3638724 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

中国茶と韓国スイー… みん1001さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん
そらいろ茶(sorairo… ニココ3628さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2022.08
2022.07
2022.06
2022.05
2022.04

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2006.11.01
XML
カテゴリ:お茶
本日のお茶は、頂きものの岩茶房さんの鳳凰水仙。
rubinaさん、美味しいお茶をありがとうございましたm(_ _)m


実は、頂いた時に、パッケージを見て、しばらく悩みました。


・・・はて?

岩茶房さんで、鳳凰水仙?


鳳凰水仙は、確か広東省の鳳凰山(鳳凰単叢の産地)のお茶だったはず。
でも、岩茶房さんだから、やっぱり岩茶?

水仙は岩茶にあるのは知っています。飲んだこともあります。

しかし、鳳凰がついてしまうと???



のお茶になってしまいます。。。

どちらのお茶なんだろ・・・


水仙というお茶(品種)は、広東省にもあり、福建省(岩茶)にもあり、台湾にもありなので、正直、混乱気味の私。


・・・ということで、しばらく眠っていただいていました(苦笑)が、もう11月です(^^ゞ

冬に向けて岩茶は飲まねば

ということで、開封してみました(^o^)/


開けてみたら、やっぱり岩茶の茶葉の様子でした(^^♪
#いや、「武夷岩茶」って、パッケージにしっかり書いてあるので当たり前なのですが。

岩茶鳳凰水仙茶葉

茶葉そのものの香りを聞いてみます。

岩茶だから・・・

あれ?

そこはかとなくフルーティーな気が。。。

これって、やっぱり単叢?

いや、そんなはずは・・・


・・・よく分からないので、淹れてみます。
高い位置からお湯を注いで~


・・・あれれれ????

岩茶鳳凰水仙茶水

この香りのたち方・・・
蓋碗の裏に残った香りは、単叢っぽい。果物系の香り。

やっぱり単叢??

いや、でも、何か違う。岩茶っぽい香りもする・・・

わからない・・・(-_-;)


飲んでみます。

ありゃ?
香りは単叢だけど、味わいは岩茶のような気が。。。


なんだか体が暖まる感覚。これって、岩茶だよな・・・

でも、この香りは単叢・・・

むむむむ・・・

あなたはどちらの方ですか???


いや、スゴク美味しいんです、このお茶。
香りがあるのに、岩茶独特の力が、みなぎっているような味わいで。
単叢の香りと、岩茶のパワーの両方を同時に味わえちゃう、一粒で二度美味しい一杯で二度美味しいお茶。

これは、初めての感覚です。


しかし、なんだか正体不明でスッキリしない。

困った時のWeb2.0!
グーグルしてみましょう。

色々ヒットしますが、ほとんどは鳳凰単叢についての記述。
その中でも、神戸岩茶荘さんのページに書いてあるのが、多分答えじゃないかしらと思う。


どうやら、このお茶、鳳凰山の鳳凰水仙を武夷山に移植したものらしい。。。
(鳳凰単叢の主要品種である)鳳凰水仙の品種特性である香りはそのままに、製法が岩茶なので、岩茶の味になっているようだ。

やはり、ワインのように、お茶にもテロワールというものがあるのかもしれない。同じ品種を移植しても、その土地の味になるという傾向。

お茶の世界というより、農作物の世界は深い・・・


しかし、あの個性溢れる鳳凰水仙を自分のものに取り込んでしまう、懐の広さを持った武夷山。
やっぱり、ここには行ってみなきゃいけないかも♪
武夷山が呼んでいる~(^^♪


今日のお茶:明前西湖龍井(杭州)、鳳凰水仙(岩茶房)






Last updated  2006.11.02 01:20:20
コメント(14) | コメントを書く
[お茶] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.