3135219 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東方美人好きは、ぜ… 上海小町さん

【小6子連れ台湾旅行… みん1001さん

R2.1.22  今日はH… グリザベラ4163さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Rakuten Card

2006.11.13
XML
カテゴリ:お茶
こんばんは。
お茶ペットボトルウォッチャーのあるきちです(おいおい)。

今日は都内某所で展示会に出ていたため、ペットボトルのお茶しか飲めず。。。(-_-)
そんなわけで、今日初飲みのペットボトル茶をご紹介致します。

まずはじめに、碧眼猫さんのブログでもご紹介されていた伊藤園の洋梨茶(ラ・フランス ウーロン)。

洋梨茶

近所のローソンが、あっけなく撤退してしまった為、なかなか入手できずにいたのですが、今日、初めて入手できました(^^♪

しかし、洋梨と烏龍茶。。。

どんな味なのか、全くイメージがつきません(-_-)
また、果汁が0.1%という記述が大変に気になります・・・。1000分の1ですから、500mlだったら、0.5ml。

それって、入っていると言えるの?(^_^;)


しかし、このボトル、高級感があるという気がします。
ボトル自体は何のことは無い、伊藤園のジャスミン茶などと一緒で、ボトルの肩のところにシボ加工がされているボトルなのですが、この秋めいた色合いのゴールドが、どことなく高級感を醸しだしています。
あまり形などで奇をてらっていませんが、最近のボトルの中では、一番のボトルのような気がします。


原材料名を見てみると、果汁に加えて、香料が加わっています。
お茶は自然派の伊藤園にしては珍しい・・・


それでは蓋を開けてみましょう。
ラ・フランスの香りが上がってきます。

…しかし、なんだか香料の香りのような気が。。。(-_-)


グビッと一口、口に含んでみます。
ラ・フランスの香り~。

でも、味は薄めに仕立てた武夷山系のペットボトルウーロン茶。

…ラ・フランスの味はどこへ行った?


…ということで、なんだか、このお茶、香りと烏龍茶は全くの別物になっています。
中国茶な説明の仕方をしますと、聞香杯にラ・フランスジュースを入れて、その香りを楽しみながら、フツーの烏龍茶を飲むというイメージでしょうか?

えっ?意味が無い? (^_^;)

だって、そういう味なんだもん…

あ、でも、この烏龍茶は淡麗で飲みやすいと思いますね~。
ラ・フランスの香りを切り離して、この烏龍茶を単品売りした方が良いのではないかと思います。
#もう出てたりして。


次に、今日の会場で限定販売されていたこのお茶。

有明お茶

限定モノになによりも弱い、あるきち。
昨日、見た瞬間にこれは!と感じていましたが、本日購入してみました(^^♪

実際に飲んでみましたが、スッキリした味わいで渋みは抑え目。ゴクゴクと飲みやすいきわめてフツーのお茶です。
#この極めてフツーというところが重要なんですが。

ただ、このお茶、どこかで飲んだような気が…
販売者は、トレッカという会社になっています.

ググって見たら、東京コカコーラ傘下の清涼飲料水OEMメーカーのようで、そうなると、何となく似た系統のお茶があることも頷けます。

どこのお茶だったかなぁ、この味。。。
製造していないメーカーのお茶を並べて聞茶をしてみますか(笑)


そういうことをしてみると、お茶ペットボトル道も、なかなか奥が深いかもしれません(なんのこっちゃ)。



そうそう、明日あたりで、キリ番の予感が(^^♪
みなさん、右上のカウンター、チェックしてみてくださいね♪






Last updated  2006.11.13 23:54:08
コメント(8) | コメントを書く
[お茶] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.