3160487 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東京都豊島区 オメル… New! 高橋銀針さん

2020年4月『葉蝉会』… 上海小町さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2006.11.15
XML
テーマ:中国&台湾(3212)
カテゴリ:旅行
2005年8月末から9月始めに行った旅行記の続きです。

さて、兵馬俑博物館から西安市内に戻ってきた、あるきち。
本日のお食事は、鐘鼓楼広場に面していて、徳発長の隣にある、同盛祥。

ここの名物は、羊肉泡【食莫】(食へんに莫という字)。

パンと春雨が入った、羊のスープなんですが、日本人的には、

羊スープのすいとん

みたいなものをイメージいただくと、一番近いのではないかと思います。
とても、こってり濃厚な味なので、羊がダメな人はちょっと辛いかも。


さて、この食べ物、羊と香菜に抵抗がなくて、B級グルメ好き(私?)な人には、結構ハマる食べ物になるんじゃないかと思います。美味いです。
#というか、私は好き(^^♪


しかし、この料理、作法(というのは大げさですが)を知らないと食べられないのです。

これから西安へ行かれる方のために、ちょっと、詳しくご紹介します♪


同盛祥、ここのお店も、1階が気軽に食事できる店で、上の階はちょっとゴージャスなイメージのようです。
お店に入っても、なかなか、声をかけてくれないので、もうズンズンと中に入っていって、座ってしまった方が良いかも。


で、前菜を適当にみつくろって、飲み物と名物メニュー、羊肉泡【食莫】を注文します。

すると、前菜とこんなドンブリが出てきます。

羊肉泡膜のパン


へっ??

パン??
そんなもの、頼んでないのに…


と、おそらく、初めて注文をした方は、ひるむはず。

…いや、私は一瞬ひるんだので、ひるんでほしい(笑)


そこで、ここは郷に入れば郷に従えで、周りを観察する、あるきち。


さすがにこの料理は人気メニュー。どこのテーブルでも注文されてます。

そして、同じような段階にいるお客さんを見てみると、


…これをみんな楽しそうに、ちぎっています。


そう、羊肉泡【食莫】は、まず自分でパンをちぎらなければいけません。

それもできるだけ、細かくちぎらないといけません。
面倒になって、かなり大きめにちぎっていたりすると…美味しくないんです。
#それどころか、店の小姐に「大きすぎる。これじゃスープと絡まなくて美味しくない」と受け取りを拒否されます(されました…)


ということで、無心にパンをちぎってみました。

ちぎる

ちぎる

ちぎる



パンは丸型が2枚なのですが、ちぎるのに結構時間がかかります。
#実は、結構な重労働かも。。。

まあ、何とか15分ぐらいかけて、ちぎりました。
それがこちら。

パンをちぎる

ドンブリを埋め尽くす、ちぎられたパン。
これを、お店の小姐に持っていってもらいます。

その際に、テーブルにある、お盆に載せていってくれるのですが、このお盆にプレートで番号が振ってあって、「この番号を覚えておくように」と小姐から言われます。

お盆

人のちぎったものが、間違えて自分のテーブルに来ないように確認をする必要があるのです。
#なかなか来ない時は、○番のまだー?とお店の小姐に聞きましょう。混んでる時は結構時間がかかります。


さて、しばし待ちます。
この間、調理場では、ちぎったパンにスープを絡めて、煮込む作業が行なわれます。
パンの大きさが大きすぎると、パンにスープが染みこんでいないので、少し悲しい気持ちになります(パン自体は別に美味いわけではないので)。

そして、出てきたのが、これ。
これが、羊肉泡【食莫】です♪

羊肉泡膜

これに、薬味の香菜やにんにくなどをお好みで放り込んで完成です。

薬味

これを食べるのですが、かなり濃厚な味で、旨みが凝縮された感じのスープです。
まさに、羊肉のエキスがぎゅーッと詰まったスープで、すいとんを食べている感覚。

大量に入れた香菜や薬味が、非常に効くんです。

これは美味しい(^^♪

と思うのですが、羊肉がダメな人はホントにダメかもしれません。
#ただ、それではシルクロード、羊文化圏なので、辛いです。。。


ということで、私はこの美味しさに感激して、西安を離れる前のお昼にも、また立ち寄ったのでした♪
#その2回目に、ヒトバシラー魂を発揮して、この写真を撮ってきた、というわけです(^^ゞ


西安に行ったら、是非試してみてください(^o^)/



さて、明日は西安から空路で敦煌に向かいます。
いよいよ、シルクロードの始まりですよ~(^^♪






Last updated  2006.11.15 23:04:48
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.