3159372 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東京都港区 グリッチ… 高橋銀針さん

2020年4月『葉蝉会』… 上海小町さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2006.10.22
XML
カテゴリ:旅行
9月に行った立山旅行記の続きです。

ケーブルカーで美女平に着いたところ、外は霧で真っ白。

美女平駅のバス待合

これは天気に祟られているなぁ…

と思っていたら、急に視界が晴れ始めた。

美女平駅外観

どうやら雲の動きによって、天候が大分変わるらしい。
目的地、室堂の予報は曇り。
ちょっと景色は期待できないかもしれない(-_-)

さて、ここから室堂までは、高原バスで移動します。
美女平駅の標高は977mで室堂駅は2450m。おおよそ1500mぐらいの標高差を50分ほどで結びます。

高原バスの車内

車内に乗ったら、何だか聞き覚えのある言語を話す人たちが。

・・・台湾からの団体観光客だった。。。(^_^;)

「先週、梨山に行ってきたよ」という少し高等な言葉遊びをして声をかけようかと思いましたが、発音に自信がないので、やめておいた(^^ゞ
(解説)北京語の発音だと、梨山も立山もLi Shanなのです。梨は二声、立は四声の違いはあるんですが。


くねくねした山道を登っていくバス。

しかし、音声ガイドは日本語のみ。
観光立国を目指すんだったら、多言語のガイドを配るとかしないと、いけないと思うなぁ。。。(-_-)
#梨山ですら、3ヶ国語はあった。


天気はイマイチ?と思っていたら、途中の弥陀ヶ原から急に晴れ間がのぞき始めた。

これは・・・ひょっとして??


そして、終点・室堂に到着。

立山

気になる天気は?

室堂の空

絶好のコンディション!! \(^o^)/
#右のほう、すこーし、雪が残ってます。

昨日は、全く何も見えない状態だったそうで、今日来た人はラッキーだとのこと♪


しばらく、写真でお楽しみ下さい(^^♪

室堂の風景

室堂の風景2

室堂の風景3

高山植物もギリギリ間に合いました(^^♪

高山植物

高山植物2

高山植物3

高山植物4

高山植物5

高山植物6


さて、自然派でもなんでもない、あるきち一行。
ここはやはり専門家の助けが必要なので、県の自然保護センターがやっている無料ネイチャーガイドの方をお願いすることにしました。


ボランティアだそうなのですが、さすがにいろいろなところをご存知。

玉殿岩屋というところへ歩いていきます。
ちょっとした急斜面を下るので、往復20分ほどですが、十分に登山気分を味わいます。

玉殿岩屋へ向かう

谷を下っていくとここが玉殿岩屋です。

玉殿岩屋

このほか、この室堂平には池がいくつかあります。

ミドリガ池

ここがミドリガ池。

そして、そのすぐ反対側にあるのが、ミクリガ池。

ミクリガ池

その脇の岩場でなにやら人だかりが。

多分、雷鳥ですよ

とガイドさん。雷鳥を見つけるのには、人だかりを見つけるのが一番早いとか(苦笑)

これが雷鳥です♪

雷鳥

コロッとしていて、なかなかユーモラスな姿です(^^♪


そしてガイドさん、オススメのスポットがここ。

立山の湧水

湧水を汲めるところなのですが、この水がほんとに美味しい!

ペットボトルに汲んで持ち帰り、黄山毛峰を淹れてみたら、美味いのなんの\(^o^)/
この水飲みに、また登りたいぐらいです(笑)

立山に行く方、ペットボトルは捨てずに、持っておいたほうが良いですよ~。


この後、ガイドさんとお別れして、一旦、ホテルの部屋へ入ります。

本日のお宿は、ホテル立山。
標高2450m。日本で一番高いところにあるホテルです。

ホテル立山

ホテルのラウンジでダッチコーヒーを賞味。美味~♪

ダッチコーヒー

なぜに水出し?と思ったのですが、考えてみれば、ここは標高2000mを超えているので、気圧が低い。

気圧が低い

ガムシロップも、飛行機の機内みたいなことになっています。

気圧が低い、ということは、つまり、

沸点が低い

んです。だから、お湯が100度にならないんですね。
そこで気づいたのが、

梨山で飲んだお茶の香りがなかったのは、お湯が低温だったからかも

ということ。梨山も標高2000mぐらいなので、香りが立たなかったのは、それもあるのかなぁと気づいた。帰ったら試してみなくちゃ♪


さて、少し休憩した後、日没まではまだ時間があるので、地獄谷へ行ってみることにしました。

ただ、地獄谷、行くのは結構ヘビーです。

地獄谷への道

この急な階段を、多分500段ぐらいは下ったのではないかと。。。
下まで下りた頃には、膝が笑っていました(苦笑)

地獄谷

硫黄の噴出したものが柱状になっています。

地獄

ものすごい硫黄のにおいと煙で、まさに「地獄」です。

この後、ぐるっと回って、ホテルへ戻ります。
ええ、当然登りなので、かなりしんどい道中でした(苦笑)

山崎カール

ここは山崎カール。
氷河の跡で、山の谷間が丸く削られています。

ホテルに戻った頃にはさすがにヘトヘト。
空気が薄いので、無理は禁物です(-_-;)

さて、明日は、最終日。朝から、黒部ダムへ向かいます♪






Last updated  2006.10.23 00:35:19
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.