の原生花園駅が開業します。
#ちなみに、隣の駅は有名な「北浜」駅です。

原生花園駅

ここから、海岸線までは本当に近い。

原生花園からオホーツクを見る


原生花園の中は、よくある、○○フラワーパークのような花壇があって…というものではなく、この写真のように素朴な感じ。

原生花園

ハマナス

こうした、ひっそりとある花を見つけて楽しむ、というのが原生花園の楽しみ方です。

ハマナスと蜂

ちなみに、これはハマナス。薔薇科の植物です。
お茶好きの皆様ならご存知のメイクイ花茶に入っているメイクイというのは、これのつぼみを乾燥させたやつです。
#お茶ブログですからねぇ。。。

〔王攵〕瑰(メイクイ)茶 25gメイクイ紅茶 50g

しばし、原生花園の花たちをお楽しみください。
#ホントに今回の旅行では、マクロレンズが欲しくなります…(これはSIGMA18-200のなんちゃってマクロ)

原生花園の花1

原生花園の花2

原生花園の花3

原生花園の花4

原生花園の花5

原生花園の外には情報館とお土産物屋が並んでいる建物があります。
そこでハマナスソフトを購入。

ハマナスソフト

しかし、、、
うーん、これは失敗(-_-;)
香りと色だけで、味が全然美味しくない…

とうきび(とうもろこしですね)も買ってみましたが、

「おいおい、札幌の大通公園のやつの方がまだ美味しいぞ」

という味でした(-_-;)

全般的に、ここのお土産物屋さんは、商売熱心なのか、田舎の下手な商売なのか分かりませんが、観光地、観光地していて(まあ、観光地なのですが)私はあまり好きではありません。。。(-_-)
#道の駅の方がおとなしくて好きです。


さて、そろそろ女満別空港へ向かわねば。
途中で、道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」に寄ります。

そういえば、女満別町は隣の東藻琴村と合併して、大空町という名前になったそうです。空港があるし、空が広い町なので、良い名前かも♪#個人的には、十勝管内のどこかの町でつけて欲しかった名前ですが…ホントに十勝の空は広いです。

ちなみに、女満別は「めまんべつ」と読みます。「じょまんべつ」ではありません。。。


ここからは、黄金色の麦畑と網走湖が望めます。

小麦畑と網走湖

旧・女満別町は、「花と音楽の町」で売り出していたこともあり、メルヘンの丘めまんべつにも、花がたくさん!!

メルヘンの丘めまんべつ1

メルヘンの丘めまんべつ2

メルヘンの丘めまんべつ3

メルヘンの丘めまんべつ4

ラベンダーの花壇もあり、ラベンダーの甘ーい香りが漂います。

メルヘンの丘めまんべつ5

メルヘンの丘めまんべつ6


道の駅の食堂では、地元産の豚を使ったサクラ豚丼(吉野家とかの牛丼の代用品の豚丼じゃなくて、炭火で焙った十勝風の豚丼です。念の為)や特産のシジミを使ったしじみラーメンも食べられたのですが、お腹が一杯なので、泣く泣く諦めました(T_T)
#豚丼フリークなんです。原生花園でとうきび食べなきゃよかった。。。


さて、空港に向かいましょう。
ガソリンを入れなきゃ…と思ったら、

北海道のガソリンスタンド、高すぎです。

ホクレンのところなど、表示価格が

レギュラーで150円!!

うちの自宅の近所は激戦区ということもあり、せいぜい128円。
130円を超えたら「高い!」という感覚で、ハイオクでも140円しません。
これはちょっとビックリですね~。


無事にレンタカーを返して、空港へ向かったところ…

使用する飛行機の整備に時間がかかって、機材の到着が1時間半遅れる

とのこと(T_T)

お土産物屋も新千歳ほどはないし、ラウンジもないし、近くには何もないし…で、暇をもてあまし気味。。。

仕方ないので、一眼レフと望遠レンズがあるのを良いことに、送迎デッキに出て、飛行機の離着陸を撮ってみましたw

女満別空港にて1

女満別空港にて2

女満別空港にて3

女満別空港にて4

女満別空港にて5

結構、着陸は簡単に撮れますが、離陸はスピードが速くなっていくので、追いついていくのが難しいですね~。
#そもそも、レンズの性能が私の持っているものじゃ無理、ということも分かりましたw

そうこうしていると、珍しい飛行機が。

女満別空港にて7

女満別空港にて8

女満別空港にて9

まだ女満別に就航して間もない、エアトランセの飛行機でした。
#社長さんのブログは楽天広場にあるらしいhttp://plaza.rakuten.co.jp/niwatorinoatama/

さて、大分時間がつぶせたのですが、さらに飛行機の出発が遅れた(結局2時間半遅れ)ので、空港のレストランでサケのちゃんちゃん焼きを食べ、のんびりお土産選びをして、締めました。

女満別空港にて6


最後にハプニングがありましたが、自然を満喫できた2泊3日(実質1泊2日)でした。

知床は、自然に対しての関心・興味をあらためて持たせてくれる、またとない場所だと思います。
癒されたい気持ちの時には、オススメですよ~♪


おしまい。






Last updated  2006.07.30 08:30:41
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.